ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地元酒に魅せられて

「飛露喜」というと
酒吞みは目を輝かす銘柄の1つ。
もちろん旨い。
なれどそれ以上についつい手がのびるのが「泉川」だ。
もちろん醸す蔵元は廣木酒造で
ある。

c0059278_16205254.jpg


つい先日、某雑誌?で取り上げられたこともあり、ご存知の酒吞み同士も多いだろう。

自分が「泉川」に出会ったのは昨年、ちょうど1年前のことだった。

会津若松の酒屋さんで色々試飲させてもらったとき、
「これは飲んでおくべきだよ」とすすめられたのがはじまりだ。

「飛露喜」は都内で飲んだことがあったので、味は似てるんだろうと想像していた。
その考えが浅はかだったとわかったのは、封を開けて1秒もかからなかった衝撃を覚えている。

透明感があるのにコクの層が幾重にも連なり
まるで天女の羽衣のように
手にはつかめないのに、そこに存在している旨味の存在。

確かめようと杯をすすめると
虹のように様々な味わいと変化していく。

余韻はあるのに意識をもとうとすると霞みのように消え
心の記憶にささやいてくる……
「つかまらないよ」といたずらっこの妖精のような感じで。

そして現実にはあっという間に一升瓶は空になっていた。

あれ以来、「泉川」は自分の中で特別な存在である。

酒屋さんで見つけたら間違いなく手にいれる子になった。


ご縁で蔵元さんにもお会いしたことがある。
人当たりのいいユーモアを感じるイケメンさんだった。

色々お話聞きたかったが、いかんせん究極の人見知り。
予期せぬパターンの場合は貝になる。

それでも、この人の頭の中に、あの「泉川」の世界があるのだと思うと
やはり関心は深まる。

今年も会津若松にお邪魔することがあり、酒屋さんで「泉川」を見つけた。

もちろん、移動中の酒;^_^Aになったのはいうまでもない。
酒友4人で、1時間弱で空っぽ。
やはり、あっという間に消えてしまった。


蔵は会津坂下の街中にあるとか。

いつか酒ナフキンでお邪魔したいものである。

これほどの酒がありながら、かつて廃業を考えたという話を聞いたときは、心底、廃業にならなくてよかったと思えた。

「泉川」は地元酒であるので、地元優先の販売だ。
やはり地元酒はいい。

いつまでも飲み飽きない性格をもっている。

一つの蔵でも
同銘柄でも、米や造り方によって、様々な子に成長する。
だからこそ、いろんな子に出会いたいと思うのが呑み助の心情なのだ。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-02-28 16:18 | Comments(0)

富士山の日は誉富士の子で「乾杯」

本日、2月23日は「富士山の日」(*^_^*)という情報を得たら……
お祝いですねψ(`∇´)ψ。
日本酒で。

静岡のお酒で富士山をお祝いしようというイベント「しずカパ」が静岡県の彼方此方で開催されるそうだ。
静岡のお米(^ω^)「誉富士」で醸したお酒で乾杯というのが主旨だという。

駆けつけたい
ε===(っ≧ω≦)っ

と、気持ちだけは静岡へ。

「乾杯」は18時半。
一斉に誉富士のお酒を掲げ飲むとか。

c0059278_1801562.jpg


うちにある誉富士は
昨日GETした(酒ナフキン様子はまた次回)
静岡県由比の銘酒、英君酒造の袋吊りしずく酒。
封を開けると吟醸の爽やかな香りが……。
思わず口が杯に飛びつきそうだ。


でもイベント乾杯までは、あと30分。
もうちょっと我慢しようか。

我慢できるかどうかは


自分次第だな。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-02-23 18:03 | 日本:イベント | Comments(2)

酒も好き。カレーも好き♡

世界中でカレーが好きという人が多い国は色々あるけど
トップ1、2に名を連ねるのは国民食のインドかレトルトカレー王国!?の日本ではないだろうか。
御多分に洩れず、自分もカレーは大好きである。
カレー屋さんがあるとついつい足を止めて、鼻をクンクン。
店のなかからもれてくる色々なスパイスの香りにニンマリすることは毎度のことだ。

さて、カレーパンも好きである。
油っこいので、なるべく揚げ物系のパンは回避するが、
カレーパンだけは別!
油っこいということも、このときばかりは目をつぶる。(シ_ _)シ

c0059278_14503679.jpg


カレーパンを食べるとき、お酒を少しお供にする。
今回は川鶴酒造の掬い酒。
これは先日の蔵開き限定のときのみ手にはいる子だ。

c0059278_1459655.jpg


滓の上の子だから、旨味の濃さは抜群。
スッキリさもあり、一口目は軽さを覚える。
二口目になると旨味がミルフィーユのように一層一層、ゆっくり広がっていく。

特純(特別純米酒)の生をそのまま濾過し加水やブレンドは一切なし。
搾り立ての上澄み|/// |(*^0^*)ノ| ///|

カレーのコクが旨い具合に♡この子の米らしいコクがまろやかに包み込んで
口のなかで溶けだしてきた。
カレーパンには目玉焼きもはいっていたから、カレー味はマイルド系。

軽く一杯のつもりが気づいたら三杯目。
1本しかGETしなかったから、ちょこっとずつ飲まんとなああ。(^┰゜)

カレーパン、1個まるまる食べたら
小腹パンパン。

c0059278_151109.jpg


明日もパン屋さんにいってくるか。
カレーパンGETしに。

故郷のおふくろカレーも久しぶりに食べたいなあ。
今度帰省するとき、作ってもらうかσ(゚^ ゚ *).


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_1554750.jpg


DATA)
川鶴酒造
住所:香川県観音寺市本大町836
URL: https://www.facebook.com/kawatsuru?fref=ts
by gon1442 | 2014-02-18 15:09 | 日本:;肴 | Comments(4)

グーグーとお腹は鳴きだし、ゴクリと喉がなる……酔い一冊

京都。
日本人なら、いや世界中の人々、誰もが憧れる地だ。
一度訪れ、その魅力を体験すると、
また次、また次とついつい足を運んでしまう。魅惑の場所である。

京都の楽しみ方も色々。
歴史、景色、文化、飲食、買い物etc。
自分も子なにかと理由をつけては一年に何度も京都に出かけている。

最近の京都探訪は京都の居酒屋巡り! (いつものあたりまえ!?)とともに、
大好きな酒器工房、今宵堂 さんにお邪魔することがとにかく多い。
初めは酒器を求めて通っていたが、最近は工房の空間が好きで
京都を訪れてから「行ってもいいですか?」と突然アポを無理矢理お願いしてしまう。
そんな大好きな今宵堂さんがこの2月、一冊の本を出された。

c0059278_15562876.jpg


『今宵堂 きょうの晩酌  酒と肴、器のつかいかた』(平凡社)である。

今宵堂の酒器はもちろん、今宵堂ご夫妻の日常の晩酌タイムが集まった世界だ。
今宵堂さんの晩酌タイムはBlog(http://www.pinterest.com/koyoido/with-sake/)に毎日掲載され、ファンも多い。BSでも放映されるほど、注目されている。

センスいい盛りつけと美味しそうな肴の内容は
ご飯前にみるのは厳禁(笑)。とにかく、美味しい晩酌時間だ。
今回はその晩酌風景が
元旦から大晦日までの一年間の季節に合わせて紹介されている。

もちろんただの晩酌手帳ではない。
酒器や酒の紹介だけでなく、今宵堂さんの晩酌レシピも載っている。
しかも♩簡単でわかりやすいので
これは、ズボラ人間としてありがたいヾ(=^▽^=)ノ。
器の盛りつけも勉強になる。
丼生活している自分のテーブルの様子と真逆の世界。
う〜ん。やはり自宅の食事の風景も、美意識は大事だなあ。

頁数は100頁弱。
ぱらぱらと小一時間くらいで読める。
一度目はぱらぱらと。
二度目はきになる頁をじっくりと。
三度目はもう一度はじめから一頁一頁読んでいく。

昨日、手にいれたばかりなのに、表紙はすでに手あかがいっぱい。

晩酌、夜ご飯の一品の参考にもなる今宵堂さんの晩酌。
さて、今宵はどうしようか。

二週連続の雪の週末。
胃袋があったまるものがやっぱりいいなあ。
こんこんと舞い降りる雪をみつつ、今宵堂さんの酒器にあっためたお酒を注いで……。


今宵はゆっくりほっこりしよう。

酔い時間のお供に……。
1300円(税別)。決して高くはない酔い一冊である。

c0059278_16411324.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
書籍名: 今宵堂 きょうの晩酌  酒と肴、器のつかいかた
著者   : 酒器 今宵堂(http://www.koyoido.com/about)
定価   :1300円(税別)
発売元:平凡社(http://www.heibonsha.co.jp/book/b165836.html)
by gon1442 | 2014-02-14 16:50 | 酒:本 | Comments(2)

明日はスノーバレンタイン!?  喜ぶのは……ばかり。

先週末は日本全国広い範囲で大雪となった。
もうあんな天気はこりごり。
なれど、今週末もなにやら雲行き怪しい予報にうんざり。
「雪になるか、雨になるかわかりませんが、たぶん雪になります」と予報する
テレビ画面お予報士の首をしめたく!なりそうである。

雪が降って喜ぶのは
子供と犬。そしてなぜか猫!?
猫って炬燵で丸くなるんじゃないの? と思っていたのは
自分だけか。

さて、そんな雪予報の明日はバレンタインデー。
デパートやケーキ屋の店頭はチョコが山盛りにつまれている。

c0059278_15264447.jpg


バレンタインの起源はローマ時代に遡る。
269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日である。
ローマ皇帝・クラウディウス2世は、故郷に恋人を残した兵士がいると士気が下がるという理由で、
ローマでの兵士の婚姻を禁止した。
しかし、キリスト教司祭だったウァレンティヌスは秘密に兵士を結婚させていた。
そのことで司祭は捕らえられ、処刑されたとされる。
処刑されたのが2月14日だった。

どの文献を探しても日本のバレンタイン必須のチョコレートが記載されていることはない。(貧しい子に司祭がお菓子を与えていたとはある)。

まあ、皆さんご存知のように、バレンタインデー=チョコをプレゼントというのは日本の菓子業界の宣伝刷り込みによるもので、様々な説があるが、
日本人に広く認識されtるようになったバレンタインチョコがはじまったのは
1960年の森永製菓が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告だろう。
そして1965年に伊勢丹がバレンタインデーのフェアを開催。
このことがバレンタインデー普及の契機となったといわれている。
外国では男性が女性に花束を贈るようであるが
女性から男性にというのは日本独特!?の習慣というのも、まあ、おもしろきことだ。

さて、いろんなチョコレートがたくさんある。
一粒5000円以上するのもある。
だ、誰が食べるだ……(汗)。それで飲みに行きたい!と思うのは酒呑みだからだろうかww
まあ、もらえるものならもらいたいのは世の中の男性陣の気持ちだろう。

甘いものなんて!という人もいるが、チョコは甘いものばかりでない。
苦みある渋いチョコもあれば、酒呑みにとってうれしい酒入りチョコもある。
まあ、ウィスキーボンボンという菓子があるのだから、酒入りチョコはありえる。

焼酎ボンボンもあれば日本酒ボンボンっぽいのもある。
酒粕入りのチョコもある。

呑み助としては、やはり酒入り(日本酒&焼酎)か酒粕入りがいいなあ。
と、酒ナフキンをしていたら、美味しいのを見つけた!

大吟醸を使ってつくりだしたしっとり生チョコ♡。
香川県、川鶴酒造の大吟醸だ。
チョコに大吟醸を練り込み、
地元の菓子職人さんがひとつひとつ手作りでつくったものだ
柔らかく、口にいれるとしゅわあああんとゆっくりと溶けだす。
甘く、そしてほろ苦い……春の訪れを感じゆるやかな風味。

酒には美容や健康効果もあるから、食べながら健康促進できるかも! である。
呑み助はやっぱり一石二鳥という験を担ぐことが好き。

明日の聖バレンタイン。
司祭のことを頭の片隅におきつつ、
スノーバレンタインを窓越しに楽しんでみるか。
(本心は積もってほしくない、へたれである)。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
川鶴酒造
住所:香川県観音寺市本大町836
URL: https://www.facebook.com/kawatsuru?fref=ts
by gon1442 | 2014-02-13 15:54 | 日本:暦 | Comments(2)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite