ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バンブーでパンダ?気分・・・

横浜へ出かけたときのこと。
山下公園で氷川丸などのライトアップをみつつ、
素敵な夜のデートスポットを
フラフラしている・・・gon麹。

探し求めているのは・・・人ならぬ

やっぱりお酒でした。


c0059278_10162217.jpg


本当は食前酒です・・・
by gon1442 | 2008-08-29 10:26 | 日本:スピリッツ | Comments(8)

はいってみなくちゃわからない!? あやしい佇まいの屋敷前

怪しい。

ここはゲゲゲの鬼太郎屋敷か? といわさんばかりの佇まい。
怪しくゆれる赤提灯にかろうじて、飲み屋か・・・とわかるその風情は一種独特。

そんなお店は
北海道、稚内にあります。

c0059278_10461134.jpg



その名も・・・あの大泥棒の・・・

妖怪?屋敷(笑)で・・・北の酒
by gon1442 | 2008-08-26 11:28 | 日本:お店 | Comments(2)

横町でみつけた うまうまおでんとうまうまお湯割り

駅のすぐ近くの様子といえば
風情ある飲屋街が続く横町と名のつく場所がありますね。

渋谷駅近くも、
呑み助なら、誰もが知っているのんべえ横町があります。
さそわれる赤提灯に店内の灯り。
ホタルが甘い水を求めて飛び交うように、のんべえ横町には
飲み助という名のホタルが集います。

今回はその甘い水のひとつ、
横町の奥にある『なだ一』の暖簾をくぐってみました♪


c0059278_1062272.jpg





※写真ぶれてますので・・・あしからずご了承ください。

ひとりでもおいで♪
by gon1442 | 2008-08-25 10:44 | 日本:お店 | Comments(0)

影響されるもの・・・

本や小説、テレビドラマなど・・・に影響されて、
つい、その場面にでてきた場所や食べ物、風景を求めてしまうことが
多々あります。


池波正太郎さんや司馬さんの世界は特にそう。

旅したくなるし、その時代へタイムスリップしたくなる。

そんな世界をつくりあげる巨匠には影響されます。


c0059278_1464981.jpg



ここ2ヶ月あまり・・・お昼のテレビで『新・上海グランド』が放映されはじめました。

あの一世風靡した『上海グランド』のリメイク版ですが・・・

混沌していた時代の上海が舞台となっているストーリーです。

欠かさず・・・といいたいですが、さすがに無理。
それでも、見るたびに、ひきこまれてしまうのは・・・
脚本がいいのか、役者がうまいのか・・・
監督が上手なのか・・・

単なる自分がミーハーなのか・・・(←これだろう(^^;))

お昼ご飯を食べつつ、見ていると・・・
ついつい・・・紹興酒が飲みたくなるのも事実です。

そして・・・禁断症状がひどくなると、横浜中華街に飛んでます。

※本当は行きたいんですけどね。今の上海は・・・綺麗すぎます。昔はもう少し味があったんですが・・・おまけにサーチャージが高すぎます(落涙)

本でも映画でもドラマでも
物語のなかで、つい味を感じてしまう作品は
いいものです。酔い酔い♪世界を与えてくれます。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



酒DATA)
銘柄:関帝陳年5年花彫酒
度数:17度
備考:中国三国時代の英雄、関羽の敬称がつけられた関帝は品質が最高の紹興酒でありながらリーズナブルな価格で飲める。色は美しい輝きのある琥珀色で5年間の熟成が生み出す円熟した味わいに豊かな香りが見事に絡まって口のなかを豊かな心地にしてくれる。
by gon1442 | 2008-08-22 14:12 | 本人:ひとりごと | Comments(4)

島酒集合(東京)

【告知】

東京の島で造られている島酒が明日、東京竹芝フェリーターミナル内の東京あいらんどに

集合します♪


c0059278_100305.jpg


八丈島や大島、新島のお酒。
なかなか個性があって、gon麹としても大好きなお酒ワールドです。

今回は新島の宮原酒造さんや八丈島の八丈興発さんのお話しもあり、
飲むだけでなく、酒話しのいろいろなことを教えてくれるそうです。

これは楽しみ♪

すでに参加締め切りになっていますが、電話連絡をすれば、参加可能です(昨日はそうでした)。

興味関心あるかた。
早めに電話にGO!

東京愛らんど広報宣伝部事務局
電話:03-5728-8247までご連絡を。

c0059278_102972.jpg


日程は
8/23(土)
14:30~16:00(開演受付は14:00)
東京愛らんど(竹芝客船ターミナル内)


東京に島ってあるの? と思われている方。

あるんですよ。たーくさん。

小笠原諸島も実は東京なんです♪(かなーり遠いけど)




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


イメージ画像(撮影協力)

店名:梁山泊
料理:八丈島郷土料理
住所:八丈島八丈町三根 1672
電話:04996-2-0631
URL:http://www.rzp.jp/
備考:地元郷土料理を中心に近海の魚介類の島料理。
地酒焼酎はカメ仕込で一杯からでもオーダー可能。島寿司のみ要予約。
これは! という今はもう飲むことのできない昔の島酒もあるが、これは眺めているだけ・・・(^^;)
by gon1442 | 2008-08-22 10:07 | 日本:焼酎 | Comments(0)

恐るべし・・・土佐人・・・

呑み助に「呑みすけにもほどがある!」
と、いわせてしまうという強者。いますよね。

酒飲みの多い地といえば、各地あげられますが、
今のところ、gon麹のなかで・・・
ここトップ3だろうと思えるお国が土佐の国。

今回、土佐の美味しいお店を教えてくれるという酒呑み姐であるぼけみ姐さんと
高知駅で待ち合わせたのは、太陽カンカンに照りつける15時でした。





c0059278_1241817.jpg


この時間で・・・満席ですか?
by gon1442 | 2008-08-21 13:02 | 日本:お店 | Comments(2)

すぐそばなのに・・・たどりつけない気持ち・・・


c0059278_1142728.jpg





確かこのへん・・・

おぼろ記憶で居酒屋界隈を歩くことがあります。

近くまできているはずなのに・・・
なぜか見覚えある景色がでてこない。

近くまできているはずなのに・・・
どれも同じ景色にみえてしまう。


そんなもどかしい思いが・・・
思いを募らせ
さらに期待をふくらませてくれるという

厄介な(爆)シチューエーション。

でも数分我慢すれば・・・

迷思いをふきとばしてくれる一杯と雰囲気がむかえてくれる。

そう思えば・・・誘惑する他の赤提灯にごめんといいながら、
駆け足になっています。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


酒DATA)
酒銘:さつま寿 
蔵元:尾込商店
度数:28度
備考:芋芋しいふくらみのある香りや丸みある味わいは・・・お湯割りで♪ いい酔い酔いとなります。


撮影協力:醸し屋素郎
住所:北区赤羽1-39-8サアムビル1階
電話:03-3598-5465
URL:http://www.kamoshiya-slow.com/
by gon1442 | 2008-08-21 11:49 | 本人:ひとりごと | Comments(2)

デザート感覚で・・・スイカ味の発砲酒

スイカ酒というものがあると聞いたのは数日前。

知り合いより、松山にスイカ酒があるけんと連絡があり、
どんなものだ? と楽しみにしていると・・・

届いたのはスイカ・フィズという飲み物。

c0059278_4303280.jpg


イメージ的にファイブミニのスイカ版?という感じです。

はたして、その事態は???というと(-^)P

スイカのエキスを使った飲み物でした(爆)。

しかしながら、アルコール%はエキスとともに5%。
愛媛県大洲市産「エコラブスイカ」使用しており、

スイカ独特の 爽やかさがあります(でも美味しいかどうかは飲み手次第)。

そのため、もちろん、このスイカ・フィズを飲んだあとは
運転はNG。



原料となるスイカは愛媛県大洲市“JA愛媛たいきスイカ部会” こだわりの「エコラブスイカ」。
夏の果物の王者のスイカですから、女性を中心に人気はあるようです。
さらに、最近の健康ブームで
スイカには、抗酸化作用や代謝向上などに効果があるとされる機能性素材「シトルリン」を含んでいるということから、さまざまな食材に利用されているので、
これまた人気がでるのかもしれません。

製造方法は種を取って中心の甘い部分を
手作業という手間をかけながら抽出するそうで、
シーズンの夏場に搾り立ての冷凍果汁に加工します。


1回の仕込みにスイカ約20-30個がが必要とのこと。
そのため年間の仕込み回数は3、4回だとか。

酒好きですが、スイカも好きなキリギリスgon麹としては
「そのまんまスイカ食べたほうが栄養ありそうだけど」
と、内心思いますが(爆)、ま、ご愛嬌の商品。

造り手もあの手この手で考えた1本なのでしょう。

ちなみにこのスイカ酒、スイカ・フィズを作り出したのは
愛媛県の松山市の水口酒造さん。
こちらのお蔵さん
スイカ・フィズのほかにも変り種が多く、
トマトをつかった・・・トマト・フィズ
しまなみ諸島の岩城島のライムをつかった・・・ライム・フィズ
のほか・・・サクラ・フィズやチョコ、和風シャンパンと呼んでいるソーダー・フィズなど
があります。


そうそう。日本酒をつかった化粧水、「道後美水」も発売されていました。

酒屋? を超えた・・・(爆)、元気なお蔵さんです。


次なる変り種酒はなにがくるか。
かけましょうか!うどん一杯・・・・・・。


DATA)
お蔵情報:
水口酒造
住:愛媛県松山市道後喜多町3-23
電話:089-924-6616
備考:道後温泉の地で親しまれている蔵。道後ビール、道後焼酎など地元を盛り上げるために奮闘中。日本酒も道後蔵酒としてさまざまなものを展開している。






↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-08-18 04:36 | 日本:酒関係 | Comments(4)

日本の北っぽで飲むビール

あちこち・・・お酒の匂いをかぎつけては彷徨っているgon麹。

今回、ふらりと放浪した先は・・・日本のなかでも北っぽ!

北海道、稚内です。

いやー。夏の時期はカラっとしてて・・・いい場所でした。

そんな稚内で・・・目を引いたのが・・・


サハリンビール。


サハリン。樺太。

露西亜産です。


c0059278_11445424.jpg


国境の味
by gon1442 | 2008-08-12 12:05 | 世界の酒:ビール | Comments(2)

教本!? 小粋な飲み方


いつも根が生えたように
酒屋につくと居座るのクセが抜けず・・・

スッとかっこよく呑む人に出会うと
憧れます。

真似をしようとしても、なぜかダウン。
途中から、根が生えてしまうのがgon麹です。

そんなとき、酒姐でもあるぼけみ姐から素敵な御本の紹介をいただきました。

名づけて! 
「かっこよく呑むための心得」(gon麹バージョン)です。

c0059278_1052065.jpg


『ひとり呑み 大衆酒場の楽しみ 』 浜田信郎著@WAVE出版

小粋な飲み方とは・・・
by gon1442 | 2008-08-01 11:06 | 酒:その他 | Comments(6)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite