ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

アンダーグラウンドは美味い秘密基地がいっぱい。

東北最大の都市、宮城県仙台。
100万人都市には毎日多くの人々が四方八方から集まる。
初めて仙台を訪れたのはもう10数年も前のことだ。
東北の地にこんな大都会があるのかと
西日本人間が驚いた。

その後、様々な理由で何度か訪れた仙台だが記憶は仙台七夕まつりと伊達政宗の像、杜の都と呼ばれる欅が並ぶ街並みと日本三景の松島に牡蠣養殖である。

とにかく海の幸が美味かった。

肉厚の牡蠣を噛めば、ミルキィな汁が口の中に溢れ
漁船からあがったばかりの魚は
マーケットで見かける色合いとは異なる、生きている色をしていた。

さて今回の仙台入りの目的も美味しい幸に出会うことである。

仙台駅前には地元客にも観光客にも人気のある朝市がある。

その市のすぐ隣のビルに目的地があるのだが……

一見、飲食ビルとは見えぬ外観。
地下に続く階段を降りていくと数店舗の灯りが見えた。
アンダーグラウンドで見つけたのは

c0059278_1736658.jpg



喰い処 東屋だ。

暖簾をくぐる前に来客を出迎えてくれるのは
張子の虎ならぬ張子の魚。

愛嬌ある顔だ。

来店したのが19時過ぎだったこともあり、
店内は客で満席。
タイミング悪かったなと思いつつも、食べたーいと念じていたら、
座敷のテーブルが空いた。
信じるものは救われる( ̄▽ ̄)。

c0059278_17354157.jpg


まずはビールで冬の乾燥した喉を潤す。
一息ついたらもう安心。
何にしようかとオススメ黒板を見ていたら一つのメニューで目が止まる。

たらきく酢。
綺麗な名前だ。酢の物の類かと思っていたら、目の前にでてきたのは

c0059278_17355074.jpg


鱈の白子酢。

真鱈の白子は模様がくっきりとして
菊のように見えることから“たらきく”と呼んでいるそうだ。

なんとも風流である。
肉厚な身をプチんと噛めば、とろりと溶けでる甘み。
このぷりんぷりんした身には
ビタミンB12が豊富に含まれている。
ビタミンB12には神経細胞の核酸や、タンパク質、脂質の合成を補助する役割があり、精神の安定や集中力や記憶力を向上させる働きがある。
さらに赤血球の中の核酸、DNAの合成に必要な葉酸の働きを助ける補酵素でもある。
成長期の子供や働く人にとって大事な栄養素(^○^)。
またビタミンD、E、B1などもあるのもビタミン不足にとってはありがたい。まあコレステロールが若干多めだけど、そこはバランスよく美味しくペロリといくべきである。


c0059278_17355283.jpg


東屋はお刺身系がとにかく大人気。
本日のお刺身3点盛りは
鮪、鰤、鯛。
「ちょっと前まで大間の鮪だったけど今からは近海の鮪。いい脂がのってしかも身がバランスよく柔らかいんですよ」
東屋の大将が教えてくれた。
大間の鮪も食べたかったけど、大将の言葉どおり近海の鮪! むっちむちである。しかも甘い!!!
歯と歯の間でムニっと抵抗する感覚。
あぁ! 萌える〜!!!(失礼)。

c0059278_17355832.jpg


こんな刺身に合わせたいのは
宮城の大沼酒造の
「大沼屋 特別純米 辛口 蔵出し生」
火入れは飲んだことあるけれど
生は久しぶり。
果実のような爽やかな香りが
口の中でふわっとまわると同時にきちっとした旨味が賽の目のように並んでくる。
飲み口始めも、途中でも味のバランスは良い。
余韻の気配を感じつつ後口はスッキリク。
生の特権というべき伸びがある味わいは、かつて竪三つ引両の旗印が杜の都にはためいていた馬印のようである。

c0059278_17355476.jpg


とにかく注文するメニュー。どれも美味い(≧∇≦)。

下足でさえ、こんなに美味かったのか?と思わず失笑しそうになる。

c0059278_17355614.jpg


ここまで料理がうまい秘密は!
素材はすべて大将と腹を割って信頼した業者からの直接仕入れであるため、価格はリーズナブルに抑えられ、厳選された素材を居酒屋価格で提供できるということらしい。
「海鮮類は石巻を中心。その日に陸揚げされた新鮮なものを使用するんです。海の恵みをそのまんまお客さんに出したいんですよ」。

c0059278_173604.jpg


ドリンクも日本酒、焼酎、ビールと充実したラインナップ。
季節によって銘柄は変わるが
日本酒は80銘柄ほどあるそうだ。

もうこうなると(^○^)
大将のお勧めをお任せするのみ。
ゆるゆると楽しんでいると
いつのまにか2時間過ぎていた。
入り口は東屋の料理を楽しみにやってくるお客さんでひっきりなしである。
ちょっと長居しすぎたか……。
でももうちょっといたい気持ち。
カウンター上のメニューをみていると
不思議なメニューを発見。
「おみくじ丼」( ̄ω ̄;)エートォ...

じぃいいっと見ているのに気づいたのか、大将がニカッと笑いながらヒントをくれた。

「うちのランチで答えがわかりますよ」

( ̄∀ ̄*)こ!これはランチに来ねば!!!

仙台のアンダーグラウンドで見つけた噂の美味き店。
薄暗い地下道にはまだまだ秘密が潜んでるv( ̄∇ ̄)ニヤッ

c0059278_1736264.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATE)
店名:東屋
住所:仙台市青葉区中央3-8-5新仙台駅前ビルB1
電話:022-211-5801
営業:11:30~14:0017:00~22:30(L.O.)
休 : 無
by gon1442 | 2013-02-18 06:20 | 日本:お店

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite