ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

贅沢な飲み比べ♪ 2種盛の繊細蕎麦

うどん県生まれ、うどん県育ちのGon麹。
麺といえば、うどん!というのが根底にある。
もちろん、蕎麦も食べていた。うどん県でも年越し蕎麦は食べる(年越しうどんが多いけど)。

20歳をすぎるまで、蕎麦は苦手なほうだった。
蕎麦が嫌いなわけではなく、美味しいと感じたことがなかったからだ。

仕事のために関東、東京にでて、多くの蕎麦屋を目にしても
なかなか暖簾をくぐることはできなかった。
三つ子の魂百までとはよく言い得たものである。

さてそんな敬遠していた蕎麦も、香川と東京を行き来しているうちに
食べられるようになったのも事実。

一度美味しいと思ったら、美味しい蕎麦があると耳にすると、足を伸ばす。
するとうどん屋とは全く違う、雰囲気の世界にひきこまれてしまうようになった。

さて、今回も素敵な蕎麦屋に出会うことになる。
場所は、名古屋。
名古屋市那古野にある隠れ家的な蕎麦屋『鈴音』である。

c0059278_1249367.jpg


店内は10席ほどの長いカウンターと 小上りのみ。
大将がひとりで切り盛りしているようだ。
蕎麦の打ち場があり、カウンター奥にあり、大きな石臼が置いてある。
もちろん目当ては蕎麦であるが
実はこちらは他の料理も美味しいとのこと。

c0059278_12495211.jpg


今回はランチということで
2000円のコース。
先付け2品は、柚味噌をあえた九条ネギに青菜。
蕎麦の実なのだろうか。カリコリと口のなかで小刻みよく音をたてる。

c0059278_1250623.jpg

蕎麦がでてくるまでに、思わずうなったのが
いさきの一夜干しに高菜のごはんである。

いさきってこんなに味がのる魚だったか……と思うほど、
塩焼きというイメージが強いが、塩焼きよりも身に甘みがあり、しっとりとした品のいい味わい。
骨が頑固なので、1本1本気をつけなくてはいけないものの、
骨のまわりにくっついている身が一番うまーい!といっても過言ではない。

c0059278_1250222.jpg


また、ごはんの炊き具合の絶妙なこと。
ふかふかっとした白い米粒は凛とたち、
ピリ辛の高菜がこれまたほっぺたが落ちそう。
このご飯、何杯でもおかわりができそうだ。
飲んでいたら、いくらでもすすんでしまう〜という究極の酒のアテにも(≧∇≦)bなるに違いない。

c0059278_12503872.jpg


やさしい味わいでほっこりできるのは
しらすの玉とじ。
お出汁の味わいがどこか雅かつ陽だまりのような余韻を
口のなかに残してくれる。

c0059278_12505594.jpg


お目当ての蕎麦は十割と二八の2種類を味わえるというスタイル。
今回は埼玉県の入間の蕎麦で十割、福井県の花咲の蕎麦で二八を打っているそうだ。
どちらもコシが強く、喉越しの良く、細切り麺である。
十割は繊細で春雨のような細さでありながら、弾力感あり飲みごたえ十分。
そのまま食べても蕎麦の風味がしっかりとしていて、蕎麦のいい香りに
思わずニンマリしてしまう。

つゆは やや甘め。
どちらの麺もほどよいもちもちさの蕎麦であるので、つゆがよく絡んでくれる。
粉からひいている手打ちの蕎麦。
手間のかかるはずなのに、二種盛りスタイルは開店当時からのもので、
これを楽しみに訪れる常連さんも多いそうだ。

蕎麦も焼きもお吸い物も柔らかい味わい。
どこか京都らしい味の世界を感じる。
大将はそちらで修行をなさったのだろうか。またその辺りも聞いてみたいものである。

雰囲気もよく、味もいい此方。
是非とも夜に再訪問してみたい。

日本酒に焼酎と、お酒の用意もしっかりあるのを確認したところで……
麺クイとしてまたひとつ、美味しい蕎麦屋をみーつけた。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_12511415.jpg


DATA)
店名:鈴音
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
電話:052-565-0770
休    : 月
営業: 11:30〜13:30/17:00〜22:00
URL:http://www.soba-suzune.com
by gon1442 | 2016-03-25 11:48 | 日本:お店

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite