ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北千住はいとをかし

北千住駅の東口。
メトロを使うと地上にでて移動せねば東口に抜けられないという立地構造を知ったのは去年。
23区内でありながら、北千住ゾーンをまだなんにも知らない自分である。

さて、その北千住に新年会のお呼ばれがあった。

場所は「明日香 北千住店」。
北千住店とついているくらいだから、都内あちこちにあるのだろうと想像しつつ店舗に向かうと、
その店構えに驚いた。
まるで京都や伊勢のような門前町の風情ある佇まい。
喧噪な町のなかにあって
そこだけまるで見えないベールに包まれたように
非日常的上質な時間の流れ。

c0059278_1533958.jpg


正式店舗名は「味問屋 明日香北千住本店」だ。

引き戸をあけると、香のよき匂いが出迎えてくれる。
靴を脱ぎ、階段をあがり二階へ。
さらに上にも続いているので三階もあるようだ。
二階はそれぞれ定員がそれぞれ異なる個室がいくつか。

全員が揃うまで、お茶を一服。

「先になにか飲まれますか?」と、矢継ぎ早に聞かれない、
落ち着いたサービスに
ここは料亭か!?と思わずかしこまりそうになる。

c0059278_159561.jpg


新年のご挨拶は平孝酒造の日高見の超辛口。
超辛口とありながら、米の旨味もしっかりとでており、
そのコクが舌の上でたゆむことなく静かに身体のなかを浸透しはじめる。

c0059278_1573627.jpg


お正月ということだろう。
出てくる器がなんともめでたい形のものが多く、先付の器は鏡餅。

c0059278_15193240.jpg


梅の形にカットされた紅白のなますや葛に包まれた黒豆など
おせち料理の雰囲気を楽しめる。

c0059278_15204375.jpg


白みその碗はお雑煮を思わせる。
柔らかい白みその味は西日本の人間にはありがたき世界。
外の寒さで固まった心がじんわりとゆるみだす。

c0059278_15224073.jpg


造りと一緒にでてくるのは
自家製の湯葉。
1mほどある長い皿の上には雪に見立てた氷を敷き、その上に丸い小箱。
まるで宝箱のような小箱の中に、濃厚でクリーミィーな湯葉が丁寧にたたまれていた。

c0059278_1526378.jpg


造りの皿は鶴。
なんとも嬉しや。うちの家紋とそっくりである。
偶然ではあるが、縁起よきことにて、
「すごい!」とついつい声をあげてしまった。

c0059278_1528242.jpg


午の絵馬の上にのせられた、鰆の押し寿司とゆずのシャーベット。
胃袋がぐるぐると鳴りだした。
ほどよい酸味の酢飯は、胃袋を軽く刺激したのだろう。
次の膳が待ち遠しくなる。

c0059278_15314220.jpg


寒いときはやはり寒い地方の子を飲もう! ということで
北海道の国稀酒造の本醸造。
酒米を65%まで磨いた子は端麗な喉越し。
されどグッと太さを感じる甘さは口のなかで噛みしめていくと
口から鼻先へ抜けていくのがよくわかる。

c0059278_15411063.jpg


凌ぎにでてきたのは
これまたありがたい茶碗蒸し。
上品な卵に蟹の身をちらばめており、めでたい色彩に
これまたうっとり。

c0059278_15423646.jpg


焼きの一皿にしても
そのまま食べるだけでなく、金柑をのせて口にほおばれば、
甘酸っぱい柑橘の爽やかさが頬を上気させ、口角をあげてくれる。

c0059278_15452277.jpg


おすましの二の碗には大根と筍につくね。
上品の味わいのつくねのコリコリとした食感。
つくねは千差万別。
店、いや作り手によって味も食感も異なるので、
つくねはワクワクする。

出てくるどの料理に、新年会は笑顔で大盛りあがり。
今年もよきことありそうだ。

北千住、東口にあるこちらの時間はいとをかし。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
店名 :味問屋 明日香北千住本店
住所 :足立区千住旭町27-1
電話 :03-3888-4520
営    :11:00~15:00、17:00~23:00(L.O 22:00)
休    : 年末年始
URL : http://www.asuka-honten.com/index.html
備考:1階はカウンター。コースは5000円(税別)〜。アラカルト注文もできる。
by gon1442 | 2014-01-14 16:10 | 日本:お店 | Comments(2)

辛党?甘党? 食いしん坊ですけん、両党♩

「お酒好きです」というと、辛党といわれ、
「和菓子大好きです」というと、甘党かといわれる。
なので、両党の食いしん坊ですと答える。

酒呑み=辛党という考えはもう古い!? とはいわないけれど、
周りの酒友。甘いもん好きな人も少なくない。

ケーキやチョコレートなどと一緒に飲むときもあれば、
どら焼きやポテトチップスと一緒のときもある。
※カロリー計算というこ、怖い数値は、そのときは頭のなかにはあらへん、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`

c0059278_10125965.jpg


チョコレートとワインの組み合わせはもう常識だ。
わざわざチョコレートとご一緒にと書かれている子もある。

さらにポテトチップスはお菓子といえど、しょっぱいので、
どちらかというと辛党!?の世界の部類にはいるので、
日本酒や焼酎との相性もいい。
外飲みでいい気分のとき、コンビニという魅惑スポットに吸い込まれてしまうと(酔っぱらい生態行動)、白いビニール袋のなかにポテトチップスが鎮座してる。
本能がチョイスするものは、間違いなくお酒と合うもの。

c0059278_10183490.jpg


だからポテトチップスは間違いなく、お酒との相性はいいはずだ。

甘いといえば、果物も甘い。

c0059278_10304827.jpg


フルーツポンチや果実オンリーのデザートなど
スパークリングワインやシードルと合わせることもある。

そうそう!干し柿をかじりながら、日本酒というのもいい。
干し柿の甘さは砂糖の1.5倍ともいわれ、かなり甘い。
あのプニプニした弾力ある果肉を
歯でチミチミと齧りつつ、おちょこをクピ♩

正しいおやつの過ごし方だ。

c0059278_10461188.jpg


シードルをのみながら、マシュマロをつまむのもいい。
しゅわんとしたあの食感のなかに染み入るシードルの爽やかさは
つい、クセになる。

そうそう、餡パンやジャムパンもいい。
お正月のあんこ餅や栗きんとんを食べながら、日本酒を飲んだ人も多いのでは?

ちなみに芋けんぴなどサツマイモ系の菓子は間違いなく芋焼酎はがっちり握手できるテッパンである。

周りにはいろんなジャンルのお酒があり、甘いものも様々な種類がそろう現代。
こんな環境にいられるなんて、なんとありがたきことだろう。

甘党だから、辛党だからというのはもう古い!?
せっかくだから、両党の旨さも楽しむのが
人生も徳かもね。

今日は散歩がてら、たい焼き屋さんいってこよう。
お茶時間まで、あと3時間。

(酒類も菓子類も嗜好品。体質やそれぞれの好みもあるものです。ここであげたものが全て万人ウケするということではありません)

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_10581128.jpg

※銀座レカンのデザートボックス。菓子類がまさに宝石。美しく圧巻で感嘆の声が出る。


撮影協力:銀座レカン
by gon1442 | 2014-01-12 11:00 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

容器革命で提供の形も様々。 自分はやっぱり(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ホッピー。

カロリーや健康を気にしているとき、必ずオーダーする
弱気な自分をよく知っている相棒だ。

ホッピーを知らない呑み助はもういないだろう。
ホッピービバレッジ株式会社が1948 年に発売した麦酒様清涼飲料水だ。
分かりやすくいえば、ビールテイストの炭酸飲料飲料。

ホッピー用語で「ナカ」「ソト」があるが

「ソト」がホッピーのことをさす。

ホッピーはアルコールは0%と思っている人が多いと思うが、実は0.8%ある。
アルコール度数1 %未満ということで清涼飲料水扱いではあるが、
ちゃんとアルコール度数はあるので、車の運転はもちろんNG。
妊婦さんや授乳中のお母さんも飲まないほうがいいかもしれない。(個人の自由です)

このホッピーに焼酎を注ぎ、割ったものも、呑み助達はホッピーと呼ぶ。

居酒屋で「ホッピーひとつ!」と注文すると
ホッピーと焼酎のセットででてくる。


さて今回はその焼酎(正確には入れ物!?)である

c0059278_2041523.jpg



いろんな居酒屋でホッピーを飲む。
この焼酎、各居酒屋で様々な種類があるが
一番有名で、人気があるのは宮崎本店さんのキンミヤだろう。

そのキンミヤをパウチに入っているのがシャリキン。
この夏も大活躍した子だ。
アルコール業界のパウチの容器革命を知ったときはちょっと驚いた。
はじめは抵抗もあったが、今は慣れてしまった。
人の感覚とはそんなものなのだろう。

さて、このキンミヤ、シャリキンと呼ばれるとおり、
このキンミヤは凍らすために考えられたもの。
凍らしたキンミヤをパウチの上から揉めば、少し溶け、シャーベット状に。
そこにホッピーを注げば シャリッとした喉越しを楽しめる。

このシャリキン。
夏だけのものかと思っていたら、なんとこの冬でも販売していた。

サイズが90mlであるから、
ちょっと晩酌にちょうどいいサイズだ。

さらに本来のキンミヤよりも5%低く、
20度というのも健康志向の心!?をくすぐる。

パウチの使いきりスタイル。

このサイズにこのパウチスタイル。
これからどんどん増えていくのだろうか。

パウチの便利性もいい。
でもやっぱり自分は瓶がいいなあ。樽も好き。


そしてやっぱり♩
一升瓶が一番、しっくりする。

c0059278_21245723.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-01-04 21:26 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

赤いダイヤをもつせいこちゃん

せいこちゃーんと黄色い声があがるのは
永遠のアイドル、松田聖子さん!であるが、
今回は別のせいこちゃん。

c0059278_14274919.jpg


せいこちゃんことせいこ蟹は日本海、冬の味覚の王者「越前蟹」の雌。
福井県ではせこ蟹、せいこ蟹と呼ばれている。
11月に解禁となる越前かには港は活気づき、ニュースでもよくとりあげられる、
日本の冬の名物光景だ。
せいこ蟹は25cm前後で、「越前蟹」に比べると小さめ
どちらかというと身の大きい雄を求めがちだが、
このせいこ蟹、ミソと卵が絶品!

腹に抱いている受精卵は舌の上ですぅーっととろける。
卵巣はあまりのうまさに、赤いダイヤとも呼ばれているそうだ。

せいこ蟹は、翌年の1月10日前後に産卵を始める。
そう、ちょうど今からが産卵期に入る。
そのらめ漁獲は11月の解禁から大晦日の約2カ月間だけ。
希少な自然がもたらす限定の味なのだ。

はちきれないばかりのたくさんの卵を抱えているせいこ蟹。
でもやっぱり呑み助として狙うのは!
甲羅のなかのまったりしたミソだ。

c0059278_14281446.jpg


そのまま食べるのはもちろん美味しい。
でも少し残し、ここにちょっと燗つけた日本酒をそそぐ。

そう。甲羅酒である。

日本酒にミソのまったりとした濃密な味がとけこんで、
これはもう脳天直撃。海が育んでくれたうまきものだ。

c0059278_14344187.jpg



身は小さくとも甘さは倍々。
甲羅に潜む濃厚なミソ。
蟹の季節、せいこ蟹のせいこちゃんはやっぱり呑み助食いしん坊のアイドルである。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

※越前蟹は漁獲されると海水入りの水槽に入れられるそうで、珍しく生きたままの状態で港に戻るそうです。そして皇室に献上される蟹。やはりありがたき日本の誇れる食材です。
by gon1442 | 2014-01-03 14:35 | 日本:食材 | Comments(0)

「レカンと同い年」

銀座には食いしん坊なら誰もが知っているフランス料理店がある。

銀座レカン。
正統なフレンチを楽しめる場所だ。

アールヌーヴォ調の店内はどの席でもゆったりと
贅沢な時間を過ごせる。

まさに最高の晩餐。
シェフが作り出してくれる料理はどれも確かな技術と豊かで自由な感性が盛り込まれた
オリジナリティあふれるものばかりである。

そんなレカンへ久しぶりにお邪魔することができた。

c0059278_13334529.jpg


クラテッロの生ハムを目の前で切り出し
アミューズブーシュの一皿に添えてくれる。

生ハムに目がない自分だが、この生ハムだけは言葉もでない。
旨味が凝縮しているので、飲み込むのがもったいなく感じるほど。


c0059278_13373235.jpg


いきなり缶詰がでてくるので、
不思議に思い蓋をあけると
なんとびっしりと光り輝くキャビアの粒が。

映画のワンシーンのような光景にしばし動きが止まる。
スプーンで掬うとキャビアの下には鮮やかな色の蟹の身がぎっしり。
ぷっくりしたタラバ蟹の身にキャビアを纏わせ、贅沢にパクリといただいた。

このような贅沢、夢ではないだろうかと何度もふくらはぎをつねってみる。
痛くない…… 
でも確実に口のなかに、やわらかでクリーミーな食感と蟹とキャビアの塩甘みの余韻が
いつまでも軽やかに響いていた。

c0059278_13424479.jpg


「お好きな種類をお選びください」と幾種類ものパンの籠をだされる。
どれも美味しそうだが、そのなかでも身体にいいものを選ぶのは歳のせいか。
パンは自由にいくつもいただけるのだが
このあと続く料理がそんな気持ちすら忘れさせてくれた。

c0059278_13452075.jpg


さて、今回ご用意していただいた飲物はワインを中心に16種類。
飲み比べというありがたいサービスである。
ワインはかなり疎い自分でも、ひとつひとつ味わいの世界の多様に、
感動のため息。
そして、各々の料理に合う、ベストなワインを選んでいただいたソムリエの確かさに
安心して酔えた。

c0059278_13482884.jpg


‘オマール海老とビーツのコラボレーションとラビオリ仕立て’

c0059278_13495973.jpg


スープも濃厚な海老の旨味がしっかり。
食堂から胃袋がしっとりとつややかになるような滑らかさである。

c0059278_17362787.jpg


‘リ・ド・ヴォーとセップ茸のフリカッセ’

フリカッセとはフランスの家庭料理。
バターなどの油で玉ねぎをしんなりするまで炒め、さらに鶏肉や魚介類を加え絡めて炒める。
そこにワインやブイヨン、ローリエを入れ、煮立ったら生クリームを加えて作る料理だ。
西洋風雑煮とも呼ばれるそうで、日本の雑煮文化と比べてみるのもおもしろい。

c0059278_1741121.jpg


とにかくどの料理も、一枚の絵画をみているような美しさ。
ソースの模様や盛りつけ。
食べながら芸術鑑賞しているようである。

c0059278_17465119.jpg


‘平目のクネルと黒トリュフのコンポジション’

c0059278_17445028.jpg



‘黒毛和牛ロース肉のロースト ソースフルムダンベール’

途中からどれがメインなのかわからなくなるくらい
どの料理もすばらしい品格のあるものばかり。

フォークとナイフのマナーがおぼつかないので
ヒヤヒヤしつつも、美しい料理を目の前にし
口にした途端、そんな不安はどこ吹く風。
どの席もみんな笑顔である。

c0059278_17493780.jpg


‘ホワイトチョコレートとプラリネのハーモニー’

デザートも上質で品高き味わい。

どこまでも飽きさせない、大満足が永遠に続きそうな世界、それが銀座レカン。

1974年創業。
奇しくも同じ年月を重ねているレカン。
自分は銀座レカンのようになれるのか……
そんなことを思いつつ、レカンマジックはまだまだ続く。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_17571435.jpg



撮影協力:銀座レカン

銀座レカン URL: http://www.lecringinza.co.jp/lecrin/
by gon1442 | 2014-01-02 17:57 | 日本:お店 | Comments(0)

謹賀新年 ウマきものを求めて駆けていく

謹賀新年
あけましておめでとうございます。

昨年はゴン麹酔いどれ散歩千鳥足にお足をお運びいただきましてまことにありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
おもしろきモノを探し、彼方此方放浪いたします。

c0059278_1637233.jpg


やはり年明けの一杯は
土地の酒。ということで、金比羅山のお膝元の西野金陵。
さぬきよいまいという讃岐生まれの酒米を全てにつかって醸した子です。
陶然となるような香りがまず鼻をくすぐり
豊かな旨味と酸味のバランス良く、しっかりふくらみがあります。
それでありながら飲み口はキレのある、表現を代えると稲穂の苦みという世界がスッと舌の上に線をひく。それが幾度もつい杯を重ねたくなります。

c0059278_16414340.jpg


おせち料理は今回はいただきもの。
素敵な食材がぎっしりつまったお正月。
食い道楽を応援してくれるようでうれしいですね。
金柑の甘煮をまずいただきました。
煮るとき焼酎を使うと長期保存しても腐らないとか。
うちにも金柑がなっているので、つくってみましょうか。
金柑はビタミンC等が多く含まれているので、風邪予防にもいいですね。

c0059278_16443690.jpg


そして我が故郷のお正月といえば、白みそあんころ餅。
今年は紅白もあんころ餅入り。v(゚▽゚)vv(゚▽゚)v
愛でたいめでたい!
このお雑煮を食べなくては一年が始まりません。
これは香川人の讃岐っ子の魂のソウルフード。

c0059278_1649052.jpg


元旦の乾杯酒には山口、岩国の酒井酒造(http://shop.gokyo-sake.co.jp)のねねゴールド。通称Gねね。ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ
瓶内発酵による自然な炭酸ガスを封じ込めており、
炭酸の優しい発泡感が舌の上や口のなかではじけて心地いい。
ほのかな甘みがありつつ、爽やかさな口当たり。
涼やかさを感じつつ、グラスのなかで舞う純金箔が華やかで
新年のお祝いに相応しい1本かと。アルコール度数は5%。
※すでに販売終了。百貨店で見かけた本数のみ。年に一度の発売。


平成26年。
午年はウマきものに出会いに、駆けてまいります。
では皆様、酔い三ヶ日を。

ゴン麹
by gon1442 | 2014-01-01 16:58 | 日本:暦 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite