ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

メリークリスマス

メリークリスマス。
今年はいい天気でした。
みなさんのところには素敵なサンタクロースがきてくれましたか?

c0059278_10582846.jpg


ゴン麹。なんと!クリスマス前に風邪をひいてしまい、数日、布団のなかで
強制安静(なんか四文字熟語)でした。

普段ならうれしくて、いつまでも布団のなかにいるのに
こういうときは、退屈で退屈でたまりません。

c0059278_10591256.jpg


おかげさまで、今は安静しつつも元気になりました。
そんな風邪で迎えたクリスマス。

今年のサンタさんからの贈り物は「健康が一番」という気持ちだったようです。

今年もあと5日。
怪我なく病なく元気に過ごし、笑顔で新年を迎えましょう♪
(※残りの忘年会、続いていると思いますが、飲みすぎ酎胃♪)
健康一番がお酒をおいしく飲める一番のスパイスです。


c0059278_1122882.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-27 11:03 | 酒:その他 | Comments(2)

甘党の酒党!

酒呑みは甘いものが苦手……という人が多いけれど、
ゴン麹は両党OK。
でもチョコレートは少し苦手でもあります。(体質上)
でもたまには一粒ということで、口にぱっくん。

c0059278_12311289.jpg


しっとりショコラです。
このチョコ。実は木戸泉の代名詞でもある『アフス』。


『アフス』という名前。不思議ですよね。
木戸泉5代目のブログによると、

この名前は昭和30年前後にこのお酒の開発に携わった方々の3名の頭文字をとってつけられたものとか。
A:アダチ(住乃井酒造社長 安達源右衛門)F:フルカワ(木戸泉酒造の技術顧問 古川董)S:ショウジ(木戸泉酒造社長 荘司勇)

甘すぎないのに、苦くもなく、口のなかでしっとり。口のなかで噛めば、さくっとした瞬間に
ココアのようなやさしさとお酒の甘みがぐるぐると溶け合う香りが充満します。

c0059278_1242516.jpg


宝石箱のような大きさに包まれた『アフス』の古酒ショコラ。売れ行き絶好調のようで、
我が家の『アフス』古酒ショコラはすでに空っぽ。

もうひとつ……オーダーしようかと、HP上にらめっつこしております。

自分で食べるのもいいですが、
お酒が苦手という方へのプレゼントにも酔いかと。
そこまでお酒お酒というものではありませんので、
チョコ好きなら「おいしい」v(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイv(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイというはず。

クリスマスイベントのひとつにも酔いかもしれませんね。

o(^O^*=*^O^)oo(^O^*=*^O^)oo(^O^*=*^O^)oo(^O^*=*^O^)oo(^O^*=*^O^)o



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

@蔵情報
蔵名:木戸泉酒造株式会社
住所:千葉県いすみ市大原7635-1
電話:0470-62-0013
by gon1442 | 2009-12-20 12:49 | 日本:日本酒 | Comments(0)

ズッキーニ(*^_^*)

酒が……もとい食がすすみます。

c0059278_12594132.jpg

かつらのお料理





ズッキーニオリーブ漬け
塩胡椒がぴりりと効いて……やはりビールが恋しい。

オリーブ漬けしたズッキーニを1日寝かし、2日目。
フライパンを弱火で炒め、香ばしい香りがしてきたら、カットしたズッキーニを炒める。
塩胡椒で味つけ。

これで完成。

「簡単だよ」と教えてくれたかつらのおかあさん。
今度、酒の肴につくってみます。(*^_^*)。
ビール片手に……。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-16 13:10 | 日本:;肴 | Comments(4)

肉食系!女子、もちろん男子にもおすすめ♪

「このお店だけは……紹介したくなかった」

来店した誰もが口にする言葉。
ゴン麹も半年前に来店しても一度も紹介できませんでした。(すみません)

そのお店は「溶岩焼薩摩屋」新宿店。

c0059278_759117.jpg


その名もとおり、溶岩板で焼き上げる焼き肉屋さん。
が、ここの提供されるお肉素材は半端じゃない!!。

c0059278_7584231.jpg

塩レバー(たぶん)

鹿児島産の黒毛和牛、薩摩黒豚、霧島地鶏のみ使用で、ほとんどのお肉(豚肉以外)は
生でいただける新鮮さ。

食いしん坊のゴン麹。お肉はあまり得意ではないのですが、
こちらのお肉はぱくぱくつついてしまいます。

c0059278_821589.jpg

霧島地鶏焼き(たぶん)

焼き肉屋さんなのに焼かずにいただけるなんて……矛盾してる!という方もいらっしゃるかもしれませんが、

焼いてもおいしい、焼かずともおいしいのが事実。

薬味にもこだわりがあり、塩・たれ・醤油・ゆず酢などなど5種類以上揃います。

「このお肉は3秒片面焼きで」というお肉もあり、通称、3秒ルール。

c0059278_8381334.jpg

まるちょう(たぶん)

まずは生でいただいて、3秒ルールで焼いて、そして生でいただく!というパターンで
味の変化を楽しめます。

マヂおい━━(*´∀`*b)━━シィ!!!!

溶岩で焼けるときにたちのぼる煙もおいしすぎて、鼻をひくひく。
口のなかは涎だらだら………ナイアガラ♪
ダム決壊しそうで、お腹は大合唱。
焼き上がるお肉をめぐっては仲良しさんでもいざ、決闘がはじまります(爆)。



c0059278_8392555.jpg


ほるもん類の種類も多く、美肌にうれしいコラーゲンもたっぷり摂取できるため、
次の日はお肌がぷるぷる♪お腹もぶるぶる
ヾ( ̄∇ ̄=ノヾ( ̄∇ ̄=ノ ……( ̄▼ ̄|||)( ̄▼ ̄|||)

はらみもはつもかるびもたんも……みんなおいしく、一口たべたら誰もが笑顔に。

本店は鹿児島の国分にあり、こちらはもう地元どころか全国にファンも多く、
予約しないと入店できないほどの人気ぶり。

その本店と同じ素材を使い、しかもリーズナブルな価格設定なので、
東京でも人気間違いなし!なのですが……
いかんせん、誰もが教えたくないお店となるようで、誰もブログにもUPせず、雑誌にも紹介しない始末。

ついに店長やスタッフに「紹介してください」といわれてしまいました。(^_^;)P
でもしたーくなーいと思いつつも、この年末の忘年会シーズン。
お店も繁盛してもらわねば!と、ついに解禁。

しかも世間は肉食ブーム。(草食男子も肉クエクエ−)
風は吹いてます
v( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッ

上質な鹿児島産のお肉をお腹いっぱいいただけるお店ということで
今、ゴン麹が一番後押ししてるお店♪溶岩焼薩摩屋新宿店。

ごひいきにお願いいたします。

ちなみに場所は新宿5丁目。
新宿3丁目の駅から徒歩3分(信号ひっかからないと)。
花園神社はす向かいのビルで、夜になるとオレンジに輝く牛の大きな看板が目印です。

あ、そうそう。大事なことを!忘れていました。

お肉とともに、鹿児島のお酒も揃っており、大海酒造さんを中心にいろいろな焼酎がいただけます。年末の寒いときは湯割りでほっこり♪

c0059278_85062.jpg

@魔性の女/井上酒造

c0059278_854422.jpg


↑ゴン麹一番好きな♪メニュー「和牛レバー刺」
量多し味も鮮度抜群!!
さくっとかめば、旨みがじんわり。舌の上でとけていきます。

絶妙な肉の柔らかさは本物。
生でいただいても臭みなんかまったくなく、それどころか甘みさえ感じます。

c0059278_8583527.jpg

@玉露甕仙人/中村酒造場

焼酎銘柄は変化がありますので、そのときそのときの焼酎の出会いにうきうき♪です。

c0059278_905857.jpg


誰が食べても「う・ま・い」という店。

一度食べるとやみつきになるのは間違いなく……。

今後、このゴン麹ブログにも数多く登場するお店になることに。
( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_9152410.jpg

ブレーメンではありません(^^)/

●お店情報
店舗名:溶岩屋薩摩屋
住所 :東京都新宿区新宿5-11-13 富士新宿ビル2F 
電話 :03-5379-8929
休  :不定期
予算 :1名3000円弱〜
席  :50席(テーブル)、20席(座敷)
備考 :年末営業日は12月29日まで。ここの女子トイレはほんと快適で過ごしやすいサービス空間です(^_^;)。でも立てこもらないように♪気をつけましょう。
by gon1442 | 2009-12-12 09:16 | 日本:お店 | Comments(2)

ひとくちサイズ

一口サイズの幸せ。

c0059278_15193476.jpg


食べられる場所は……とりあえず内緒♪

(o≧▽゚)oニパッ(o≧▽゚)oニパッ(o≧▽゚)oニパッ(o≧▽゚)oニパッ(o≧▽゚)oニパッ




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-10 15:23 | 本人:ひとりごと | Comments(0)

ワンコイン

c0059278_121799.jpg


デフレ台風がおさわらない市場経済。
我が財布は相変わらずスリムでナイスバディ(笑)ですが、さらにこれからはスリムが強くなりそうな予感に、寂しい呑み助。
そんな酒呑みにありがたいおふれが木場のつちや「ワンコインほっこり」
ビール小に、本日の小皿、チョイスできる小皿(中椀一種類or小皿二種類)。
かなり満足できるほっこりコースなのです(=^▽^=)。
人と待ち合わせするときにはぴったりな量(^ε^)♪。
酒呑みの心情、よくお・わ・か・り(^人^)。
デフレ台風がおさまるまで、ちょっとご厄介になりそうです。


♪(*^ ・^)ノ□☆



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-09 12:01 | 日本:お店 | Comments(0)

にごり発砲!日本酒&牛肉のほほのビール煮

「おいしいお肉はいってます」という連絡があり、
「参加しまーす」と二つ返事で参加したKさん宅会。
腹ぺこでたどり着いたゴン麹。お腹の虫も大合唱でした。

c0059278_153323.jpg


メインの牛頬肉をビール漬けしたビーフシチュー

1日かけて煮込んだ?という噂。
お肉もお野菜もとろとろでうまうまー。

お店だせるんじゃないか!という腕前。
ゴン麹のお友達、酒呑みでありながら、料理の腕前もセミプロ級です♪
※プロもいるけどね。

参加者3名。それぞれお料理持ち込みや酒持ち込みということで……
ゴン麹もうちの焼酎1本進呈。
軸屋の麻衣子ちゃんの仕込んだ『凜』。
前割もどきをして、燗にすると……ううん。うんまい。

メイン以外にも鯛サラダに、ローストビーフ(Pさん作)、卵豆とチョリソのトマト風味(Pさん作)。チョリソは残念ながら、ご辞退もうしあげ、卵豆をつつくゴン麹。

あー。幸せ幸せ、極楽至極!

持ち込んだ日本酒もあっという間になくなり、次にでてきたのは
神亀の濁り酒

c0059278_15574674.jpg


日本で唯一純米酒し醸していない神亀酒造のつくる発泡酒に出会えました。
醗酵の途中で瓶詰するので、そのまま瓶の中で醗酵が進み発泡酒となります。

蓋をあけると、ブクブクと大小の泡がおき、
沈澱していた濁り部分が沸き上がります。
まるで積もった雪を風が巻き起こすような感じ。

3分もすると沸き上がりも静まり、
そ~とグラスにそそぐと……ぷちぷちぷちとにごりの泡が繊細にはじけ飛ぶ音と
フルーティな香りが五感を刺激します。
甘さのなかに感じるやや辛めののど越し。
炭酸ガスの刺激が口のなかで飛びはね、爽やかな飲み口を楽しめます。

するする飲める濁り酒。
き・け・ん!!!です。

案の定、参加者3名、主1名。
みーんな酔い酔い♪

と、あっという間に5時間はすぎ、帰宅時間に。

楽しいひとときはすぐに過ぎるのは、どこも変わりませんね。

居酒屋さんで飲んだり食べたりするのも美味しいけれど、
家呑みシリーズというのも、まったりできて酔いものです。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


●お酒情報

蔵名:神亀酒造
住所:埼玉県蓮田市馬込1978
電話:048-768-0115
備考:嘉永元年創業。昭和62年には、仕込む酒のすべてを純米酒に転換、戦後初の全量純米蔵となる。「神亀」は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄がある。
by gon1442 | 2009-12-07 16:26 | 日本:日本酒 | Comments(0)

おしまいは……

ここ1年ばかり。
ランチに通い続けたお店がありました。

新宿区荒木町の一角にあった洋食レストラン「オニオン」。

c0059278_17373951.jpg


カレーライスにハンバーグ、デミグラスソースのハヤシライス、カニクリームコロッケ・・・と洋食の王道メニューが多く、しかもお財布に優しい価格設定に食いしん坊貧乏のゴン麹はうはうは(v^ー°) (v^ー°) (v^ー°)

c0059278_18214867.jpg


1000円でおつりあり。スープ&味噌汁おかわり自由。ご飯おかわり自由♪

c0059278_17413093.jpg


c0059278_1741476.jpg


c0059278_17415648.jpg


c0059278_1742975.jpg


c0059278_17422127.jpg


c0059278_17424576.jpg


c0059278_1742565.jpg


オムライスもオムレツもおいしいんです。
しらす丼というあっさりしたメニューもいただきました。

全て紹介できないのが残念なくらい、おいしい洋食メニューがたくさんあった我がランチ胃袋「オニオン」。

そんな「オニオン」が先月半ばに『閉店』するという情報を耳にしたときは大ショック。

c0059278_17481712.jpg


ガーーー(TДT|||)ーーーンガーーー(TДT|||)ーーーンガーーー(TДT|||)ーーーン

なんで!どうして!そんなーガーーー(TДT|||)ーーーンガーーー(TДT|||)ーーーン

半泣き状態でランチ時間にかけこみ、注文して、ご主人のお話をきくことに。

「今度、野菜&ワインのお店をだすことになって。そっちの総合監督になったんですよ」

なに????!なああああに!!!!新店舗ですと!!!

v( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッv( ̄∇ ̄)ニヤッ

これはいかねば!と、場所を教えていただき、オープン日もしっかり手帳にメモ。

高速メモ!((φ(。_。;)φ))。_。;)φ))。_。;)高速メモ!((φ(。_。;)φ))。_。;)φ))。_。;)
高速メモ!((φ(。_。;)φ))。_。;)φ))。_。;)

ランチとまではいけないものの、あのおいしい名店のすぐ近くということで、
これはうれしさおいしさ2倍2倍♪
通うことになりそうです。あ・か・さ・かあああああ♪

今月半ばにオープンするというお店。
名前は『san-go』。
ワイン関連のお店の系列店(http://www.goodwinelife.jp/)のようで、
すでに同じ赤坂に『ichi-go』『nigo』という姉妹店もあり、
それぞれワインバーとして人気のあるスポットだとか。

ワインに疎いゴン麹。これを機会にワインに目覚められるかもー、なあんてことを思いつつ
我がランチ胃袋の場「オニオン」のラストランチを堪能しました。

閉店というのは、寂しいけれど、移りゆくことも変化することも自然の摂理。

おしまいは、はじまりでもあります。

ご主人のグルメへの探求心がさらなる高見へとジャンプするということに応援せねば♪

y(^ヮ^)yy(^ヮ^)yy(^ヮ^)yy(^ヮ^)yy(^ヮ^)yy(^ヮ^)yy(^ヮ^)y

「かにころー、 ちきんそてー、 かれーらいす。 かつどーん。 しらすどーん。 はやしらいす♪
みーとおむれつ。 きゃきふらーい ♪」歌えてしまうゴン麹。
オニオンのメニューで食べられなかったものはまだまだたくさんありました。

c0059278_18175789.jpg


ランチビア150円。これが一番のお目当てでもありました(^_^;)O


c0059278_18222828.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


●新店舗情報
店名:旬の野菜の蒸し料理とワインのお店『san-go』
住所:東京都港区赤坂2-14-34 赤坂パロスビル1F
オープン日時:12月16日
by gon1442 | 2009-12-05 18:19 | 日本:お店 | Comments(0)

黒糖を楽しむ会

ずいぶん前のお話になりますが

東京有楽町の国際フォーラムのなかで「黒糖焼酎、朝日を楽しむ会」というイベントがあり、
参加してきました。(10月24日)

c0059278_1843328.jpg


鹿児島の沖合、奄美大島の向かいに浮かぶ、小さな島、喜界島にある
朝日酒造さん。
知ってる!とという酒好きさんの声があちこちから聞こえてきそうですが、
今回は贅沢にその朝日酒造さんで造っているお酒、全銘柄が呑み放題
そして奄美の郷土料理をいただくという、食いしん坊&呑み助には涎がでる趣向だったのです。

まずは朝日。25度と30度ありますが、今回は25度。

c0059278_1875072.jpg

「朝日」のスタンダードでしっかりした黒糖の香りや風味があり、柔らかくスッキリとした飲み口でコクのあるので、ロックでも水割りでも独特の個性をはっきりと感じることができます。

参加者の前にどん、どんと置かれた「朝日」にみんな大絶賛。
会は始まったばかりなのに、ゴン麹も含め、皆様テンション↑↑。

c0059278_18103518.jpg


奄美の味噌は黒糖焼酎との相性は抜群。塩をなめながら呑む日本酒感覚のようでいただけます。

c0059278_18112912.jpg


「朝日」ときたら、次にくるのは「壱乃醸」「飛乃流」。
両方とも蔵元の喜禎氏が、黒糖焼酎のうまさを追求するため、研究を重ね、新スタイルを目指した朝日の限定醸造。スッキリとした甘さを表現したインパクトのある香味。にんまりしますね♪

初めはロックでいただいていたのですが、なぜかピン!ときたのが
「すみません。直燗で」と無理やりオーダー。
これが正解でかつ、アウト(^^;)PPPとなるのですが、それは最後のお話。


c0059278_18154220.jpg


レギュラー銘柄だけでなく、蒸留したての秘蔵酒も今回はいただくことができ、
もう心はうはうは。顔はまっかっか。

イエーィ♪♪(((б(*`・´)∂)))♪♪ノリノリダゼィイエーィ♪♪(((б(*`・´)∂)))♪♪ノリノリダゼィ

参加者全員、皆お友達♪

ウェーブ!!\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/ウェーブ!!ウェーブ!!\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/ウェーブ!!

c0059278_18155596.jpg

油そーめん♪
大好きな一品で、1分もたたずにぺろり。(めんくい団ですからv( ̄∇ ̄)ニヤッ)

2時間半の会の間、喜禎夫妻は各テーブルで、参加者の方々とお話トーク。

c0059278_18195422.jpg

真剣な表情はさすがです。

そしてなんといっても今日の大目玉は喜禎ルミちゃんの手作り鶏飯。
数年前、喜界島を訪れたとき、「いつか食べさせてくださーい」と約束していた鶏飯。
東京で、実現しました。

c0059278_18223910.jpg


願いとは突然かなえられるものです。わぁい ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ わぁい♪

じゃあ、次の願いは喜界島で鶏飯いただかないと!
この願いはいつ実現するのか・・・。

直燗の魔力もすごいもので、視界がぐにゃぐにゃなる感覚に
危険信号発令!!!
「もうやめときなー」という指令がでてまいりました。

ここで無理すると、大虎がでてくるので、
もっと呑みたい気分を我慢して、終了。
2時間半。黒糖焼酎だけで過ごしたことは久しぶりだったので、新鮮な余韻に満腹幸心。

お料理との相性も勉強になりました。d(* ̄∇ ̄)=====bd(* ̄∇ ̄)=====b

ゴン亭呑み会のとき、黒糖オンリーというカテゴリーをつくってみるのも酔いですね。

おいしい出会いに感謝です。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-03 18:28 | 日本:焼酎 | Comments(0)

部屋着♪(*^ ・^)ノ⌒☆は……

c0059278_1333714.jpg

今、部屋着として大活躍してるのが(*^-^)b、鹿児島の大海酒造さんの『海が好き』トレーナー。

実はコレ、蔵のYさんが着ていたのを、
「欲しい欲しい」と無理にお願いして、手に入れた服です(><;)。
ついつい無理をいってしまうこの性格。すみません(^_^;)。
そのぶん、しっかり、蔵のお酒(^o^;)飲みますので(≧▽≦)ゞ。Yさん。(^人^)m(u_u)m
gon(^▽^)o

」」

↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-12-03 13:03 | 酒:その他 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite