ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ついつい羽のばしてしまう居心地酔い♪空間

いったいどんななりゆきで町田に木場とかけまわるのか。
ふ〜らふら二日酔いの翌日も若干まだ体調は不調気味。
その原因は酒呑んだ日の夜の行動にて
乗り過ごし迷酔子になったからである。この迷酔子の記憶はほんと
何年たっても思い出せない。
たぶん、今回もきっと思い出さない、思い出せない(笑)のだろう。
このパターン、治らんなーと反省し、木場の女将の場へ。

「おそいのでランチなーし」という返答にしょんぼり。
「スマイルのみにいこうか」という声ににっこり。

目指すは木場公園近くのお店、Cafe&Bar Fieldだ。

c0059278_1464954.jpg


「スマイルビールはもうおわったんです」イケメンマスターの一言にまたしょんぼり。
でもここには他に目玉がある!
それが!!! ハートランド。
グラスに描かれ多マークはこの〜木なんの木気になる木♪じゃないけれど(笑)
大樹と大地のマーク。アメリカ、イリノイ州の穀倉地帯の風景だそうだ。

ビールはピルスナースタイル。
苦みはなく軽すぎず、どこか体の水分ににているような(苦笑)そんな喉ごし。

「素(そ・もと)・・・モノ本来の価値の発見」をコンセプトに
ビールの文化をつくるビールとして生まれた子、心を潤わしてくれるビールである。

夏日もどきの気温に喉はカラカラ。
間違いなく喉直行で五臓六腑まで潤った(^^)/。

泡もこまかく、クリーミー。かわいらしい小町娘の柔肌みたいな唇触りにうっとり。

ハートランドで潤いを帯びた胃は二日酔いのことなんぞどこふく風にて
注文ラッシュがはじまる。

c0059278_15162641.jpg

目の前に現れたきのこのアヒージョはふつふつと音をたてて♪湯気だして♪
にんにくの香りまきちらすー。
美味しい行進曲をきかせてくれる。
d(´▽`)bd(´▽`)bd(´▽`)bd(´▽`)bd(´▽`)bd(´▽`)bd(´▽`)b

時間はまだ15時。周りはカフェタイム。このテーブルだけは時間を先取り酎。(^□^;)P

フィッシュ&チップはデカスギオオスギれーんだあああああ。

お腹はぽっこり子持ちっししゃも。

それでも一度潤った胃はとまらない(シャキーン)。

c0059278_15545373.jpg


アボガドときんぴらゴボウのライスペーパー巻。
これ、あたり♪ 
野菜もいっぱいでゴボウの土くささが春を感じさせてくれる……。
こうなると止まらない、おかわりタイム。
何度もいうが時間は15時、16時。
お日様高く、空は青い−。
ハウスワインを1杯、2杯♪つづくーよどーこまでも。
春は肥ゆるよ、どこまでも(一年中なのはどーしてなのか)♪

Cafe&Bar Fieldのテーブル前で
きゃっきゃと酔っぱらい、できあがり。
他のテーブルは静かなティータイム。♪(bd*゜v`)。♪(bd*゜v`)。


色気より食い気(呑む気)、まだまだ勝る。
次は何呑もうかなー♪

c0059278_1744569.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
店名:Cafe&Bar Field
住所:東京都江東区三好3-3-17
電話:03-6458-8300
営業:火~土11:30~24:00(L.O.23:00フード、23:30ドリンク)
   日・祝11:30~19:30(L.O.19:00フード、ドリンク)
休 :月曜日、他不定休
備考:カクテル、焼酎、日本酒なども揃うオシャレなバー。ハンバーガーなども人気あり。
by gon1442 | 2011-04-28 17:44 | 日本:ビール | Comments(10)

Wの魅力

とある日の夕刻。
映画館をでると春らしからぬ肌寒さにぶるぶるふるえ
駅のホームへ。
「はやくおうちに帰ろう」とつぶやきながら電車をまっていると
電車がホームにはいってきた。

飛び乗る。しかし動いた方向は家とは別の方向に。
ヾ(;´▽`A``ヾ(;´▽`A``ヾ(;´▽`A``
だってこっちの電車がきたんだもの。
そういいきかせて、次の駅下車。となると目指すは♪琥珀待つ場所へGO!
ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ
CAFE W♪だわさー。
気分は♪すでに♪

c0059278_9184658.jpg




琥珀ビールは390円というのも
明るい一杯。


ルンルン気分で2ステップウッキーーー! 
みなれた十字路を右にまがった奥♪
奥……奥のお店の……はずだが……なぜ???????
=D---(o_ _)o  IIIIIII
シャッターがおりてる! 

うぎゃーん。うそやーん。気分は一気にトップダウン。
どーしても諦めず、店内を覗き混む怪しい麹。
後ろを車がとおりすぎるものの、気にせず、どーんどーんとガラスドアをたたく不審者麹。

「たたかないでくれー」という声が右から聞こえる。
おりょ?っとふりかえると奴が……もとい。
ひょこひょこ歩いてくるマスターPさん登場。
ズリズリ(・_・ )=C(o_ _)o.....
不審者ゴン麹、捕獲なり。

さて、シャッター開くと同時にカウンターのいつもの場所に着座。
たのむものは♪

c0059278_9182122.jpg

琥珀ビール&生春巻き。

オープンして2年目。
酒友Pさんが「店やる」と聞き、
年に1,2回通うが、
今じゃ、常連さんが毎夜集う、人気店。
もはやマスターとしか呼べない(爆)。

「Wで飲んでる」という言葉が飛び交う携帯会話。
なるほど〜♪そういう言い方あるのねー
((φ(..。)カキカキ((φ(..。)カキカキ((φ(..。)カキカキ((φ(..。)カキカキ((φ(..。)カキカキ

メニューがきちんと決まっていなかったオープン当初、

「生春巻きが食べたい」と叫んだあの日から必ず注文するのは!
生春巻き付の琥珀ビール。
春巻きのお尻に隠れてるプリッとした海老が皮のなかから透けてみえるとテンションあげあげ!
むしゃむしゃレタスと皮をかぶりつきながら海老を目指す!
むしゃむしゃゴクリむしゃむしゃごくり。
プリっと音をたてて海老の汁がずぅうわんと口にあふれる。

琥珀ビールはいわずとしれた恵比寿様。
ここで呑まずしてどこで呑む!
ありがたやありがたやと手を合わせて、片手にもてば、
頬を照らすステキな赤さにヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪ ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


日頃の野菜不足をここで補い、さて、どなんするべーと思っていると……
メニュー黒板に「牛●●」の文字。

牛???牛!!!
これは食べねば! 500円だし    ♪ d(* ̄o ̄)

c0059278_9561092.jpg


うふ。2種類の牛メニュー。ローストビーフと牛たたき
なんて! 贅沢なんだー♪
ローストビーフは塩・コショウがアクセント。でも素材の牛さんのうまさがしっかり。
牛たたきは、おろしソースがナイスなアシストしてて、箸がとまらない。
どちらも柔らかく食べやすさは100%。
生春巻きがいつもメインオーダーだったけど、これも侮れない!

軽く一杯のつもりが
野菜もりもり、お肉がつがつ、琥珀ぐびぐび。(いつものことだけど)
右手におつまみ、左手に琥珀。
口いっぱいになるお肉のジューシーさに頬もゆるむ。

ホームに電車がきたから♪という理由で飛び乗った電車。
がたんごとんと揺られ、駅から2分、てくてく歩いてたどりつくCAFEW。
お腹いっぱい鋭気十分。
さあ、今日も一日元気に過ごせた。
ホームで電車がきたら、いつのまにかふらりはらりと引き寄せられるWの魅力。
これはいつも変わらない。


c0059278_10163553.jpg

@CAFEW mixiコミュより借用。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
店名:CAFE W
住所:埼玉県川口市西川口1-26-27 トミビル5 1F
電話:090-7428-8585
営業:平日(月曜〜金曜)17:30〜、土、日、祝日15:30〜
年中無休
備考:入店は24:00まで。
by gon1442 | 2011-04-22 10:19 | 日本:お店 | Comments(2)

蔵べっこ 

昨年、注文できずに悔やんだ岩手の利き酒シリーズ。
今年はどうだろうと思っていると今年もやります!という情報に
急ぎ電話をとったゴン麹。

c0059278_11565947.jpg

@蔵べっこサイトより借用。

その名も「蔵べっこ」
南部杜氏の郷、岩手の酒造がこれだ!という18銘柄を呑みくらべできる日本酒頒布会だ。
6、7、8月に各月6本、合計18本のお酒がそれぞれ届く。

6月は吟醸酒。7月は本醸造。8月は純米酒。
なんとも贅沢な飲み比べだ。
呑んだことのあるお蔵さんもあれば、お初ですというお蔵さんもあり、
なんだかお見合いのような感じで、
今から心がドキドキするのはお酒のせいだろうか(素面ですm(_ _)m)。
価格は9000円(税込・送料別)

注文で今回、2口とお願いすると
電話口にでていただいた国分岩手酒販さんのおねえさんが
「ありがとうございます」と喜んでくれた。
(いえいえ。ぜったい1口では足らなくなるのが目にみえてるんです(^^;)P)

蔵のお手伝いなどまったくできず、こういうことでしか応援できないゴン麹。
酒呑み名利につきる瞬間である。

お酒がくるのはまだ先だけど、
今日からカレンダーを眺めて、指をおりつつ、首長くして「ピンポン」を待とうか。
6月は梅雨の時期だろう。
その後は初夏、そして盛夏である。
太陽がまぶしい季節は確実にやってくる。
はやくはやく、なみなみと注いだガラスのお猪口片手に
「おいしいです乾杯!」と岩手にむかって叫びたい。


注意!!
申し込みは今月の30日まで。2011年4月30日まで。いそげーε=ε=(* ̄ー)ノノ




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


蔵べっこDATA
いわての地酒18蔵のみくらべ
URL:http://www.iwate-kurabekko.com/summary/index.html#wrapper
岩手県外からの申し込みは電話のみ
電話:019-651-2251国分岩手酒販(株)
国分岩手酒販(株)営業商品企画課
〒020-0878 岩手県盛岡市肴町4-5
by gon1442 | 2011-04-21 12:17 | 日本:日本酒 | Comments(0)

花は桜 魚は鯛  〜谷崎潤一郎〜

桜満開だというのに強い風。しめった風の感触。雨が駆け足でやってくるのがわかる。

ぴゅーびゅーぴゅーぴゅーと大きな音をたてて走りまわる春風。
咲いたばかりの花びらを散らさまいとふんばる桜の木々がいじらしい。

世の中節電にて、夜桜のライトアップはなく
月明かりやお日様の残り光で夜にうっすらとうかぶ白桜。
うすピンクの花びらは夜空に白くざわめき、幻想的な空間が広がる

c0059278_9522898.jpg


花は桜、魚は鯛。
文豪、谷崎潤一郎が好んだものだという(食彩の王国より)。
卯月、4月は一年のなかでもっとも艶やかな色合いとなるときだ。
薄ピンクの花びらや濃い桃の色あいの花びらが重なり、
幾重にもやさしく、華やかにしてくれる。

地上の艶やかさが桜ならば
海の華やかさはやはり鯛。

赤ピンクのめでたい鯛は産卵前の今が旬。
鯛が嫌いな日本人はいないだろうと谷崎潤一郎がいうように
嫌いだという人はまだ出会ったことがない。
大人も子供もみな、でっかい鯛が目の前にでてきたら、ごくりと唾をのみこむ。

桜のピンク、鯛の赤ピンクの春色は心をウキウキさせてくれ
笑顔を運んでくれる。

c0059278_1071464.jpg

@佐竹の甘鯛の桜蒸し

旬のものには力がある。
目で耳で口で鼻で・・・
それを感じ、元気ももらう。

c0059278_1093429.jpg


桜の葉っぱでくるんだ鯛の道明寺の中には尾長地鶏挽肉がはいったもの。
鶏肉のじゅうしぃさととろりとしたあんがうまく絡んで
口のなかで崩れては溶けていく。
出汁のきいた甘さ。頬が落ちそなくらいにんまり。

旬の味。旬の色。
食べてうまし、愛でてよし。

にんまり笑顔になる。

花は桜、魚は鯛。谷崎潤一郎のいうとおり。

c0059278_1013985.jpg


そこにゴン麹としては・・・
花は桜、魚は鯛、片手にビール、二杯目はお酒と付け足したい。m(_ _)m


まだまだ強い風音。桜の枝がバイバチと音をたててぶつかる。
まだ散ってなるものかとふんばる姿がいじらしい。
今日明日が満開見所。
そして次は桜吹雪のタイミング。
これはまたこれで乙である。

ハナサケニッポン




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2011-04-09 10:17 | 日本:;肴 | Comments(2)

桜の彩りに惹かれて……

桜満開宣言。
春まっさかりにて、青い空に揺れる桜を指さしては
笑顔になる人々。

お日様の愛情たっぷりの風が体に纏って
くすずったくなる。
ハクションとおまけにくしゃみをしたら、ハラヒレハラと桜の花ビラがご挨拶。

c0059278_1538103.jpg


桜並木をくぐっていると一軒の酒屋さん。
春の陽気が気持ちをふんわりあげてくれる。

酒屋さんの棚に1本のお酒。
岩手のあさ開さん。
杜氏は名工、藤尾正彦氏 。

c0059278_1542135.jpg


(株)あさ開さんは岩手県盛岡にあるお蔵さんである。
東北のお酒は芯があり柔軟な酒が多い。
そんななかこの子は……。
封をきるとふんわりと柔らかい。
口に旨味の波紋が広がる……米そして水のもつ味わいそのものがそこにある。
すんなりあるキレ。物足りなさを感じるかと思うと
体の奥から立ち昇る酒の風。素材そのものが見事にタッグを組んだ世界だ。

米と水だけのピュアなお酒というキャッチフレーズそのまんま。
素直なコピーだと思わず笑えた。

温めるとどうだろう。
この春の日だまりくらいの温度で……
桜の樹の下で土の香りをかんじて、ほんのひととき花見酒。
春酒乾杯。酔い酒乾杯。




自粛という名の第二の被害。東北のことを東北の人々を思うならば……
その地の作物、その地の酒、その地の商品をひとつでも買ってみよう。
それが彼の地を支援援助することになる。

ハナサケニッポン




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2011-04-07 16:02 | 日本:日本酒 | Comments(4)

力強い酒ー平孝酒造ー

ここ数日。
テレビ番組に東北の蔵元が放送されている。
今日はフ●テレビの番組で南部美人さんの電話だった。
NH●やTB●などでもみられた。
ほんのまえ、朝の番組に宮城県の平孝酒造さんの蔵、平井社長の様子が映った。
相当疲れてらっしゃるようだが、言葉は力強いものだった。

c0059278_1151721.jpg

@TBSTV番組を撮影したもの。

「震災後、蔵のなかから声が聞こえた」という平井社長。
もろみがタンクのなかで「絞って。絞って。ほら絞って」と騒いでいたらしい。
ライフラインの復旧もままならない状況。
まず人が生きることが先決だった時期。
それでも平井さんは「絞らなくては。震災を共に耐えた、復興の礎になる酒」と思った。

c0059278_11564057.jpg

@TBSTV番組を撮影したもの。

蔵内は壁に亀裂や崩れた箇所もある。
タンクの部屋の扉が外れていた。
梁も折れている。
ホーロータンクの外には白い跡がいくつもついている。
地震で倒れたタンクのなかにはいっていたもろみだった。

日本酒は清潔さが命。
蔵としても本当ならばタンクについたもろみも拭き取りたい。
でもそんな余裕も時間もなかった震災後の状況。

3週間たった。
やっと3週間。まだ3週間。

タンクのなかで叫んでいたもろみは絞られた。
「いつもとはもちろん味は違う。でも力強い味がこの酒にはある」と平井さんは語った。

いつ出荷されるのかわからない。
でもあの震災をのりきり、タンクのなかから「絞って。絞って」と声をだしてたもろみのがんばり、
そしてもう1回やる、未来にむかってまた醸すんだと
がんばる蔵の人達の気合いと思いがたっぷりつまった酒である。

間違いなく東北の酒は復活する、いや……さらに飛躍する。
もろみも各蔵の力強さは
世界中のどこを探しても負けることはない。

日本で自粛意識が覆うなか、これではいかん!という声も大きくたちあがっている。
酒呑みはいままでどおり、いや、今までよりちょっと一杯、酒を呑む。
この消費行為が東北の応援力になる。(各個人の健康&生活を考えた量にしましょう)

c0059278_12455361.jpg


東北の各蔵はすでにたちあがってる。
酒呑みも杯をもって、桜の下に集合しよう。
今日は清明。春である。

c0059278_12461777.jpg



さて、呑む以外にも応援手段はいろいろある。
これもそのひとつ。

『仙台杜の都日本酒会』のダチオさんが発起人として、
宮城蔵元救済義捐金を立ち上げられました。
その文面内容は下記のとおりです。

c0059278_12294221.jpg

@シンボルマーク:design 椋尾倫己

まずはこの度の『東北関東大震災』におきまして
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
震災からおよそ2週間…全国からの暖かいご支援のおかげで
徐々に元の暮らしを取り戻しつつありますが…まだ地震や津波の傷跡も色濃く、
依然として食料や燃料不足、ライフラインの断絶など、
苦しい生活を余儀なくされてる方も多くいらっしゃることと思います。

今回の震災において宮城県内の各蔵元も特に沿岸部を中心に
甚大な被害を受けました。
津波や地震で蔵が全半壊したところ、
今年仕込んだもろみを失ってしまったところ…
被害の大小はありますが、少なからず宮城県の
蔵元も被害を受けています。
せめて売るべきお酒が残っていれば、
それを買うことで少しでも蔵元に還元することができるんですが…
今回の震災で売るべきお酒すら失ってしまった蔵元も少なくありません。
そんな状況の中で各蔵元とも復興に向けて必死に頑張っています。

もちろん今回の震災でご家族や知人を亡くし、家を失い、
もっと苦しんでいる方がたくさんいらっしゃるのは十分に承知しています。
その方々のことを考えると時期尚早なのかもしれませんが…
それでも大好きな宮城県の蔵元のために自分にできることはないだろうか?
と考えていました。
いま蔵元のために我々ができるのはやはり直接的支援だと思います。
そこで色々な方にご相談した上で、
宮城酒造組合に『宮城蔵元救済義捐金』の申し入れをさせて頂き、
義捐金の受入れ口座を設けて頂きました。

もちろん、ご自身の生活やこれからのことで精一杯の方も
たくさんいらっしゃると思います。
決して無理にとは言いません…
宮城県の蔵元のために
いま自分たちができることをやりませんか?

下記の通り『宮城蔵元救済義捐金』の詳細をご案内しますので、
一人でも多くの皆様のご協力をよろしくお願いいします。

**********************************************************
【銀行名】七十七銀行 二日町支店 (しちじゅうしちぎんこう ふつかまちしてん)
【口座種別】普通預金
【口座番号】5547075
【口座名】宮城県酒造組合 代表理事 櫻井武寛
      (ミヤギケンシユゾウクミアイ ダイヒヨウリジ サクライタケヒロ)
      ※休眠口座をそのまま使っているので、不動産と出る時があるようですが大丈夫です。
**********************************************************
義捐金は1000円以上の任意と致します。
※最寄りの都市銀行もしくは地方銀行の窓口よりお願いします。
※振込手数料が別途かかりますのであらかじめご了承ください。
※振込時は振込人氏名の後にニックネーム(mixiやふらっとの登録名)をご記入下さい。
  MJSC(宮城純米酒サポータークラブ)の3団体以外の方で酒販店や飲食店関係の方は
氏名の後にお店の名前、個人の方はお住まいの都道府県をご記入下さい。
例)  ○○○○(ダチオ)
    ○○○○(□△サケテン)○○○○(ミヤギケン)
※今回の義捐金は被害状況などに応じて各蔵元に公平に配分されます。
  各特定の蔵元宛ての義捐金は組合では頂くことができません。
  特定の蔵元宛ての義捐金は直接蔵元にお届け頂くかたちになります。
※義捐金の受付期間は4月1日(金)より6月30日(木)までの2ヶ月間とさせて頂きます。

なお、今回の義捐金はMJSC3団体、mixi『仙台杜の都日本酒会』
ふらっと『宮城の酒応援隊』『蔵の会』の以外に複数の団体に呼びかけを行っています。

【義捐金の信用性について】
今回の義捐金の信用・信頼性を少しでも高める為に宮城酒造組合に
義捐金受入窓口を設けて頂きましたが、それ以上の信頼性を証明するものはありません。
振り込み詐欺等のご不審をもたれる方も中にはいらっしゃると思います。
私個人をご存じの方を含めて、あくまでも信用して頂くしかありませんが…
頂いた義捐金は宮城酒造組合で責任を持って
管理・各蔵元に分配した上でご報告をさせて頂きます。



ゴン麹も飲み代……ひとつ。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2011-04-05 12:47 | 日本:日本酒 | Comments(8)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite