ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

はしご酒は酔い運動

自分はひねくれものである。
とかく、人がワーと騒ぐものに興味はもつものの、すぐに手をださず(喉から腕はでてるのに)
少し落ち着いてから、こっそりと手にとる性格である。

超ミーハーなのにお高くとまる……と自分自身を思うことがよくある。

さて、この本もそうだった。

伊集院静氏のエッセイ、『大人の流儀』(講談社)。

昨年春に発売されて、あっという間にベスト10に入るほどの話題本。
本屋の人気本棚に飾られているのをチラチラっと目の端にいれながら
しらん顔して通りすぎた。

ほぼ一年ぶりに本棚でみつけ、手にとる。
パラパラと目を通してレジにむかった。

家路につくなり、一気読み。隠していたミーハー魂に火がついた。
そのなかで思わず吹き出したエッセイがあった。

c0059278_1118876.jpg


「ひどい二日酔いである。 目覚めると靴を片方履いて床に寝てた……」
(『大人の流儀』P60より抜粋)

この書き出しをよみだした途端、自分の二日酔いが鮮やかに思い出される。

コンクリートで頭を固められたような目覚め。
目の前のテーブルにはまるでショーウィンドウに飾られているように
はきつぶしたスニーカーが一足、ドデンと置かれている。
どうしてそうなっているのか? コンクリー頭では理解できずに水を求めて台所へ匍匐前進。
酒棚ゾーンを通りすぎ、蛇口に口を近づける。
砂漠に水をまくように、飲んでも飲んでも乾きが止まらない我が身体。
こうなるとあとは野となれ山となれの放置しか手がない。

そんなことを思いだしつつ読んでいると“ハシゴ酒”のくだりに目がとまる。

「……そしてハシゴ酒をやめた。ハシゴ酒をやめたことは身体にいいのかもしれないが、同時に少し太ってきた。ハシゴ酒をしている時は一晩に何軒の飲み歩いて結構運動になっていた……」
(『大人の流儀』P63 より抜粋)

ほほう! ハシゴ酒は運動なのか!

自分の周りにはハシゴ酒の達人が何人もいる。
フットワーク軽く、2,3軒は序の口。4,5軒は当たり前。7、8軒まわり自宅で晩酌という強者が少なくない。
その強者に共通しているのが皆が皆、スリムだということだ。
年齢関係なく、男女の性別関係なく、みんな細身である。
あれだけ飲み歩いているのに何故肥えぬ!?と不思議だったが、このくだりで納得できた。
みんな、きっちり運動しているんじゃん!

ということで、はしご酒は健康的な酒活動といえる♪

何人の達人がにんまりするだろうか。
はしご酒先で酒飲み人に出会える楽しみ、おいしい酒をみつける喜び。
痩せたい呑み助は“はしご酒”をすべきか?
(人それぞれのペースで。許容量はそれぞれ異なるので無理はダメ)

因みにゴン麹は“はしご酒”は、ひよっこレベル。
おかげでちっともスリムにならぬ ―(´(00)` )→

c0059278_11541312.jpg





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2012-01-29 11:57 | 本人:ひとりごと | Comments(6)

ごんおとめ!

c0059278_10585612.jpg


まさか本当につくってくれるとおもわなかった。
幻の……「ごんおとめ」(大爆笑)

このラベルができたいきさつはこうである。

c0059278_11384252.jpg


昨年末、岩手の吾妻嶺さんの『あづまみね 純米吟醸ぎんおとめ』を飲んだとき
一升瓶の首のラベルに「ぎんおとめ」が目にとまる。

c0059278_12744.jpg


「ごんおとめってないんかな?」とつぶやいたところ、
あれよあれよと吾妻嶺さんの耳に届き、「つくろうか」と快諾!∠( ゚д゚)/ 「ホントニ!!?」

造りなどの忙しいこの時期、まさかな……と思っていたら!

昨夜、「ゴンさん! できたんですよ」と届いたのが『ごんおとめ』の帯だった。
☆d(ฺ๑ ◕‿◕ฺ ฺ๑.)b ★やっほい!★ d(ฺ๑ ◕‿◕ฺ ฺ๑.)b☆

ドキがムネムネ、いや、胸がどきどきわくわくやっほーいである。
胸に貼りたい! 貼り付けたい!という衝動にかられる。

『ごんおとめ』純米吟醸 

生なので皆様、取り扱い酔酎胃。
『あづまみね 純米吟醸ぎんおとめ』のようないい酒にならないかな♪
乙女のようなやさしさがありサラサラとのど奥に流れ、キリッとしたコクが残る。
まさにいい女。酒飲みとしては憧れる姿。
似てるだけに似るだろうか……としばし思案。

ぎんおとめは岩手県オリジナル酒造好適米。
ごんおとめは手がつけられない酒虎もち。(≡ε≡;A)...

吾妻嶺さんが自分の田で丁寧に大事に育てた収穫したぎんおとめ。
讃岐の金比羅さんの膝元、腕白小僧で一日中どろんこで育ったごんおとめ。(ノω<;)

響きは似てるけど、やっぱりちゃうちゃう〜(´エ`;)

段々「ごんおとめ」が「ごんを止め」に見えてみた。(=`ェ´=;)ゞ
戒め護符か。大酒防止護符なのだろうか……。

ま、それはそれ。吾妻峰さんの酒滴な(ステキ)で粋な心、
一升もん(一生もん)の!幸せをいただいた♪

吾妻峰さん、大燗謝♪粋な酒心、ありがとうございます。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力:
by gon1442 | 2012-01-27 12:39 | 酒:その他 | Comments(4)

頭で考えず……

“来福X”まめたろうさん監修の来福酒造さんの子。

ここ数年、お目にかかっている子は
今回も酔い出会いとなった。

c0059278_16582779.jpg


『頭で考えて飲まずに感じていただきたくてスペックは非公開にしています』
今回も裏ラベルに書かれている。

開封一番にいただく喜びと今回も出会えた喜びがプラスαとなり、一口すする。

唇に染みこむフレッシュ感。
半紙に墨が染みこんでいくように舌の上に広がる酒の味。
酸もあり味の帯が定規くらいの太さで伸びはじめた。
それでいながら喉に消えた瞬間、風で揺れていた暖簾が
スッと元の場所に戻るように、味の伸びがストンと落ち着く。
いや、落ち着きながらも先ほどの味の帯の両端に
故郷の春先のあぜ道が平行しているような残る刺激。
青い柑橘類のようなラインが2本、シンメトリーのように口のなかにあった。

これはお米の味なのか、酵母の性格なのだろうか。

考えずに飲んで感じた口の中が
来福Xの世界だった。

一杯で色々みせてくれるこの子は
毎度毎度、ほんにおもしろい。


頭で考えず感じて飲む……。
酒呑み十人十色の来福Xがあちこちで紡がれているんだろうな。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力:
by gon1442 | 2012-01-26 17:23 | 日本:日本酒 | Comments(0)

お年酒で肝ち酔い♪

寒さ半端なしの小正月もすぎた睦月もあと半月。
早いものである。
年のはじめはあちこちのお店では「お年玉」ならぬ「お年酒」という振舞酒。
これをいただき、酒呑みの一年もはじまる。

さて今年も早速お邪魔したのは北区の佐竹
焼酎のボトルのネームタグに記載された初来店の年号をみると
ほんとよく御世話になっている場所である。

白い暖簾をくぐると厨房の中から「新年おめでとうございます」と大将からのご挨拶。
「こちらこそ、今年もおいしいものを楽しみによろしくお願いいたします」とご挨拶。

ビールのお通しにだしていただいた石つぶ貝。

c0059278_1212762.jpg

楊枝を貝の奥へ差し込んで手首を回転させ引き抜く。
まずは肉厚の身がみえてくる。目指すはこの先!
貝の奥に隠れる青黒い肝。(腹グロではない!)
うまくいけばクルリン〜ポンと渦巻き状の肝がきちんと身にくっついてでてくる。
ぐりぐーりと爪楊枝の角度を変える。
金庫の鍵を破ろうとする怪盗ルパンのように
指先に神経を集中。
貝の身の形を頭に浮かべてぐーりぐり。
1分後、スポーンと渦巻き肝のお尻がフルフルと登場。
パクリと一口、肝の苦みが口に広がる……今年は幸先よーし。

c0059278_15465221.jpg


振舞酒は 本醸造 『出羽桜。初搾り 樽酒』。
「今年は2本だけいただけたんですよ」と女将さんの福顔に2012年の運気もUPUP。
表面張力も決壊してしたたるお酒を指ですくいつつ、ゴクリ。
樽酒特有のいい香りが静かに口のなかで立ち上る。
出羽桜がもつ美しく華やかさが楽しい。
舌の上に甘味を感じつつ、サラリと切れる上品さ。
新年の『お年酒』は酔い一杯ではじまった。

c0059278_169569.jpg


折しも築地で今年の初鮪、5000万以上の値がついた日。
縁起よき話にあやかって、鮪をつっつく。
それにしても5000万以上の鮪ってどんな味がするんだろう〜なあんてミーハー想像をしていると
目の前の鮪がその5000万の鮪にみえてくるのだから、人の想像力ってすごいもんだ。

もちろんこちらの鮪も上質の素材。
大将の厳しい目利きにかなったものしか出さないのだから、大満足だ。

c0059278_16131120.jpg


新ものをいただくのが江戸っ子の醍醐味よ! と誰がいったかおっかさん。
エセ江戸っ子ぶりつつ(笑)若竹煮。
ポリポリとかみつつ、出羽桜を嗜む……相性よし。

c0059278_1619492.jpg


カワハギ刺しはやっぱり肝をとかして醤油。
プリプリした身の食感、身の甘みと肝の旨みが絶妙に絡む。
大人でよかったーと感じる瞬間である。
肝をくるんでサンドにすると、とろんとした桃色の肝がカワハギの身から飛びだしてくる。
桃色吐息、聖なる、もとい……生なる甘さ。
やっぱり肝はいいーーーーー♪

肝三昧のお年酒、肝ち酔いひとときにほろ酔いもすすむ。

「今年もどうぞよろしくお願いします」
大将、女将さん、息子さんとご挨拶して今年もはじまった酔い関係。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



撮影協力:佐竹
by gon1442 | 2012-01-17 16:46 | 日本:イベント | Comments(0)

今昔の思い出

「チン」

c0059278_9325915.jpg


電子レンジの音を耳にすると幼い頃の記憶がよみがえる。
寒い寒い、とある冬の日。
自宅の台所の電子レンジの前に立つ父の後ろ姿だ。

一年中酒造りに関わっていた父にとって
冬の時期に家にいるのは稀なこと。
冬は父はいないもんだと認識していた。

そんな寒い冬に父がいるとちょっと不思議で違和感あって
でもやっぱり嬉しかったものだ。

「チン」という音に導かれるように台所にいくと
酒のアテを手際よくつくる父がそこにいた。

「それなんなん?」 手元を覗きこむ自分に
「食べるか?」とちょっと上機嫌の父の顔。
酒の匂いがぷ〜んと漂っている。
「とーさんのんどるやろー!くーさーい!」と顔をしかめた途端
「眉間に皺よっとるで。ほんまおかーさんそっくりや」と苦笑いの父。

ご機嫌をとるように電子レンジで温めたアテのひとつを手にとり
口のなかにほおりこんでくれた。

「おいしぃーーー。もう1個ちょうだーい」とおかわりをねだる。

しょうがないなーという顔でできあがったアテの皿と
燗した酒をなみなみそそいだジョッキグラスをもって二階にあがる父。
その後をおいかける。

二階の部屋で父はお燗酒を嗜み、アテをつっつく。
その横で自分はアテをつっつき、オレンジジュースを飲んだ。

部屋の中はあっという間に酒とアテの香りで充満し、
いつのまにか親子でいびきかいてよく寝てた。

そんな父がやっぱり冬のとある日、家の庭でごそごそしていた。
「なんしょーん?」後ろから覗き混んだ自分の目に飛び込んできたのが
真っ白い大きな壺だった。

「これなんなん?」と聞いてみる。
父は楽しそうにふりかえる。
「これはお酒いれるもんなんや。昔はこれでお酒を売っじょったんで。いつかこれでお酒飲みたいし、いれたいのー」
そういって景品でもらった銀行タオルで白い壺を拭いていた。
台所から「チン」と音がする。
その音さえも耳に入らずうれしそうに白い壺をながめる父。

あれから20数年。
家の裏に転がっていたのが白い酒壺。
父がうれしそうにしていた白い大きな壺だということがすぐにわかった。

白い酒壺はあのときと同じ白さ。
大きさだけがほんのちょっと小さくなっただけ。
誰も磨いてなかったはずなのに昔のまんま。
いつでも酒が入れられるような状態だった。

白い雪がふわっと目の前を横切る。
故郷には珍しく、雪がしんしんと降りはじめた。
庭があっという間に白くなる。
白い庭の片隅で白い酒壺がそこにある。

寒さ忘れて思わず笑えた。
「とーさん、またこっそり磨いとったんやろ!」
空にむかって叫んだ途端、雪がふんわり頭に乗った。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2012-01-16 10:03 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

福よ来い……

東日本大震災から10ヶ月。
また寒く厳しい季節がめぐってきた。

c0059278_12174529.jpg

福よ来い来い、福よ来い。

被災地に、全ての人々が笑顔ですごせるように福よ来い。

世界中の酒呑み同志と共に願う「福よ来い」。


サケマモルHPでは復興へと歩みを進める岩手県・酒蔵「酔仙酒造」と陸前高田市の方々によって編まれた 浜のミサンガ・環(たまき)がファミマ.comにて数量限定でセット販売開始酎。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2012-01-11 15:00 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

乾燥酎意報発令酎! 風邪酔心!

新年早々、愚弟から!? いただいた贈り物。
くしゅんくしゅんゴホゴホ……と止まらない“風邪”である。
こんな新年贈物はいらーんけど、一度いただくと長引いてしまうのも“風邪”だ。

酒ナフキン先で初熱し、こりゃヤバイ!状態もあったが、
どうにかこうにか峠はすぎて、ただいま小康状態。
それでも寒さ、乾燥がひどくなると壊れた拡声器のように止まらない。

そんな状態のとき、新宿 酛で「風邪薬」と調合してくれたのが

c0059278_1136142.jpg


埼玉県の南陽醸造さんの子『花陽浴 袋吊り雫のあらばしり』のお燗。
華やかでどこか花っぽいフルーティーさをもつ性格、いや酒格があり、
そのままでもいいが、ゴン麹は燗付けが好み。

c0059278_1138414.jpg
 

今回は生のおりがらみ。
濁りなどの燗付けはあるが、このパターンは初めてである。
そのままでいただくとさっぱり感を感じる酸が
無添加ヨーグルトのうわずみのような乳酸風味で喉を潤わしてくれる。
「乳酸いただいてるから、まさにこれは!風邪薬」と自己勝手酎注(注釈)。
華やかな香りは燗にするとさらに太くなり、
まるで桜の薄く細かい花弁が温度をあげたことにより椿の花弁のように大きく広がる。
本来もっているフレッシュ感は
白い煙のように喉奥へとまっすぐなめらかに立ち昇る。

イガイガしていた喉の調子はいつのまにかウルルンと快調。
詰まっていた鼻は開通順調。
さすが酛推薦の「風邪薬」。

c0059278_11492249.jpg


風邪のときは健康的に!と
チョイスしたのはキャベツの肉味噌。
発酵食品は体に必要である( ̄。 ̄)b。

味噌をなめつつ、お銚子を傾けていると、やっぱりいつのまにか空っぽに。
次なる「風邪薬」を!!!と調合してもらったのは

c0059278_11523456.jpg


山口県のゴリさん、もとい! 山口県の永山本家酒造場さんの子。『貴 無濾過生原酒』。
こちらもやっぱり燗付で風邪薬第2弾(´ω`*)ネー 。

燗をつけてもキレは良い。芳醇な味わいは口のなかでゆるやかな曲線を描く。
無濾過生ということで重さをイメージするかもしれないが、重さというよりも
米の旨味のポテンシャルがしっかりとしており
瓶という葛籠のなかにぎっしりと米のおいしさをしっかり閉じこめた世界がある。
まんが日本昔話のなかの『舌切り雀』の大きな葛籠、小さな葛籠の葛籠がこれだったら
間違いなく!大きな葛籠を選ぶd(^^*) 。

c0059278_124138.jpg


ネバネバも体にいいということでσ(^○^)
納豆揚げ包もいただこう。
「風邪っぴきなので葱はサービス!」とてんこもりの葱の山に
愛情感じて糸をひきひき、ぱくついた。

ゴホゴホ気味だった体調も特選「風邪薬」のおかげで小康状態。
「今のうちに寝ちゃえば少しはよくなりますよ。お大事に」と
笑顔で見送ってくれる新宿酛酒院のドクター&ナースに大燗謝。

健康あっても旨い酒。
早め早めの治療安静が酔必酔、もとい!要必要である。

乾燥注意報が続く乾燥日本。
脱水症状に気をつけてこまめに水分d(・∀<)摂取して
油断大敵、風邪酔心。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

撮影協力:新宿 酛
by gon1442 | 2012-01-11 12:19 | 日本:日本酒 | Comments(0)

木戸をあけたら……

ひと昔前。
当時は熱に浮かれた焼酎ブームで日本全国あちこちに焼酎居酒屋が筍が生えるようにできていた。

あれから9年。熱病のような焼酎ブームは落ち着き
ポンポンできていた焼酎専門居酒屋はあっという間に姿を消した。

c0059278_12151275.jpg


10年ぶりに木戸をあける。

平屋の店内、開口一番に飛び込んでくるのはずらり並んだ一升瓶の焼酎集団。
カウンター、テーブル席は常連さんが隙間なしでギュウギュウ詰めで
焼酎を片手に楽しんでいる。

霧島地鶏きばいやんせ。
10年前の記憶が一気によみがえる。
あのときも今も同じ、
楽しそうにおいしそうな酔い顔がずらりと並んでいた。

メニューもほとんど変わりない。
ささみ、モモのたたき、ハツ、皮、レバーの盛り合わせの刺し盛りに
ぷりぷりの鶏肉を豪快に鉄板でキャベツと一緒に焼いたもも焼き。味付けは確か塩だったはず。
ここで覚えた「せせり」。首小肉(せせり)はクチャッとした鶏肉で
しかも肉汁がしっかりあるジューシーさ。

とにかく南九州のおいしいものがでてくるのが、きばいやんせである。

c0059278_12152843.jpg


焼酎ブームのときも今も変わらない。
価格も雰囲気もお店も客も同じ。

隣に座った人と体がぶつかったらご挨拶。
「あ、どうも。おいしいですね。これ」
「そうそう、あれ食べました?」と呑み助同士の会話が始まる。

初対面でもここでは知り合い。酒愛の賜物。

c0059278_12155884.jpg


BGMはジュウジュウ焼ける鉄板の音と呑み助の笑い声。
「おかわり、湯割りー」

BGMに紛れて追加注文。

時計とにらめっこをしつつ、あと何杯いけるか(終電時間)と計算するのも
酒呑みのたしなみ。

「そろそろおひらき」と声がかかるまで呑み続けていたけど……(汗)。

今度はいついけるだろうか。
木戸からみえるは湯割り片手の酔き呑み助達の場所へ。

c0059278_1293357.jpg

@Y氏撮影



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_1216138.jpg


DATA)
店名:霧島地鶏 きばいやんせ
住所:渋谷区神宮前2-21-12
電話:03-3796-8788
営業:17:00~翌2:00(月〜金)~24:00(土日祝)
休 :盆、年末年始
備考:最寄り駅から少々歩くので地図でよく確認すべし。
by gon1442 | 2012-01-10 12:21 | 日本:お店 | Comments(2)

2012年酒ナフキン酒動!IN京都

2012年元旦。
今年の酒ナフキンは京都先斗町からはじまる。

c0059278_9485883.jpg


先斗町三条よりにある なごみ屋 連。
何度か京都をスナフキンしているとき、いつかここに入ってみたいな……と思っていた場所だ。
元旦の夜。
予約して正解。
暖簾をくぐると満席だった。
元、お茶屋さんだった建物をそのまんま、
リメイクした造りは落ち着いた雰囲気。
外の外気が入ってこないように外窓と内襖の間にある外間など
昔ながらの日本家屋の知恵が随所随所にみられる。
階段をあがり、二階の座敷には床の間がありお正月のお飾りが施されており
日本のお正月とはこういうものだったというのを思い出させてくれる。

c0059278_1025597.jpg


まずはビールで新年乾杯。
新しい年の初めということで控えめに。

メニューを開くと美味しそうな名前が飛び込んでくるなか
一番の興味は蓮の大根煮。
蓮の大根ってどんなんだ?と興味がわき、即注文。

c0059278_1030221.jpg


出てきたのは真っ黒の大根煮。
???という顔をしていると、給仕のお姉さんが笑顔で
「連の大根煮です」と教えてくれた。
連?あれ?蓮じゃないの?
もう一度メニューをみるとそこには「蓮」ではなく「連」である。
ゴン麹、新年一発目の見間違い。(^o^;)P

黒い器に黒い出汁に浮かぶ真っ黒大根。
かっ……辛そう……と弱腰になりつつも箸を大根にいれる。
スッと箸がとおる柔らかさ。中もしっかり出汁が染みこんで黒々。
大根といわれなければ、備長炭といってもいいくらいの黒さ。
辛さのイメージをもちながら口に含むと意外や意外。
醤油風味がやや強めではあるがおもったよりは薄い出汁味である。
シャクリする葱と舌の上でとける柔らかい大根の食感がなんともかんともおもしろい。

c0059278_10425880.jpg

お通しには新年らしく、銀杏、煮玉子、そして子持ち昆布。
この子持ち昆布には目がないゴン麹。
昆布の深い旨みとかずのこの歯ごたえのコンビネーションがとても心地よく、
口のなかでポリポリポリと軽快なリズムが鳴りはじめる。

c0059278_10463490.jpg

今年は健康第一、酒ナフキン! をモットーとしているゴン麹。
野菜もしっかり摂取してお腹の中からキレイにならないと♪
旬の野菜のピクルスをつつく。

そして辰年初のお酒にチョイスしたのは

c0059278_10492468.jpg

京都ということで城陽酒造さんの徳治郎をオーダー。
京都府産五百万石を55%磨いた特別純米酒はフレッシュさある香り、そしてなめらかな酸味があり
喉の奥にスルスル消えていく。

c0059278_11375298.jpg


温度が少しあがると酸味がゆるりと幅をひろげ、
どっしりした口当たりになるが、上立ち香、含み香りは上品だ。

c0059278_1145371.jpg


湯葉刺しをつつきながら、杯を重ねると、とっくりの底があっという間にみえてくる。
もう一杯♪といきたいけれど、今日は新年。腹八分目の癖をつけておかねば……(一年ヤバし)。

c0059278_118877.jpg

脂ののった北海道のししゃもは
頭から尾までむしゃりむしゃりとかぶりつく。
身が引き締まり圧砕した中にも独特の味わいがあり、酒の肴の王道。

c0059278_11112546.jpg

新年早々、ひいてしまった風邪対策として、鴨の葱焼きで健康管理。
「鴨が葱を背負ってくる」のとおり今年の良縁!商売繁盛、開運を願いいただいた。
何事も“気”のもちようなのだ。

先斗町での酒初め。
今年も酔い一年になるべく、酒ナフキン酒動開始。
雅な場所より酒魂をもってゴン麹、いざ参る。

c0059278_11371794.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
店名:なごみ屋 連
住所:京都市中京区先斗町歌舞練場下ル西側
電話:075-251-7878
営業:17:00~24:00(LO23:30)
休 :無
URL:http://www.kyoto-ren.jp/
備考:先斗町歌舞練場近く。京野菜コースなどオススメコースもある。おでんメニューに定評あり。ひとつひとつの量も多い。
by gon1442 | 2012-01-08 11:41 | 日本:お店 | Comments(6)

謹賀新年

c0059278_9344925.jpg


謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もゴン麹の呑み食べくだまき!?酒道をお楽しみください。

2012年、今年はどんなおいしい酒、食、人に出会えるのか。
酔い酒縁を求めて各地、酒ナフキン(スナフキン)いたします。

ゴン麹 2012年吉日。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2012-01-05 09:37 | 日本:暦 | Comments(4)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite