ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヴェルナッチャの白からはじまった伊太利亜酒旅

伊太利亜から戻り1週間。
時差ぼけ?単なるなまけクセの寝不足症候群は完治?し
いつもの日々が流れています。

思い出しても伊太利亜10日間は
gon麹としては圧巻の旅。

昼前のビアからはじまり
ワイン、ワイン、ビア、ワイン、グラッパ、カクテル・・・etcと毎日過ごし・・・
生まれてはじめてアルコールが消えた日がない1週間弱でした。
(なぜか毎日呑んでいるようにおもわれているgon麹ですが、実は1週間に2,3日)

それでも、なぜか大虎になることもなく
ましてや、二日酔いになることのない伊太利亜酒三昧。

よくヨーロッパにでかける仕事仲間のKさんに聞いてみると
ヨーロッパの水と一緒にワインなどお酒を飲んでも酔いにくいという逸話があるとか。

それなんだろうか???と
首をかしげつつ、気にせずにいたのはいうまでもありません。

c0059278_22242328.jpg


伊太利亜一日目のよき酒との出会い
by gon1442 | 2008-06-29 22:25 | 世界の酒:醸造酒 | Comments(4)

ぶらじりあん?とは

仕事仲間のAさんと渋谷で呑んでいると

不思議な飲み物の名前を発見。

ぶらじりあん泡盛。


そんな名前の泡盛。聞いたことがない!
そこで、オーダーをしてみることに。

でてきたのは・・・黒いお酒。
香りは・・・珈琲。
味は・・・珈琲に強い度数の酒。

聞いてみると、泡盛に焙煎させた珈琲豆を漬け込んだものだという。

焙煎しているせいなのか・・・
泡盛独特の風味は消え
珈琲の香りが強い。

「女性の方はお好きのようです」と笑顔のおにいさん。
カワイイ顔しているので、つい笑顔になるgon麹ですが・・・
このぶらじりあん泡盛だけは・・・いただけない。
ううん・・・泡盛の旨みが・・・消えている。
これなら泡盛じゃなくても・・・米焼酎とかでいいのでは?とふと思えた。

つけ込んだ泡盛は久米仙酒造の島思い


c0059278_1539296.jpg


泡盛独特の黒麹のパンチ力は・・・
珈琲に飼い慣れちゃってます。
惜しいな・・・・。



ぶらじりあんって・・・珈琲ということなのね。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-29 16:36 | 酒:飲み方 | Comments(0)

チナール

ボンジョールノー!
伊太利亜酒旅続けておりますgon麹です。

さて、今回は・・・


チナール

はじめて聞くお酒の名前です。
でも、これ。前回ご紹介した、アーティチョークのお酒。


c0059278_161339.jpg



薬酒のような風味で、
どちらかというと杏露酒のような口当たりに
ドクダミみたいな苦味があります。

一口めは思わず、顔が止まってしまいますが・・・・

ゆっくり飲むとこれが癖になる味で・・・。

しかも!これ。かなりの度数。
体にいいことはわかりますが・・・動悸が後から大波のように襲ってくるので
お酒の弱い人にはお勧めしません。

不詳gon麹でさえ、歩いている途中でふらふらになりました。
アーティーチョークをベースに数種類のハーブを加えたリキュールなので
ストレスを発散するお酒だとか。

c0059278_1612595.jpg


これは、日本の皆さんにおススメのお酒?かしら。
もうひとつ!

アーティーチョークって脂肪をへらす作用があるそうで、
思わず、にんまりしましたが、
周りを見渡すと・・・伊太利亜の皆様。かっぷくよろしいようで。

なんとも(爆)。

日本で見かけることがあれば、一度、チナール。挑戦してみてください。

チャオ!




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-17 16:03 | 世界:リキュール | Comments(4)

挑戦!? アーティチョーク(朝鮮あざみ)

ボンジョールノ♪

伊太利亜で酒旅を続けていますgon麹です。
昨日から、伊太利亜の食の地、ボローニャにきています。

そのなかで、おぉ。これは・・・というお酒の肴によさそうなものを発見!

c0059278_22241487.jpg


アーティチョーク。
日本名ですと朝鮮あざみです。

一見、食べられるの?という外見ですが
これがまた旨い!

大きなツボミの中心部にある柔らかいガクと花托を食し、
すフランスやイタリアではとくに好まれています。

ちょうど、今の季節から秋口まで、伊太利亜の市場にはアーティチョークが山積みされており、
食にうるさい伊太利亜っ子はこぞって購入しているそうです。
ゆでたアーティチョークはユリネやジャガイモに似た舌ざわりに似ています。
あと、キャベツの芯かな。
繊維もたっぷりです。

今回、ボローニャの惣菜屋でこのアーティチョークの酢漬けを発見。
早速いただきました。

甘酸っぱくて、食べやすく、
味の濃い伊太利亜料理で胃をやられていたgon麹にとって
救いのメニュー。

昼からビアと一緒にぱくり。

c0059278_2228516.jpg



見た目はちょっと・・・ですが、そういう食材って、ほんと美味しいんですよね。

焼酎に合わせるなら・・・米焼酎がよいかと思います。
日本酒は・・・ちょっと難しいかな。
かなりの辛口ならよいのかもしれませんが・・・・・

さ、今からボローニャの食の市場。散策してきます。
ビールを片手に・・・チャオ!




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-16 22:30 | 世界:肴(アテ) | Comments(2)

バッサーノ ディ グラッパ

伊太利亜へ。

いってきます。
今回は北伊太利亜。

ゴン麹として一番のメインイベントは!バッサーノ ディ グラッパへの訪問です。

c0059278_218679.jpg


そう。酒呑みなら、一度は訪ねたいグラッパの聖地。

グラッパとはワインを醸造する際に出た葡萄の搾り残しを再発酵させた、アルコール度40度前後の蒸留酒で
古くは北イタリアの葡萄農家や、貧しい労働者が自分たちで飲む為に作り出した庶民のお酒でした。

いろいろな種類があるとか。
いろいろと飲んでこようと思います。
(もとい、勉強してこようと思います)

体調は完璧とはいえませんが、
暴飲暴食だけは避け、一週間ばかり・・・
伊太利亜の酒事情、のぞいてきます。

オススメの伊太利亜のお酒、あれば、是非、皆様。教えてください。(^_^)

ではいってきまーす。

※こんな時間に起きているということは・・・はい。原稿、まだ1本しあがってません。
飛行機は爆睡確定です。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-14 02:18 | 世界の酒:蒸留酒 | Comments(0)

ビールあいす

c0059278_1994755.jpg

c0059278_1994758.jpg

c0059278_1994747.jpg

旅の途中、面白いアイス見つけました。
こういうものに反応するのが…麹菌の宿命でしょうか(笑)。

香川県の地ビールを使ったアイスで、味はきなこっぽいざらみのある甘さです。
これホップなのかなあ?

アルコール度数は1%未満。でも、運転は駄目ですよ(*^-^)b


黒糖アイスのようなコクあるデザートアイス。

ご興味ありましたら、一さじどうぞ。


四国の高松空港にあります。
by gon1442 | 2008-06-05 19:09 | 日本:ビール | Comments(2)

現役呑み助

実家に戻り、
祖父と久しぶりの団欒。

うちの家系。

誰もが認める・・・
飲める家系です。

だからこそ、美味しい酒が手にはいると、飲める者どおし、
手招きして、自慢しあうのが恒例(爆)。

「おかえり。荷物おいたか? ええもん見せてやろう」

そういって取り出してきたのが、沖縄の泡盛でした。

c0059278_9535586.jpg


宮古島 豊年
by gon1442 | 2008-06-05 10:07 | 日本:泡盛 | Comments(2)

変り種発見。

みて・・・・・

みてしまいました。

仕事中でしたが・・・・


c0059278_23162562.jpg



この子と。
目があってしまいました。

洋酒ボトルの合間に見え隠れする・・・なんて謙虚な!
と思いきや、いやいや、我はここにあり! といわんばかりのポジションに
仕事を忘れて、思わずクスクスと笑いそうでした。


小川の干し芋


こう記載すると、干し芋の紹介みたいですが、
ここはgon麹の館。

もちろん、酒です。(-^)。


変り種の焼酎のひとつですね。

この子は鳥取県、小川酒造さんの子。
小川さんは、もともと、日本酒の蔵元さんでしたが、
今は焼酎オンリーの蔵として復活されました。

この子の性格は
干し芋のよさをだした焼酎といえばいいのですが、
本来の芋焼酎が好きな方でも、楽しめる1本です。

ただ、心にどっかんと響くような感じはまだまだでしょうか。

干し芋はそのまま食べると糖度が増して、かなり甘いですが、
焼酎になると・・・紅芋や紫芋とは違った甘さを感じられます。

キャラメルを薄味にしたような・・・ バナナの甘さというか・・・

え?想像ができないですか。
そういう方は、一度飲んでみてください。

減圧なので、口当たりはあっさりめ。

女性は好きかもしれませんね。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-04 23:23 | 日本:焼酎 | Comments(0)

北イタリアへ

来週末より1週間弱。
北イタリアを散策してきます。

ボローニャを中心に、あまり有名でない都市めぐり。

ボローニャーというとパン! と食いしん坊のgon麹はすぐに手をあげてしまいます。
その様子に、仕事先の同行者は目が・・・・怖い。

ええやんけーとつい突っ込んでしまいそうになりましたが、
出かけるまで、お勉強タイムです。

もちろん、イタリアといえば・・・ワイン♪

飲んできますよ!
空き瓶はさすがに持って帰れないので・・・(爆)。

ラベルをはがしてこようと思います。ね、ひるねさん♪


飲み食いだけが得意というわけではないということも
今回、証明せねば!

世界最古の大学もスリスリしてきます。(病)

まだ行くのは少し先。
そのまえに・・・仕事。たまってますぜ。●●さん(自己悟)




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-06-03 12:39 | 酒:その他 | Comments(2)

ご近所散策・・・

R246

歌の歌詞によくでてきます?よね。

うちの近くに走っていますが、
五月蠅いので(笑)、あまり好きではありません。
でも、このR246。
意外と美味しいお店。並んでいるのです。

c0059278_12152315.jpg


ビルの二階でしっぽりと。
by gon1442 | 2008-06-03 12:30 | 日本:お店 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite