ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サカバ モヒートで暑さを凌ぐ

あつい。あつすぎる。
「暑い」という文字を口にしない日はない。
夏はとにかく弱かったが、こんなに暑さに弱かったか?と自分で自分を分析しても
やはりあつい。毛穴という毛穴からドバっと汗が吹き出してくる。

動けるのは早朝か日が陰った時間帯。
まるで太陽の視線を避けるかのように過ごしている。
弱り切ったそんな身体に喝をいれるために目指すは

c0059278_936486.jpg


東京、六本木。テレビ朝日の多目的スペースUmuで25日から3日間、特別オープンしている
サカパ モヒート ラウンジだ。

ロン サ カパ。
海抜2300メートル、雲より高い場所で熟成されるラム酒だ。
グァテマラでつくられ、
緑豊かな大地と気候のもとで作られている。

gon麹、実は洋酒はトンと分からない。
ラム酒は知っているが、ラム酒とはなんぞや!?と聞かれたら、
しどろもどろしてしまう。
ラム酒というと、「パイレーツオブカリビアン」の海賊たちが呑む酒で、サトウキビを原料として作られる、西インド諸島原産の蒸留酒ということぐらいしか知らない。

ロン サ カパ、と耳にしても、ロン酒場と覚えていたくらいだから、
どんだけ知識が乏しいのかおわかりだろう。
恥ずかしいを通り越して滑稽である。
そんな滑稽な自分でもサカパ モヒート ラウンジで飲んだモヒートの味に
思わず舌なめずり。

香りがとにかくいい。
鼻を近づけるとコクのある香りというべきだろうか。
花が咲き乱れる花畑にいるような香りが喉奥をくすぐった。

味も深みがある。ほのかに香る甘い匂いは飲む前から身体中の五感を刺激する。
ロン サ カパを炭酸で割っているとはいえ、ここまで味がしっかりしているのは
元の味がよいからだ。

c0059278_10135231.jpg


ストレートで飲んでみると、熟成からでる上品な甘みが喉を滴る。
琥珀のようなやわらかい色がグラスの中で揺れ、
見た目はまるで“コニャック”と見紛うほどの優雅な色だ。

それもそのはず、ホワイトフレンチオーク樽で熟成され、
“ラムの中のコニャック”といわれている。
ラムとは思えないほどの贅沢な風味と香りは、世界中のラムファンの心を虜にしている。

「これは風邪をひいたときにいいのでは」と思うほどの上質なまろやかさに感服。
グラスのなかで空気にさらせばさらすほど、バニラや蜂蜜、アーモンドのような香りがでてくる。
そしてドライフルーツなどの香りに変化していくのが楽しい。
ここまで味が多様にでてくるのなら、温めても美味しいはず。
ホットワインならぬホットラムというのも面白いだろうな。

c0059278_10141656.jpg


モヒートは本当に飲みやすい。
湿度高く暑い今の時期だからこそ、身体が欲する飲物だ。
ふんだんにはいったミントをストローで軽くつぶせば、
爽快な香りがロン サ カパにさらにとけ込んで、すっきりとした味わいに。
ついつい飲み過ぎてしまうほどで、
夏バテしていた身体の中を爽快な風が駆け抜けるようだ。

c0059278_1015636.jpg


「おかわりはどうですか?」ともう1杯の声に、
もちろん「オフコース」。
ラムの色合いが上から順々に層になっている。
わくわくするような優雅な香り。


サカバ モヒート。自分にとって猛夏を乗り切る1杯になりそうだ。


c0059278_10151894.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_10133772.jpg

@vogueより借用(http://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2013-07/25/RonZacapa)

DATA)
サカパ モヒート ラウンジ
開催期間/2013年7月25日(木)~27日(土)17:00~22:00
・25日は18:00~
会場/テレビ朝日 多目的スペースumu(ウム) 東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社 1F
by gon1442 | 2013-07-27 10:17 | 世界の酒:蒸留酒 | Comments(0)

空の上で再会。 小布施での思い出

会いたいと願えば会える。
今まで、この人にいつか会いたい、話がしたいと思っていると
ヒョンな出来事で会えるチャンスが訪れる。

c0059278_7501549.jpg



セーラー・マリー・カミングス。
彼女もそのひとりだ。
長野県の小布施にある桝一市村酒造場の取締役として、雑誌やテレビに取り上げられてきた。
彼女のことを知ったのはもう10年前。
ある雑誌で、金髪の女性が酒を造っているという見出しが目にとまったときである。

はじめは外国人が単なる好奇心で酒蔵にはいったんだろうという色眼鏡でみていた。
でも色々な記事を読んでいくうちに、そんな自分が恥ずかしくなり、
いつかお話を聞いてみたいとも思ったのである。
さて、そんな機会が突然やってきた。

昨年、某雑誌の地域活性化の特集で、
セーラーさんにインタビューをするチャンスがまわってきたのだ。
酒メインではなかったが
話をきいているうちに、桝一市村酒造場での酒造りも、
彼女が目指す世界に入っていることに気づいた。

「日本は世界でも稀にみる素敵な文化、習慣、そして自然が残っている場所。なのにその素敵なものに気づかず、いや、当たり前のようにおもって大事にしようという気持ちが低いですね。世界からみるとなんてもったいないことを思いますよ。だから私は日本の在るべき姿に戻しただけです」
そう話す彼女は小布施という町で様々な改革、いや新古復の変化をおこしていったのである。

まずは桝一市村酒造場にて。
彼女が蔵にきてまず驚いたというのが琺瑯やステンレスのタンクが並んでいたことだったそうだ。

「日本の話を聞いたり、本で読んだなかで、日本酒は木桶で造られている光景を目にしてきました。ひと昔まで日本酒は木桶で造られていたはず。でも今はほとんど琺瑯かステンレス。なんで木桶にしない?と質問しても誰もが?という顔をする。よくよく聞いてみたら、酒質の問題や造り手の手間がかかるから琺瑯かステンレスになったんだという。たしかに便利よくなり、酒質など安全性も高くなったと思うけど、これでは日本酒独特の文化、桶の文化が消滅してしまうんじゃないか。これはまずいと思ったから、周りに声をかけたのに、はじめは誰も相手にしてくれなかったですね。そんなことをして何になるんだと。木桶そのものがこの世から消えてしまう重大性に日本人、気づいていなかったんです」。

周りに相手にされないとき、日本人ならどうしただろうか。
いや、その前に恥ずかしくて周りに声を大にしていわないんじゃないだろうか。
相手にされないと、不安が強くなり、逃げてしまうんじゃないだろうか。
でもセーラーさんは違った。今、何か始めないといけないのだと思い、行動したのである。

桝一市村酒造場には大杜氏がいた。
彼は15歳の頃から酒造りをし、蔵にはいった最初の10年間は木桶を酒をつくっていたそうだ。
そのことを聞いたセーラーさんはこれは偶然ではなく、必然的な出会いだと考えた。
「木桶造りの記憶を持っている人がいる。これは奇跡にちかかった。偶然だったのかもしれないけど、まるで桶造りを残せというなにかの使命が動いているようにしか思えなかった。
この思いを実現させるためにはどうするべきか。
まずは桝一市村酒造場で木桶仕込みの酒を復活させることと共に、
日本全国の酒蔵に木桶仕込みの酒の復活を呼びかけたそうだ。
また、日本酒だけに限定せず、日本独特の食文化、味噌・醤油・漬物など醗酵文化を生かす活動へと展開させたのである。

ただ木桶を作る職人は年々少なくなり、もはや片手で数えるしかいないのも現実。
色々勉強し、調べれば調べるほど、職人を増やすことの難しさを知ったという。
「酒蔵のように木桶を注文したり、手入れをお願いする仕事先が増えると桶屋は生活できるけど、そのときの酒蔵は木桶はほとんど使っていないから、桶屋の仕事はほとんどない。酒蔵の木桶って酒蔵だけのものじゃないんですよ。使わなくなった桶は味噌や醤油の生産に再利用されていた。日本は昔からきちんとリサイクルできる文化があったんですよ」

大量生産大量消費という大波がきた日本。
そのときにさらわれてしまったかつての日本がもっていたリサイクルという概念を
セーラーさんは見つけ出したのだ。
「木桶を一から揃えよう、作ろうとするとものすごくお金がかかります。それに二の足を踏んだり、諦めてしまう人が多いけど、出費するお金の損失なんて一時のものなんですよ。私たち外国人が感じるすばらしい日本文化が消えてしまうほうが、大きな損失なんです。こんな素敵な習慣や文化を次世代に伝えないことのほうがよっぽど大損することですよ」

セーラーさんの熱意は桝一市村酒造場の蔵元、大杜氏を動かした。
昔、蔵でお世話になっていた桶屋で新しい木桶を五本つくり、木桶造りを復活。
すると、大阪の桶屋が彼女のもとを訪れるようになったという。
「日本酒には桶が極めて重要だったことや桶屋さんや桶職人の世界の深刻な状況が分かりましたの。だから桶仕込保存会を設立しました。だって保存しないと消えちゃうでしょう」。

桶仕込み保存会を設立。
微笑みながら話すセーラーさん。ついつい私達日本人なら、仲間を増やし周りに根回しをしながら、形を整え設立しようと動いてしまう。でも彼女は必要だ!と思ったと同時に行動しているのだ。
だから流れが早い早い。

木桶造りをしている酒蔵も今日、増えてきている。
そして木桶で醸す独特の味わい、香りを好む酒好きもどんどん増えてきた。
どこか懐かしい!と思うのは日本人のDNAに刻まれた記憶なのだろうか。
和食はもちろん、洋食や中華との相性もよく、そして料理に負けることはない。
もしかしたら彼女が桝一市村酒造場で木桶造りを復活させなくても、誰かが復活させていたのかもしれない。日本全国、どこかの蔵で木桶造りを続けていた蔵もあっただろう。
それでもセーラーさんがこれはなくしてはならないものだと本能で感じ、
周りを動かした結果、私達は忘れかけてきたかつての日本文化を思い出させてくれた。
彼女の行動は酒造りだけではない。
小布施を中心に様々な事業やイベントを手がけている。
その行動に反発する人もいるだろう。
地方にいけばいくほど、頑な場所も多い。
自分のことだけが大事で周りおかまいなしという日本人も増えている。
それでも彼女は「どうして?楽しいよ。面白いし、みんな元気になれるよ」と笑顔で話をするのだ。

c0059278_9181646.jpg


人懐っこいといえば人懐っこいのであろう。
そして押しが強いといえば押しが強いのであろう。
彼女と話をしているとき、いらだつ自分もいた。
それは自分でもわかっているところをつっつかれたときだった。
さもそれをわかっていると、虚栄を張っている自分が後ろめたくなりいらついていたのだ。

彼女はそれも見抜いていた。

「日本人は素敵な人達です。優しいと思います。でもプライドも高い。プライドも大事だけど、無駄なプライドをもっているだけ損ですよ。素敵な日本を未来に残せるのは日本人なのだから」。

青い目をした彼女がそういったとき、恥ずかしいという気持ちというよりは、パシャっと水をかけられた気分になっていた。
さも日本のことを知っているという頭でっかちの自分をかちわってもらえたのだ。

彼女と合ったのは昨年。
きっと今年も彼女は様々なことに目をむけ、小布施の地から色々発信しているのだろう。

「人は伸びるだけじゃだめ。カオスが必要。他人との交流、文化との交流、自然との交流、対流すべきものですよ」

彼女はそういってくれた。対流をすることで思いは形となるのだと。
長野県小布施町。日本人に日本を気づかせてくれるセーラー・マリー・カミングスさんは今日も笑顔で歩いているのだろうか。

東京への帰りの飛行機内の放送で彼女の姿をみたとき、
彼女との対談を思い出してしまった。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


追伸:小布施には彼女がプロデュースする飲食店もいくつかある。以前、蔵部にもお邪魔した。
by gon1442 | 2013-07-12 09:20 | 日本:日本酒 | Comments(3)

蔵元からの書中お見舞いー初のみきり解禁ー

連日連夜の猛暑の日本。
今年の夏は暑くなると春先に予言めいた友人がいたが、まさにそのとおりになっている。
最高気温39度超えという山梨県。
暑さを考えただけで頭がクラクラしそうだ。
太陽の陽射しのきつさに日中、歩く人も少なくなった外の様子。
みんな本能で察知しているのだろう。今、出歩くのは自◯行為だと。

それでも外出しなくてはいけない場合もある。
そういう自分にはやはりご褒美を与えねば!
ということで、今回、自分へのご褒美は「初のみ切り」飲み比べ。

c0059278_10554612.jpg


“初のみ切り”とは蔵で貯蔵していた酒の検査のことをいう言葉である。
冬に造った酒を貯蔵して半年後、貯蔵しているタンクの酒をテイスティングし、
きちんと熟成しているのか、色や香り、そして味などを見る品質検査は酒を造る杜氏はもちろん、酒蔵全体の今後をうらなうものでもあり、気が抜けない大事な行事のひとつなのだ。

ティスティングのとき、酒を抜き出すのが貯蔵タンクの出口である呑み口を切ること行為から
これを呑み切りといい、今年初めての呑み切りを「初呑み切り」という。
時期的には5月末から6月という初夏に各蔵元で行われ、
このときの評価によって出荷する酒や次の造りの方針を決めたりと
各酒蔵の酒に大きな影響を与えるものなのである。

本来、こういう行事は蔵のみで行われていた。もちろん“初のみきり”は蔵でしか味わえないものだった。でもやはり呑み助はたくましい。
懇意にしている蔵ののみきりのときは駆けつけ、一緒にティスティング!(という理由の呑み)する者も年々増えてきた。とはいえ、全員参加できるわけでもない。(蔵によってルールがあるし、参加制限もあるので、あしからずご了承ください)

飲めない呑み助は恐ろしい(笑)。
「のみたい、のみたい、のみたーーーーい!」という念が大きく育ち、
酒業界を動かした。

日本名門酒会によって、時期イベント酒として“初のみきり”が紹介&販売される場所を紹介され、
蔵に出かけられず残念がっていた呑み助も初のみきりが飲めるようになったのである。

(http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=2927)

今回の参加蔵は
浦霞[宮城]  米鶴[山形]  榮川[福島]  開華[栃木]  若竹[静岡] 
春鶯囀[山梨]  若戎[三重]  春鹿[奈良]  酒呑童子[京都] 
嘉美心[岡山]  五橋[山口]  梅錦[愛媛]  西の関[大分] 

全部飲んでみたーい( ̄▼ ̄)ニヤッ 心の本音。

その参加蔵のうちの3蔵が、今、千駄木のRistorante tono;4122さんで飲み比べができる。

栃木の「開華」、三重の「若戎」、山口の「五橋」。
どれもgon麹、好きな子ばかり。
七夕発売らしく、ボトルもラベルも♪ 眺めているだけで涼しくなる。
しかもお気づきだろうか。開華のラベル、「開夏」となっている。
これは決してミスプリントではなく、夏ということで、このラベルとなっているようだ。
いやはや、見事な演出。酒呑みの心を楽しませてくれる。

「開夏」は先月の6/5に関東近郊から大勢の酒屋さんや飲食さんが蔵に集まり、
杜氏や蔵人とともに5つのタンクの酒を真剣に利き酒し、
そのなかで一番旨い!と人気があった98号になったそうだ。
清々しい香りで味わいも鮮明かつ鮮やかなもの。
爽やかにのみつつも味わいの流れもしっかりと口のなかに流れていく。
そして独特のフルーツさは開華ならではだ。
生詰めの原酒の無濾過とはいえ、爽快かつなめやかで華やかなので、飲みやすい。

「若戎」は育もとの「真秀」!!
いやっほーーーーい!「真秀」降臨。(若戎のなかでも個人的に惚れ込んでいる子)
香味バランスはまちがいなく、穏やかな香りが心を落ち着かせてくれる。
まるまるっとしたまろやかな質感。コクがやさしい厚みのあるラインを伸ばし、
いつまでも綺麗な味わいに心を奪われる。とにかく味わいの幅が広い子で呑みつつ
もう惚れてしまうやろおおと舌なめずりをしてしまう。

「五橋」。ここはもう例えようがない。
文句なしの味。
いつもながら、一見、古風な雰囲気がまず第一印象。でもそこからが違うのが「五橋」。
口のなかで消えたと思った瞬間、ずわんと現れる、味わいの波。
飲んでいないのに、口のなかでとうとうの流れる味わいの大河。
米の甘さがきちきちっと積み重なり、スマートで湾曲をもつこのしなやかさは
我々日本人の昔から秘めるあるべき姿だとDNAの記憶をノックしてくれる。
冷やしたときより、常温に戻るときの微妙な味わいの揺れがまたおもしろいのだ。
(http://www.youtube.com/watch?v=YVTRP7PLesc)

三者三様のすばらしき初のみきりの世界。
蔵に行けなかった呑み助の「いいないいな」という思いが動かした!? 初のみ切りのイベント酒。

猛暑といわれる今夏こそ、夏バテに負けぬよう、飲んでおくべきものだろう。
各蔵元からの「暑中お見舞い」の一杯を。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

追伸:初のみきり、飲み比べ。さらに面白い飲み比べができたのだが……それはまた次回にて。
by gon1442 | 2013-07-11 12:05 | 日本:日本酒 | Comments(0)

シュワシュワで熱中症をふっとばせ!

平年より半月早い梅雨明け宣言がでた関東甲信越。
宣言がでたとたん、熱波が猛威をふるう! 酷暑。
これじゃあ、暑中見舞いじゃなく酷暑見舞いじゃないか!と、
陽炎がゆらぐ窓の外をみて倒れている次第。

こういうときはやはりシュワっと爽快にいきたいもの。
ビールもいい。シャンパンもいい!サイダーもいい!
でも今、飲みたいのは

c0059278_12145496.jpg


山口、酒井酒造の子「ねね」。
純米発砲酒のスパークリングだ。
アルコール度数は5.5とビールクラス。


純米発泡酒の持つ伝統や、五橋の正統的な製法をベースに
色々な食とともに気軽に楽しめるように作られた子である。

「ねね」というネーミングは日本人ならばピンとくる、
太閤さんの奥さん、北政所さんの本名からとったもので、
ねねさんは日本歴史上、ファーストレディーとしてトップ3にはいる人物。
あの戦乱期、柔軟な思考をもち、世の中の動向を見据えた賢い女性だ。
そんなねねさんのように、
「ねね」はどんなシチュエーションでもどんな相方とも柔軟に相性がよく(バランスがよく)
単品であっても、しっかりと呑み手を喜ばしてくれるという願いが込められた子なのだろう。

とにかく飲みやすい!
軽やかで瓶内二次発酵のシュワシュワ感が
涼しさを身体中に運んでくれる。
そしてお米の香りもしっかり保ってくれている。
風呂上がりに一杯!というシチュエーションにぴったり。
そして暑すぎるこの夏、
甘酸っぱさが身体を癒してくれるというわけだ。

※アルコールですので、未成年および、車&自転車運転の前は飲んではいけません。

暑気払いの一杯、熱中症防止に呑み助ならば、ちょいっと1本、手を伸ばしたい子である。

追伸:
c0059278_1233566.jpg


『bacchante』2(P92、93)でも「ねね」紹介中。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-07-08 12:37 | 日本:日本酒 | Comments(0)

バッカンテ2 発売日

「何をして生活しているの?」とよく聞かれます。
えっと私、ただの庶民でございます。
無類の酒好き、美味しいもん好き、旅好きという、まあ、どこにでもいる我侭な麹。
「いつも飲んでいるよね。大丈夫?」と
優しい知人友人はもとより、見知らぬ人からも時々ご心配メールをいただきます。
まことにありがたいことです。(といいつつも何度も記憶なしの帰宅があるのですが)

さて、何をして生活をしているの?と尋ねられると
「ライターです」とお答えするしかございません。
いわゆるフリーランスのライターでございます。
雑誌やネットの記事を書いたり、インタビューをし、その方の記事を作成したりなど
体型とは反比例するくらい細々と生活しております。
豪遊しているイメージがある方、それは「ま・ぼ・ろ・し」でございますので、ご安心を。
じゃあ、どんなものを書いているの?と聞かれるので、
今日発売の雑誌をご紹介いたします。

c0059278_10142192.jpg


双葉社より昨年12月に発売された『bacchante』。
本日2号目が各書店&Amazonにて発売されました。
不肖、私、gon麹、今回も参加させていただけまして、なぜかところどころ顔が(汗)。
まんまる顔が登場しております。
全部見つけた方には! ご褒美として……

何もありません。(みみっちい庶民なのですみませぬ)
今回は「美味しく呑める『日本酒のお店』」をテーマに120軒以上を紹介中。
gon麹にも登場したお店もあります。
ようやく発売されました。
このブログでも紹介できるお店もありますので、ご期待ください。
※記事では書ききれなかった内容をのんびり紹介してまいります。

山同敦子さんと葉石かおりさんの対談も面白いですよ。
とはいえ、やはりすべて書ききれないのが残念で。
お二人から許可さえいただければ、裏ネタとしてブログで登場するかもです♪

何はともあれ、ご興味がわいた方、ぜひ本屋へGO!
時間がないかた、Amazon(http://www.amazon.co.jp/bacchante-双葉社スーパームック/dp/4575453811/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1372899703&sr=1-1&keywords=バッカンテ)でポチっとな!

ちょっといままでの酒本ジャンルのなかでもイレギュラーの場所にポイントを置いている『bacchante』。
オールカラーと太っ腹な双葉社♪ 

東京近郊のお店ですので、お江戸詣での際のお店選びにもきっと役立ちますよ。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-07-04 10:16 | 酒:本 | Comments(2)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite