ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本:日本酒( 123 )

がんばれ東北(茨城)! がんばろう日本。ー吉久保酒造ー

東北太平洋沖地震の被災地は広すぎて、彼の地にある酒蔵も数多い。

茨城県も被災地。
海溝できしんだ地震は震源地3箇所に及び、茨城県沖合もそのひとつだ。

茨城にもたくさんの蔵がある。
吉久保酒造さんもその蔵のひとつ。
水戸黄門のお膝元、水戸市にある。

c0059278_13234655.jpg


黒髪に刺さる簪のような雰囲気のラベルは呑み助のなかでも女性に好評だ。
名杜氏、佐々木勝雄氏の作品として、一輪の梅マークをあしらったロゴの新・一品。
きめこまかな風味の薫りが高い。
純米吟醸はとにかくお上品。
純米酒は原料米に『玉栄』を用い、米と米麹のみで造られたもので
すっきりとしたのど越しでありながら甘みあるお米の熟香がたまらない。
あえて吟醸造りにこだわらず米本来の旨味を十分に引き出すことに専念した造りである。

今回の大震災で蔵は商品破損が大きかったそうだ。蔵自体の損壊は不明。
でも人的被害の情報ははいってきていない。

まずはご無事でなによりである。
色々大変であろう。だからこそがんばってほしいが、無理はしないでほしい。
大きな余震も続いている。
まずは安全第一。人命第一。そしてストレス、不安がはやく消えてほしい。
人は体、健康、命あっての物種だ。

3月もいつのまにか後半。
周りを見渡すと山には梅や桃が咲きみだれ、
桜もつぼみを膨らませている。
春はすぐそこ。
つらい厳しい今もきっと温かく守ってくれるだろう。

c0059278_152759.jpg


私達、呑み助は今までどおり、おいしく感謝して一献、いただこう。
それが蔵復興、多くの造り手を助けることになるのだから。

がんばれ吉久保酒造!
がんばれ東北! がんばれ茨城!
がんばろう日本!

また会える、きっと笑顔に会える。「おいしい」と伝えられる……そのときまで!

「大丈夫」の判子をこれからも増やすぞ!




この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。
そして被災地の皆様が一日も早く元気になられますように。
2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を忘れません。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
蔵名:吉久保酒造
住所:茨城県水戸市本町3丁目9番5号
電話:今回は記載いたしません
URL:http://www.ippin.co.jp/
備考:震災時期です。緊急連絡以外はひかえてください。
by gon1442 | 2011-03-20 13:54 | 日本:日本酒 | Comments(0)

がんばれ東北! がんばろう日本。−花泉酒造−

2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を忘れない。

あの大地震&大津波から1週間。
かつて、これほど“生きる”“助ける”“守る”ということを常に考えていたことはなかった。
そして、国に関心のなかった自分達が『がんばるんだ日本』と、自国を思い、自国民の無事を祈り願い続けることも。

もう1週間。いや、まだ1週間しか経っていない。
生存率が極端に落ちる日数も遠にすぎた。それでもがれきの隙間、孤立された避難地から
ひとり、またひとりと自衛隊や地域自警団、各国の救済チームが助け出してくれている。

ひとりでも多くの人の無事、そして避難されている方々が風邪など健康を害されないようにと
無力な自分は祈るばかりである。

さて、四谷三丁目に引っ越しされた酒徒庵さんの日記(mixi)に福島の花泉酒造さんの無事だという書き込みがあった。

c0059278_1351415.jpg


『無事』という文字に安心した人は多いことだろう。

昨年、都内の酒の会でお会いした蔵の星さんの元気な顔、声を思い出し、自分もほっとできた。

お蔵は大正9年豪雪地帯奥会津に創業した酒蔵で、主酒は『花泉』である。

c0059278_13534555.jpg

地元南会津で昔から親しまれてきた地酒で、ふんわりとしたやさしい香りと旨味のある
女性的。(今でいうと草食系男子といったほうがいいのか?)
それでありながら後味はスルリとすっきりしており、まさに大和撫子。
しかも奥ゆかしさというべきか、
燗をするとでてくる奥に隠れた魅力は
春の陽射しのなか、ヒヨドリなどの声をききながら風を感じてのんびりゆったりしているような和み。

c0059278_1431039.jpg


最近、愛好者が増えている『ロ万シリーズ』はまた異色の世界。
『純米酒』にこだわり、
酵母には福島県開発の吟醸酵母 『うつくしま夢酵母』を使用。
初しぼり無濾過生原酒の『一ロ万(ひとろまん)』や無濾過 生貯蔵酒 の『七ロ万(ななろまん)』、
ひやおろしの『十ロ万(とろまん)』、無濾過一回火入れの『ロ万(ろまん)』と種類も様々。


c0059278_14362994.jpg


飲み比べするとその差がわかるが、酔っぱらうと……もちろんわかりません。m(_ _)m
ただ「おいしい」、「うまい」という満面の笑みで歓喜の声がでてくるのみ。

今回の地震で今までと同じ気持ちで飲むということはできないかもしれない。
でも……こういう時期だからこそ、酒呑みができることは

東北のお酒を飲もう! おいしい日本酒、大丈夫だよという気持ち。
感謝の思い、幸せを祈る気持ちをもって……

一献である。

1週間前の震災時間がすぎた。
大きな揺れのあと、やってきた自然の驚異。
しばらく黙祷である。

花泉の皆さんご無事だったことのうれしさと共に
これから福島がんばるぞ!という気持ち、現地の思いに全国の酒呑みは応援あるのみ。

がんばれ花泉酒造!
がんばれ東北!
がんばろう日本!

c0059278_1522236.jpg

@大塚:こだまさん撮影。



また会える、きっと今年も元気な笑顔に会える。そのときまで!

またひとつ「大丈夫」の判子が増えた。


この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。






↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



DATA)
蔵名:花泉酒造合名会社
住所:福島県南会津郡南会津町界字中田440-4
電話:今回は記載しません。
URL:http://www.hanaizumi.ne.jp/top.html
備考:震災時期です。緊急連絡以外はひかえてください。
by gon1442 | 2011-03-18 15:08 | 日本:日本酒 | Comments(0)

がんばれ東北! がんばろう日本。−平孝酒造−

2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を忘れない。

日がたつごとに残念な結果も多くなるが、いい情報もどんどん入ってくる。

うれしい便りがまたひとつ飛び込んできた。

c0059278_167618.jpg


宮城県石巻市にある平孝酒造さん、蔵元はじめ皆様無事という知らせだった。
社長が無事だというのは2,3日前に知っていたが、皆さんどうかと不安だった。
だからこの知らせはうれしい。

「石巻の蔵元「日高見」の平井社長と先ほど電話つながりました。蔵は再建可能。蔵人とその家族は全員無事」

この知らせをいただいたのは、同じく被災地に蔵のある南部美人さんである。
今日、南部美人さんの情報が手にはいってから続々とうれしい知らせや情報が飛び込んで来ている気がする。

c0059278_1695213.jpg


蔵にいつか訪ねたい、いつか行きたいと
いつも酒の会で社長さんとお話していた。
「いいところですよ。いつでもきてください」
二枚目の社長さんがいつも笑顔でいってくれてた場所は宮城県石巻。
創業は文久元年に岩手県の『菊の司』酒造から分家し、石巻で酒造業を開始した蔵である。
石巻は、太平洋と北東北を縦断する北上川の河口に開けた港町。
風光明媚なところである。いや風光明媚なとこであったというべきでだろう。
だから、今回の地震、津波のことで、どうなったか……心配であった。
「無事でいてくれ」。そう願わずにはいられなかった。
数日前、酒友から日高見の社長は無事のようだよという情報はいただいていた。
安心したのと同時に他の皆様はどうしたのかと思った。

本日、全員無事、蔵の人のご家族も無事という情報も本当に安堵。
神様、ありがとうと心から大感謝である。

蔵も再建可能という話に涙がでる。
これから大変だろう。でも今から再建だとというその思いに頭が下がる。

c0059278_15435776.jpg


いつもこちらの子は主に日高見をいただいていた。
綺麗な酒質でありながら、口の中でじわんじわんと十二単のごとく広がるうまみ。
常温でもいいがお燗にするとさらに魅了を発揮する。
香、味、酸のバランスもよく、決して自分が自分がと主張しすぎることもない。
それでも酒軸、主軸となる酒の大黒柱がきちんとたつ。

思い出すだけで日高見の味はすぐに口のなかにじんわりとでてくる。


まずは皆さんご無事であったことの御礼とともに大感謝。
そして再建するという思いに、ゴン麹として100%応援する。

がんばれ平孝酒造!
がんばれ東北!
がんばろう日本!

c0059278_16285028.jpg


また会える。またあの笑顔に会える。そのときまで!

「大丈夫」の判子がまたひとつ増えた。


この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。






↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹



DATA)
蔵名:平孝酒造
住所:宮城県石巻市清水町1丁目5-3
電話:今回は記載しません。
備考:震災時期です。緊急連絡以外はひかえてください。
by gon1442 | 2011-03-17 16:30 | 日本:日本酒 | Comments(0)

がんばれ東北 がんばろう日本 −山和酒造店−

2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を 忘れない。

またひとつ、無事の便り、うれしい情報が舞い込んだ。

宮城県加美町の山和酒造さんである。

「蔵はあちこちで損壊が発生、瓶も多数割れました。蔵の関係者は全員無事です。これから蔵の力を結集して復興に全力を上げます。」


c0059278_11501819.jpg


昨年、宮城の酒の会で出会ったお蔵さんだ。
蔵の華をつかった特別純米や美山錦でつくった純米吟醸の味は
それぞれ個性あり、すぅっと口のなかにはいってから華やかに味の花が開く……
まるで梅の花がプクプクプクト咲きだすようなイメージがあった記憶がある。

c0059278_18152426.jpg


単なる端麗酒ではなく、食事と共にあゆめる
同志のような子だった。

今回、蔵の損壊もあり瓶も破損したみたいだが、蔵の皆様ご無事という報告が一番うれしい。
まずはご無事であったことの御礼。
そして、これから復興しますという意気込みに大感謝、そして応援である。

がんばれ山和酒造!
がんばれ東北!
がんばろう日本!

また会える。また笑顔で話しができる。そのときまで!
「大丈夫」の判子がまたひとつ増えた。

☆追記☆宮城県 「山和」 伊藤専務からの連絡です。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(@酒泉洞堀一さんからのご連絡)

東日本大震災に係わるご報告
今般、3月11日に発生しました東日本大震災に於いて、お客様に多大なるご心配とご迷惑をおがけしています事に対し、お詫び申し上げます。
と共に被災されました皆様そのご家族の皆様に心からお見舞い申し上げ
ます。
弊社におきましては蔵の損傷やタンクの酒漏れや瓶貯の酒が数干木の破損がありましたが従業員その家族への人的被害はございませんでした。
一刻も早く復興出来るよう建物、機械の修理、出荷準備等を杜員一同全
力で取り組んでおりまず。ご迷惑をおがげすることも多々ございますが
何卒、ご理解・ご協力の程宜しくお願い申じ上げます。
「山和」に閲しましては奇跡的に周りの酒に守られるように被害が少な
くすみました。流通が整い次第出荷いたします。
震災後、沢山の励ましのお電話・メールを頂き心より感謝申し上げます。
今回の震災では沢山の方が命を失い、末だ安否が分からない方が沢山いらっしやいます。同業者におかれましても在大な彼害を受けた蔵も沢山ございます。
命が助かった私たちは、地域・蔵の復興を使命と思い全身全講努めて参
ります。
「今年も宜しくお願いします。頑張ります!」
2011年3月18日 山和酒造店 
専務取締役 伊藤 大祐

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。






↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
蔵名:山和酒造
住所宮城県加美郡加美町字南町109−1
電話:今回は記載いたしません
備考:震災時期です。緊急連絡以外はひかえてください。
by gon1442 | 2011-03-17 11:59 | 日本:日本酒 | Comments(0)

がんばれ! 東北 がんばろう!日本 − 阿部勘酒造−

2011年3月11日。午後2時46分。
この瞬間を絶対忘れない。

未曾有の大災害となって東北太平洋沖地震(東北関東大地震)。
M9.0という世界の大地震のなかでも第4位にはいる大きさは
幾日たってもそのときの揺れと恐怖は震源地から離れていた都内であっても鮮明に覚えている。 

多くの人がなくなった。多くの人が行方不明。家族を捜す人。親戚を捜す人。友達を捜す人。
目の前の人を救えなかったという被災者の方々。
そんなニュースがたくさん流れている。
目を覆いたくなるシーンがリアルタイムで流れ、
何もできない自分達がはがゆく、そして恐怖心がおそってくる。

被災地でもないのにパニックになる都心部。殺気立つ人。
そんななか小さな男の子が妹の手をきちんとにぎって「大丈夫」と声をかけたとき
周りの大人はハッと気づき、少しは冷静さを取り戻した。
かくゆう自分もそのひとり。男の子に気づかせてもらった、人としての他人への気遣う心。
あまりの災害に人が人らしくいることを忘れかけたとき
「大丈夫」といったあの声はまさに天の声だった。

「大丈夫」。
たった3文字なのにこの言葉の意味は深く大きい。

連絡がとれず不安なとき「大丈夫」と3文字あるメールが届くだけで
人は安堵する。

「大丈夫」。「だいじょうぶ」
なんとステキな言葉なのだろう。

不安になってきたら、「大丈夫」と声をかけあう。
そんなシーンも多くみかけた。

被災地の東北地方には数多くの見知った蔵がある。
安否がわからず、TVやメール、インターネット上で色々情報を探す。
心配はみんな一緒。
だから、連絡あったというメールや情報を手にしたとき
やはり涙がでる。

c0059278_10482093.jpg


宮城の阿部勘酒造店さんもそのひとつ。
塩竃市の塩竃神社の下にある蔵だ。
こちらの蔵のお酒を好きな酒呑みは数知れず。
まるで龍がすぅううっと天に昇るような伸びのある味。
居酒屋さんや酒屋であれば、まちがいなくオーダーする子でもある。

無事でいてくれ、皆さんご無事で
地震後、願った。空をながめ、神様に祈った。
情報もこまめにチェック。
そんなとき、無事という連絡を目にする。

『宮城県塩釜市の「阿部勘」さんはご無事です! 蔵も被害はなく、お酒の破損も軽微のようです。社員さんの皆様ご無事です。※営業の菅井さんとお電話がつながりました(3月14日・12時48分頃)』

安堵した。へなへなへなと腰が抜けた。
これほどうれしい便りはない。

余震はまだ続く。
ライフラインの復旧もスムーズじゃない。
おまけに寒もどりの天気模様と大変だろう。
ご苦労は想像を絶する……。

だからこそがんばってほしい。
そして私達も応援する。
できることをやる。
まずは……東北のお酒をどんどん飲むこと。
がんばれという応援酒。がんばろうという応援酒。

「大丈夫」と声かけて
「美味しい」と笑顔になって……
「大丈夫」という判子をまたひとつ、増やしていこう。

c0059278_1185150.jpg


また会いたい。いや会える! 元気な笑顔に……。

がんばれ。阿部勘酒造。
がんばれ。東北。
がんばろう。日本。

この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
蔵名:阿部勘酒造
住所:宮城県塩竈市西町3-9
電話:今回は掲載しません。
備考:震災時期です。緊急連絡以外はひかえてください。
by gon1442 | 2011-03-17 11:18 | 日本:日本酒 | Comments(0)

じんわり春でうつらうつら

大寒波後のぬくぬく気候。
暦どおりに立春すぎれば、もはや春。
昼さなかのお天道様にベビーカーにちょこんと座った赤ん坊
満足そうにちっちゃな口をめいいっぱい広げてあくびしている。

鳥の声も軽やか。
風が笑顔で通り過ぎていく。
春の兆し、霞がうっすらと揺らめく……
春霞。

c0059278_13511330.jpg


朝早い時間。
山も町も白いベールをかぶってる。
もう少し寝たいよ!
布団のなかでぐずっている子供のようだ。

お天道様が空高く
出勤タイムになると霞のベールも薄く消える。
ほら起きて!
お母さんが布団を片付けだしたよ。

ゆらめく霞。
天女の羽衣のように幻想的で艶っぽく軽やかだ。

c0059278_13571956.jpg



柔らかくやさしい味のなかにしっかりとした酸味を感じつつ
まろやかなお米の旨味がふつふつと口のなかに沸いてくる。
せせらぎの川のなかで湧き出る清水のような勢いで。

透明感ある酸
じんわりと吹く心地よい含み香
優しくしっかりとキレ。


春先に霞のような……妖艶さ。
ゆっくりと体にしみこんでくる。
春霞そのもの。



大口あけたら、春霞が喉奥からひょっこり顔だした。

昼さなかの赤ん坊のようにうつらうつら
目を閉じれば……春の足音がすぐそばにある。

春味とはこういうものなのかもしれない。
盃を持つ手はもう一杯とのびていた。


酔っぱらいの戯れ言
またひとつ追加である。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
商品名:春霞 純米生原酒
蔵元:栗林酒造店
住所:秋田県仙北郡美郷町六郷字米町56
電話:0187-84-2108
原料米:美山錦、めんこいな
日本酒度:−1.5
酸度:1.8
アルコール度:17%
by gon1442 | 2011-02-08 14:38 | 日本:日本酒 | Comments(2)

鬼を呑んで鬼退治。

昨日は節分。
あちこちの家では豆巻きや恵方巻で福神を招いたことだろう。

もちろん、縁起もんには目のないゴン麹もぺろり。
でも唯一の心残りが昨夜友人から写メで送られてきたお酒である。

c0059278_2124259.jpg


「鬼退治しないの?」

昨夜は眠気に負け、誘惑はスルーしたものの……
朝起きてから頭のなかはこの「赤鬼」がしっかり支配している。

せっかく節分で福呼んだのに……これは鬼退治せねばなるまい!
鬼が隠れている場所へニコニコスキップでLET'S GO!

昨夜、かなりの人に鬼退治されたようで、元気パワーは半分以下。
しかし、さすが鬼である。立春でもパワフルに戦いを挑んでくる。

c0059278_2128547.jpg


ぐわああんと口をあけて、髭をわさわさ揺らす……恐ろしい鬼の形相。
おとっちゃま(讃岐弁で腰抜けという意味)のゴン麹は目をあけて凝視なんかできるかい!
目をつぶり口をあけてごっくーんと一口、鬼退治。

この赤鬼。新潟の酒で『山間』シリーズの一つ。
新潟第一酒造さんの子、『直汲み 鬼山間仕込み3号』である。
アル添の本醸造規格の無櫓過生原酒。
アルコール度数が19度というかなり高い。

はじめは香り控えめながら、口に含むとぴりぴりとした刺激がグワッ……と想像したが
おや、この鬼さん。予想を反して、おとなしい。
いや……おとなしいというのではなく、昔なつかしい甘味処のような甘さがしっかりとたちあがり
口のなかで金棒のようにどっしりとパンチを響かせる。
まさに鬼。

常温で呑んでいるので、開戦直後、もとい。開栓すぐとか
冷やしたらまた感じ方も違うだろう。
でも常温の鬼の味のほうが
この赤鬼さんらしい性格に思える。
のど越しもさらりとはいる。度数高いけれど呑みやすい。
きっ……危険だ。これが鬼の力なのか!
v(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)vv(@∀@)v

負けてなるものか!

c0059278_22223474.jpg


鬼山間の旨味は太い。
金棒のパワーは口のなかで静かにドドーンと立っている。
開けたてならば、直汲の特長であるガス感があり、
もっと酸味のある面もあっただろうという余韻も舌が感づく。

なんとも様々な面がある鬼さんである。

グラスも空になったとき、もう一杯……といきたい気持ち。
鬼の魅力に引きこまれそうだが、ゴン麹桃太郎は我慢して、一杯退治。

後はまた別の桃太郎さんに鬼退治してもらわねば。

c0059278_22105476.jpg


この顔みたら、ぜひ一杯の鬼退治。「福は内。鬼は口



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:新潟第一酒酒造株式会社
住所:新潟県上越市浦川原区横川660
電話:025-599-2236
URL:http://www012.upp.so-net.ne.jp/hakucho/index.html
備考:代表銘柄に『越の白鳥』『越の露』『新潟娘』『山間』がある。
by gon1442 | 2011-02-04 22:22 | 日本:日本酒 | Comments(0)

お家で呑んぐびぃー

今年もあと1週間をきり、年の瀬ももうすぐ。
世間もどこかせわしく、皆心ここにあらず……
歩むスピードもセッセッセと前へと急ぐ。

c0059278_16542093.jpg


そういうときは一息いれて
軽く一杯。ティータイム。

あ、違った。SAKEタイム♪

羅無櫓のおとうさんにいただいたクリスマスプレゼント『八海山 しぼりたて原酒 越後で候 青ラベル』通称、青越後をにんまり開栓。



フレッシュであでやかな香り。
新酒ならではの荒さと余韻の清涼感。
こりゃたまらん。

度数19%という通常の度数よりも強めのため
力強い旨味の幅。
スルゥーっと呑んでいると体の奥にズシィンと響くは酒の味柱。
轟轟と流れる冬滝のようなイメージ。
これもまた酒業(修行)。

京都の酒器処、酒器 今宵堂さんの赤巻杯ががっちりお相手してくれた。

丸みのフォルムで掌のなかでころころ転がせば
まるで赤いちゃんちゃんこを着た子供みたいで
みているだけで笑み×10
小ぶりながらたっぷりはいる
酒呑みには酔い酒器〜♪

今朝、初霜柱が生えた今日もそろそろ宵のくち。
今宵は燗にしてみるか〜♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-12-27 17:15 | 日本:日本酒 | Comments(0)

成長し続けるもの

同じ味でなくていい。
成長し、少しでも前進できていればいい……。
それが酒造り。


c0059278_9503229.jpg


川西屋酒造店の『隆』。

やわらかくふわっとした味というと想像できるだろうか。
上品な酒と、一言でいうとそれまでなのだが
幾重にもやんわりとした味のウェーブが口のなかで広がり、余韻もかなり楽しい。
といいつつも、決して自己主張があるわけでもなく、
食事の邪魔をすることもない。
(「主役より目立っちゃダメでしょう」という某CMのようなことはない)

『隆』は数百本単位の限定酒とよくいわれる。
確かになかなか出会える子ではない。

限定という言葉に弱い日本人。
だけど、この『隆』はそういっても不満に思えない味がある。

タンク1本1本、調整は0。
杜氏の造り1本勝負の世界だからなのか。
いつかこの造りをしている蔵元や杜氏にお会いしたいと思う。

この蔵には兄貴でもある『丹沢山』という、これまたうまい酒がある。
この兄貴が冷やでうまいなら……『隆』は常温、もしくはひなた燗くらいがおすすめか……。
燗酒用と露木蔵元が願って10数年前に生み出した子だ。

ひとつひとつ丁寧に自然との共存をはかりながらタンクで仕込むため
毎年、タンクひとつとっても『隆』に同じ味はないともいえる。
こういう風にいうと品質が! 味が! と騒ぐ人も多いだろう。
でもそんな心配はどこふく風。

毎年、前年よりいい味を『隆』は醸し出しているのだ。
同じ味を提供し続けるのも難しい。
でも毎年毎年、向上し続けるというのもまた難しい。

「人は生まれて死ぬまで成長していくもの。酒もまた同じ」
という蔵の思いをどこかで聞いた記憶がある。

十人十色という四文字熟語があるのだから、いつも同じでなくてもいいのだ。
常に少しずつ、1歩ずつ変化、成長、前進すること……。

そんな成長がゴン麹はできているのだろうか。

それはまた酔っていないときに考えてみようと思う。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:川西屋酒造店
住所:神奈川県足柄上郡山北町山北250
電話:0465-75-0009
備考:報徳娘 、寿家紋 、丹沢の華 もあり。蔵見学は基本的に不可。
by gon1442 | 2010-08-31 10:22 | 日本:日本酒 | Comments(2)

熱中症もこれで解消(≧∇≦)

c0059278_1420495.jpg

夏といえば花火。今年は仕事でお邪魔した、47club OCNジャーナルHP  さんオススメの神奈川花火大会に参加してきました。




始まりは19:15。会場入りしたのは17:30過ぎ。

観覧席周囲の人の渦。
夜空に花火があがる前に地表で艶やかな浴衣姿の人達がパッと花咲かせております。

とはいえ、湿度が高く不快指数うなぎ上り(-.-;)

クラクラと何度もふらついてしまいました。

無事自分の座席に到着したら、安心して、お約束のプシュ-。そして、シュワシュワで(≧∇≦)乾杯。
高知の美丈夫 純米 うすにごり(*^o^*)。
味は毎年微妙に変わるのでそれも楽しみな1本。人気のある活性清酒。
中には絹のようにきめ細かな「おり」がたまっており、このなかの酵母が
瓶詰め後も炭酸ガスをつくりだすので、蓋をあけるとしゅわしゅわーんと
吹き出します。

青い瓶も涼しそうで、暑さを忘れさせてくれる……いい雰囲気。


美丈夫醸造元の濵川商店さんは、
高知県にある十九の蔵の中では
最も東、人口わずか3500人ほどの田野町にあります。

昭和47年にいち早く純米酒を商品化。
平成2年”濱の鶴”より”美丈夫”に 酒名を変更。
現在は500石程を醸されています。
蔵の丁寧な酒造りを基本に、仕込みを小さく。
こうすることで、細かいところまで手が行き届く酒造りをされるため
生み出すお酒を飲むと必ずファンが一人増えるという人気ぶり。

そんな美丈夫の夏の子。
橘系の香りがほのかにありつつも酸味少なく、
暑くてもコクコク飲める( ̄∀ ̄)ナイスなうまさ。止まりません(^w^)
熱中症もいつのまにかどこ吹く風。

c0059278_9303047.jpg


空にあでやかに咲き乱れる花火をみつつ、美丈夫で暑気払い……。

酔き(笑)夏の1日でした。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:有限会社 浜川商店
住所:高知県安芸郡田野町2150
TEL:0887-38-2004
URL:http://www.bijofu.jp/
by gon1442 | 2010-08-03 14:20 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite