ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

絶品はんぺんをつまみに一献。

「テレビ撮影があるから、ヘルプミー」というメールがとどいた1週間前。
いそいそと用意をし、出かけた週末。
久しぶりの渋谷、のんべえ横町だ。

新宿のゴールデン街と同じくらいディープな雰囲気のある一角は、呑み助の集う聖地。

c0059278_6342289.jpg


のんべえ横町の奥に赤提灯が揺れる。
ガラガラと引き戸をあける。おでんの湯気がムワッとあがる「渋谷 なだ一」店内にT姐の姿はない。

あれれ?とコの字型のカウンターをカニ歩き。壁とカウンターの隙間はぎりぎり。
う〜ん。肥えた……(^_^;)。

奥のほうの空席に座るとほどなく姐が戻ってきた。

「ごめんごめん。兄きのお店のほうの撮影が始まってて……」
忙しそうである。というか、いつも忙しい。
お客さんもそれを
わかってて
見事なタイミングでオーダーをしたり、話をしたり。すばらしいあ・うん呼吸。

まずはビールをいただき、お目当てのおでんをオーダー。
直径1mくらいはある?おでん器にはいつもより多めの具がいっぱい。
そのなかで、やっぱり目をひく分厚いはんぺん。

c0059278_6351296.jpg


なにを隠そう、ゴン麹。このはんぺんを食べるまで、はんぺんが苦手だった。
味もしない、食感がぶよぶよした物体を、なぜ関東人はおいしいおいしいと食べるのか。
摩訶不思議のひとつだった。

c0059278_6371812.jpg


そのはんぺんを数年前、こちらで口にしたとき、
「うんまああああい」と目から鱗。してやったりの姐の顔。
それからのつきあいである。

c0059278_6353911.jpg


はす向いのお兄さんのお店は撮影が順調?に進んでいるのか
楽しそうな声が聞こえる。

「早くこないとおでん種、なくなっちゃうよ」と笑う姐。
ゴン麹も含め、来客全員「全部食べちゃおうか!」といじわるモード。
4畳ばかりの店内では座ったときから、お友達になる。

小一時間すぎたころ、ADが駆けこんできた。
「そろそろお願いします」

テレビ関連の仕事は何度か経験あるが、大変な段取りで苦労した覚えがある。
おまけにやらせ(注:実際のタイミングでは撮れないので、再現という形)もあるので、
けっこうあくせくすることも。

リポーターのSさんが「こんばんわ」と元気な声で乱入し、撮影開始。
撮影を体験するのは楽しいものの、カメラというものが大の苦手のゴン麹。
映らないように、人の影に隠れて、相づちだけを打つ。
あはは。姐のお役にたったのか(笑)?
(お客さんモデルできてーという依頼。こなくてもいつも満席だけどね)

c0059278_636138.jpg



c0059278_6364321.jpg


おでんの他に、いかきものホイル焼きや海藤華(タコの卵)をいただき、のんびり酒タイム。
撮影もすみ、いつもの時間が流れていると、屋根を激しくたたく音。


え!雨ですかい!
店内騒然。それもそのはず、今日の天気は晴れマーク。雨予報なんてでていない。

c0059278_6375311.jpg


「通り雨だよ」といわれ、やりすごすために、1合、新政をつけてもらった。
その言葉どおり、激しかった雨も小降りになり、いつのまにか晴れている。

東京の熱帯化も着実に進んでいるのか。と、少し環境のことを考えたふりをしつつ
手酌ペースでのんびりまったり。

さ、次はいつこれるだろう。
姐の元気な笑顔と酔いお客さんに会うために。
ぶらり足をのばして、のんべえ横町。

今宵も変わらずにぎわっている……。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



撮影協力: 渋谷 なだ一
by gon1442 | 2010-04-26 06:43 | 日本:;肴 | Comments(2)

寒い春……

気温7度。4月中旬。

ありえない気温。寒すぎる……
冬ものを引っ張りだして、体温調整に苦しむ。

c0059278_14143593.jpg


ソメイヨシノが葉桜にかわると八重桜が満開になる。

東京世田谷区。サザエさんの町で有名な桜新町はソメイヨシノの桜並木も有名だが、
駅前の八重桜のトンネルも人気が高い。

c0059278_14161656.jpg


花冷えが続く今春は1週間ばかり開花も遅い。

c0059278_14254867.jpg


そのため、満開を見るのものんびりとできる。
桜酒楽しみながら……♪

c0059278_14171651.jpg


寒さも少しはいいことあるのか……。
でもやはり寒いのは苦手だ。

c0059278_14185558.jpg


桜も青い空、暖かい陽射しを恋しがってるようにみえる。

春は春らしい気温が一番。
カムバック太陽。カムバック陽気。

春酒をもう少し楽しみたい……今春。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-16 14:31 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

お酒が好きそうだから……一期一酒。

「お酒好きそうですね。これすこし飲んでみてください」

c0059278_9544044.jpg


お初店のご主人にいただいたのが『初亀』。
静岡県の初亀酒造さんの子だ。

能登の名杜氏、滝上秀三さんがいらっしゃるところ。
一度はお会いしたい方である。・(≧∇≦)・・(≧∇≦)・・(≧∇≦)・

そんなお酒をお猪口一杯いただいた。

コクのある味。でしゃばらないのに、存在を感じるこのふくらみ。
一流の俳優が一般人のなかに溶け込んでいても、
なぜかみんな、パッとふりかえってしまうようなパワーがある……そんな感覚だ。


初亀酒造さんは何事にも手造りにこだわりをもっており、
早い時期からパストライザー(ビン詰めした後に火入れをし、その後急速に冷却する装置)など、設備を整えるなどいいお酒を造ってくれる。
惜しみのない手間と労力をかけるため、日本酒好きのなかでも人気は高い。
原料米にもこだわり「富山雄山錦」、「富山五百万石」、「兵庫山田錦」を主に使用。

c0059278_10124847.jpg


ちびりちびり……せこくせこーく(笑)飲んでも
あぁぁ〜(>_<)。
やっぱりなくなってしまった。

これくださいーといいたい気持ち山々だけれど、
お財布は閑古鳥の潮時タイム。
うらめしそうに空っぽの杯をぐるぐる回してしまう……。

「定番銘柄意外にも週替わりで新しいお酒を仕入れていますから、またいつでも(^^;)」

ご主人にあきれ顔で笑われた。

一期一会&一期一酒。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-16 10:28 | 日本:お店 | Comments(0)

お気に入りのフレーズ

「その笑顔が見たくて……つくりました」

とある仕事で、上のフレーズに出会いました。……のところはきちんと言葉がはいるのですが
著作権の問題などがあるので、あえて伏します。

でもこのフレーズ。ゴン麹は心からいいな〜と感じたものでした。

残念ながら、採用にはなりませんでしたが……。(>_<)。

造り手と呑んでいるときや、酒友と呑んでいるとき、
みんないい笑顔で、
そんな笑顔があふれる酒処は幸福空間。

c0059278_16422048.jpg

@昔々の酒席シーン♪おいしゅうございました♪笑顔も最高♪


「その笑顔がみたくて……つくりました」にまさにぴったり。

今宵もあちこちでそんな空間が新芽のようににょきにょきと顔をだしているんでしょうね。

(^_^;)寒いけど(4月中旬で一桁気温ってどなんやねん!)。

「その笑顔がみたくて……つくりました」

やっぱりいいフレーズ。

名酒言。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-15 16:43 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

わわわ

c0059278_14182426.jpg

なんとも楽しげな名前の子。

「わわわ」。

笑い声にも思えるし、前に「あ」をつけたら
(^w^)泡くってるみたいだし。


そんなイメージするだけでも楽しいもの。


正確には「和和和」

長野県佐久市の古屋酒造店さんが2007年から醸しているお酒。
古屋酒造店さんは「深山桜」「軽井沢」の二大銘柄で日本酒を製造販売しているが、
その他にも焼酎やワインも醸されている。
観光地、軽井沢の観光客にも評判で、口コミでどんどん人気が広まった。

原料米には「ひとごこち」
爽やかな香りたつ子で、
燗にしたら、どう化けるだろうかと、興味がそそられる……が、今回は我慢我慢。

柔らかな味なのに、飲み口はすっきり。
りんごのような香りがたまらない(⌒〜⌒)うまみのひとおおつ。


和の心で和み和んで欲しいというコンセプトで醸された「和和和」だけど……

ゴン麹の場合は
笑って笑って和気あいあいになるけどね\(^ー^)/



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-14 14:18 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒関連の雑学ネタ

草鞋酒

某番組の国語問題で提出されていた。

読めない・・・
調べてみると「わらじざけ」と読むらしい。

意味は旅立ちなどで、別れの間際に汲みかわす酒という意味。
また、別れの宴ということもあるそうだ。


酒呑みとして、知っておいて、損?はない雑学ネタ。
おひとつどうぞ。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-12 20:01 | 酒:その他 | Comments(0)

第2回 酒は未来を救う! 

今年も「酒は未来を救う」が開催されます。

場所:すみだ産業会館 東京都墨田区江東橋3丁目9番10号(丸井共同開発ビル8階)
日時:2010年7月4日(日) 受付15時30分~ 16時スタート~19時迄
会費:前売券 ¥3,500

詳しくは http://ameblo.jp/sakewamiraiwosukuu/ にて。

この会の主旨は世の中の病気の子供達のなにか役にたてないかと考え、
熱意ある蔵元さんが集った会。
試飲の売上げ金は経費を除いて全て子供達の未来に寄付。



c0059278_15334096.jpg


昨年よりも参加蔵元はどぉおおんと増えております。
日本酒、焼酎、そしてワイン。

下記のお蔵が勢揃い!(*☆▽<)w。°ゎくゎく◇◆◇◆(*☆▽<)w。°ゎくゎく◇◆◇◆

< 日本酒 > 浅間山 吾妻嶺 阿部勘 一白水成 泉橋 尾瀬の雪どけ 屋守 鶴齢 賀茂金秀 開運 小左衛門 佐久乃花 相模灘 大那 忠臣蔵 天宝一 鍋島 萩乃露 白岳仙 播州一献 福小町 鳳凰美田 豊香 宝剣 美和桜 三重錦 結人 陸奥八仙 遊穂 来福 


< 焼酎・泡盛 >赤鹿毛 朝日 旭萬年 芋麹芋 海 蔵の師魂 けいこうとなるも さつま寿 常徳屋 請福 多良川 杜氏潤平 日向あがくれ やきいも黒瀬 凛 


<ワイン>麻屋葡萄酒㈱ アルプスワイン㈱ 甲斐ワイナリー㈱ 勝沼醸造㈱ 
㈱甲府ワインポート 塩山洋酒醸造㈱ 蒼龍葡萄酒㈱ ㈲タケダワイナリー 高畠ワイン㈱ 
中央葡萄酒㈱ ㈲マルサン葡萄酒 ㈱山梨ワイン ㈱ルミエール

濃い内容のてんこ盛り。
大盛況だった昨年の上をいくラインナップかと。

おいしいお酒をいただいて、しかもその参加費用が役にたつという、酒呑みにとって美談のおいしさ。にんまりと参加するのは、主旨に反するのかもしれませんが、そこは本音。
かっこつけても仕方なし♪ヽ(●´3`)ノ゛ヽ(●´3`)ノ゛ヽ(●´3`)ノ゛

さ、今年はどんな人にどんなお酒に出会えるか。
酒呑みの輪もまたひとつ大きくなりそうです。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-12 15:52 | 日本:日本酒 | Comments(0)

なんともめでたい(o^∀^o) めで鯛♪

c0059278_1393382.jpg

めでたい便りが春の桜便りと共に届いた。


新しい息吹が元気に誕生(o^∀^o)


まちにまった瞬間だ。
ウイウイおかんになる彼女から「やっとでてきてくれました」とメールがきたときは、思わずガッツポーズ(^_^)v

添付された画像には目鼻がくっきり。


きっとたくさんの女の子を騒がせるんだろう。
こいつめ~o(`▽´)o

何はともあれめでたいめでたい。

ダイエット酎(笑)だけど、今日くらい酔い~。(と!してくれ(^◇^)┛)

めで鯛ラベルで華やかに。
出番だ!
早瀬浦の浦底(≧∇≦)

常温ではさらりとした味の波


燗をつけたら、膨らむ米の旨味。

酔い酔いひととき、
若き仲間(*^o^*)に乾杯。


にんまり頬があがる……そんなひととき、ありがとう♪~□(^0^ )



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-10 13:09 | 日本:日本酒 | Comments(0)

花を愛で酒を嗜む……。正確には花をみずに酒を求める……

今年の桜はかなり長い。
ありがたいが、花冷えを強く感じる。

先週の日曜日。
都内にあるK公園でお花見が開催された。

集まったのは総勢30名強。
みんなお花見大好きである。
いや、正確にいえば……
桜を口実に昼酒無礼講!を楽しみたいのである。

c0059278_8364460.jpg


満開1歩手前の桜の樹の下で花見の宴は楽しく始まった。
参加者、それぞれお酒や食べ物を持ち込むため
そんじゃそこらの料亭クラスのごちそうが揃う。
目移りする食いしん坊。
並ぶお酒のラベルににょきにょきと手を伸ばす酒呑み達。

お昼前にすでにできあがっている人数名。
そんな宴の席が公園の桜の樹の下でいくつも見える。

c0059278_8395260.jpg


花見にふさわしいといえば……まずはコレ!

白瀑のど・ぴんく。
鮮やかな桃色桜色。
「めんこいな」を65%まで磨き、赤色清酒酵母で色鮮やかなピンク色に仕上げた純米酒。
米の甘さがなんともいえないいい味わいで深く、普通の「ど」よりも甘みが強いか……。

濁り酒ブームの火付け役でもある「ど」の季節限定品。
開栓と同時にテーブル各方面から次々とコップが差し出されてくるほどの大人気。

注がれるたびに
「おおぉおおお。ピンクだ」「おぉおおおおお、エロい」と歓声があがる。

c0059278_8442633.jpg


頭の上の桜もじぃいいいと覗きこむように
風にゆらゆら、揺れている。

ちなみに、この「どぴんく」1日置いたほうがおいしいという噂が♪
こっくりする味がさらに深まるのか……
舌に感じるガス感が強くなるのか……
体験する間もなく、あっ!という間に消えてしまった。
さすが呑み助の強者。

強者どもが夢の跡…… お酒は残るはずもなし。

もちろん、この他にも集ったお酒は種類豊富。
ワイン、シャンパン、日本酒、焼酎(前割)……。

やはり簡易料亭の素質十分だ。

参加費はワンコイン♪ 
これをお得といわずになんといおうv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッ

花冷えが強く、小雨がぱらついた時点で会はお開き。

桜が主役のお花見……桜を肴にぐびぃいいぐびの春リズム。
また来春のお楽しみ。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-07 08:54 | 日本:日本酒 | Comments(2)

関西では……

c0059278_15501416.jpg

定番なメニュー。

なんだか分かったかた。あなたは関西人でしょう(^w^)


わからない方。無理もありません。

関西圏だと自負していたゴン麹でさえ、なんや?これ?けったいなもんやなあ〜(ρ°∩°)って、眺めていたくらいです。

そろそろ分かった方。あなたは食通か料理人?


かき揚げだという方。正確に素材もお考えください。






ファイナルアンサ−?




正解は
紅生姜のかき揚げです。




材料は紅生姜のみ。
酸味ある紅生姜をかきあげると甘味を感じます。



関西では、紅生姜かき揚げをうどんにのせて食べるようで……


そうだっけ?



でも美味しい。

サクサク食感に紅生姜のかすかな甘味。
あっさりいただける一品(*^o^*).




焼酎にも勿論合います…。

ゴン麹は2杯、いけました♪ 





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-04-05 15:50 | 日本:;肴 | Comments(2)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite