ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:世界:その他( 2 )

真似っこは美味しいものに出会う近道

「日本人の猿真似」という言葉はずいぶん昔は飛び交った。
かなり卑下されたものいいだが
真似のどこが悪いんだ?と思うこともある。

真似というのは真似っこがそのものにたいして
「すごい」「いいな」と感動をしているからおこるもの。
だから真似されるほうは胸をはっていい。(真似にも限度とか常識があるのを忘れずに)

憧れている人がいて、その人の行動や話し方、服装などを真似をする
いわゆる芸能人に憧れ症候群の人の行動もそのひとつ。

文章や作文をつくるとき、お気に入りの作家の本や随筆をよみ、真似したという学生時代もそうだ。
真似をしながら、そのなかで自分の個性が生まれ、そして成長していく。
そしてそれが一人前になったとき、また他の誰かが真似をしてくれるかもしれない。

世の中のどの世界でもそういうことの積み重ねである。

さて、食いしん坊の世界もしかり。
真似っこというのは少しと違うかもしれないが、
誰かが美味しいものを見つけた! とか食べた! とか、
そんな情報を耳にしたり目にすると「食べたい!」という本能にスイッチが入る。
口コミというツールから真似したい、そこに行きたい、食べたいという真似っこの気持ちが生まれる。

gon麹もよくこの真似っこ病にかかる。

c0059278_1503822.jpg


今回の病はこのエデンホープラムのグリルだ。
酔っぱライター、江口まゆみさんのブログ「酔っぱライターの酒日記」(http://ameblo.jp/yoppawriter/)でおいしい写真を目にした瞬間、
頭の中はブドウ糖の数値がダウンしたようにクラクラとめまいをおこす。
そしてお腹の虫が声高らかにグゥウウウウウと騒ぎだした。

このおいしい一皿をいただけるのは西日暮里のRistorante tono;4122
ディナーメニューのひとつ。



c0059278_1563342.jpg

日本に入ってくる数も少ないという希少なオーストラリアのラム。
身は柔らかく、クセはほとんどない。赤身は口のなかでしっとり。
脂部分は甘く、口の中でじゅわんととろけて
まあるい旨さの輪っかがいくつもふわんと現れては消えていく。

今まで口にしていたラムって何だったんだろう!
と、ラム肉の世界に開眼した瞬間だ。

「赤身と脂身で飲み比べてほしい子があるのよ」とおすすめしてくれたのは

c0059278_1813899.jpg


山口の酒井酒造さんの『五橋 イセヒカリ 木桶造り 生酛純米酒』。
赤身とのご対面。
「神の米」といわれるイセヒカリで醸した純米酒。
しっかりとした味の柱がすくっと立ち、力強い酸の余韻が綺麗に広がり、赤身をうっすらと包み込む。
キレのよい口当たりでラムの赤身との相性はよい。

c0059278_1828251.jpg


脂身のほうは同じく『五橋 木桶造り 生酛純米酒』。
さきほどのイセヒカリのようなキレ感というよりは
穏やかでふくよかな木香が綺麗にとけ込んでおり、その香りが脂身の甘さとバランスよくマッチング。
口当たりはやさしく、酸味が米の旨みと甘みを平等に調和させている。
脂身のジューシーさが膨らんで旨さがさらにひきたつ。
お酒でありながら、ラム肉のドレッシングのような感覚。

gon麹、実は脂系が少々苦手である。
しかし、エデンホープラムは別だ。
上質の脂は脂といわれなければわからないほどの丸みのある旨き世界。

赤身も脂身も
ソースやスペインのマジョルカ島の塩を少しつけたり
カリフォルニアのワイルドライス※と絡めてたりと
食べ方はいろいろ楽しめる。

もちろん、あっという間に完食。

c0059278_18573242.jpg


お皿の上に残るは骨のみ。

あのとき「食べたい!」と体中の細胞が騒いだのはまこと正しきこと。
こういう真似っこ根性は間違いなく!美味しいものに出会える、
そう一番の近道なのである。

真似っこ万歳、うまいもん万歳! 


c0059278_1935862.jpg

「骨はしゃぶる。これ正しい!食べ方」BY 食いしん坊。


※ワイルドライスはイネ科マコモ属の植物の種子。ライスとついているが米とは別種。古くから北アメリカの五大湖周辺に自生しており、ネイティブアメリカンの人々の穀物として食べられてきた。野生種は収穫量が少ないので、品種改良や栽培法の研究をし、現在世界で売られているワイルドライスはアメリカやカナダ産の栽培種が主流である。外観は黒い色と細長い形。サクサクした食感やナッツに似た風味が特徴だ。栄養面ではたんぱく質が白米の約2倍、ビタミン(ビタミンB2、B6、ナイアシンなど)、ミネラル(鉄、リン、マグネシウムなど)、食物繊維を豊富に含んでおり、健康食材として注目されている。





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

撮影強力:Ristorante tono;4122
by gon1442 | 2012-06-02 19:07 | 世界:その他 | Comments(2)

世界のアルコールフリービアで休肝日

「今日は休肝日」
世界のビールが集うカフェワンネスさんでつぶやいてしまった。

あちゃ……いわなきゃよかったと思いつつも、さすがに胃腸がそろそろ悲鳴をあげそうだし
頭のなかにいいかげんにしなさいよという声がこだまする。

でも目の前にある世界のビール。
飲みたい……。でも我慢。飲みたい……。でも我慢。
そんなしょうもない(呑み助にとったら大変なこと)格闘をしていると

「ノンアルコールありますよ」とマスターの一声が聞こえた。

おや、ここはキリ●やアサ●などのフリーをいれたのか?と思っていると出てきたのは………

c0059278_12152550.jpg


オランダのBavaliaのノンアルコールビールのアップル。

Bavaliaは300年以上の歴史をもつオランダで第2位のビール会社「ババリア醸造所」の子。
製造過程でアルコールを全く生成させない特殊製法により原料の味を保ちながらアルコールを0にしたものだ。
「ノンアルコールRTD」というらしい。

c0059278_1226513.jpg


ビールというよりアップルジュースといったほうが
しっくりくる。
グラスに注げばリンゴの甘酸っぱい香りがしっかりたつ。
でもビール泡はすぐに消える。
陽射しにあたってすぅっと消える残雪のように。

甘酸っぱいといいつつもリンゴの甘みが強く
もぎたてのリンゴをミキサーで丸ごと1個ジュースにしたようにフレッシュさがある。
色合いはアルト調。
リンゴジュースといわれても納得できる。

原料は麦芽、酸味料、ホップ、ナチュラルアップルフレーバー、糖類。
麦芽とホップが入っているのだからビールなんだろうけど、やはりリンゴジュース。

Bavariaのこのシリーズにはアップルの他にレモンもある。

c0059278_12442152.jpg


レモンのほうがどちらかというと酸味が強い。
炭酸さもこちらのほうがパンチがある。
よりビールらしいのはレモンか。
レモンの酸味がリンゴに比べてより強く口当たりを炭酸ビールに近づけているのだろう。
gon麹的にはこちらのほうが好みかと(^_-)。

休肝日にどうしても飲みたくなったらこれはいい。
が、ここできちんと知っておくことがある。


c0059278_12512572.jpg



アルコールは0でもカロリーは別。
両者ともかなり甘く感じる。
つ・ま・り………砂糖のいっぱいはった甘味料をグビグビ飲んでいるようなもの。
別の意味で肥える。

何事もほどほどやで……頭のなかでまた声が聞こえた。m(_ _)m

c0059278_12585569.jpg




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力 cafe ONENESS

追伸:これ、なんて読むのだろう? アラビア語?ペルシア語?
c0059278_1311689.jpg

by gon1442 | 2011-03-05 13:03 | 世界:その他 | Comments(2)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite