ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

古典酒場 FINAL 

またひとつ、寂しいなという酒話。
愛読雑誌のひとつだった『古典酒場』が今回の号をもっていったんFINALを迎えた。

c0059278_10255168.jpg


思えば、この雑誌を目にしたのは2007年のvol.3号だった記憶がある。
闇市・横町特集で、アンダーグランドかつディープな横町と名のつく酒屋通りを
これでもか!って特集されていた号だった。
まるでラビリンスのような複雑な路地に連なる赤提灯や暖簾がうつった写真をみては
ここに入ったら、一生、出てこれないのじゃないだろうかと思ったくらいである。
※今では当たり前のようにそんな路地をみつけては、ニンマリしてウロウロしている。

本屋で見かけては、時間があれば、立ち読みし(買えよ!)
時間がなければ、中身も確かめずにレジに並んだ。(確かめろよ!)

とにかくいつも酒のニオイ、ザワザワザワと人がざわめく声が聞こえていた雑誌だった。

物書きとして、いつかこの雑誌のお手伝いしたいなと思うこともあった。
だけど、好きな雑誌だから、それはやめとこうと思うこともあった。(どっちやねん!)

それでも発売日なると、本屋もしくはコンビニで出かけ、手にとっていた。

『古典酒場』は創刊されて6年たったそうである。
まだ6年?という感じでもある。ずいぶん昔から読んでいたような錯覚さえあるくらいだ。
だから、FINALと聞いたとき、思わず、え!?と耳を疑った。
なんで?どーして?と密かにブーイングさえおこしていた。
でも、古典酒場の編集長のブログには、今回のFAINALのわけをきちんと綴られていた。

「たくさんの方々に古き酔き酒場の魅力に触れていただけたら。
その一念で僭越ながら酒場の水先案内人にとして編集製作をしてまいりました。
そして今。いろんな酒場で
若い人からご年配の方まで男性も女性も
女性のひとり呑みにも
遭遇することが本当に増えました。

ブームの今だからこそ、
水先案内人としての役目は、ひと段落の頃合いです。

現状での「古典酒場」は、この12号目で最終号とすることにいたしました。
このまま単なるブームではなく
酒場の魅力がひとりひとりの心に根付いていってくれるはずそう信じております」
 ※古典酒場編集長酔いどれブログより抜粋(http://ameblo.jp/kotensakaba/ )

水先案内人んとしての役目のひと段落。
この一文をみたとき、そうだ……と納得できた。
『古典酒場』1冊は
日本の路地に埋もれて?いや、見つけられなかった場所に
人の目が向き、なんだかおもしろそうやない?という心に火をつけてくれたのだ。
gon麹もそのひとりである。
そして、今日の古典酒場には若いお姉さんが何人も楽しそうに食べて呑んでいる姿があり、
それが当たり前のようになっている。

きっと『古典酒場』が創刊される前はそんな光景は皆無だっただろう。
あっても、なんでここにネーチャンがいる?という白い目で見られていたかもしれない。
そんな世の中の色眼鏡を外してくれたのも『古典酒場』なのである。

雑誌を開いてまず、編集長の呑んだくれ記を読むと、
間違いなく、10人が10人、吹き出すだろう。
なので、ご飯を食べていないときに読むことをおすすめする。
酒と共に生きるとは何ぞや!というのを世の中に知らしめてくれる編集長記だ。

そして、もう1頁、めくると
その編集長を 陰になり日向になり守ってくれた旦那様こと、古典酒場発行人さんの手記は
ひぇえええと正座をしながら読んでしまうくらいの内容である。
そこには自分の保護者からよくいわれることがそのまんま、いや、それ以上だけど!(ここ強調!)
記載されていた。
※いつもお世話になっている保護者の気持ちが少しわかった(汗)。

とにかくFINALのこの号は酒呑みならず、本好きならば、手元に1冊はもっておくべきものだろう。

特集には「古典酒場、ボクの原点」で、
酒呑みの大先輩、大御所が酒場に魅了された原点となった酒場で
ご自身の酒場半生記を語っているというなんとも、うれしたのし、ありがたやの企画である。
太田和彦さん×銀座「樽平」
吉田類さん×神田「みますや」
大川渉さん×四つ木「ゑびす」
外波山文明さん×新宿ゴールデン街「クラクラ」
マイク・モラスキーさん×お花茶屋「東邦酒場」
藤木TDCさん×十条「喜多八」
浜田信郎さん×野毛「武蔵屋」

ほら、もうこれだけでも手にいれないとなんか損した気分になるじゃないか!!!

177頁とかなりの分厚さ、そして2000円と雑誌にしてはかなりのお値段。
なれど、それでも、こんな値段でいいの?と思わせるくらいの内容てんこもりなのである。

20日(月)の発売日は都内で『古典酒場』の発売会が開催されていた。
あいにくの霧雨だったが、ファンは集う。それが『古典酒場』ファンである。
もちろん、gon麹もかけつけた。
17時開始だったが、フライングして15分、はやくついてしまい、本屋の中で待機。
そして無事ゲットできた。
もちろん、参加ご褒美として、記念グッズもいくつかもらえた♡

手にするとズシリと重い『古典酒場』。あの家庭画○か!と思わせるほどの重量感。
雨のなか、この重さは苦役!
なれど、この重さを噛み締めつつ、汗をふきふき、雑誌を開いて、まずは一杯!
これが絶対、旨いはずだ。
きっと編集長はじめ、編集部もそのようにもくろんでいたに違いない♪

「これからはもっともっと酒場の、人の、お酒の深淵に触れられるようなことができたら、
そんなことも考えておりますので、
いつかきっと、「古典酒場」season2でお目にかかれますことを楽しみにしながら……」

※古典酒場編集長酔いどれブログより抜粋(http://ameblo.jp/kotensakaba/ )

なにはともあれ、『古典酒場』FINALは寂しいなれど、
編集長のブログの言葉どおり、いつか復活、season2としてまた出会えるのを期待して。
酒呑みは今日も変わらず酒場の小径をそぞろそぞろと歩むのだろう。

c0059278_11195379.jpg



にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-05-22 11:18 | 酒:本 | Comments(0)

平成24酒造年度全国新酒鑑評会ー金賞蔵一覧ー

平成24酒造年度全国新酒鑑評会の速報がはいってきた。
全国新酒鑑評会とは、
1911年に始まり、現在に続く日本酒の新酒の全国規模の品評会のこと。
審査しているのは酒類総合研究所(http://www.nrib.go.jp/kan/kaninfo.htm)である。

c0059278_13153077.jpg


蔵の造り手にとって、この賞はひとつの課題である。
この鑑評会に出品するため、蔵々の造りの技術を全力投入している。

すべての蔵に金賞を!と望むが、いかんせん、こればっかりは鑑評会。
受賞できた蔵もあれば、惜しくも漏れてしまった蔵もでてくる。

とはいえ、漏れても美味しい子は美味しい子。
呑み助にとって関係なし♪
もちろん金賞をとった子もうれしい。ご縁があればお会いしたい子ばかりだ。

鑑評会という会があるからこそ、
この課題を目指してどんどん各蔵の子が品質よく、美味しく育てば
日本酒はますます世界に誇れる国酒となり、
世界が求める旨き酒として伸びていくだろう。
酒呑みとして、これも嬉しいことである。

金賞リストをみていて、
まだまだ出会えてない子の名もたくさんある。
日本酒は奥が深く、広い世界だ。
もっと酒ナフキンしなくては♪

☆平成24酒造年度全国新酒鑑評会、金賞蔵&銘柄☆
(夕刊フジのしみかたさんのFBより借用)https://www.facebook.com/yuji.shimikata?fref=ts

【北海道】
国稀酒造 国稀
合同酒精旭川工場大雪乃蔵 大雪乃蔵鳳雪☆
福司酒造 福司
男山 男山
北の誉小樽工場 北の誉
【青森】
八戸酒類八鶴工場 八鶴
鳩正宗 鳩正宗吟麗
カネタ玉田酒造店 津軽じょんから
三浦酒造 豊盃
斎藤酒造店 松緑
西田酒造店 金冠喜久泉
尾崎酒造 安東水軍
八戸酒類五戸工場 如空
桃川 桃川
【秋田】
秋田酒類製造本社蔵 髙清水
秋田酒類製造御所野蔵 髙清水
両関酒造第一工場 両関
ナショナル物産秋田木村酒造工場 福小町
秋田県醗酵工業 一滴千両
阿桜酒造 阿櫻
鈴木酒造店 秀よし
齋彌酒造店 雪の茅舎
喜久水酒造 喜久水
北鹿 北鹿
飛良泉本舗 飛良泉
小玉醸造 太平山
福禄寿酒造 福禄寿
山本 白瀑
日の丸醸造 まんさくの花
【山形】
出羽桜酒造山形工場 出羽桜☆
小嶋総本店 東光
後藤康太郎 羽陽錦爛
米鶴酒造 米鶴
東の麓酒造 東の麓
出羽桜酒造 出羽桜
高木酒造 十四代
亀の井酒造 くどき上手
菊勇 栄冠菊勇☆
東北銘醸 初孫
和田酒造 あら玉月山丸
鯉川酒造 鯉川
麓井酒造 麓井
高橋酒造店 東北泉
【岩手】
あさ開 あさ開
菊の司酒造 菊の司
両磐酒造 関山
浜千鳥 浜千鳥
菱屋酒造店 千両男山
高橋久 堀の井
南部美人 南部美人
わしの尾 鷲の尾
【宮城】
佐浦矢本蔵 浦霞
大和蔵酒造 雪の松島
山和酒造店 わしが国・瞑想水
中勇酒造店 天上夢幻☆
平孝酒造 新関
一ノ蔵金龍蔵 一ノ蔵
金の井酒造 寿禮春
男山本店 蒼天伝大吟醸
大沼酒造店 乾坤一
川敬商店 黄金澤
石越醸造 澤乃泉
千田酒造 栗駒山
【福島】
金水晶酒造店 金水晶
松崎酒造店 廣戸川
渡辺酒造本店 雪小町
仁井田本家 穏
たに川酒造 さかみずき
佐藤酒造 三春駒
豊国酒造 東豊国
東日本酒造協業組合 奥の松
山口 会州一
辰泉酒造 京の華
鶴乃江酒造 会津中将
花春酒造 花春
名倉山酒造 名倉山
宮泉銘醸 会津宮泉
小原酒造 蔵粋
大和川酒造店 弥右衛門
吉の川酒造店 会津吉の川
ほまれ酒造 会津ほまれ
國権酒造 國権
稲川酒造店 七重郎
榮川酒造磐梯工場 榮四郎
白井酒造店 萬代芳
豊国酒造 學十郎
曙酒造 一生青春
廣木酒造本店 飛露喜
四家酒造店 又兵衛
【茨城】
森島酒造 大観
根本酒造 久慈の山
【栃木】
虎屋本店 菊
惣譽酒造 惣譽
小林酒造 鳳凰美田
渡邉酒造 旭興
天鷹酒造 天鷹
第一酒造 開華
井上清吉商店 澤姫
【群馬】
浅間酒造第二工場 秘幻
町田酒造店 清リョウ
【埼玉】
小山本家酒造 金紋世界鷹
大瀧酒造 九重桜
鈴木酒造 万両
清龍酒造 清龍
横田酒造 日本橋
文楽 文楽
滝澤酒造 菊泉
【新潟】
美の川酒造 美の川越の雄町
お福酒造 お福正宗
河忠酒造 想天坊
池田屋酒造 謙信
千代の光酒造 千代の光
原酒造和醸蔵 越の誉
新潟銘醸 長者盛
久須美酒造 清泉
白瀧酒造 上善如水
青木酒造 鶴齢
津南醸造 霧の塔
越後酒造場 越乃八豊
尾畑酒造 真野鶴
菊水酒造本蔵 菊水
越後桜酒造 越後桜
【長野】
志賀泉酒造 志賀泉
戸塚酒造店 寒竹
信州銘醸 秀峰喜久盛
大信州酒造 大信州
宮坂醸造 真澄
高天酒造 高天
薄井商店 白馬錦
宮坂醸造真澄富士見蔵 真澄
丸永酒造場 髙波
EH酒造 鬼かん
【千葉】
馬場本店酒造 海舟散人
東薫酒造 東薫
鍋店酒造神崎酒造蔵 不動
小泉酒造 東魁盛
【東京】
野崎酒造 喜正
小澤酒造 澤乃井
【富山】
富美菊酒造 羽根屋
皇国晴酒造 幻の瀧
【石川】
加越 加賀ノ月
宗玄酒造明和蔵 宗玄
【福井】
常山酒造 常山
一本義久保本店 一本義
三宅彦右衛門酒造 早瀬浦
【岐阜】
平野醸造 母情
三輪酒造 道三・吟雪花
天領酒造 天領
【愛知】
福井酒造 四海王
浦野 菊石
丸一酒造 ほしいずみ
盛田小鈴谷工場 金紋ねのひ
内藤醸造 木曽三川大吟醸☆
【三重】
宮﨑本店 宮の雪
若戎酒造 若戎
橋本勝誠俳聖 芭蕉
【滋賀】
喜多酒造 喜楽長
美冨久酒造 美冨久大吟極醸
【京都】
月桂冠内蔵 月桂冠
東山酒造 坤滴
齊藤酒造店本蔵 英勲
月桂冠 昭和蔵月桂冠
宝酒造伏見工場 松竹梅
月桂冠大手一号蔵 月桂冠
月桂冠大手二号蔵 月桂冠
【大阪】
山野酒造 片野桜
西條 天野酒
【兵庫】
沢の鶴乾蔵 沢の鶴
沢の鶴瑞宝蔵 沢の鶴
櫻正宗櫻喜蔵 櫻正宗
宝酒造白壁蔵 松竹梅
白鶴酒造旭蔵 白鶴
白鶴酒造本店三号工場 白鶴
白鶴酒造本店二号蔵 白鶴
白鷹本蔵 白鷹
日本盛本蔵 日本盛
大関恒和蔵 大関
大関寿蔵 大関
黄桜丹波工場 黄桜
西山酒造場 小鼓
田中康博 白鷺の城
本田商店尚龍蔵 龍力 米のささやき
山陽盃酒造 播州一献
兵庫奥藤商事 忠臣蔵
【奈良】
梅乃宿酒造 梅乃宿
北村酒造 猩々
【和歌山】
世界一統 大吟醸極撰〈南方〉
【鳥取】
千代むすび酒造 千代むすび
【島根】
右田本店 宗味
日本海酒造 環日本海
【岡山】
宮下酒造 極聖
森田酒造 萬年雪
菊池酒造 燦然
嘉美心酒造 嘉美心
芳烈酒造 櫻芳烈
【広島】
久保田酒造 金松 菱正宗
相原酒造 雨後の月
賀茂鶴酒造2号蔵 特製金紋 賀茂鶴
賀茂鶴酒造8号蔵 特製金紋 賀茂鶴
亀齢酒造第5号蔵 亀齢
西條鶴醸造酒宝蔵 特製富士 西條鶴
白牡丹酒造天保 庫芳華金紋 白牡丹
賀茂鶴酒造御薗醸造蔵 特製金紋 賀茂鶴
白牡丹酒造 万年庫芳華金紋 白牡丹
金光酒造 桜吹雪
【山口】
酒井酒造 五橋
【香川】
西野金陵琴平蔵 金陵
【愛媛】
石鎚酒造 石鎚
八木酒造部 山丹正宗
梅錦山川 梅錦
【高知】
酔鯨酒造 酔鯨
亀泉酒造 亀泉
仙頭酒造場 土佐しらぎく
濵川商店 濵乃鶴 美丈夫
土佐鶴酒造北大野工場千寿蔵 土佐鶴
土佐鶴酒造北大野工場天平蔵 土佐鶴
アリサワ 文佳人
西岡酒造店 純平
【福岡】
池亀酒造 池亀
井上 三井の寿
喜多屋 喜多屋
篠崎 国菊☆
いそのさわ 磯乃澤
【佐賀】
大和酒造 肥前杜氏
天山酒造 天山
天吹酒造 天吹
窓乃梅酒造 窓乃梅
【大分】
藤居酒造 龍梅
クンチョウ酒造 薫長
佐藤酒造 久住千羽鶴
三和酒類 和香牡丹
八鹿酒造笑門蔵 八鹿 
【宮崎】
雲海酒造綾工場 綾錦


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-05-17 13:18 | 酒:その他 | Comments(0)

「ただいま」故郷に帰ってきた気持ちでほっこりと。鹿児島&奄美の本格焼酎に島料理に箸のばす♪

一見、スナックのようである。
しかしカウンターの上に並んでいるのは、
鹿児島の芋焼酎と奄美の黒糖焼酎である。

c0059278_11493734.jpg


カウンターの奥には大きなテレビ。
野球の試合が流れている。おりしも阪神巨人戦。
食い入るようにそこに視線を合わせて、いつものテーブル席につくと
「いらっしゃい、ビール?」と、マスターがおしぼりをだしてくれる。

ここは奄美の食材を食べられる場所だ。
しかもベタで素朴なものばかりで、凝ったものはほとんどない。
それがたまらないのである。

ビール(お酒)につく一皿はその日その日で変わる。

c0059278_11495418.jpg


鯖の味噌とゴーヤだったり

c0059278_11501257.jpg


蛸とパパイヤの海鮮サラダだったり。
島の家で、でてくる家庭のおかずの一皿なのだ。
この一皿だけで満足できるが、やはり奄美の食も食べたい。

そこで必ず注文するのが

c0059278_11502966.jpg


奄美晩酌セットである。

奄美大島から直送の五品を盛ったもので、
豚味噌にパパイヤ漬け、アーサー卵焼きにランチョンミート、島らっきょ。
これで800円というから驚きだ。

昼間の暑さをビールで流せば、やはりここは焼酎で。
グラス売りもあるが、お得なのはボトルキープという術である。
※ボトルキープできる銘柄とできない銘柄があるので、そこはマスターに確認してください。

c0059278_11504449.jpg


もちろん、飲みたい銘柄を一杯ずつというグラス注文も可能だ。
黒伊佐を湯割りで♪ 
まあ、いつものパターンである。
お湯7、焼酎3の割合でほっこりと。

c0059278_1151065.jpg


今日のメニューの張り紙に「パパイヤサラダ」を発見。もちろん注文である。
シャキシャキしたパパイヤの食感。
繊維質が豊富なのは有名だが、酒呑みとして見逃せないのがパパイヤのもつ効能である♪
パパイヤにはイソチオシアネートいう成分が含まれており、
このイソチオシアネートは毒消し効果があるそうだ。
肝臓の解毒酵素の働きを良くし、有害物質を無毒化してくれる。
つまり、解毒力の強いパパイヤを1日200gほど食べると効果が出て
一度食べると解毒作用は3日近く続くという。

奄美は鹿児島と沖縄の間の連なる島々。
南国特有の太陽の暑い陽射しと海からの風を受けながらも
奄美の人々は元気で健康である。

パパイヤもその元気の源のひとつといってもいいだろう。
シャキシャキと口のなかで軽快な音をたてつつ、芋焼酎をくぴくぴ。
BGMで流れるのは奄美の島唄。
ほろ酔い気分になったら、奄美の島にいる感覚になる。
その雰囲気に引き寄せられてか、
店内は常連客がほとんどだが
時折、ふらりと一見さんも訪れてくる。

c0059278_11512421.jpg


表の看板にマスターのイラストの上に書かれた「おじゃったもんせ」。
これは鹿児島の方言で「いらっしゃいませ」という意味だ。
ほんに方言というのは心地いい。
コロコロと転がりながら、耳のなかに飛びこんでくる。
それは誰しもが心にもつ故郷という扉をノックする。
懐かしく、温かい。そして安心できるのだ。
そんな方言に誘われてか、今宵もまたひとり、一見さんが顔をだした。
マスターもママも笑顔で迎えてくれる。
常連客も笑顔で会釈。
一見さんも笑顔で会釈。
一杯のんだら、もう常連客となる。

マスターもママも会話に加わり、店内は笑い声いっぱいとなる。

「ママ、腹皮焼き」
注文がはいるとママは急いで厨房へ。
そこから流れ出す美味しそうなにおいは他の客の鼻をくすぐる。
「あーこっちも」「うちにも」注文ラッシュ。

もちろん、自分も。
「枕崎カツオの腹皮焼き!」

c0059278_11572148.jpg


皆、見事に撒き餌につられた一晩となった。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_12153120.jpg


DATA)
店名:ダイニングバー和
住所:北区赤羽1-41-6 サクセスプラザ犬飼2F
電話:03-3903-2535
営 :17:00~24:00
休 :火
by gon1442 | 2013-05-17 12:02 | 日本:お店 | Comments(0)

タンクに耳をあてて……父との思い出

c0059278_912268.jpg


蔵にお邪魔すると一番懐かしいと感じるのが、タンクが並ぶ貯蔵庫だ。

どの蔵にいっても、一番長く、眺めている場所じゃないだろうか。
「お酒を造ってないときでもここは働いてるんだよ」
かつて父はそう教えてくれた。
そして、タンクに耳を当てて楽しそうにしていた。

子どもだった自分は何をしているか
まったくわからなかったけど、
面白がって父の真似っこをしていた。

シーンとしている蔵のなか。
まるでこの世から音という音が消えてしまったような感覚。
静寂さが恐怖心を芽生えさせた。

「こわい」
本能だろう。思わずそう口走った。

そんな自分の声さえ、
タンクに耳をつけたままの父には届かないようで
目を閉じたままタンクにくっついてた。

大好きだった父をまるで大きなタンクに取られたようで不安になったのだろう。
早く父と共に蔵の外にでようと、一生懸命、服を引っ張ってダダをこねた記憶がある。

「そんなに引っ張らんといて(笑)」
父は苦笑いしながら、ようやくタンクから離れてくれた。


あれから何十年も経た。
怖かったタンクの貯蔵庫も
何時も足を運んだ。

かつて父がやっていたように
そっと耳をあててみる。

ヒンヤリとしたタンクの冷たさが
頬に伝わってくる。

目を閉じてじっとしていると
タンクの中にあるお酒が揺らめいている感じが頭に浮かんできた。
絞りも終わり、出荷の時期を待っているお酒。
火入れしているので、酵母や麹もそこにはいない。
だけど確かにタンクのなかで、お酒が蠢いているのをタンクの壁を通して感じる。

その蠢きが揺らめきの波動がこそばゆい。
ついつい笑ってしまった。

そう、父が笑っていたように。

あのときの父も今の自分と同じように
こそばゆかったのだろうか。

父が旅立ってから10数年たった。
蔵の静けさが恐ろしく、「はやく出ようよ」といっていた昔とは異なり、
今では「もっといたい!!!」と別の意味でダダをこねるようになった。

そんな様子を父はきっと笑っているだろうな。
「ほれみたことかっ」と、したり顔で。


献杯。



にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-05-08 08:40 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite