ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

期間限定! 阿佐ヶ谷で久米島時間♪

8月末のお話。
来年の2月までという期間限定で、阿佐ヶ谷のアーケード内に
久米島専門店『久米島印商店』がオープンした。
都内にある各県のアンテナショップがあるが、そのなかでもかなりオススメである。

酒呑みとして、一番嬉しいのは! 

c0059278_10455333.jpg


コレ!
久米島の焼酎、米島酒造さんの『久米島』が当たり前のように購入できること。
しかも島内のみのラベルもあり、こ、これはお宝じゃないかああ!と
呑み助がみたら興奮する光景がそこに広がる。


c0059278_10461166.jpg



久米島好きだったら、これも欠かせないのが油みそだ。
島の各家庭で作られている油味噌は様々なバリエーションがあり、
あんだみす、やきみそとも呼ばれ、豚肉入りは油味噌の定番。
塩分控えめで、甘過ぎずこのままご飯の友としてもよし、おにぎりの具やお茶受けとして楽しむことができる。
島はかつて米と大豆が作られ塩田もあり、昔から味噌を手作りされてきた。
麹と大豆と塩を醗酵させた正当な作り方の味噌は酵母がそのまま生きており、
日々熟成がすすむことから、酵母菌が生きたまま体内で力を発揮。
いわゆる腸内環境を整えてくれる、ありがたきブレーンといえるのだ。
もちろん、深みのある甘さが、酒のアテにもなり、酒呑みにとってはしてやったり♪

c0059278_10462542.jpg


久米島といえば、この菓子を忘れてはいけない、「久米島みそクッキー」。
久米島味噌をふんだんに使い、香ばしい味噌の香りと口の中に広がる奥深いほのかな甘さ!
どこか懐かしくて優しい味は、おばあの味というべき手作り感。
しっとりした食感もよく、歯の裏にもべっとりくっつくので、
あずる(てこずる)こともしばしば。それもこのみそクッキーの魅力の1つ。

c0059278_10463839.jpg


コーヒー好きにはこちらが朗報だろう。
都内で久米島コーヒーがすぐに飲めて、しかも豆を買える!というのはココだけだろう。
島はハワイのコナ市と姉妹都市。
コナといえば、コナコーヒーということで、久米島でも久米島産のオーガニックコーヒーを作りだそうという考えから、生まれた商品だ。
店内のイートインコーナーでは久米島コーヒーセットとしてオーダー可能。
注文を受けてから、ゆっくり水だしで煎れていくので、
深みのある味わいを楽しめる。

c0059278_10465696.jpg


イートインでまだ、マンゴーメニューがあるのであれば、ぜひ、食べておくべきである。
島で採れたマンゴーを贅沢にこれでもかとゴロゴロはいったかき氷は
一口食べただけで、ほっぺたが落ちる〜♡甘酸っぱさ。
氷もまるで雪が溶けるようにすうううっと消えるほど上品。
氷を食べているのか、マンゴーを食べているのか、もうわからなくなるくらい
絶叫すべきうまき逸品だ。

c0059278_1047132.jpg


オープン初日は店頭でエイサーが披露された。
軽快なリズムは観客の心も掴んで、自然とみんな身体がリズムに合わせて揺れる。

c0059278_10473466.jpg


店内の壁は黒板になっていて、久米島の特産物や島の様子がカラフルなチョークで描かれている。
灯りのシェートも実は久米島で作られた琉球ガラス。
空泡がいくつもはいっていて、眺めているとまるで島の海のなかにいるようで
心地いい。

c0059278_10475138.jpg


「島でいるように楽しんでもらいたい」「旬の島の食のおいしさを伝えたい」
という信念のもと、期間限定でオープンした久米島印商店。

昼はランチ、夜はディナーとそれぞれ島らしいメニューを胃袋いっぱい味わえるとあって
毎日満席という大人気ぶりだ。
限定の久米島すばはすぐになくなるので、早めにいくのがいいだろう。(いまだ食べられていない)。

c0059278_1048712.jpg


現在発売中の海風舎『島へ.』vol83のなかで紹介中。

都内で久米島を楽しみ、島へいくか。
島へいってから余韻を楽しむために久米島印商店へいくか。
島好きなら、入り浸ること間違いなしの空間だ。

「泡盛で乾杯」「オリオンビールで乾杯」

c0059278_10482092.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
店名:久米島印商店
住所:東京都 杉並区阿佐ヶ谷南1丁目14-13
電話:03-5929-9332
営業:11:00-15:00/17:00-23:00
休   :月
URL: http://www.kume-shoten.com/
by gon1442 | 2015-09-24 10:48 | 日本:お店 | Comments(2)

飲み忘れていた夏の記憶

9月もあっという間に5日。
といいつつ、今日は気圧の関係か蒸し暑く、ちょっと歩いただけで汗だくになる。

冷蔵庫を覗いたら、夏初めに買っておいたアルコールフリーを見つけた。

c0059278_13431409.jpg



どんな味かするんだろうと
コンビニでみつけ、そのままにしていた
サントリーオールフリーのビターオレンジ。

美味しいのか!? と口をつけると
ほろ苦い柑橘系の風味。

サントリーは昨年から様々なフレーバー入りのオールフリーを登場させていているが、これはそのなかでもヒットかも。

ビールテイストも強すぎず、オレンジ風味の爽やかな甘みとほろ苦さが美味しい炭酸飲料。


もう1本買っておけばよかった〜と悔やんだ土曜日の昼下がり。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



DATA)
商品名:サントリー オールフリー ビターオレンジ
アルコール度数: 0.00%
URL: http://suntory.jp/ALLFREE/






by gon1442 | 2015-09-05 13:29 | 日本:アルコールフリー | Comments(0)

都会で高野山時間を満喫 9/6まで

今、東京の地で高野山を体験できる。
丸の内の新丸ビル7階で
毎年恒例の高野山カフェ。

c0059278_16341519.jpg




都心で世界遺産高野山の魅力を体感できるとあって、初日から大勢の人が7階フロアにあふれた。

イベントは様々あり、
新丸ビル7階、丸の内ハウス内のレストラン全9店舗とコラボレーションした肉魚を一切使わない、野菜や豆、海藻類中心のオリジナルの精進料理や精進スイーツは高野山カフェ期間内のみのメニューとあって、ランチはすぐ満席に。(夜のメニューもあり)
c0059278_16341654.jpg


musmus精進メニュー豆 五法御膳(ランチ)

高野山の僧侶に直接指導してもらえる「写経」は、空の下で『般若理趣経 百字ノ偈』を記せるとあって、整理券は1時間ほどでソールドアウトという人気。

c0059278_16341647.jpg



本当は般若心経を写経したいけど
やはりせわしい都会時間を考慮しての考えらしい。

c0059278_16341708.jpg



けたたましい都会の音とビル風の音にかこまれて、一字一字書いていると
あら不思議。
いつの間にか高野山の宿坊で書いた写経と重なる感覚に……。


c0059278_16341778.jpg




他にも高野山開創1200年を祝うトークショーや声明ライブもあり、イベント盛りだくさんだ。

c0059278_16390066.jpg





期間は9/6まで。
あぁ(≧∇≦)
秋の高野山に行きたい心境大!

c0059278_16341804.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)

名称:高野山カフェ in 丸の内ハウス2015
期間:8月28日(金)~9月6日(日)
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7階「丸の内ハウス」
時間:11:00~翌4:00(日祝、連休最終日23:00まで)
オリジナル精進料理を提供する9店舗
mus mus(蒸し料理レストラン)
SO TIRED(ダイニング)
ソバキチ(蕎麦・酒・肴)
HENRY GOOD SEVEN(ラウンジダイニング)
欧風小皿料理 沢村(熟成酵母パンと欧風小皿料理)
自由ヶ丘グリル(ビール・ワインとグリル料理)
来夢来人(喫茶・バー)
RIGOLETTO WINE AND BAR(スパニッシュイタリアン)
TIKI BAR TOKYO(バー)




by gon1442 | 2015-09-02 16:03 | 日本:イベント | Comments(0)

じっとり湿度深しときはこちらのハイボールで

9月になり、涼しくなった〜と喜びたい……と思いきや、湿度がフル満点という東京。
ギラギラ太陽の日差しがないだけマシか!?と思いつつも
5分も歩けば、じっとりと汗が吹きだす。

こういうときに飛び込みたいのが

c0059278_07595948.jpg


銀座 ロックフィッシュ。

新幹線スナフキンなどの延長で
時々お邪魔しているが、
今回は、じっとり湿度対策に
ハイボールである。

何度もいうがGon麹、ハイボールが苦手だった。が! ここのハイボールを飲んだ途端、「うまい!」と思わず声が出るほど
どっぷりハマった。

こちらの角瓶のハイボール。
氷がはいっていないキンキンな世界は

c0059278_08000049.jpg




一杯目はごくごくと気づけば気化するペース。
二杯目は前半は一杯目と同じだが
半分くらいになったころ
ふんわりふわんと酔い気分になってくる。

そう、2杯で退散するのが
こちらでの自分のルールo(^▽^)o。
3杯いけるが、絶対タガが外れる予想できるだけに、未だに未体験(某場所では3杯➕薄め4杯体験アリψ(`∇´)ψ)。

c0059278_08000050.jpg



本日の一皿はみそするめの黄味あえ。
レタスの上に味噌味のスルメで枠を作ってそのなかにプリプリ黄身が座っているかわいらしい一品。
食べるときは、この黄身をぐっちゃりと潰して*\(^o^)/*レタスもイカも黄身だらけ。

コクある黄身のねっとりさに、みそイカのほんのり塩味さがうまく絡まって〜
酔いアテ♩である。

15時からオープン(変更日もあり)しているこちら。
毎日通う常連さんにお話しするのも楽しみの一つである。

シュワシュワ泡の気泡を十分に満喫し
湿度対策完了。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
店名:ロックフィッシュ 銀座
住所:中央区銀座7丁目2-14第26ポールスタービル2階
電話:03-5537-6900
休:不定休
営:15:00〜(不定)※要確認





by gon1442 | 2015-09-02 07:29 | 日本:お店 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite