ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

てぬぐいの歴史って けっこう古かった

酒柄のてぬぐいが手に入った。
てぬぐいは便利である。
手拭きに汗拭い、鞄の中の目隠しに
マスク代わり、物を包む風呂敷など用途は色々。

こんなてぬぐいはいつできたんだとうと思ったので
ちょっと調べてみた。

c0059278_16204862.jpg



てぬぐい。
タオルが明治初期に輸入されるまでは
どの家庭でも重宝されてきた
和のアイテムである。

てぬぐいの歴史は古く、1300年前の奈良時代に誕生したといわれている。


奈良時代には、まだ〝てぬぐい〟という名称はなかったが、てぬぐいのような布はあった。
当時は今のような使い方ではなく
神仏の清掃や飾りつけなどに使用するハレのアイテムで、神事の装身具としても使われていたとされる。
戦国時代までは麻布のてぬぐいだったが、高価な綿のてぬぐいは、一般人が手にする代物ではなく、
貴族や武士などの特別階級の品だった。

そんな特別品だったてぬぐいが一般に普及したのは、江戸時代。

江戸になると日本各地で綿花の栽培が盛んになりてぬぐいも多く作られ庶民にも浸透していった。

湿地帯を開拓してできた江戸の町は
砂埃がよく巻き上がっていたため、顔を覆ったり、頭から被ったりとスカーフや帽子のように使われていたようである。

また、現代のような用途で使われだしたのも江戸。
銭湯好きの江戸っ子が入浴のときに
てぬぐいで身体を拭くようになった。
銭湯で使われていたてぬぐいは湯手とも呼ばれていた。

さらに文化が円熟していた江戸では歌舞伎などの役者への贈答品として扱われていたようで、てぬぐいが役者の名刺代わりの紋や名にちなんだ粋な柄が作られ、そのてぬぐいをGETすることが一種のステイタスでもあった。

明治になると注染という染色の技術が考案され、より複雑な図柄も作られるようになったが、タオルやハンカチなどが輸入され、昔のアイテムは時代遅れという流れから廃れてしまった。

てぬぐいが見直されてきたのは、ここ数年の和文化の関心の強さにはじまる。

c0059278_16204817.jpg



雨などで濡れた体をハンカチで拭けばすぐにびしょびしょとなる。
タオルはかさばり、持ち歩けない。
その点、てぬぐいは薄く、コンパクトにたため、濡れてもすぐに乾くという利点と衛生さが見直された。

渋めな伝統柄からポップなキャラものまで種類も豊富で、手を拭くものだけではなく、タペストリーとして飾ったり、スカーフとして利用したりと様々な使い方ができるため、プレゼントなどに贈る人も少なくない。

今日ではてぬぐい専門店もできるほどだ。
小さな豆てぬぐいや
てぬぐいをたたんで糸綴じにした
手ぬぐい絵本などユニークなものも多く
外国からの観光客もお土産にと手にとるようになってきている。

c0059278_16204952.jpg



日本古来のてぬぐい。
1300年の歴史のなか
形を変えることなく
愛用される一品は
これからも私達の生活のなかで普遍的に存在しているのだろう。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹





by gon1442 | 2015-10-30 15:25 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

焼酎♩ノンジョ〜ルノ〜♩

鹿児島と宮崎という2大巨塔が治める南九州は焼酎王国。
一昔までは酒というと焼酎がでてくるという世界であった。
焼酎出荷率は鹿児島、宮崎という順であったが、
今年はその立場が逆転し、宮崎、鹿児島という順位になった。
焼酎消費量というと、あまりピンとくる人もいないかもしれないが、
焼酎=ヘルシーという認識も当たり前のように常識化されているのだろう。
お店では焼酎を飲んでいる人の姿をよく目にする。

さて、そんな焼酎消費量1位になった宮崎で
今週月曜日、宮崎焼酎の会『焼酎ノンジョルノ宮崎』が宮崎観光ホテルで開催された。
宮崎県酒造組合主催という大規模な会は1部、2部構成。
第1部では宮崎大学名誉教授医学博士、美原 恒氏による『焼酎と健康』の講演。
第2部は宮崎県内の37蔵元の焼酎が集った懇親会である。

c0059278_9594462.jpg


今回、第二部の懇親会から参加という
焼酎を勉強しにきたというよりは、飲みにきたというのが本音にて。
宮崎のどんな子に会えるかな〜とワクワクして会場にいくと、
目に飛び込んできたのは懇親会の会場の前にずらりとならぶ
ウエルカム焼酎ブース。

c0059278_1001612.jpg


37蔵の利き酒コーナーということで、
懇親会はじまる前に焼酎をテイスティングできるとあって
参加者が多く集っていた。
もちろん、既に赤ら顔の人もちらほら。
懇親会の本番は大丈夫なのか!?と
宮崎呑み助のパワーに思わず尻込みしそうになった。
これが地元の焼酎の会の凄さなのだろう。

開場されると
乾杯の合図を待たずしてテーブルの上の焼酎を各々に飲んでいる参加者達。
ここで、飲みのスイッチがはいったGon麹。
郷に入れば郷に従え〜♩と
乾杯前にフライング2杯。

c0059278_1004476.jpg


県知事のお話や『やっぱ焼酎じゃNight♩』を全員で歌った後
「ノンジョールノー♩」と
みんなのかけ声とともに正式に!!懇親会がはじまった。

懇親会は立食スタイル。
会場の真ん中のテーブルには宮崎が誇る地元食材をつかった料理がずらりと並ぶ。
料理で目をひいたのが伊勢エビ料理のレパートリーの多さだ。

c0059278_1011089.jpg


始まる前に「伊勢エビと宮崎牛は狙い目!」と教えてもらっていたので、
伊勢エビ! 寿司! 宮崎牛!は絶対GETという食い意地根性発動。

c0059278_1012686.jpg


宮崎は国内屈指の黒毛和牛の産地。そのなかで最上級のものだけが「宮崎牛」の名がつく。
その宮崎牛のサイコロステーキを目の前で焼いてもらえるという贅沢さ!
豊潤で奥深い味わいで脂もジューシー。
柔らかく、おかわりしたいほど。

c0059278_1014569.jpg


小鉢の珍味類は完全の焼酎のアテ♩

c0059278_102840.jpg


伊勢エビの身をのせた寿司にはなんと、伊勢エビのみそがたっぷり。
みそが濃すぎて、エビの味よりみそを舐めているようで、これまた焼酎がすすむ。

c0059278_1022368.jpg


宮崎は実は胡瓜の名産地でもあるとか。
県でランキング上位の野菜で出荷量は約57,600トン!
宮崎県における胡瓜の生産の歴史は古く、
昭和28年ごろ宮崎市で傾斜地を利用し栽培され始めた。
沿岸地域で温暖、多日照の気象条件を生かしたトンネルによる早出し栽培だったが、
昭和35年の大型ビニールハウスの導入によりハウス栽培に移行。
質のいい胡瓜が採れるようになったそうだ。

c0059278_1023672.jpg


確かにみずみずしい胡瓜。
宮崎の屋台には必ずでるのかなあと想像しつつ、
胡瓜好きとしては羨ましいぞ! 宮崎!と思うばかり。

c0059278_1024819.jpg


胡麻豆腐にかかっているのはやはり伊勢エビのミソ。
伊勢エビ押し、すごすぎる!

c0059278_1031263.jpg


手が出なかったが、デザートもかなりの種類にて。
やはり女性が多く手にとっていた。
焼酎と甘味。相性バッチリだしね。
この他にも伊勢エビの椀があったのだが、それは取り損ねてしまうという失態。
返す返すも残念だったのはここだけの話。

とにかく前半は美味しく食べて、後半はブースまわりと定め、
会場内をウロウロウロウロ。
宮崎の地だから知り合いも少ないだろうと高を括っていたのだが、
世間は狭し(汗)。何人もの知り合いに出会い、結局、いつものような酔っぱらい状態になっていたのは
いうまでもない。

県内37蔵の芋や麦、そばなどの焼酎を振る舞われ、
来場した約300人が地元食材とともに堪能した焼酎ノンジョルノ宮崎。
参加者全員、陽気に歌い、語り、飲んで笑って楽しみ、
焼酎はやっぱりいい♩と感じた宴だった。

c0059278_10291447.jpg


焼酎造りは今が一番最盛期。
今年もまた旨し子が各蔵から生まれてくる。
蔵での蒸気のあがる蒸留機をみるとワクワクするのは
呑み助の本能ゆえだろう。

c0059278_10365053.jpg


さて、11月1日は本格焼酎の日だ。
ちょっとクセの強い新酒が飲める時期でもある。
ロックに水割り、お湯割りetc
自分好みのスタイルで、焼酎片手に笑顔で乾杯♩


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_10401215.jpg

@焼酎ノンジョルノ 宮崎 Facebookより借用(https://www.facebook.com/shochunonzyoruno)
by gon1442 | 2015-10-30 10:40 | 日本:イベント | Comments(0)

これからの日本酒とのあり方を教えてくれる

東京都の恵比寿。
小洒落た雰囲気はどこを切り取っても雑誌の頁を飾れそうな場所ばかり。
そんな恵比寿に7月オープンしたのがGEM by moto。
日本酒好きなら誰もが一度は訪れてみたいと思う日本酒BARだ。
店長の千葉麻里絵さんの日本酒の知識は日本酒蔵に匹敵するもので、
誰もが彼女と日本酒話をしてみたいと思うばかりである。

c0059278_14305912.jpg


さて、恵比寿にオープンしてから2ヶ月半。
ようやくGEM by motoに御邪魔することができた。
周りから「予約したほうがいいよ」と口を酸っぱくしていわれていたので、
電話で予約し、出かけてみると店内は熱気ムンムンの満員御礼。

店内中央のコの字型のカウンターは開店と同時に満席になることがほとんどらしく、
椅子席でゆったりしたい場合は要予約である。

「誰もがより手軽に日本酒に関わってほしい」という麻里絵店長の考えのもと、店で取り扱うのはほとんどが四合瓶。
持ちやすく自宅管理もしやすい四合瓶を敢えて使うことでより日本酒を身近に感じてもらいたいという願いがこめられている。約20銘柄、100種類が揃い、グラスは80mlからで550円〜。

 motoらしくスタンディングゾーンは冷蔵庫前。
冷蔵庫に並ぶ日本酒をじっくりと眺められるとあってここをお気に入りの場所にする常連客も少なくない。日本酒が整然と並ぶ冷蔵庫はまさに酒のライブラリーで、自分好みを探す楽しみはもはや至福の粋だ。

メニューは「豆腐の味噌漬け」(550円)やピクルス(600円)など日本酒にピッタリのアテから「ブルーチーズハムカツ」(650円)や「柿と小エビの白和え」(700円)などのガッツリ系まで多種多様。

c0059278_1431207.jpg


なかでも毎朝長野県佐久市のアトリエノマドの有機野菜は栄養満点で味も深いことから、この旬の味を損なわないような『GEMサラダ』(800円)は季節毎に味わいが異なるメニューとあって大人気。
爽快な喉越しでビール代わりに楽しめるPBの『新政 ヴィリジアン+エクリュ』(700円)と共に是非。

たくさんあるメニューのなか、これは食べとこう! というのがいりこ出汁の優しい旨味が大好評の「手打ちラーメン」(700円)。

c0059278_14314025.jpg


これは開店前に店長自らの手打ちした麺であり、たくさん飲んだ後の胃袋を癒してくれるお店の癒し麺ともいわれているとか。

パステル調の色合いにラグジュアリー感ある店内ながら要々にピリッとしたハードさも感じる雰囲気はまるで宝石箱のようで、「GEM=宝石のように日本酒を大事に、価値を高めたい」という麻里絵店長の思いがいっぱいつまっている。

c0059278_14332573.jpg


その熱き思いは蔵元から絶大なる信頼、支持を受け、日本酒好きが恋いこがれる場所としてより一層魅力を光り輝かせているのだろう。
お会計した後、名残惜しく感じるのはきっとその輝きをいつまでも感じていたいと思う酒呑みの寂しさなのかもしれない。だからこそ、今宵もGEM by motoは開店と同時に即満席という状態になるのである。

c0059278_1432750.jpg


ANAStoreー絶品コスパ◎!! 出張族の味方 旨すぎる立ち食い立ち飲みグルメ4選で紹介中。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_14335252.jpg


DATA)
店名:GEM by moto
住所:東京都渋谷区恵比寿1-30-9
電話:03-6455-6998
営 :17:00〜24:00/土日祝13:00〜21:00
休 :月
by gon1442 | 2015-10-20 14:34 | 日本:お店 | Comments(0)

秋の夜長の晩酌タイム

気づけば、秋も深まる10月。
あちこちから太鼓や笛の音色が聞こえてくる秋祭りの季節だ。

焼酎蔵の造りも芋焼酎時期真っ盛り。
酎ナフキン魂が疼く次第である。

さて、本日はCSの二戦目。
阪神VS巨人。

昔、父から「お前が見ると負けるから見るな〜」と言われていたので
大事な今日は、ネットの結果を見ながら応援。(昨日の試合は見てしまい、ふて寝結果だった)。

お陰さまで、勝利の乾杯♩

c0059278_20042260.jpg



魚屋さんで、美味しいとオススメだったキハタ刺身と大和櫻のヒカリで酔い一杯。
ヒカリは鹿児島県市来の大和桜酒造さんの子。

昔ながらの本手造りで
麹造りもむろ蓋の木箱で少量ずつ丁寧に造られている。
一次仕込み・二次仕込みとも甕壷仕込み。
麹米にはコシヒカリ・ヒノヒカリを使い、原酒を約一年間熟成貯蔵させた子は
まろやかかつ柔らかい口当たり。
生でもいいけれど
秋らしい気候にはお湯割りがほどよい感じ。
芋のふくよかな香りが湯気と共に立ち上って〜
甘さあふれる世界は身体中の筋肉を緩めてくれる。

お湯割り一杯で美顔になれそうな気分だ。

湯割りの割合は人それぞれだが
自分2:8。
お湯多めにしても
造りがしっかりしているこの子はぶれることなく、香りも味わいも伸びも深さも十分に楽しめる。

ラベルの前掛けってちょっと心ワクワクウキウキさせてくれる仕掛け。

日々寒さがやってくる季節。
乾燥も厳しくなってきて
体調管理にも気をつけなければ。

喉を癒すにも、焼酎お湯割り♩
オススメである。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA
商品名:ヤマトザクラヒノヒカリ
蔵元:大和桜酒造
住所:鹿児島県いちき串木野市湊町3-125
URL: http://yamatozakura.com






by gon1442 | 2015-10-11 19:38 | 日本:焼酎 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite