ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

成長し続けるもの

同じ味でなくていい。
成長し、少しでも前進できていればいい……。
それが酒造り。


c0059278_9503229.jpg


川西屋酒造店の『隆』。

やわらかくふわっとした味というと想像できるだろうか。
上品な酒と、一言でいうとそれまでなのだが
幾重にもやんわりとした味のウェーブが口のなかで広がり、余韻もかなり楽しい。
といいつつも、決して自己主張があるわけでもなく、
食事の邪魔をすることもない。
(「主役より目立っちゃダメでしょう」という某CMのようなことはない)

『隆』は数百本単位の限定酒とよくいわれる。
確かになかなか出会える子ではない。

限定という言葉に弱い日本人。
だけど、この『隆』はそういっても不満に思えない味がある。

タンク1本1本、調整は0。
杜氏の造り1本勝負の世界だからなのか。
いつかこの造りをしている蔵元や杜氏にお会いしたいと思う。

この蔵には兄貴でもある『丹沢山』という、これまたうまい酒がある。
この兄貴が冷やでうまいなら……『隆』は常温、もしくはひなた燗くらいがおすすめか……。
燗酒用と露木蔵元が願って10数年前に生み出した子だ。

ひとつひとつ丁寧に自然との共存をはかりながらタンクで仕込むため
毎年、タンクひとつとっても『隆』に同じ味はないともいえる。
こういう風にいうと品質が! 味が! と騒ぐ人も多いだろう。
でもそんな心配はどこふく風。

毎年、前年よりいい味を『隆』は醸し出しているのだ。
同じ味を提供し続けるのも難しい。
でも毎年毎年、向上し続けるというのもまた難しい。

「人は生まれて死ぬまで成長していくもの。酒もまた同じ」
という蔵の思いをどこかで聞いた記憶がある。

十人十色という四文字熟語があるのだから、いつも同じでなくてもいいのだ。
常に少しずつ、1歩ずつ変化、成長、前進すること……。

そんな成長がゴン麹はできているのだろうか。

それはまた酔っていないときに考えてみようと思う。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:川西屋酒造店
住所:神奈川県足柄上郡山北町山北250
電話:0465-75-0009
備考:報徳娘 、寿家紋 、丹沢の華 もあり。蔵見学は基本的に不可。
by gon1442 | 2010-08-31 10:22 | 日本:日本酒 | Comments(2)

あわび三昧

高級食材! といえば

カニ・ウニ・もうすぐ秋だから……松茸。
でもこれは間違いなく高級食材といえるのは!

c0059278_12194477.jpg


貝の王様、アワビ。


海の高級食材として魚屋さんででていても指をくわえるだけのゴン麹。
ですが、今年は知人からアワビのお中元を2回いただき、
ぷっくりアワビをウマウマ堪能できているしだい。(大感謝です)

しかもアワビの旬は夏。
産卵を前に、最も身が充実しているとき!

手のひらサイズの大きなアワビなんて、外で食べたら……おいくら〜!!!
と目が飛び出てしまうけれど
今回はおーるOK(^_^)v。自分のアワビだもん。

といいながらも調理がどヘタなゴン麹。
こういうときは……知り合いのお店へGO! 

お邪魔したのは赤羽の名店、佐竹さん。
家族経営のお店はいつお邪魔しても笑顔でお出迎え。
常連さんやファンも多く、時間帯によっては満席もしばしば。
そういうときは電話で予約♪

アワビを持参して、大将になにかをつくっていただく……こと数分。
まずでてきたのは!

c0059278_12271363.jpg


食感を楽しめるお刺身。
しかも肝をたれという一工夫。
醤油にワサビを少し溶かし
アワビの一切れを肝タレのなかにどっぷりつける。
そのまま口にほおりこめば……キモがプワンプワンと香りを漂わす
「う〜ん美味でございます♪」にんまり顔がなおらない。
アワビを噛むたびにこりこりと歯にあたる。

ヒダの固いところを噛みきろうとしたとき、歯に違和感。
(T_T)あちゃー。歯が弱いんだ。虫歯も多いし……歯医者にいかんといかん。
美味しいもんを食べながら歯医者のことを考えるなんて……(_ _lll)ァハハ・・・

次に用意してくれたのが!

c0059278_1301281.jpg


アワビのフライ。
なんてもったいない! と思うなかれ。
これ、絶品! しかも肝もフライでいただける。
一見、グロテスクに見える肝フライ。
苦みさえもまったりとしたペースト具の味は至福手国。これがおいしいと思うのは大人の味。
甘い上手いというだけではないうまさ
アワビの肝の根性、ここにあり! 
まさにこの渋さは海が生み育んだ味。たのもしいかぎり。

もちろんアワビのフライも刺身とはまた違う食感。
揚げた影響がこりこりとしたアワビの固さがちょっと柔らかくなっていた。
これは歯も痛くない。
あかんぜよー。歯が老人化しちょる(なんちゃって高知弁)。
やっぱり歯医者へいかんと。おいしいもんを自分の歯でいつまでも食べるために。

c0059278_1316314.jpg


最後にだしてもらえたのは、アワビのバター焼き。
蒸したアワビにバターをのせ、フライパンで少し熱するととろ〜りとバターが溶け出し
アワビに染みこむ。
和食っぽいのに、洋風なあじわい。
バターもくどくなく、アワビ独特の磯くささもまったくなし。
何枚もぱくぱくぱくつける。

夏が旬のアワビ。
今夏は暑すぎて、かなーりへばってはいるものの、
やっぱりおいしい♪もんを食べたら元気100倍、夏バテ解消。


c0059278_13211556.jpg


刺身用の肝をぺろりと舐めると日本酒の杯もくいくいすすむ。
いい酒の肴。
貝の王者で酒を嗜んだ一時。
プチ贅沢満喫。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_13361185.jpg


アワビには昔から「磯の鮑の片思い」という諺もあり、
独特の平らな貝殻の形をみて、昔の人は二枚貝の片方の殻がなくなったと思い
自分の片思いの気持ちを表現したというなんとも風流な意味があるそうだ。

しかし、聞いてみるとアワビは二枚貝ではなく巻貝。
サザエのお仲間。

そういえば、サザエさんのアニメにアワビさんというキャラクターって
出てきたことあるんだろうか。
アワビ料理をつっつきつつ、そんなことを考えてしまった。
by gon1442 | 2010-08-28 13:37 | 日本:;肴 | Comments(6)

ほっぺたがおちる〜 ほっぺ編

“ほっぺたが落ちるほどおいしい”という言葉がある。
じゃあ、ほっぺはおいしいんだろうか? と思ったことはないだろうか。

ほっぺ。といっても、人のほっぺではなく、鮪のほっぺ。

c0059278_16385222.jpg


ほっぺのコロッケ。
サクッとした衣をまとったおおぶりのコロッケの中身はもちろん鮪、ほっぺ部分。

c0059278_16395672.jpg


ジュウシィイ。鮪、魚……というよりはどこか鶏のささみのコロッケを食べている食感。
でもしたたりおちてくる脂は鮪の旨味。
ぷっくりした衣のなかの身にかぶりつくとその旨味が顎をたれる。
普通、ここで女性? ならあわててその汁をふきとるだろうが
ゴン麹、そんなことは関係なーし。
かまわずにむさぼり続ける

ほっぺの大きさは半端なし。
手の平サイズのビッグサイズはなかなかちっちゃくならない。
ひとりで食べるの無理があるか……いんや、食べてみせよう、食いしん坊!

この一品だけでお腹は満腹満足。
しっかりふくれかけてしまった。

この鮪のほっぺコロッケ。
いい鮪が入ったときしかメニューにでてこないので、このメニューがあるときは一にも二にもなく
即注文!

このほっぺコロッケをアテにいただくのは……
茨城県の吉久保酒造さんの『一品 純米吟醸』。

c0059278_10133925.jpg

きめこまかな風味の薫り高い純米吟醸で、冷やでもいいけれど
人肌くらいがちょうどこの子の味わいがじんわりでてくるので、しばし待て状態。

暑い一夜。待ての時間はちとつらい。
喉から両手がでてくるくらいの状態になったとき、いざ! ぐびぃいいい。
ふんわりする米の甘み。
舌の上になめらかに流れる酒からしみ出す香りが鼻に抜けると
うううん! うんまい。にんまりにんまり酒顔一丁、できあがり。

まだまだ大きいほっぺのコロッケをつっつきながら、
人肌になった『一品 純米吟醸』を口にふくんで

残暑厳しい8月の夜、

どうにかこうにかすごせそうである。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力: かつら


DATA)

蔵名: 吉久保酒造株式会社
住所: 茨城県水戸市本町3丁目9番5号
電話: 029-224-4111


URL:http://www.ippin.co.jp/
by gon1442 | 2010-08-27 10:29 | 日本:;肴 | Comments(2)

敬老の日に……

メールをチェックしていると酒屋さんの宣伝メールがいくつか届く。

いつもは無視するけれど、なぜか気になったのがひとつあり、クリック。

するとラベルに名前をいれてくれるサービスのある日本酒の蔵元さんのメールだった。
敬老の日のサービスというものでもある。敬老……かと祖父の顔がよぎる。
お酒好きだったもんね……。

ちょうど9月20日は敬老の日であると同時に……50日祭。
これもなにかのご縁だろう。

さっそく祖父の名入れを1本注文。
届く日は2日前。
祭祀のときにきちんと祭壇の上に飾ろう。

群馬県の土田酒造の誉国光(ホマレコッコウ)。

c0059278_1420697.jpg

@http://5kin.org/blog/ ご近所ガイドグルメブログより借用



コケコッコウではないのでお間違えなく!(^o^)P



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



DATA)
蔵元名:土田酒造
住所:群馬県利根郡川場村川場湯原2691
電話:0278-52-3511
URL:http://www.homare.biz/
by gon1442 | 2010-08-23 14:30 | 酒:その他 | Comments(0)

残暑お見舞いもうしあげます(残暑ありすぎー)

久しぶりの更新です。
この2週間、毎日が怒濤のようにすぎていき、UPしなくてはと思いつつも
なかなか書こうという気持ちになれずにいました。
酒と生活しているgon麹ですが、なんとこの2週間、発泡酒を3日に一度? のペースで1缶。
おかげでスリムに〜といいたいところですが、万年運動不足の身では変わりようもなく……(^_^;)。

今年の夏は本当に暑すぎます。
暑いというより痛い。体の細胞という細胞全てが大きな声で悲鳴をあげてしまいます。

はやく涼しい秋風が吹いてほしいというのは、人間のエゴというものでしょうか。
時々感じる秋の気配も……残暑の猛攻撃にまだまだ近づいてくれませんね。

こういうときは冷やしたビールで体を冷やして、のりきりましょう。

c0059278_1433322.jpg


飲めない人は、イラストで♪ 目で涼を楽しんで♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-08-22 14:34 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

献杯

c0059278_21454122.jpg

生まれてから今まで。

私はとってもあなたが怖かったです。


すぐに拳骨する、昭和気質のおじいちゃん。


いろいろお話聞いたけど、抜けてる孫は、半分しか覚えてません。


気をつけて行ってこいと、手を振ってくれたこと。


きちんとしっかり覚えてます。


今日も暑かったですね。

冬生まれは堪えませんか?


私はすでにバテ気味です。


おいしいお酒、今日からまた一杯、飲めますね。


大好きなお寿司もたくさん食べられますよ。


やっぱりあなたにはかないません。


これまでも。



これからも。



そっちにはお父さんもいるから、いつもの調子で、イジメないでくださいね(笑)。


まだまだ花丸もらえるお仕事できてませんが、早く報告できるようにきばってみます。


まだまだ夜も蒸し暑いけど、そっちは涼しいですか?


明日、重たい体を持って帰ります。


半年ぶりに、お酒で一杯、乾杯しましょ。


いっぱいの愛情ありがとう。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-08-05 21:45 | 酒:その他 | Comments(0)

熱中症もこれで解消(≧∇≦)

c0059278_1420495.jpg

夏といえば花火。今年は仕事でお邪魔した、47club OCNジャーナルHP  さんオススメの神奈川花火大会に参加してきました。




始まりは19:15。会場入りしたのは17:30過ぎ。

観覧席周囲の人の渦。
夜空に花火があがる前に地表で艶やかな浴衣姿の人達がパッと花咲かせております。

とはいえ、湿度が高く不快指数うなぎ上り(-.-;)

クラクラと何度もふらついてしまいました。

無事自分の座席に到着したら、安心して、お約束のプシュ-。そして、シュワシュワで(≧∇≦)乾杯。
高知の美丈夫 純米 うすにごり(*^o^*)。
味は毎年微妙に変わるのでそれも楽しみな1本。人気のある活性清酒。
中には絹のようにきめ細かな「おり」がたまっており、このなかの酵母が
瓶詰め後も炭酸ガスをつくりだすので、蓋をあけるとしゅわしゅわーんと
吹き出します。

青い瓶も涼しそうで、暑さを忘れさせてくれる……いい雰囲気。


美丈夫醸造元の濵川商店さんは、
高知県にある十九の蔵の中では
最も東、人口わずか3500人ほどの田野町にあります。

昭和47年にいち早く純米酒を商品化。
平成2年”濱の鶴”より”美丈夫”に 酒名を変更。
現在は500石程を醸されています。
蔵の丁寧な酒造りを基本に、仕込みを小さく。
こうすることで、細かいところまで手が行き届く酒造りをされるため
生み出すお酒を飲むと必ずファンが一人増えるという人気ぶり。

そんな美丈夫の夏の子。
橘系の香りがほのかにありつつも酸味少なく、
暑くてもコクコク飲める( ̄∀ ̄)ナイスなうまさ。止まりません(^w^)
熱中症もいつのまにかどこ吹く風。

c0059278_9303047.jpg


空にあでやかに咲き乱れる花火をみつつ、美丈夫で暑気払い……。

酔き(笑)夏の1日でした。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:有限会社 浜川商店
住所:高知県安芸郡田野町2150
TEL:0887-38-2004
URL:http://www.bijofu.jp/
by gon1442 | 2010-08-03 14:20 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite