ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

一皿一皿の物語にうっとり 第一幕

田舎者が都会にでるとまず驚くのは人の数。
食いしん坊が驚くのは料理店の数である。
大都会という場所は四方八方、なにかしら食べ物屋があり
様々な香りが鼻孔を猛ダッシュしてくる。

東京はそのなかでもダントツ。
しかも旨い料理に美味し酒がこれでもかと集う、世界でもトップ3に入るだろう。

回遊魚ならぬ回遊麹の自分は
都会のおかげで、日々、美味しい店に出会える。
ありがたいことである。

さて、先日、昔から気になっている店に行けることとなった。

場所は北区赤羽。
大衆酒場のイメージが強いが、実は隠れ家な店も少なくない。

c0059278_11141693.jpg


すし処 みや古分店そのひとつ。
赤羽駅側のビルとビルの隙間に白い暖簾が揺れる店は
食いしん坊なら知らない人はいない。

メニューはコースのみ(夜)。
席についた瞬間から、みや古の亭主の世界がはじまる。

まず目の前に現れたのは、蛸の江戸煮。
江戸煮とはなんだ? と眺めていると
ほうじ茶で煮詰めたものが本来の江戸煮だと亭主が教えてくれた。
しっかりとした蛸の身に
ほうじ茶の香ばしさが染み込んでおり、ひと噛みするごとに口のなかで茶葉のまろやかさが広がる。
山椒の葉の緑と小豆色の蛸の色映えもよく
この一皿を眺めているだけで、まず頭のなかの食いしん坊レーダーが興奮しはじめた。

c0059278_11222851.jpg


二皿目は鯖を松前(昆布)で包み押し寿司にした松前寿司。
酢飯のほどよい酸味が、湿度でぐったりした体をしゃっきりさせてくれ
脂ののった鯖をサクっとした昆布と一緒に頬張れば
口の中はまさに爽快な海となる。
白ごまの香ばしさもアクセントにいい。


c0059278_11302844.jpg

黒い漆に盛られた八寸は
肉厚のアワビと上品な胡瓜。そして塩抜きしている柔らかい梅干し。

ここは酒がないと、物足らない。

c0059278_11322370.jpg


ドリンクは日本酒から焼酎、ワインにスパークリングと多種揃う。
そのなかで亭主が飲み口よく、さっぱりとしつつも味わい深いものとして選んでくれたのは

c0059278_11325639.jpg


福島の喜多の華酒造場さんの“特別純米 金澤屋”。
軟水で仕込まれ、純米の持つ味わいに爽やかな辛さで飲み口が軽やかに感じるので、
食事中でも気にせずスイスイと飲める子だ。

つい1合半ばかり飲んでしまったのは……ここだけの話しにしよう。

c0059278_11365812.jpg


途中、「どうぞ、そのまま」と手渡しでくれたのが
余市の紫雲丹の手巻き鮨。
有明の採れたて天然海苔の上品な食感に紫雲丹の艶かしい旨味をゆっくりと浸透してくる。
口のなかですぐに飲み込まず、海苔を上歯と舌で何度も吸ってしまった。
(お行儀悪いので真似しないように)

カウンター8席。テーブル席5席。13席は7時をすぎると満席のみや古。

玄関で靴を脱ぐので、店に来ているというよりは
親戚の家に遊びにきているように、寛げるのは日本人だからだろうか。

c0059278_11431393.jpg


料理は割烹とお寿司。
季節の食材へのこだわりも深く、コース内容も毎週少しずつ変えているそうだ。

碧色をした冬瓜の上にのっているのはごまフグの白子。
白子は少々苦手なのだが、この白子はさっぱりとしており、みずみずしい冬瓜と合わせても
白子の味が薄まることもない。

出てくる料理のペースも客の食べるスピードやその場の雰囲気を計算しつつ、
絶妙なタイミングで出されるので、
ゆっくりと一皿一皿
心から楽しむことができる。

時間も食すというべきだろうか。
愛でて食して味わって
過ごす時間もひとつの調味量……

噂どおりの世界に
食いしん坊の感嘆なるため息はどんどん溢れだす。

<続>

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
店名:すし処 みや古分店
住所:北区赤羽西1-4-16
営業:17:00~23:00
休   :不定休
URL :http://www.sushi-miyako.jp
備考:夜はコース(15000円)のみ。昼は予約のみ。(水〜日)
by gon1442 | 2014-06-26 12:04 | 日本:お店 | Comments(0)

永久欠番( ´ ▽ ` )ノ 月の中 岩倉ワールド

「どんな焼酎が好きですか?」
そういう質問をよくうける。
そのときの体調や気持ちで色々あげるが
必ず答えるのが
岩倉さん家の『月の中』。

c0059278_13583934.jpg


宮崎県の焼酎蔵元で
創業は明治23年になる。
蔵元の岩倉幸雄氏を中心にご家族で奥さ造りを行うため、石高数はわずか250石弱。
仕込みは毎秋、国内産の新鮮な芋が収穫される3ヶ月のみ。
瓶詰め、ラベル貼りまで全て手作業のため、世の中に流通され
出会えるのもタイミングよければ……となる。

『月の中』は白麹で仕込まれた芋焼酎。

やわらかい風味に旨み溢れるコクが広がり、あぁあ( ̄▽ ̄)っと心がふわんと穏やかな心境にいざなってくれる。

この『本格焼酎むろかしょうちゅうの華』はそのなかでも芋の持つ深い甘さが酔い香りとして鼻に駆け足で飛び込む。

25度数でありながら
ストレートでちびちびもいい。

そしてやっぱりd( ̄  ̄)
お湯割りで。
湯わりでも芋の深みある甘みが口のなかで、ふんわりシャボンのようにプカプカ揺れる……余韻の心地よさに


はぁあああ( ´ ▽ ` )ノ 癒される。
無濾過であるのに、強すぎない味わいは
宮崎芋焼酎ならではの地域性か。

「どんな焼酎が好きですか?」

間違いなく、自分のなかで『月の中』は永久欠番である。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-19 13:10 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

地域活性化のために生まれた期間限定! 沖縄ファミマ『春雨』

たぶん売り切れである。
でもあえてBlogに載せるのは
( ̄▽ ̄)v GETしたから(鬼)。

沖縄といえば泡盛王国。
50弱の泡盛蔵が点在している。

泡盛は度数が高いと敬遠されがちだが
泡盛の正しい飲み方は基本、水割り。

酒強しの島んちゅうが飲んでいる泡盛は
ほぼ水割りなのである。

さてたくさんある泡盛。
それぞれの性格があり
飲み比べしてみると面白いが

なかでもGon麹がオススメするのが
宮里酒造所の『春雨』。

那覇市内、小緑にある赤瓦の蔵は365日稼働。
ここで生まれてくる子は全て『春雨』という。

春雨の由来は『春は希望、雨は恵み』。

戦争で悲惨な地上戦で全てを失った沖縄。
そんな沖縄でも自然と季節だけは必ず沖縄にやってきて、
大地と人の心を癒してくれた。
そんな自然のなかで泡盛を作ることで
沖縄の地に希望と恵みが多く訪れてほしいという願いがこめられている。

c0059278_10552485.jpg

※ファミリーマート(沖縄)で春雨発見!?

宮里酒造の現在の蔵元は宮里徹さん。
宮里さんの緻密な計算で生まれる『春雨』は
いままでの泡盛の常識を覆すような子で、
酒造業界が驚いたのは有名なお話。
なんども試行錯誤をし、たくさんの独自のデータを作り、修練。
そしていつも挑戦し続けているのだ。

生産量よりも酒質にこだわり、
宮里さんを含め数名の従業員で醸す泡盛は年間の小売量がわずか。
出来上がった泡盛は1年以上寝かし、浮き出た油分を丁寧に手作業で掬う。
このひと手間が熟練した経験、そして宮里さんの勘を生かした微妙なさじ加減となり、
泡盛ながら、臭みをほぼ感じない上品な香りの『春雨』が生まれている。

この飲みやすく味わい深し『春雨』はたちまち評判となり、
全国から問い合わせが殺到。

注文の電話が増えても、やはり石高数を増やさず
酒質を損なわずという宮里酒造の姿勢は
ますます呑み助の心をかき立てるものに。

その結果、『春雨』は地元、沖縄で見つけることが難しい銘柄になってしまった。
※飲食店などで飲むことはできます(入荷しているところは)。

「これではいけないとも思ったのですけれど、人手も蔵の規模も限界があるので、増やすことができない。それが無念です」

そんなとき、大手チェーンコンビニエンスストアー、ファミリーマートさんから「沖縄のファミリーマートに春雨をおろしてほしい」という依頼がはいる。

初めは無理だとつっぱねていた宮里さん。
すると沖縄ファミリーマートの重鎮が蔵まで何度も通いはじめたという。
いわゆる、春雨三顧の礼。

コンビニエンスストアーというと地元に特化したものも多く、
沖縄ではもちろん泡盛コーナーがあった。
しかし、泡盛の売れ行きがよくなく、各店舗から泡盛コーナーを止めたいという話が多く
沖縄本部のほうにあがっていたそうだ。
沖縄のコンビニで泡盛がなくなる。
それはまさに土地のアイデンティティーが消えはじめるということになる。(大げさだけど)。
それは困るということで、泡盛のなかでも人気が高い『春雨』の力を借りようとしたそうだ。

酒質を落とすことはできない。
なにより、新たに量を増やすこともできない。
悩みつつも、宮里さんはコンビニをいくつも周り、
泡盛コーナーの状態を調査すること数ヶ月。

期間限定なら、OK。 売り切れても出荷数を増やすことはしない
という条件で、
一昨年より期間限定の沖縄ファミリーマートとコラボした『春雨』ができたのである。


c0059278_10552484.jpg


種類は2つ。(今年の限定コラボ内容)

1つは『春雨』(グリーンラベル)。25度で360ml。
こちらはお湯割りにぴったりの子である。
泡盛でお湯割り!?と思うかもしれないが、
温めた分、素材の旨さが花開き、ほどよいゆるゆるさが楽しめる子だ。

もう1つは『春雨』ピンクのボトル。アルコール度数は15度で500ml。
三角すいのボトルの形がユニークで、まずは見た目に興味がわくだろう。
ピンクの瓶というのもキュート。
ジャケ買い派だと、つい手にとってしまいそうな雰囲気をもっている。
この子は冷蔵庫で冷やし、そのまま飲めるので、
ビール代わりの1杯によし。

『春雨』の泡盛コーナー出荷の結果、
なんと泡盛コーナーの泡盛の売れ行きはなんと右肩あがり。
酒好きの観光客がファミリーマートで『春雨』をみつけ、購入することで、
他の泡盛にも目が向きはじめ、泡盛全体が少しずつでも売れているらしい。

まさに神様、仏様、春雨様である。

実際、Gon麹もファミリーマートで『春雨』をみつけた瞬間、
なんで、ここに春雨があるんだ? としばらく呆然と見ていた。
もちろんすぐに手にとりレジに向かったのは言うまでもない。

c0059278_1055231.jpg



地域限定、期間限定なので、この2種類の『春雨』を飲みたいのならば、
ぜひ沖縄へ。
ちなみに、今年の分はそろそろ売り切れ模様という話は
つい先日、宮里さんにお聞きしたばかりなので、あしからず。

GETできた人はラッキー♪
惜しくもGETできなかった方は来年是非♪

※『春雨』見つけても買い占めだけはやめましょう。ひとりでも多くの人に楽しんでもらう、そんな呑み助心もちましょう。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-17 16:02 | 日本:焼酎 | Comments(2)

脱ぐとすごいんです系 心惑わずその正体は……

高知をスナフキンしていると、目に飛び込んでくる幟がある。
「もちぽにょ」
!? 今さらながら、宮崎駿氏の『崖の上のぽにょ』か?と首をかしげてしまいつつも
スルーしてスナフキンを続けると
やはり「もちぽにょ」という幟がある。

この幟が旗めいているのは、高知に本部をもつコンビニエンスチェーン、スリーエフ。
高知では大手3社をしのいでダントツ大人気1位のコンビニなのだ。

幟の「もちぽにょ」はそのスリーエフのなかでもどうやら、ホットな商品のようで、
窓には大きなポスターが1枚、2枚……、いや4枚も張られていた。

ど!どんだけ!!!!!!
食いしん坊レーダーがぐるぐるまわりだす。

探せど探せど、「もちぽにょ」が見当たらない。
なんで? 
ますます関心、いや、執着度が強くなるGon麹。
スタッフに聞くと、今日の分は売り切れとのこと。

時計をみるとAM10:00過ぎ。
まだ昼もまわってへんやん!!!!!

こーなると、意地でもGETしたくなる。
スナフキンしながらも、探すのは「スリーエフ」という看板。

みつけては入り、売り切れといわれること数回。

やっとのこさ、「もちぽにょ」が売り切れていない!スリーエフを発見。

c0059278_1182038.jpg

※苺があるのはまさに奇跡!!!



それでも残り3個
カスタードと苺が棚のなかにお行儀よく並んでいる。
全部買ってしまおうかという欲望にも駆られたが、
自分のように「もちぽにょ」を探している人もいるかもしれぬ。
後ろ髪ひかれる思いをしつつ、1個残して、2個GET。
もちろんカスタードと苺1種類ずつだ。


c0059278_11165675.jpg

※パクっと口にするとプリン風味のクリームが溢れだすーーーー!!!


とにかく柔らかいのである。
まさにもち肌。
生まれたての赤ちゃんのようなぷにょぷにょ感は
食べる前から、これはうまい。まちがいなくうまい!と、本能を刺激する。
生地自体、滑らかで、こんな肌をしていたら、どんな男も落とせる!
世の中の女性諸君。最高の美肌を目指すなら、これからは「もちぽにょ」肌だ!

もちもちの生地はもち米粉をつかっており、とにかくもっちもち。
片手でもつと中身のカスタードの重さでゆっくり伸びるほど。
カスタードは新鮮な牛乳ベースでたっぷりと詰めこんでおり、
食べると口の中いっぱいにミルクカスタードの風味が広がる。
濃厚なカスタードをもちもちの皮で見事で包んだ「もちぽにょ」。

こ、これはハマル!!!

袋からだしたときから、思わず「惚れてまうやろ」という気持ちになってしまうのだ。
直に持つと、きっと誰もが「おおっ」と雄叫びあげることだろう。
まさに!
「私、脱いだらすごいんです♪」みたいな♡。


現在、「もちぽにょ」はレギュラーのカスタードの他に苺と抹茶がある。
一番人気は苺で、お値段は120円とカスタードよりは若干高め。
いちごの風味とつぶつぶ食感が楽しめる。

抹茶は大人の女性向けといえばいいだろうか。
食べていないので、スタッフに聞いたところ
「宇治抹茶を使っており、風味豊かな抹茶クリームです」とのこと。

あぁ。これも食べたい。
スリーエフどこかにないか。
「もちぽにょ」が売り切れていないスリーエフ。

見た目は地味だけど、決して見逃してはならぬ「もちぽにょ」。
午前で売り切れてしまうのも納得だ。

女性の手のひらサイズと、決して大きくない。
でもかなり腹持ちがいいのをお忘れなく。
食べているときはペロリとすぐに食べられるので、もう1個、もう1個と手が伸びそうだが
1回に1個がベスト(だと思う)がよいだろう。

おやつタイムでもいいが、
スパークリング系のお酒のアテにも酔いかもしれない。
カスタードは特に万能ウケする味である。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
商品名:もちぽにょ
価格 : カスタード108円 苺120円  抹茶 123円
販売所:スリーエフ(コンビニエンスストアー)
by gon1442 | 2014-06-17 11:37 | 本人:別腹 | Comments(0)

朝から泡盛いっちゃう!?( ̄▽ ̄)b

グッドモーニング♩
歓喜とため息が日本中で聞こえてきた昨日の昼。

過ぎた結果は変えられない。
次だ次!

気を入れ直して( ´ ▽ ` )ノいくぞおー。

月曜日朝。
新しい朝。
朝はグッドモーニング珈琲で目を覚ます!

珈琲は好きなので
粉を切らすとたちまち
身体のサイクルが狂ってしまう。
そう、気が抜けない我が朝珈琲事情なのだ。

そんな鬼気迫る珈琲ZONEに
最近参戦してきたのが
泡盛!!!!!珈琲である。

c0059278_732541.jpg



正しくは泡盛焙煎珈琲。
泡盛って!(◎_◎;)と思った方。

ご安心を。
焙煎直後、高温状態の珈琲豆に泡盛を直接注いで香り付けしたものなので
度数の高い泡盛のアルコール度数は飛んで、香りのみ。

c0059278_73267.jpg


個性的なコクがあり、余韻はそのコクが爽やかな甘みに変化。
沖縄らしいといえばいいのか、
とにかく風味豊かな珈琲だ。

泡盛焙煎豆の爽やかさは、沖縄の暑さを忘れさせてくれるため!?
ならば、亜熱帯地域になりつつある日本には、ぴったり(*^◯^*)。

たちのぼる香りの柱が
部屋中に広がり、アロマ効果は抜群。
まあ、少々物足らないこともあるが
そんなみみっちいことは
どーでもいい(⌒▽⌒)。

この珈琲をいれると
普段のせわしい時間がのんびりした時間に感じるのは
沖縄だから?
同じ10分でも、1時間に感じるゆったり感。
まさに沖縄マジック……いや、単なる自分の
お•も•い•こ•み(^^;; だろうけど。

新しい一週間。
泡盛でd( ̄▼ ̄)
もとい!
泡盛焙煎珈琲で、さあ元気にはじめよう。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-16 07:11 | 日本:泡盛 | Comments(2)

お遍路道中の誘惑にご用心♩

酒ナフキン&酎ナフキン。
スナフキンは我が人生のテーマの1つ。
今年は四国88カ所お遍路道中も加わっている。
今は丁度、土佐。
遍路のルートが長く、厳しいことから
修行の道場と呼ばれている。

お遍路には欠かせないお接待精神も強く、各寺にはお茶やコーヒー、甘いものを用意してくれているところもある。
まさに「おもてなし」の真骨頂はここにありといえる。
人は善という精神で成立するものだ。


c0059278_8434728.jpg



それはコンビニでもみられる。
全てではないが、お遍路さんの休息にと
場所を用意していたり、水を用意してくれているところもある。

まさにお遍路の地ならではの心だ。

お遍路道中、コンビニはトイレを借りたり、ちょっと休憩で涼みに立ち寄れるありがたい存在。
そのときやはり楽しみなのが
コンビニの酒棚d( ̄▽ ̄)。

地元酒をやっぱり置いてあるのを見ると
ついニヤニヤしてしまう。

もちろんお遍路道中は禁酒が常識。
眺めているだけだが、
知ってる子がいると飲まなくても
口の中にはその味がカムバック♩

あぁ。修行中に……煩悩がふつふつと。

土佐はやはり土佐ならではの面々が
並んでる(残波は沖縄ね(^_^;))。

龍馬や美丈夫などのなか
ひときわ目だつ位置に『辛口 慎太郎』がd( ̄  ̄)。
濵川商店の『濱の鶴 純米 辛口慎太郎』が正式名称のこの子は精米歩合60%で吟醸酒と同じく少量仕込み。
低温発酵でゆっくりと丁寧に醸されていて、柔らかな酸味を感じつつ余韻の
キレの良い特別純米。

はあ( ̄▽ ̄)飲みたい……Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン


お遍路道中は誘惑多し地でもあるので
くわばらくわばら、気を引き締めねば。

でも楽しき、遍路スナフキンなのである。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-15 08:19 | Comments(0)

梅雨に育つ旨し味

今日は雑節の入梅。
毎日降る雨も農業や林業にとって大事なことであり、
江戸時代、暦の上に入梅が設けられた。
昔から日本人は自然と共にあり、自然の移り変わりに敏感だった。
そのことは食材1つにもいえる。

流通の発展や冷蔵、冷凍、ハウス技術の向上により、
365日、様々な食材や地方の味を口にすることができるようになった。
食いしん坊にとってそれはありがたいことだが、
どんな人でもやはり、季節のものを目の前にすると、思わず笑みが浮かぶくらい、
旬のものは心を豊かにしてくれるのである。

さて、今回、そろそろ“鱧”が食べたくなってきた。
鱧というと祇園祭の京都や天神祭りの大坂と関西の印象が強いが、
これは旬の鱧の前半。
梅雨の水を飲んで育つといわれている鱧で、
サッパリとした味わいだ。

梅雨は始まったばかりだが、どうにもこうにも鱧が食べたいと食いしん坊レーダーがグルグルまわって
落ち着かない。
こういうときは我慢<食い気の方程式に従うのみである。

c0059278_21334675.jpg


今回オーダーしたのは鱧の天ぷら。
サクサクっとちょっぴり骨っぽさ!?の食感こそ
欲していた鱧である。
塩とすだちのみの味付けで。
口の中でさっばりした味わいが広がるなか、
丁寧に骨切りされた身がまるで生きているような感じで泳ぎだす…店
ふわふわっと、とろけるような柔らかさは
まさに夏の王者だ。

c0059278_21375411.jpg


鱧には骨の育成をするコンドロイチン硫酸、DHA、EPAなど豊富に含まれており、
細胞の健康を保つために数多くの重要な働きをしてくれる。
なかでもコンドロイチン硫酸は、コラーゲンとともに体内の結合組織を形づくる大事な栄養素。
組織に保水力や弾力性を与え、栄養分の消化吸収や代謝を促してくれる効能がある。

この効能! 肌の健康維持はもちろん、アンチエイジングにも効果覿面。
さらに目の角膜や水晶体の透明度の維持など、視力の強化や保護、
体の関節の動きからじん帯の弾力維持にも必要な栄養素なのだ。

また、カルシウムの代謝の代謝に関わることで、
骨の成長をうながし骨粗鬆症予防、
そして血中のコレステロールや過酸化脂質の除去など、動脈硬化や高血圧を予防してくれる。
まさにミラクルパワーの栄養素でもある。

腰痛に最近苦しむ自分にとってはまさに季節の恵みであり、
自然からの贈り物。
アンチエイジングも骨の育成、成人病の予防など、見逃せない要素がいっぱいだ。
さらに鱧は小骨を骨切りして、そのまま食べるので、カルシウムも他の食材より
とりやすいのもありがたい。

ちょっぴりフライング!?かもしれないけれど、
やはり鱧はいい。
鱧を食べると湿気でへたりそうでも
鱧切りのシャキシャキ音のようにシャッキリできそうだ。

やはり季節ものは元気になれる、元気をくれる。
自然の四季の移り変わりと共に歩んでいる日本はまだまだ捨てたもんじゃない。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_2157232.jpg


撮影協力:佐竹
by gon1442 | 2014-06-11 21:58 | 日本:;肴 | Comments(0)

さつまいもビールはビールじゃなか(⌒-⌒; )

鹿児島空港。
搭乗時刻まで時間があると
空港内の某場所で
キビナゴとかさつまあげとかつっつく。
もちろん焼酎片手にd( ̄  ̄)

c0059278_1682876.jpg


今回はちょっと違った。
まあ、飲み過ぎ&寝不足という体調と
まだ昼前という
人並み!?d( ̄  ̄)意識が働いていたからだろう。

でも目にとまった。

さつまいもビールの文字。

気になる。気になる。
(・・*)(*・・)キョロキョロ(・・*)(*・・)キョロキョロ
周りに知り合いいなーい( ̄▽ ̄)v
(いたけど(^◇^;) )

もちろん注文。
体調をしゃきっとさせるために
薩摩野菜カレー定食。



c0059278_1325716.jpg


怠いときのカレーって……まさに薬。

そしてさつまいもビールは……
薄い薄いちろっとビールテイストの飲み物。
(TεT;)も!物足らなん……。

紫色の色合いは綺麗。
女子向きの地ビールだな∈(´Д`)∋

Gon麹にはもの足らず。


店員さんのいうことは聞くべきだった(^◇^;)。

G「さつまいもビールってどんなんです?」
店員「さつまいもを使ったビールですよ」

G「おいしいんですか? どんな感じ?」
店員「……ん〜。ビールテイストですけどビールと思って飲まれないほうがいいかも」

↑確かにd(^_^;) そのとおり。

後ほど知り合いにラウンジで生ビールをご馳走になり( ̄▽ ̄) さつまいもビールの記憶はさらっと〜流れていったのはいうまでもなし。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-10 15:48 | 日本:ビール | Comments(0)

小腹が空いたからサタパンピン♪ 

小腹がすいたとき、なにか齧りたいなあと考えるといくつか頭に浮かぶ。

そのひとつが

c0059278_136444.jpg


サタパンピン。
サタパンピンとは沖縄の揚げ菓子、サーターアンダギーのこと。
宮古島でサーターアンダギーをそう呼ぶ。

揚げドーナツのような食感のこの菓子は
とにかく気に入って時間をみつけては食べていた。

サーターアンダギーの語彙は
サーターが砂糖、アンダーギーはアンダ(油)とアギー(揚げ)で揚げるを意味し、揚げ物となる。
宮古島のサタパンピンはサタが砂糖、パンピンが天ぷらという意味をもつ。

サタパンピンは自分達で作ることもできる。
小麦粉に鶏卵、砂糖や黒砂糖とベーキングパウダーを柔らかめのクッキー生地に仕上げ、
丸めて低温の油で数分間揚げると完成。
とはいえ、やはり沖縄のサタパンピン、サーターアンダギーには叶わない。
特に宮古島のおばあの出来立てサタパンピンはアツアツで
揚げたてのサクっとした軽やかな触感が嬉しくなれる。
大きさも大人の拳くらいの大きさで、1個食べきれないくらいのかなりのボリューム。
口と手を油だらけにして島の子供と一緒にムシャムシャと食べていた。

球形の片側がサクっと割れ、人が笑っているような笑顔のように見えることから、
古くから結納の持参品など縁起物として用いられてもきた。
砂糖が貴重だった時代は、砂糖無しの白アンダギーがあったが、
今は黒糖、かぼちゃ、ごま、シークワサー、紅芋など、色々な種類がある。
各家で大きさや形、味も異なるので、まさに家庭の味といえるだろう。

梅雨に入ったからだろうか。
無償に、今、宮古島のサタパンピンが食べたくなった。
那覇でもなく、石垣でもない。宮古のサタパンピン。
それもあのときのおばあの味が、無償に懐かしい。
まだ夜が明けぬうちから、おばあの台所からは甘い香りが漂って
鼻をくんくんさせて、お財布を握りしめていた。

スケジュール帳はスナフキンはできそうな空白がいっぱい。
後はお財布との現実の相談か。

サタパンピンは泡盛との相性もよく
揚げ菓子の油を泡盛が流してくれるので、お気に入りという気持ちがあるのも事実である。

おいしいサタパンピン。
揚げたての大きなサタパンピン。
子供のように一心不乱で食べたいなあ。

小腹がますます空いてしまった……(不覚なり)。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-06 13:31 | 本人:別腹 | Comments(0)

我が家のペットボトル活用法........(((((_ ̄▽ ̄)_◻︎

この味、みんなに知ってほしいなあと思った子があるとき
四合瓶ならバックにヒョイっと入れちゃうが、一升瓶のときはちょっと考える。
皆さんはどうする?
一升瓶、袋からのぞかせて電車に乗ると
まあ、目の前の人と目が合う回数が増えていないだろうか(笑)。


c0059278_981274.jpg


だからやはり入れ替えしなくては!ということで

と、代用器を探し、だいたい手にするのが
ペットボトル。

これなら軽いし、割れない。
バックのなかにもすっぽり入る。

世の中便利になったもんだ♪とつくづくペットボトルをみて思うのである。
だから資源ゴミの日は全て出すのではなく2本ばかりは手元に残すペットボトル。
水や炭酸水がはいっていたものをチョイスするのがポイントだd( ̄  ̄)。
※味つきのペットボトルだと、きちんと洗ってもその香りが大事なお酒につく可能性がある!


パッケージはちゃんと外し、まけないように(こぼさない)ペットボトルの口から注げば完成。

今回はこの子。

c0059278_981275.jpg



柳田酒造の復活!芋焼酎 “千本桜”。

芋でありながら麦っぽい香ばしい風味を感じる、美味しい子( ´ ▽ ` )ノはかなり大人気。

酔いねえ♩
持ち運びにピッタリだわ。ペットボトル。
日光には当てないでね( ̄▽ ̄)b

あ!あの人にも持っていかなきゃ〜
ペットボトル( ̄∀ ̄*)
ペットボトル( ̄∀ ̄*)

さすがに
3本いれたら、バックは重かった(´∀`;A。(当たり前じゃ)

中身はお酒であるので、つい忘れてごくごく飲んだら危険危険。
酔酎意♪

空になったら、資源ゴミへ。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-04 09:22 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite