ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

性別は呑み助です! 〜FOR MEN〜マガジンハウス

昨年からか?いやもう少し前か?
雑誌やテレビ、様々な媒体で‘日本酒’を紹介している記事をよく目にすることになった。
それだけ注目されているということなのか、はたまた記事などをみて注目されはじめたというべきか。
卵が先か鶏が先かの話になりそうなので、そんなことはどうでもいい。
とにかく日本酒が注目されているのは確かである。
都内でも日本酒を取り扱う店舗が増え、窓際や外に日本酒の一升瓶がずらりと並んでいる光景を見かける。もちろん、中身がはいっているものを置いている〜なあんてことはないだろう(笑)。
そんな店舗ができたのを知っては、
呑み助を誘って出かけたり、一人でふらりと立ち寄ったりする。

さてそんな行動に拍車をかけてくれる雑誌が今、コンビニや本屋で発売中だ。

c0059278_188022.jpg


マガジンハウスの『Hanako』の別冊、『FOR MEN』だ。確か1年前も日本酒特集をしていた記憶がある。前回とどう変わったのかなあと思いつつ、ぱらぱらめくると、見知った顔がちらほら。
こうなると、もう心は購入決定だ。
タイトルは『モテる日本酒。』 日本酒を飲むとモテるのか!?と思いそうだが、
どっこい、酒呑みが好きで好きでしかたない、モテモテの日本酒をいくつか紹介している。
日本人が日本酒好きというのは理解できるが、もはや日本酒は日本だけのものではなく
世界中から愛されはじめた、注目をあびはじめた存在となった。
この勢いはワインという飲物が世界中に広まった流れに通じるものではないだろうか。
さて『FOR MEN』。

c0059278_1881971.jpg


今回、呑むなら知るべし。というコーナーで太田和彦さんのエッセイを何度も読み返している。
ふふふと笑ったり、ふむふむとうなづいたり。
さすが、酒呑みという生物をよく知ってらっしゃるー、呑み助大先輩だ。

本文のなかにこういう一説がある。
居酒屋にも格があり、流儀のしっかりした居酒屋がある。

そう、居酒屋には格がある。
ただ騒いで呑んで、写メとってーというのがどこでも許されるものではない。

この格が難しい、怖いという人がいる。
難しいのは当然だ。怖いというのも当然である。

だって、そこは他人様の家なのだから。
店の扉は玄関。そこの女将や亭主はそこの主。
ルールがあるのである。

怖いとか、難しいとわかっているだけ、まだいいほうだ。
それさえ感じず、周りは関係なく、ただ自己中に動くという人も少なからずいる。
それはある意味、失礼であり、ちょっと前の略語でいえば、KY、空気が読めないということ。

もちろん居酒屋は美味しく過ごすところである。
全てルールや格ということでギスギスと神経を張りつめなくていい。
そんなことしたら、せっかくの食事も酒も美味しくなくなる。

え? さっきといっていることと矛盾しているんじゃないって?
いやいや、矛盾じゃない。
楽しむためにルールがあり、格があるのだ。

太田和彦さんが格のある居酒屋での過ごし方のコツを紹介してくれている。
詳しくはここで記載しないので、ぜひとも『FOR MEN』を手にとってご覧いただきたい。

それはなるほどと誰もが思うことだろうし、昔、両親や大人に礼儀を学んだことと通じるものでもあるから。

そしてこのエッセイのなかで一番共感を得たのは、外飲みをする理由である。
〜酒が好きなだけなら、自分で買って家で飲んでいればいい。わざわざ居酒屋に行くのは〜
この部分は思わず「そのとおり!」と声をだしてしまった。

まっこと、呑み助というのは正直で天の邪鬼な生き物。
太田和彦さんもしかり、gon麹もしかり。周りの呑み助もまたしかりである。

c0059278_1884039.jpg


マガジンハウスより発売中の『FOR MEN』。600円で、太田和彦さんのエッセイも含め、特集された全ての頁。酒呑みはもちろん、酒呑みでなくても楽しめる内容ばかりなので、ぜひ。
寒くなった季節、湯気のあがるお供に酔い一冊だ。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-11-29 18:09 | 酒:本 | Comments(0)

飲めてよかった〜子(^○^)

而今の愛山。
ネット上や友人のあちらこちらから、飲んだ! というツイをみる度に、
飲みたーいとウズウズしていた。そんな思いは必ず叶うのが酒呑みの宿命(^○^)。

今月頭、ゴン麹を待っててくれた愛山ちゃん!

c0059278_10102680.jpg


鼻を近づけると立ち昇る香りがはふっくらとした優しい風のよう。
 ひと口目はその風に旨味の旗が長くはためきだす。
そしてつややかに滑らかに喉奥へと走りだすという名ドライバー。
口のなかでいっとき含んだままにすると、酒、一滴一滴から愛山の粒が膨らみだしては、さらさらさらっと四方八方に広がっていく。
旨味と甘みのハーモニーは上下と波のように押しては返し、いつまでも様々な表情をみせてくれる。
含み香も芳い。
酸味は少量であるものの余韻として、口の中にスッキリ感を与えて、引き締めてくれた。

う〜ん。(⌒▽⌒)
さすが而今。
さすが愛山。

これは飲めるご縁があってうれしかった子である。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-11-22 10:07 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒肴つきおせちで酔い新年を 

立冬もすぎ、暦も季節もすっかり冬支度をはじめた。
つい最近まで、暑い暑いと汗を流していた記憶がするのは
気のせいか?
ほんと、月日が流れるのは早いものである。
TVのCMや番組もクリスマス関連のものも増えてきた。
JJJ!(古?) もう年末ですかい!
こうなると、内心焦るのが、お年玉いくらもらえるか……(なんでやねん!)
いや、新年は新年でもお・せ・ちである。

c0059278_619810.jpg


昔は各々の家庭、地方の味がおせちにはあった。
おばあちゃん、お母さん、おばさんなど、家族の女性総出で
年末にせっせと作っていた。
とにかく手間ひまかかっていたという記憶がある。
元旦には家族全員、広間に集まって、
「あけましておめでとうございます」と新年のご挨拶をしてから
目の前に並べられたおせち料理やお雑煮に箸をすすめた。
2日目は元旦のおせち料理の残りとやはりお雑煮がでてくる。
好評だったおせちの具はすでになく、ところどころ穴が目立つ。
3日目も残ったおせち料理。さすがに量や種類はかなり減ったが、
胃袋も気持ちもおせち料理には飽きていた。

c0059278_6192256.jpg


そんな記憶が強いおせち料理。
さて、歳を重ねた自分が作れるのか?というと×印。
まともに一品作れない。(恥ずかしい)
そんなとき、ふと目がいくのがおせち料理のお取り寄せである。
雑誌やテレビ、デパートで色々なおせち料理が紹介されるが、
ここ数年、気になっているのがdancyuのおせち。
言わずもがな、グルメ雑誌の王道をいくdancyu。そんな雑誌が紹介するおせちってどんな味!!?と食いしん坊としては気になるのはあたりまえ。


そんな声が聞こえたのか、この木曜日、dancyuが今年発売するおせち料理の試食会のお誘いがあった。
その名も【dancyu酒肴おせち試食会】。(応募数200名を超えたこの試食会に参加できたことじたい、奇跡である。食い気に勝るものはなし♪)

見事に彩られたおせちメニューの品々。そしてなにより目が釘付けになるのが
酒肴がつめこまれた段である。

c0059278_6194824.jpg


酒肴段に詰め込まれたのは
山形牛コンビーフ、鯛味噌、生からすみ、うなぎ佃煮、芝えび塩辛、雲丹醤油漬け、フォアグラ入りパテ・グルマン、甘海老麹漬、小海老佃煮、海老アワビ塩辛、いか沖漬けの11品。
三段重、二段重と詰め込まれる内容は若干異なるが、これ、どうみてもどの具材も酒、酒がすすむじゃないか!!!


c0059278_620990.jpg


今回はその酒肴段の試食ができる。
山形牛コンビーフ。実はコンビーフというものは苦手だったのだが、このコーンビーフは違う。旨味を十分に感じのに、脂っこさがなく、さっぱりとした野菜のおひたしのような食感。
生からすみになるとからすみ自体、滅多に食べないのにここに‘生’ときたら、
動いていた口が一瞬とまる。
しっとり感が色っぽすぎる。
甘海老麹漬に芝えび塩辛はもう酒のパートナーとしては申し分なし。
麹漬されたことでさらにまろやかで優しい味わいのなかに、しっかりとした海老のコクがつつみこまれている。
鯛味噌も味噌といいながらもやわらかい上品な味わい。
この味噌を舐めながら、焼酎の湯わり飲みたいなああと想像してしまった。

とにかく、どの酒肴も文句なし、文句なんぞいえぬ品なのだ。
この精鋭部隊を編纂するまでに、いったいどのくらいの品を厳選したのか、
dancyu編集部長の町田さんにお聞きすると、この数の3倍だとか。
日本全国、各地が誇る美味の中から、本物のグルメ通にえらばれし、この11品はまさにdancyuおせちの主軸となり得るだろう。

dancyu酒肴おせち、三段重は41品はいって33,070円。
二段重は31品はいって23,620円。

も〜いくつ寝るとお正月〜♪
酒呑みとしては、この酒肴段があれば、
こころおきなく新年のさんがにちをのんびりおいしく過ごせそうである。

【dancyu酒肴おせち試食会】の詳しい内容はCM2の……もとい!
今月のdancyu号に掲載中。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

※【dancyu酒肴おせち試食会】場所は代官山『ターブル・オギノ』で開催。 http://2nd-dining.com/
by gon1442 | 2013-11-10 06:25 | 日本:暦 | Comments(0)

プレジデントムック「日本酒」&「焼酎」発売中

10月31日にプレジデント社の『daucyu』より
プレジデントムックとして‘日本酒’と‘焼酎’の2冊が発売中である。

c0059278_168124.jpg


日本酒は今年2月のdancyu日本酒特集に
さらに過去記事もいろいろ再編集して追加し、
焼酎は今年の8月のdancyu焼酎特集に過去の記事&新しい記事を追加した完全保存版である。

読み応え十分。
dancyuイチ読者として♪これは必須買いとなった。
焼酎本のほうに、ブラインドティスティングの頁でちょっこし、今回も登場できた。
ヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ
やはり大好きな雑誌のお手伝いや登場できるのは、酒呑みとして……
もとい!物書きとして、フリーのライターとして嬉しいかぎり。

あまりに嬉しくて、町田編集部長にサインをお願いしてしまったgon麹。

c0059278_1615121.jpg

@ニフティ大島氏撮影を借用(dancyu ファンクラブ主催「お台場 秋の利き芋焼酎祭り」の様子の一部)

「町田さんにとって焼酎とは!?」とサインお願いしたときに聞いてみると

c0059278_1616362.jpg


「天国へ」という答え。う〜ん(* ̄∇ ̄*)(* ̄∇ ̄*)(* ̄∇ ̄*) 奥深い!
そんな町田編集部長もたくさん、掲載されているプレジデントムック焼酎本。
執筆でお酒が飲めないときは、エア飲酒のおかずとして、活躍酎である。

さて、もし自分が同じ質問されたら、どう答えるだろうか。

c0059278_1619960.jpg

@ニフティ大島氏撮影を借用(dancyu ファンクラブ主催「お台場 秋の利き芋焼酎祭り」の様子の一部)

「……お腹も心も笑顔に優しくなれる世界」かな。
もちろん日本酒も同じくらい好きであるが、
やはり焼酎と日本酒、感じ方が少し違うというのも、今の自分の感覚である。

c0059278_16215537.jpg

@ニフティ大島氏撮影を借用(dancyu ファンクラブ主催「お台場 秋の利き芋焼酎祭り」の様子の一部)

昨日、11月1日は焼酎の日。
霜月にはいり、とんと気温もさがり、肌寒くなってきた。
こうなると、一番に恋しくなるのは、焼酎の湯割り。
仕事の合間に一杯だけ、ちょっと湯割りをつくってみようか。
雑誌を読みながら、ちょっとほっこり癒されたい。
日本酒も読み応え十分!
きっとそれぞれのムックをみて、
お気に入りの頁を開きにやついている呑み助が大勢いるだろう。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
書名:新しい日本酒の教科書/新しい焼酎の教科書 
定価:各980円
発行:プレジデント社
URL:http://www.president.co.jp/dan/
by gon1442 | 2013-11-02 16:32 | 酒:本 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite