ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

当店自慢は間違いなし!

四谷駅を降りる。
高架下に走る黄色とオレンジの電車をみつつ、上智大学方面へ足をむける。
gon麹。晴れて上智大学生になりました……
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
「寝言は布団のなかでいえー」
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!

四方八方から拳骨が飛んできやした。
ま、冗談はさておき、上智大学方面へ足をむける。
大学を右目でみつつ、5分。
細い路地のちょうど真ん中に目的地はある。

c0059278_17112420.jpg


一見さんである。
誰の紹介でもなく、ただどこか酔い店はないか〜とインターネットで探していた。(おぉ、今時の呑み助)

四谷界隈には隠れた名店がぜーったいあるはず! という
呑み助の直感なのか……そのゾーンのお店情報を次々とみていった。

一軒……一軒……一軒…一軒…
何軒みただろうか。
ピン!とくるものがないなーとおもったとき、『味の店 きよの』というお店情報が飛び込んできた。

魚専門の料理店。しかも狭い。客層はおじさん。
┌(★o☆)┘♪└(★o★)┐♪┌(☆o★)┘┌(★o☆)┘♪└(★o★)┐♪┌(☆o★)┘
呑み助アンテナ、毛が3本。ビィーンと立つ。
┌(★o☆)┘♪└(★o★)┐♪┌(☆o★)┘┌(★o☆)┘♪└(★o★)┐♪┌(☆o★)┘

さっそく電話をかけてみると、まだ誰もきていないのか、電話口はコール音のみ。
意地になる。10分後、20分後、30分後、40分後……はっきりいって、この行為。
ストーカーじゃ……ない……かい?ヽ(。ゝω・。)ノcall★ヽ(。ゝω・。)ノcall★☆ヾ( ̄ ̄*)ヤメ!

1時間半後、あわてた様子の男性の声が。「すみませんね。なかなかでなくて」
そういわれてしまい、こちらもかなりもうしわけなく、「すみません。せっかちで」と両者謝る。
予約し、一安心。
数時間後、迷惑なストーカーもどき客として来店できた。

お通しでてきたのは『ほっけの昆布〆』。
ホッケの刺身というのはなかなか口にしたことがない。しかも昆布〆。
肉厚であり、脂ものっているにもかかわらず、昆布〆の旨みがしっかり染みこんでいる。

うまい!

無意識に声が出る。うなずく。目を細める。
旨さ三段印である。

こちらは大正時代から続く魚屋だったそうだ。
2代目のご主人の目利きで選ばれる魚はどれも上物ばかりで、数多くの食通を唸らせた。
もちろん、今も唸らせている。
刺身から焼きまで、その魚にあった味付け・調理で間違いはない。
二代目ご主人を筆頭に、一家五人で店を切り盛りしていたそうだ。
現在、カウンター内でいるのは板さん、給仕のお姉さん2人。
二代目と大女将は引退なさったのだろうか。姿はみえぬ。

c0059278_1735424.jpg


カウンターに座り、お酒をちびちびしつつ、隣の客との話に花咲かすお父さん達。
「おねえさん、お酒もう一本」「こっちはお銚子ね」
調理場の様子をみつつ、よき合間合間に声をかける。
まるで歌舞伎の大向こうさんのような関係だ。

ぼぉーっとしていると他のお客さんがこちらの様子をうかがいながら
「ほら、今注文タイミングだよ」といわんばかりにウィンクしてくれる。

ウィンク……ありがたいけど、どうせなら若いイケメンがいいgon麹。
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!(失礼しました)

刺身の盛り合わせもその日のこれぞ! というものしかだしてこない。
どの魚も腕に目に自信あり!というものばかりだ。
いい照りがあり、つやつやと輝き……

魚は大好きのgon麹。
一切れ一切れ、食べるたびに感動をおぼえ、
お皿の上が綺麗になっていくのをみて、悲しむ。
どうせならお腹いっぱい食べてみたい。この刺身〜。そう思わせてる旨さがそこにある。


c0059278_17561367.jpg

魚を堪能すると、少し休憩したくなる。
そんなとき目についたのがミョウガの三杯酢。
ミョウガ独特の青々とした香りと三杯酢の酸味が
魚の旨さでだらけきった口をきりりとひきしめてくれる。
いい女をみて、だらけきった目もとをぐぃっとつねる、そこそこの女という感じ。

綺麗に磨かれたカウンターは白熱灯の光で暖かく光る。
このカウンターに何人もの食いしん坊が通い、毎夜毎夜笑顔になっていったのだろう。
隣の客と肩や膝がぶつかってもご愛敬。軽く会釈して、自分達の時間に戻れる。
カウンター内のお姉さんと話に加わるのも楽しく、
まるで家庭の食卓さながらの暖かい雰囲気がそこにある。

そんなお店でどーしても食べておかなくてはいけないものがある。
それが!

c0059278_1864523.jpg


『イワシゆかり揚げ』

ゆかり揚げってなんぞやーと周囲を見渡すと、皆あたりまえのように注文している。
これは食べておかねんば! と食いしん坊ボンベに火がついた。
♪~(* ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ε ̄ ̄ ̄ ̄ ̄*)イエイ♪

c0059278_1884283.jpg


鰯をなめろう状にし、ゆかりをふりかけ、大葉でくるんで、サクッと揚げたもの。
衣も薄く、歯触りも軽快にむしゃむしゃいける。
ゆかりのほのかな酸味がバランスよく、
あどけない少女が、キャ、キャ♪とにっこりしてくれるように
心のなかにほんわりと暖かいものが飛び込んでくる。

一枚食べて、一枚食べて……やめられないとまらない〜カッパえびせ●状態。

「これーえええわー」。
もうため息つくどころか鼻息どう゛ぁああああ。

ビールや日本酒、焼酎など、どのお酒にも合うのはあたりまえ。
飲めない人でも大丈夫。白いホカホカご飯が食べたくなるという万能ぶりは
当店自慢とあげるだけのことはある。

そんな鼻息荒い食いしん坊が暖簾をくぐり、いそいそと自分の指定席に座り
旨い魚で静かに飲む、そんな品ある客が集う店が四谷の路地に今も昔も変わらずたたずんでいる。

次いくときは上智大生風になりきりでいってみよっかなー♪

なんでやねん!( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅなんでやねん!( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅ

ちなみにお店でいただいたお酒は
「高砂 特別純米」富士高砂酒造・富士宮 /「嘉泉 極め付け辛口」田村酒造場・福生 /「天領盃・特別本醸造?」天領盃酒造・佐渡



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_1818156.jpg



DATA)
店名:味の店 きよの
住所:東京都千代田区麹町6-1麹町共栄ビル1F
TEL:03-3264-8759
by gon1442 | 2010-05-31 18:20 | 日本:お店 | Comments(6)

復刻柄ラベル

いつの時代でもレトロ・古来という響きに人は惹かれる。

お酒のラベルも同じ。

一時期、クールで斬新なラベルが流行したかと思いきや、
最近のラベルは復刻ラベルのものが多い。

c0059278_212336.jpg


先日、赤羽にある醸し屋素朗にお邪魔したとき、目があった『繁枡 クラッシック』。
福岡県の(株)高橋商店の子だ。
福岡県で新しく開発された酒造米『夢一献』をつかった純米酒。地元米にこだわったところが
地元酒、地元蔵としての志。

香りが華やかでやさしい口当たり。
やや辛口と記しているように、飲みやすい……が
余韻や飲んだあとの味のふくらみは感じない。
飲み助にとったら、少しもの足らない? かもしれないけれど、
最初の一杯や乾杯の一杯には適している。
(※gon麹の感想です。参考になさらないように)

それにしても、面白いラベルである、
枡の上に繁という旧漢字。

蔵は、享保二年(初代高橋右衛門が米どころ八女で造り酒屋を開業し、
十代目繁太郎が会社組織に改めたのが大正15年。
この時の繁太郎の名前の「繁」と酒を量る桝が益々繁栄するようにとの願いが込められ『繁桝』の名が誕生した。

枡枡=益々

各地域の酉の市などでも熊手と共に縁起物として重宝がられる枡。
その枡に繁がはいり、繁盛するという縁起のよさ。

そんな蔵人の思いがラベルに表現された、このラベル(復刻)。
眺めているだけで……楽しい。
「こんな風に」「いや、これだろう」とわいのわいの
遅くまで蔵人集まって決めていたのに違いない。
そしてその脇には『繁枡』が注がれた茶碗があったのだろう。

そんな風に酒呑みを想像させてくれる楽しさもお酒の美味しさのひとつ。

だからラベル収集もやめられない
ルンルン((´I `*))♪ルンルン((´I `*))♪ルンルン((´I `*))♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-30 21:42 | 日本:日本酒 | Comments(4)

しっくり

c0059278_16555663.jpg

一見さんで訪れたお店で

なにか一つしっくりきたものに出会えたら


ご縁があるかもしれませんo(^-^)o


一つ一つそんな場所


増えていくのが、酔いですね。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-29 16:55 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

季節もんはその時期に(^w^)

c0059278_20403219.jpg

たくさんある焼酎の中で、お気に入りは?とよく聞かれる。


答えに困るが、必ずいうことは……




「各季節に出会えるお酒は間違いなく、大好きですね」



季節もんが旨いのは当たり前だと笑う人もいる。


だから好きなんですよ。(^w^)


限定だからと無理に飲むんじゃなくて、季節にそこにあったら(*^o^*)飲む。


それだけなんですけどね(≧∇≦)


あ〜、正しく言えば(o^∀^o)


そこにお酒があ・る・か・ら!(笑)



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-27 20:40 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

しゃきしゃき感がたまらない

今の季節。野菜がめっちゃおいしい時期だ。

野菜はなんでも好きだけど、この野菜にも目がない。

c0059278_12365450.jpg


黄ニラのおひたし。(黄韮)

なんだにら〜というなかれ。
にら嫌い〜というなかれ。
きにいらな〜いというなかれ。

にらには整腸・解毒・食欲増進などの効用があり、ビタミン類も多く含まれ
昔から重宝されている。

c0059278_12404949.jpg


なかでも黄ニラは、青ニラに比べて柔らかく、甘い香りと独特の風味があるため
一度食べるとけっこうやみつき。

黄ニラは中国原産で韮黄、ジオウホワンと呼ばれ
重要な中国野菜として昔から食べられているものの一つ。
現在黄ニラを栽培している代表的な場所は岡山県。この地区では大正時代から黄ニラを作っていたそうだ。当時は家食としてのみの栽培だったけれど、あまりにも美味しさに約25年前に東京の市場にPRにしたところ、その珍しさと食味の良さが人気が高まり、なんと65%が東京の市場に出荷され、料亭や中華料理店などで使われているとか。
普通のニラの4倍の値段が付いている……。
やっぱり美味しいものは高いもの、高級食材!

おいしくむしゃむしゃ
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヾ(*ΦωΦ)ノ ヾ(*ΦωΦ)ノ ヾ(*ΦωΦ)ノ ヾ(*ΦωΦ)ノ

やめられない、とまらなーい。黄ニラ黄ニラ♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-27 12:49 | 日本:;肴 | Comments(0)

夏酒飲み放題(あ、試飲です)

夏酒がそろそろでてくる季節。

酒屋さんの冷蔵庫も涼しそうな瓶にはいった日本酒が
酒呑みが手を伸ばすのを今か今かと待ち構えておりまする(爆)。

さて、そんな折り、知り合いの酒屋さんから素敵な便りが……

c0059278_15131244.jpg


2日間限定、夏酒試飲会(飲み放題)

(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)す・て・き♪

2ステップでもちろん、初日に参加です。

c0059278_15153333.jpg


全部で10種類。
正確にいえば……10数種類。
いただきました。
汗かいて歩いてきた甲斐あり♪とはこのこと。

無料といううれしい響きについついくぴくぴ〜といきそうでしたが、
さすがにそれだけはと、気をつけつつ、水を飲み飲み、試飲です。

「好きなお酒を教えてください」という鈴大さんとコメントを求められ
酔いどれ文字でアンケート記入。(きっと読めないだろうなああ。あれは)

夏酒ということで、かなりのどごしがよく、キレのいい子が集っていましたが、
みぞれ酒にしてもおいしいそうなものや、
これはぬる燗がおいしんじゃないかと思うものもチラホラ。
にんまりできる子が多い♪

鈴大酒店さんをはじめ、全国の酒店には
夏を楽しめるおいしいお酒。揃っております。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
店名:鈴大酒店
住所:東京都北区豊島3-7-19
電話:03-3911-1298
by gon1442 | 2010-05-26 15:23 | 日本:日本酒 | Comments(0)

ヘルシーな居酒屋

居酒屋といってヘルシーはないだろう!
と、突っ込む方。
ぜひここへおいでやす。

c0059278_1655952.jpg



今月初めにオープンしたばっかりの新顔『まるよし』は新潟県糸魚川の漁港直送の鮮魚、千葉県鴨川の農家星野さんの無農薬野菜をメインにだしてくれる居酒屋さんだ。

日本酒はもちろん、焼酎の品揃えもよく、お値段もお手頃。

なにより一番驚くのが、お通しの絶品さ。

c0059278_167126.jpg


ヒラメの昆布〆と白瓜他の梅肉ソース である。
お通しが旨いところは、お料理は間違いない。
食いしん坊10数年やってきて、それは確信できる。

さらにオススメと教えてくれたのが

c0059278_1684527.jpg


野菜の冷やし鉢 。
わらびとともに味が染みこんだ小蕪の食感。
かじるたびにほどよい出汁の旨みがあふれてくる。

野菜好きにはたまりません。

もちろん、お魚も旬のものでしかも鮮度ばっちり。

c0059278_16144035.jpg


肉厚でありながら、甘みある味。

初来店でビンゴ!といわんばかりのお店に出会えるのは滅多にない。
v( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッ

今回はいただかなかったレギュラーメニューも次回はチャレンジしてみたい。
卵好きとしては、卵焼きは外せなーい。

( ̄▼ ̄*)( ̄▼ ̄*) ( ̄▼ ̄*)( ̄▼ ̄*) ( ̄▼ ̄*)( ̄▼ ̄*)

しかもこのお店。
店長、板長の隠しメニューもある。

うふ。みぃいいつけた。

c0059278_16142277.jpg


自家製胡麻豆腐。
ふるふるとする食感。
胡麻の香ばしさが食べる前から「うまいんだから、早くくえー」といわんばかりに鼻をつつく。

新規オープンしたばかりなので、まだ知る人ぞ知る穴場店。
1年後はたくさんの食いしん坊が店内にいっぱいいるんだろう。(*^_^*)

早々に次の予約いれちゃおう!



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_16213384.jpg



DATA)
店名:まるよし
住所:東京都千代田区九段南3-2-4-2F
電話:03-6272-9773
営業:月~土17:00~23:30(L.O 22:45) 
休 :日祝
備考:隠し酒や隠しメニューは予約時に注文しておくことがベスト。
by gon1442 | 2010-05-25 16:18 | 日本:お店 | Comments(4)

皆造の宴

日本全国、今日は雨天気。しかも大雨注意報もでている日だけど、
酒呑みはそんなこと関係なし(^_^)v

ということで、今日は『皆造の宴』という酒の会が開催されます。

c0059278_843970.jpg


詳細は下記のとおり。

日時:5月23日(日)第1部13:00~15:00 業界関係者向け 
      第2部16:00~18:00 一般のお客さま向け
場所:有楽町 外人記者クラブ                              

会の命名である皆造とは冬の酒造りがすべて終わることをいい、各蔵ではその皆造を祝う習慣があるそうです。その宴とはどんなものかというのを体験させてくれる……というものですが、飲み会に違いはありません♪
参加費:第1部1000円、第2部5000円

2部の一般の部はすでに完売。
さすが酒呑みは要チェック済みということですね。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-23 08:44 | 酒:その他 | Comments(2)

〆に

呑んだ後の〆は人それぞれ。

最近口にして、これはいい! と思ったのが

c0059278_11281170.jpg


へしこ茶漬け。

へしことは「へしこ」とは魚の糠漬けのこと。
越前若狭地方に伝わる伝統料理で、
シケが多く漁に出れない日本海の冬の保存食として重宝されてきた。
この保存食が酒のアテに最高で、
ぽりぽりかじりながら、くぴーと呑む。
いつもの酒呑み光景……幸せだ……にゃる~(σ^▽^)σにゃる~(σ^▽^)σにゃる~(σ^▽^)σ

へしこというと「鯖のへしこ」が有名だが、
他に鰯、いか等のいろんな魚で作られているが、やっぱり鯖が一番。

へしこといわれる由縁は魚を桶に漬け込むことを「へし込む」ということからだといわれている。
他にも魚を塩漬けするとにじみ出てくる水分を「ひしお」とよび、それがなまったともいわれているが、どちらが正解かは定かではない。

が、旨い保存食であり、酒の友である。
さらに、栄養価も高く、ぬか漬けにすることでペプチドが多く発生することから
最近は、健康食としても注目中。アミノ酸は、血圧抑制・血液のサラサラ効果・糖尿病の症状改善などの効果があるともいわれている。まさに先人の知恵。

飽食&節約時代。おいしく食べて、健康になれる食材は見逃せない。
老若男女、健康に元気でなければ……おいしい酒は飲めないし〜 y(^ヮ^)yy(^ヮ^)y

そのへしこを贅沢にお茶漬けにしちゃったのが、この一品。
へしこ独特の糠の味が染みだし、サラサラとしたお米一粒一粒に味がじんわり。

飲みすぎ&食べ過ぎた胃腸を暖かいお茶が安らげてくれるのが、ありたかい。

酒の〆をいつも悩み、
椀ものやご飯もの、強者になるとラーメンライスという御方もおられるが……

お茶漬けは〆に欠かせない、ご飯&椀の汁ものが一緒に食べられる、ありがたーい一〆となる。

「寒い地方の人はへしこをふりかけのようにかけて食べるそうですよ」と教えてくれた店長。
食の知識は勉強熱心な板長のおかげだとか。

これはとうぶん、〆は茶漬け。できれば『へしこ』というパターンが続きそうだな。
※糠の乳酸菌のおかげ? かどうか……わからないが、次の日の二日酔いはナッシング♪




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力:醸し屋素郎
by gon1442 | 2010-05-22 11:47 | 日本:;肴 | Comments(0)

長野の酒メッセin東京2010

「長野の日本酒の蔵が集まるイベントがあるよ」
昨年も同じフレーズを聞き、どうしようか悩んだあげく参加断念。
そして今年……時間があればいきたいなああと思っていた。
そんなとき心強いのが酒友の輪。

c0059278_9365079.jpg



一人で参加するのを躊躇していたら、一人、また一人と参加表明。
らっきー!v( ̄∇ ̄)ニヤッ

長野の酒メッセin東京2010

c0059278_9581977.jpg


はじまりは13時、一般は15時。
参加したのは18時半。

c0059278_1813639.jpg

@このイラストをコピーしていくと500円割引!

これは酒呑み、見逃すはずもない!
で、その結果……会場はもう人人人。
甘い物にむらがる蟻のように酒に集まる呑み助軍団。
この会も今年で7回目とだそうで、
長野県内約60蔵が自慢の酒をもって来ていた……。
んだけど! 18時すぎたら、蔵のブースによってはすでにお酒がないところもあり、

ガーーー(TДT|||)ーーーンガーーー(TДT|||)ーーーンガーーー(TДT|||)ーーーン

そりゃそうだ。(_ _|||)(_ _|||)(_ _|||)

とはいえ、10蔵弱の子をゆっくりいただき……
静かに酔いがふわあああんとまわる。

会場を見渡すと撃沈組も多い多い(爆)。

座り込むもの。
椅子で眠るもの。

自由だなああ。この会(大笑)。

なかには撃沈強者が……。
絵心ないのがくやしいくらい
ナイススタイルで寝ている。

壁にはりつくように手と足をのばし、くっついて寝ている。

周囲の酒呑みもその姿をみては「ぶらぼー」と拍手喝采。
本人、知らず夢のなか……。
おいしいお酒の夢をみてるのだろう。笑顔である。

今回出会った子で、この子はのびるなーと思ったのが橘倉酒造さんの

c0059278_917537.jpg



この子。
実はまだラベル無しのごんべーさん。
『菊秀』の味をさらに熟成改良させたようでその名も『純米吟醸 生酒 槽取壱番』
味にノリがあり、数種類感じる旨みが重なり、口に含むとさざ波がたつように味がひろがる。

もうすぐお蔵から発売されるそうなので、
そのときまた出会えると、夏にむけて楽しみひとつ、また増えた。

さすが日本の酒処、長野。
小さい蔵から大きな蔵までレベルは高い。

c0059278_9363176.jpg



うまいという顔をして呑んでいると
「そう感じてくれるのがうれしいです」という蔵の人。

呑み助冥利に尽きるとはこのことだ。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_9382770.jpg


毎年誘ってくれる酒友♪ 今度は一緒に酒造り♪だね。
by gon1442 | 2010-05-21 09:40 | 日本:日本酒 | Comments(8)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite