ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本:酒関係( 15 )

どうなる!酒税!(>_<)

まもなく民主党が政権を握る。
いつまでもつかな……と冷ややかに見ている部分と
良い方向に変化すればいいのに……と思っていた。

さて、夕べ。
税金のことについての番組があった。

c0059278_6434175.jpg


そのなかで……酒税についての内容があり、思わず魅入ってしまった。

簡単にいうと、アルコール度数に比例した酒税になるのだという。

今までは中にはいっているもので酒税が加算されてきた。

c0059278_6354560.jpg


ビールは5%酒税だったので現在かかっている酒税が77円。
それが……35円となり42円ダウン。(^o^)これはうれしい。
発泡酒は5.5% だから、47円の酒税がかかっている。
それが38.5円になるのだから8.5円のダウン。(^o^)これもうれしい。
第3ビールは5%で現在28円だった。
が、民主党案になると……35円となり、7円UP!! (-_-)……はじまった。

日本酒や焼酎となると!!!!もう大変。

c0059278_6362591.jpg


日本酒は15%で、86.4円だった酒税は……216円となり、129.6円UP!
焼酎は25%……考えたくないが……225円が450円となり、なんと綺麗に2倍。225円の増加。


日本のビール税は世界のなかでも高いほうだという。
なので、ビールが下がるのは酔いモノの……
日本酒や焼酎があがるのは……酒呑みとしてはなんとも複雑だ。

今度の政権は……民主党さんはビール党なのか?!
(^_^;)そう考えてしまったゴン麹。

たばこ税や車税など嗜好品は税金をとるのはあたりまえ。
もちろんお酒もそうだけど……。

呑み手が危機感ある以上に、造り手はもっと深刻な状態のはず(>_<)。
大手はともかく、家族経営などのところは……(T_T)

税をどこからとるか。
新政権もいろいろ考えているのだと思うけれど、
どうせなら、国会議員の給料から税金とってくれーと
叫んでしまいそうな心境であるのは、間違いない。

どういう風に変化するのか。
日本の酒の未来はまだ見えない……。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2009-09-15 06:44 | 日本:酒関係 | Comments(6)

いまだからこそ読む

最近、お邪魔している池袋、BETTAKOのご主人が書かれた『究極の焼酎を求めて』(小学館発売)。

狂っていたような焼酎ブームが消えた今だからこそ
しっかり読んでおきたい1冊である。


c0059278_1282992.jpg

小学館発行 1,365円 発売中 


数ある焼酎本のなかで、
これほど厳しく、耳がいたく、おもしろく
そして、これからあるべき焼酎とは、酒を飲むとは…と考えさせてくれる内容は

一度読み、二度読み、三度読んでも、常に読んだ!といえないのが今のgon麹。

なんで?と首をかしげた頁もあれば、なるほど……と頷き、
うわー!と思わずパタンと閉じた頁もありとてんこもりだ。

きっとそれは読んだ人、それぞれにそれぞれの頁で思い当たる心境になっているんだろうなと
思う。

焼酎を美化せず、読者をおもしろがらせずに、
そしてマインドコントロールを決してしないスタイル。
BETTAKO店主そのものが本のなかに凝縮されていた。

手にして数日は耳が痛い、苦手だ……という気持ちが覆い被さった本。
gon麹宅の酒本コーナーでも他の酒本とは一線おいた雰囲気があった。

でも、なぜか……なにか読もうかと本棚へいくと手にし、ぱらぱらめくっている自分がそこにいた。

痛いこと書かれているのに・・・
どうしても覗いてしまう。
(これがM気質なのだろうか???☆(ノ_ _)ノ アゥゥ ☆(ノ_ _)ノ アゥゥ )

何度読んでも
同じ文面を読んでも
そのときごとに新鮮さ、苦々しさ、
そして焼酎に出会ったときの初心を思い出させてくれる

稀な一冊。

いまだからこそ、読んでおきたい。
酒飲みなら、酒好きなら、ぜひ手にとっていてほしい

gon麹オススメ度100%の一冊である。
※すでに持っている人は周りに営業しちゃいましょう!

(* ̄(エ) ̄)/☆【究極の焼酎を求めて/達人の焼酎遍歴 金本亨吉著】☆\( ̄(エ) ̄*)


ちなみに、池袋のBETTAKO
何度か訪れて、ようやく10秒ほど・・・(^0^)∠店主とお話し?できました。
次回は15秒目指して・・・ 笑いながら酔い酔いタイムを過ごしたいなあああ(願望)。
またふらりドキドキドキンちゃんで小窓から覗いていこう!
o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o o(-ω-o)(o-ω-)oo(-ω-o)(o-ω-)o

c0059278_12282026.jpg

といいつつ、図々しくサインいただいたgon麹。
これで毎夜眺めてにんまり、よだれたらりー。
そして、戒めで頭痛がガーン。は確定です。(^^;)



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-12-11 12:32 | 日本:酒関係 | Comments(2)

デザート感覚で・・・スイカ味の発砲酒

スイカ酒というものがあると聞いたのは数日前。

知り合いより、松山にスイカ酒があるけんと連絡があり、
どんなものだ? と楽しみにしていると・・・

届いたのはスイカ・フィズという飲み物。

c0059278_4303280.jpg


イメージ的にファイブミニのスイカ版?という感じです。

はたして、その事態は???というと(-^)P

スイカのエキスを使った飲み物でした(爆)。

しかしながら、アルコール%はエキスとともに5%。
愛媛県大洲市産「エコラブスイカ」使用しており、

スイカ独特の 爽やかさがあります(でも美味しいかどうかは飲み手次第)。

そのため、もちろん、このスイカ・フィズを飲んだあとは
運転はNG。



原料となるスイカは愛媛県大洲市“JA愛媛たいきスイカ部会” こだわりの「エコラブスイカ」。
夏の果物の王者のスイカですから、女性を中心に人気はあるようです。
さらに、最近の健康ブームで
スイカには、抗酸化作用や代謝向上などに効果があるとされる機能性素材「シトルリン」を含んでいるということから、さまざまな食材に利用されているので、
これまた人気がでるのかもしれません。

製造方法は種を取って中心の甘い部分を
手作業という手間をかけながら抽出するそうで、
シーズンの夏場に搾り立ての冷凍果汁に加工します。


1回の仕込みにスイカ約20-30個がが必要とのこと。
そのため年間の仕込み回数は3、4回だとか。

酒好きですが、スイカも好きなキリギリスgon麹としては
「そのまんまスイカ食べたほうが栄養ありそうだけど」
と、内心思いますが(爆)、ま、ご愛嬌の商品。

造り手もあの手この手で考えた1本なのでしょう。

ちなみにこのスイカ酒、スイカ・フィズを作り出したのは
愛媛県の松山市の水口酒造さん。
こちらのお蔵さん
スイカ・フィズのほかにも変り種が多く、
トマトをつかった・・・トマト・フィズ
しまなみ諸島の岩城島のライムをつかった・・・ライム・フィズ
のほか・・・サクラ・フィズやチョコ、和風シャンパンと呼んでいるソーダー・フィズなど
があります。


そうそう。日本酒をつかった化粧水、「道後美水」も発売されていました。

酒屋? を超えた・・・(爆)、元気なお蔵さんです。


次なる変り種酒はなにがくるか。
かけましょうか!うどん一杯・・・・・・。


DATA)
お蔵情報:
水口酒造
住:愛媛県松山市道後喜多町3-23
電話:089-924-6616
備考:道後温泉の地で親しまれている蔵。道後ビール、道後焼酎など地元を盛り上げるために奮闘中。日本酒も道後蔵酒としてさまざまなものを展開している。






↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-08-18 04:36 | 日本:酒関係 | Comments(4)

いまさらながら・・・初体験 


うだるような気温が続く日本列島。
ぎんぎんの太陽がでているときは
部屋のなかでぐったりしている毎日。

こんなていたらくでいいのか・・・と思いつつ
夕暮れ近くなり、赤提灯や白い暖簾が軒先にかかるころ・・・

元気になっているgon麹であります。

さて、今年はビール消費量がかなーり多いと
自分でも確信している毎日。

メタボにならないように? 気をつけているつもりですが
やはり、気になる健康。

そこで・・・これはどうだ?と薦めてもらったのが・・・

ホッピーでした。

c0059278_2322577.jpg


今更ながら ホッピー本格デビュー
by gon1442 | 2008-07-27 23:34 | 日本:酒関係 | Comments(6)

気をつけるべし。落とし穴の飲酒測定

大寒は過ぎても
まだまだ寒いですね。
節分まではこの寒さ。持続しそうです。
暖房の前で猫状態。
なかなか、外にでられません。

こう寒いとやはりでている屋台は

甘酒

c0059278_17281371.jpg



甘酒あります!という垂れ幕や看板みると
足が向くのは私gon麹だけではないはずです。


甘酒って!!!寒いときの気つけ剤、カンフル剤♪ですね。(^_^)v



c0059278_17283433.jpg



さて、そんな甘酒でこんなニュースに驚きました。


粕汁で酔っ払うのか?…粕汁を2杯食べて「飲酒運転検挙」

ブログリンクをしている酒粕倶楽部さんで見つけた情報です。

最近、酒粕・甘酒・粕汁・奈良漬で飲酒運転で検挙される方が増えているそうです。

確かに、飲んだら飲むなというのは原則。
酒呑みたるもの、これを守れないと!飲む資格はなしです。

しかし、奈良漬け、粕汁は、弱い人など、飲酒検知濃度にひっかかるのは分かるのですが…

甘酒というのに・・・・ちと首かしげ。n(ー_ー?)ン? n(ー_ー?)ン? n(ー_ー?)ン?
甘酒って、アルコール度あったっけ・・・・・・・・・。

そこでいろいろ分析をしたそうです。

甘酒では水800ccに酒粕200gを加えて、弱火で13分煮立てた実験。

その結果!
甘酒の100g中1.7g。

は! しっかり検知されるアルコール量。
この1.7はビール78ml飲んだアルコール量と同じレベルだそうです。

低いとはいえ、しっかり飲酒運転です。

寒いからと、軽く一杯、甘酒をいただき、
直に運転はNGNGNGNGNGNGNG

( ̄  ̄|||) ( ̄  ̄|||) ( ̄  ̄|||) ( ̄  ̄|||) ( ̄  ̄|||) ( ̄  ̄|||)

酒粕はアルコール分を含んだ素材。
わかってはいたつもりの落とし穴。

寒さの甘酒。

c0059278_1729158.jpg

惹かれつつも、自重していただかねばならないようです。


※今回の甘酒検挙は酒粕をつかった甘酒の場合です。米のみでつくりだす甘酒のことではありません。


↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-01-28 17:29 | 日本:酒関係 | Comments(0)

謹賀新年 

あけましておめでとうございます。

今年もgon麹と酔い談義に花を咲かせてくださいませ。

私の実家は四国。
神社関連の家に育ったため
年末は神様中心の掃除にかかります。

お墓参りもそうですが、
神棚の掃除が一番。

お神酒ももちろん、ささげます。

毎年選ぶのは亡父が杜氏をつとめた、金陵のものがなぜか習慣となり、
母とふたりで適度な大きさの日本酒探しとなりました。

今年は、吟醸。
c0059278_1347367.jpg



神様になった父も氏神さんとともに新年の宴をしているのでしょうか。
たぶん、少ない!っていっているんだろうな・・・と想像しつつ、
少ない分は私が飲むのでご容赦をとぺこり。


元旦の朝。
「あけましておめでとうございます。今年も酔い年を(笑)」とご挨拶してなんとか一息です。

さ、今年もいい年になりますように。
よろしくでチュー。

c0059278_13491928.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-01-01 13:50 | 日本:酒関係 | Comments(0)

おあずけでした。


人形町方面へ出かけたときのこと。

次のアポまで時間があるので、

甘酒横町ぶらり散歩に決定。

さあて・・・・・・おめあてのアレ。


あるのかなーとキョロキョロしていると


c0059278_10473758.jpg



o(TヘTo) くぅ

o(TヘTo) くぅ

o(TヘTo) くぅ

残念! (古)。


さて、甘酒というと冬の飲み物というイメージをもちます。
でも、実は季節は夏。

夏の飲み物なんです。

江戸時代には、夏の飲み物としてポピュラーに売られていたようで、

俳句の季語にも甘酒は夏の季語となっていますね。


これには驚き桃の木山椒の木です。(・w・)(・w・)(・w・)(・w・)


そもそも甘酒とは

米麹を発酵させたもの。
でんぷん質を糖化させるため甘い飲み物になり
アルコール分は含まれていません。(ノンアルコールです)
お酒じゃないので、ひな祭りのとき飲めるんです。未成年でもo(●´ω`●)oo(●´ω`●)o

日本酒と原料が同じでであり、
長時間発酵させると日本酒になることから

甘酒と呼ばれるようになったのだと思います。

また甘酒は栄養満点。

ブドウ糖が20%以上含まれ、
人間が生きていくために不可欠なビタミン類が豊富です。

この栄養王国の秘密は!
麹菌が繁殖するときに
ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなど
天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積し、これが甘酒に溶出されているのです。

昔からの栄養ドリンク! ビタミンドリンク!ですよ。
(チオビタ●!!の大先輩。)

また天然の必須アミノ酸を最も多く含むのは有名ですよね。

病院の点滴効果の上をいくともいわれているんですよ。

これだけ栄養満点だと夏バテ防止に最高ですよね。

でも今は晩秋。
冬に向けて……ひきこもりがちの精神に喝をいれるためにも
冬も一杯ですね♪

あーまだかな。甘酒できあがりは ( 〇□〇)ハァハァ ( 〇□〇)ハァハァ ( 〇□〇)ハァハァ
あぁ・・・カラータイマーが点滅しそうです。(ぴこーんぴこーんぽこーん)



いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2007-11-14 10:58 | 日本:酒関係 | Comments(5)

美味い酒あれば、粋な大将あり!


私こと、食いしんぼうgon麹。
仕事柄? 居酒屋探訪はあちこちしております(プライベートが多い)。

が、そのなかでも5本の指にはいる旨い肴をだしてくれるお店を今回ご紹介。


c0059278_17395416.jpg


台東区 浅草 橋口

ゆえあって、住所、電話は教えられないm(_ _)m
by gon1442 | 2007-09-14 18:02 | 日本:酒関係 | Comments(3)

深酒酔いどれ宴酒

広島の夜に酒ダイブ!

9月某所。

「飲むでい。広島で」のひと言で集まった
南、関西、東から集まった酒飲み。

深酒三昧はしご酒。
そんな記録メモです。


c0059278_0243763.jpg


たのしか酒でした。
by gon1442 | 2006-09-08 00:44 | 日本:酒関係 | Comments(6)

秋といえば……

秋といえば……やっぱり

秋刀魚でしょう♪

で、もちろん、お相手は

c0059278_2523934.jpg


こちら。

この顔が店に並び始まると

秋になったんだねと実感します。

もちろん、食欲モードも秋色モード。
食い気満点です。(いつもですが)

今秋のイチオシ秋酒はなんでしょう~か♪

さて、今日は広島で伝説の居酒屋(笑)無櫓●さんで酒呑み大会(爆)です。
無櫓火HP←詳しくはこちら♪

鹿児島某所でよくご一緒したご主人は
もうやんちゃでたくましい可愛らしい人。
しかも酒はいると討論がはじまります。

ご一緒は鹿児島S酒造より鳥●氏。
これまた酒はいると討論はじめるいいお方で兄貴分のような人。
「呑みすぎだあああ!」と叱咤激励してくれる反面、
酔っ払いも度がすぎると明け方に携帯が鳴り、「今、●●。呑もうでい!」と
無理なお誘いが。
何時やねん!場所どこやねん!県外にもほどがある!
とあっけにとられる逸話が多い持ち主です。(人のこといえませんが)
今回も「呑もうでい。場所はね広島」とふつーに電話してくる人。
兄貴は鹿児島。しかも芋焼●作りはじまった時期。
ゴン麹は東京。ははは。もはやなにもいいますまい。

ちなみにゴン麹と名づけてくれたのは鳥●氏でした。(本人覚えてないけど)
ゴン麹由来

他に大阪の方々も見えるとのこと。
酒飲み大集合です。

ははー。広島お好み焼き王国でなんか勃発しそうな予感。
まずはきつけに秋味でかけつけ3杯でしょうか。
(まだいってないって!)

きっとデロンデロンへろへろ状態で今夜は一升瓶を抱えていることでしょう。
(気をつけよっと)

マイボトルも持っていかねば……(ウーロン茶)。
ウコンも呑んで♪

いざ秋の広島に出陣♪

酒呑みの方大歓迎です。
是非、今宵、広島でお会いしましょう♪




いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします。
by gon1442 | 2006-09-04 03:09 | 日本:酒関係 | Comments(6)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite