ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最高峰のラム!登場!

西日暮里駅(田町)より徒歩6分。(のんびり歩くと8分かかる)
いつもお邪魔するイタリアン店、Ristorante tono;4122の撒き餌につられたgon麹。

今回の撒き餌は………!

ファイブスターラムである。

c0059278_165392.jpg


昨年までRistorante tono;4122で食べられていたエデンポープの入荷が困難となり、
ラム好きファンの声が大きすぎたのか、別のなにかと用意してくれたのがファイブスターだった。

原産国はオーストラリア。
プレミアムラムを色々育ててきたオーストラリア・ヴィクトリア州である。
エデンホープもここで生まれている。まさにラム優等生ZONEなのだ。
ヴィクトリア州には沢山の羊農家が存在しているそうで、
オーストラリアの肥沃な土地、気候の恩恵を十二分に受けて育つ羊はみな一級品である。

ラムの最高峰、最高級といわれる理由はヴィクトリア州生まれというだけでない。
このヴィクトリア州の羊生産農家が「オーストラリアを象徴する国際レベルのラム肉を持続可能な農業で世界に届けよう」という信念のもと、
ラムの味だけを追求するのではなく、自然との調和、そして次世代に残すことが出来る羊を育てるプロジェクトを立ち上げたのがファイブスターラムのはじまりだといわれている。

でもこの流れの初めはオーストラリア国内ではなかった。
その場所はアメリカ、ボストン。
ひとりのオーストラリアのラムプロデューサーがどうやったら、
これほど旨い最高のオーストラリアンラムを米国に輸出する事ができるんだろうかと、
ボストンのBARで ボストンの羊肉屋と話していたことからはじまったらしい。
もちろん、すぐにうまく流れていくわけもなく、
粉骨砕身して10年。どうにかこうにかファイブスターに携わっている人、全員の力を集めた。
この集団が今のファイブスターラム協同組合となる。
彼らの活躍により今ではファイブスター・ラムは
最高のスペックということが世界中に知られるようになった。

その恩恵が今、目の前にある。

この美味しそうなファイブスターのお肉。
鮮やかなピンクの肉質は、可憐な乙女の肌色である♪
火はとおっているのにもかかわらず、艶かしいしっとり感は
絹糸が流れるようにほどけるような感じ。
それでいて、しっかりと甘みある旨味! 
そしてひろがるさらりとしたジューシーな脂が
自分のよだれとともに解け合ってくる。

くぅうううう。もーーーーーたまらーんん。\(@▽@)/\(@▽@)/\(@▽@)/

そんなファイブスターラムに添い遂げたのが

c0059278_17161053.jpg


山口県岩国の銘酒『五橋 西都の雫 純米吟醸生原酒』
華やかで気品ある吟醸香がラムの甘みをくるんでくれる。
そして搾り立てならではの口当たりが肉の旨味をさらにひきあげてくれる。
そう、どーんとそびえ立つ、岩国城のような力強さにうっとり。
喉ごしのキレのよさもラムにぴったりである。

そしてもうひとつ。

c0059278_17213889.jpg


秋田の天寿『米から育てた純米酒 ひやおろし』 純米吟醸・生詰。
花酵母らしい華やかな香りが溢れるこの子。
柔らかでふくよかな純米吟醸酒ならではのやんわりさを是非!で♪

地元の「天寿酒米研究会」産、美山錦を使用し、
なでしこの花から分離した花酵母で醸したそうで、とにかく上品であでやかである。
花酵母の香りに負けずお米の旨みもたっぷりありつつ、スッキリしてて、飲みやすい。
だからこそ、この子を燗にしたら、間違いない。

ファイブスターを食べた後の余韻をいつまでも残してくれるような気配がある天寿。
まさに隅々まで気配りがさりげなくできるいい女という感じだろう。
これは惚れるわ♡。

大皿にあったファイブスターもあっという間に消えてしまったが、
ヴィクトリア州の羊生産農家が世界に誇る最高級のラム肉の存在は
見事に食いしん坊の本能にインプット。

食べたばかりなのに、おかわりしたいという衝動にかられてしまったのはいうまでもない。

あ〜。また食べたい。 大きな口をあけてかぶりつきたーい。

c0059278_17315349.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

撮影協力Ristorante tono;4122
by gon1442 | 2013-01-24 17:34 | 日本:;肴 | Comments(0)

会津名物といえば!? 馬肉♪馬肉♪

馬肉。
熊本や長野の名物と思っていたgon麹。
福島の会津地方の名物でもあるということを今さらながら知る。アセ(;~▽~;)アセ

郷土料理として口にしたとき、いままで口にしていた馬肉とまた味わいが異なるなあと感動し、
どこかで購入することはできないかと思っていたとき、
教えてもらったのが「杉葉」だ。
1階は精肉屋。2階は食堂になっている。
今回は馬肉を手にいれることが目的なので、1階へ突入。
食いしん坊の友人の後についていった。レ(゚∀゚)ヘ=З=З=З

c0059278_1891092.jpg


昭和40年代初めから喜多方では初めて馬刺しをあつかいだし、
馬刺しと言えば「杉葉」と言われるくらい喜多方で地元はもちろん日本全国の馬肉ファンから
親しまれている。

そんな「杉葉」精肉屋のガラスケースのなかには豚、牛肉が並んでいる。
馬肉は……と店内を見渡すと、奥のガラスケース一角が馬肉ZONEだった。
モモ、ヒレ、霜降り、ロース、赤身、タテガミなど分けられており、
目移りしてなかなか決まらない。

どれがいいんだろうと悩んでいると、店主が優しい笑顔で
「切り落としがおすすめだよ」という。

切り落とし? 切り落としとはなんぞや?
頭を捻っていると
「モモ、ヒレ、霜降り、ロース、赤身で綺麗にカットできなかった部分を集めたもので、いろんな味を楽しめるよ」と教えてくれた。

これはラッキー♪ 一度で美味しい思いができそうである。
それを4人前購入。(購入したのは友人である)

いそいそと歩いて、
さあ、食べるぞーとなったのは会津電鉄の電車内だ。

c0059278_18151694.jpg


馬肉の赤身が空気に触れると桜色となり、
馬肉の切り身がサクラの花びらを想像させることから、
サクラとかサクラ肉と呼ばれる馬肉。
サクラというよりあでやかな牡丹だろうと思ってしまうが
ボタン肉はイノシシであるから、今更ながらいえない。

調味料として醤油の他になくてはならないにんにく辛子味噌もたっぷりつけてくれていた。この味噌、お店の特製のにんにく味噌ダレであり、これが目当てでリピーターになる人も多いらしい。

切り落としなので、どれがどの部位なのか、
肉博士でないのでわからないが、どの馬肉も甘く、そして旨い。
味噌を少しつけてほおばる。
むしゃりと一噛みしたら、柔らかい肉がぷるんと歯の付け根をおしてくる。
肉とはいえ脂を感じることはほとんどなく、ヘルシーで食べやすい。
これは!女性ウケがいいのでは!
あまり肉派でないgon麹も何枚もぱくつける。
一心不乱に馬肉を〜と同時にもちろんいただくのは♪

c0059278_18324074.jpg


日本酒。
福島県喜多方の夢心酒造さんの『奈良萬』純米酒。
やわらかいメロン系の香りで飲み口はさらりとしながらもキレあり。
原料の米の旨味がしっかりと口のながでひろがり、
米の甘さが鼻の中をふわんふわんとくぐり抜ける。
酸もほのかにかんじられる。
鼻の穴全開♪ 
馬肉との相性もよすぎる。
会津産五百万石の酒米。精米は55%。
お米の半分強を精米した子でありながら、米の旨さは損なわないのは
夢心酒造がもつ造りと蔵人さん達の熱意だろう。

今は常温で飲んでいるが、間違いなく燗でもいい子だ。
あぁ、またもや思うのがミニミニ燗すけである。
電車内で燗つけができたら、どんなにいいか。
酒ナフキン(酒放浪という意)のとき、小さい魔法瓶持ち歩こうか。


クイっと奈良萬をひっかけて、馬肉を数枚口に放り込めば……
体中に日本が誇る!麗しき会津の魂が駆け出していきそうだ。

ちなみに馬肉はかなりの栄養素が多くあり、バランスがいいとのこと。
特に高タンパクで低カロリーであり、
ミネラルやタンパク質、グリコーゲンなどが含まれているそうだ。
タンパク質にはペプチドという成分があり、
グリコーゲンには、動物性の多糖類の一種でブドウ糖に変化するもので、
エネルギー源として大事なもとである。
しかも馬肉のグリコーゲンは他の食肉の3倍も含まれているとのこと。
「馬肉を食べると体が温まる」といわれるが、
このグリコーゲンの働きであるという人もいる。

カルシウムは牛豚の3~4倍、鉄分は牛豚鶏の約3~4倍。
鉄分にはヘム鉄が豊富に含ま、ビタミンAやEといった、ビタミンも多い。
他にも健康に欠かせない必須脂肪酸であるリノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸が牛肉や豚肉と比較してもバランスよく豊富だそうだ。

いいことばかりの馬肉! こんな美味しい食材が郷土料理とは
会津がものすごくうらやましいgon麹。

また次回、会津をスナフキンするとき
馬肉を手にしようと心に決めたのは間違いない。

c0059278_18485599.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_18523351.jpg


馬肉を食するようになったのは豊臣秀吉の世、文禄,慶長の役の際で加藤清正軍が食の補給を絶たれたため、軍馬を食べたのが始まりだといわれている。馬肉のことを「けとばし」と呼ぶ場所もある。東京もそのひとつ。馬は脚で蹴とばすから、そう呼ばれるようになったらしい。


DATA)
店名:杉葉
住所:福島県喜多方市惣座宮2721
電話:0241-22-0124
営業:8:30~18:30(精肉店)/ 11:30~14:00 17:00~(食事処)
休 :月
by gon1442 | 2013-01-15 19:02 | 日本:;肴 | Comments(0)

鉄板焼きの生みの店 特選神戸牛ステーキ 彌でにくにく三昧♡

鉄板焼き。
大きな鉄板に大ぶりにカットされた野菜やお肉が
軽快な音をたてて焼かれていく料理である。
この鉄板焼き。今日では世界中に広まっているが、
この鉄板焼きを生み出したのがステーキ彌のオーナーシェフ、塚本弥一郎氏の父親である。

c0059278_13535225.jpg


「日本では昭和初めまで木炭を燃料として七輪などで加熱する方法が一般的でした。
戦後の話になりますが、今のようにガスコンロ設備などがしっかりしていないとき、
うちの父親が畳一畳分ぐらいの大きさの廃品の鉄板で数少ない食材を集めては焼き、
調理して提供していたんです。
闇市時代の話ですね。日本はまだ進駐軍の時代。
父親の鉄板焼きの噂を聞き、彼らはジープに乗って出かけてきた。
外国人の彼らにとって、当時の日本食はものたらなかったのでしょうね。
父親の鉄板焼きをみて、カットした肉をそのまま焼けというオーダーをしたそうです」

c0059278_1342523.jpg


先代が焼き上げた肉を進駐軍の軍人は大満足でたいらげ、
その後、日本中に鉄板焼きという手法が世の中に浸透したそうだ。
今日では電気式のホットプレートが普及し、家庭でも手軽に鉄板焼きを楽しむことが出来る。
そんな日常の食事風景を生み出してくれたのが塚本家なのだ。

c0059278_138053.jpg


ステーキ彌があるのは兵庫県三宮。
鉄板焼きの聖地ともいうべき場所のど真ん中のビルにお店はある。
神戸牛というブランドを作り出したのも塚本弥一郎氏だ。

「神戸には牛はいませんよ。でもここで調理される、料理される牛は神戸牛というブランドになる。
ブランドを認知させるのっていろいろ大変なんですよ。
大阪、東京でもいろいろな仕掛けをしました。多く失敗もあったし、不発だったイベントも多かった。それでも私は神戸で食べられる牛は旨いんだという信念をなくすことはなかった。
結果、神戸牛というブランドが世界に通用するようになれました」

茜色とも、緋色ともいえる肉色にちりばめられた鹿の子模様の白脂。
このブロックに牛刀を入れると
断面にほのかにかすみがなびいたようにみえる。
これは脂質がよく融点が低いからだそうだ。
こういう肉を「トビ」というらしい。

c0059278_13114429.jpg


神戸ト場の買参権を持ち、枝肉のセリに参加。
但馬牛の肥育も手がけながら、日本初の電気式の鉄板や日本唯一の排煙システムを開発導入した。
おかげで現在のステーキ屋さんでステーキを食べるとき、
煙でお客から不満がでるということが少ないというのも、塚本弥一郎氏のおかげだ。

c0059278_13132154.jpg


店の鉄板もすべて電気式。
ピカピカに磨かれた鉄板に厚みのあるビーフをオーダーに応じて焼き上げてくれる。
湯気のような煙が立ち上るように見えるが一瞬で消え、煙を気にせずに
目の前のパフォーマンスを楽しむことができる。

c0059278_13154935.jpg


ほどよい焼き具合になると食べやすい大きさに牛刀でカット。
サッと切れていく肉の表面からは透明な脂がにじみでている。

焼きたての肉は口の中で蕩ける。
最高級のビーフだ。
最高の食材にあったとき、言葉などいらない。いや、言葉すらでない。
五感を超えた世界にいざなってくれるあの感覚は
体験した者のみ許されたものだろう。

c0059278_13185774.jpg


こちらは肉だけではなく、魚介類から野菜、自家製のデリカやパンへのこだわりも深く、
ドリンクもワイン、梅酒、焼酎の他に、独自で酒蔵と契約した吟醸酒への意識も高い。
「牛肉とワインは当たりまえになりましたが、日本酒との相性も間違いなくいい。
日本で生まれ育った牛なんだから、日本酒と相性が悪いわけがない。
たくさんの人に飲んでほしいですね。」

店でいただいた日本酒は紫綬褒章の故石原但馬杜氏が醸したステーキ彌オリジナル純米大吟醸。
この子を高橋南部杜氏によりいっそう育まれ、年々鮮烈にそして透き通るような味わいである。

メニューはアラカルトや一品料理もあるが、やはりコースがベストである。

c0059278_13285494.jpg

松茸など野菜類から、チーズをたっぷり使ったグラタンなどの小鉢までと、バランスがよい。

c0059278_1330835.jpg

松茸は基本、1年中手にはいるそうだ。

c0059278_13364540.jpg


「外国産のものもありますが、日本産のものが手にはいるときは極力、日本産のものです。
おおぶりな松茸は美味しくないといいますが、この松茸は香りもいいし、
肉厚なのでキノコのもつ食感を楽しめます」

c0059278_13313261.jpg


トマトとフォアグラのミルフィーユという贅沢な一皿はちょっとびっくり。
フォアグラの脂もそれほど気にすることもなく、トマトの甘さのなかの酸味が
いい塩梅で染み込んでいるので、食べやすい。

c0059278_13332013.jpg


メインが焼き上がるまでのお楽しみもどれもお腹が大満足できるものばかり。

c0059278_13344376.jpg


グラタンの中からでてきたのはあんころ餅。これにはびっくり。
讃岐出身のgon麹としては、懐かしいあんころ餅料理である。
あんころ餅談義でしばし塚本氏と四国話に花が咲く。


c0059278_13382132.jpg


ステーキの桃源郷ともいうべき神戸三宮。
この三宮にはいくつ鉄板焼き屋があるのだろう。
空に伸びるビルにはいくつもの鉄板焼きの看板が鈴なりに連なっている。
そのなかに煌煌と輝くステーキ彌の看板。

「鉄板焼きというと家庭料理のイメージや身近なものになりました。ステーキの鉄板焼きというとまだ高級なイメージがあるかもしれないけれど、高級なイメージをもっていただけるからこそ、お客様に楽しんでいただける最高のおもてなしをするのが私たち、鉄板焼きの料理人だと思います。まだまだ精進するところがいっぱいです」

神戸ビーフ鉄板焼の中興の祖・creator of Teppanyaki Steakと評され、
又濫觴と冠されてもなお、まだまだ修行中という塚本氏。

確かに日々の料理というわけにはいかないが、ハレの日など特別なときなど、
美味しいステーキが食べたいと頭に浮かぶ店はステーキ彌である。

c0059278_13444353.jpg


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_13452057.jpg

店内で目をひくは天井高6Mの壁面に日本画と書の大作。
のんびりと堀炬燵式鉄板で味わう特選神戸牛は口の中で蕩ける……。


DATA)
店名:ステーキ彌
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-1-14 アークコーストビル 7F
電話:078-322-0457
営業:11:30~22:00
休 :無
URL :http://www.teppanyaki.co.jp/index.html

注意:コース内容やメニューは変化あるので、お店に直接お問い合わせください。
by gon1442 | 2013-01-11 13:56 | 日本:お店 | Comments(2)

酒造り体験ーひねり餅ー

お正月気分はそろそろ抜けて
巳年生活、本格的にスタートした今週。

今年はスナフキン(放浪)予定が新年早々リズムよく決まっていく。

これがすべて仕事になればいいのだが、こればっかりはご縁の世界。
もう少し営業能力を高めるべきか……。

c0059278_234283.jpg


さて、各地の酒蔵廻りをしているが
造りを体験しているわけじゃない。

酒造りの流れを頭でなんとなく理解していても、実体験をしていない以上、机の上の理論と変わらない。

そんな思いを酒神様はきいてくれたか
ひと通りの造りを体験させてくれるチャンスをくれた。

このひねり餅体験もそのひとつ。

c0059278_234321.jpg



蒸しあがった米をひとつまみ、
指と指の力だけで餅にしていく。
蒸米の水分量と粘り気をみる大事な作業だ。

「ひねり餅は力任せでおしてもお餅になりませんよ。ちゃんとひねってください」

c0059278_234473.jpg



そういわれても、うまくひねれない^_^;。

握力ないのがよくわかる。
もうちょっと胡桃で鍛えておけばよかった。

c0059278_234492.jpg



掌にちょこっととった蒸米。
意外と手強い(^◇^;)

こねくりまわして、餅までにはいかないが、おむすびっぽくはなった。


「これはひねり餅じゃなくて、おむすびだね」

笑われてしまう。
ぜんせん役不足のgon麹である。
もっとも蒸しあがった米はかなり熱い。
ヽ(´o`;
猫手だーと甘えられないのも事実である。

ほんに酒造りなる世界は一言ではいえぬ次元のもの。


c0059278_953142.jpg


へなちょこgon麹、身をもって体験させていただいておりまする。

もちろんひねり餅はきちんとお腹に収まったのはいうまでもない\(^o^)/



にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-01-09 22:47 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

あけましておめでとうございます。

2013年 元旦

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞgon麹共々酒ナフキンをよろしくお願いいたします。

c0059278_16344744.jpg


2013年の初酒。
皆様はどのような子をいただいたのでしょうか。

地元の蔵酒? ワイン? スパークリング?
参拝詣でのふるまい酒? おせちと共にお屠蘇……。

なにはともあれ、酔いスタートではじまりました巳年。
きっと美味しい肴に旨き酒。心安らぐ居酒屋に酒屋。
どんな出会いがご縁があるだろうかとワクワクします。

意気揚々、テーマソングは威風堂々♪

各地をにょろにょろっと昨年以上に駆け回りますので、
見かけたら、「あ、さまよってるな(爆)」と見守ってくださるとうれしいです。

全国&全世界の酒蔵様(語学能力ほとんどありませんが)、
怪しい麹がひょろっとお邪魔すると思います。(も!もちろんアポいれてですが)
そのときはどうぞ、よろしくお願いいたします。
タンクにスリスリしても見逃してくださいね。アセ(;~▽~;)アセ、

居酒屋で酔っぱらいのgon麹をみかけましたら、
皆様、酔虎に酔酎胃でございます。
逃げるか避けるかしてください。(本気)
(((((((`ω´ノ;)ノ ニゲロ~!!

c0059278_16562697.jpg


2013年 巳年。
酔いご縁に燗謝(感謝)の心♪
どうぞよろしくお願いいたします。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2013-01-01 16:55 | 日本:暦 | Comments(2)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite