ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本:食材( 27 )

蕪に恋して〜♡

「うんとこしょ、どっこいしょ。それでも蕪は抜けません」
小さい頃に何度も読んだ『おおきなかぶ』。
これ、実はロシア民話の1つであり、童話だということを知っている人は
何人いるだろうか。

c0059278_11572563.jpg


アレクサンドル・アファナーシェフが編纂した『ロシア民話集(英語版)』(1863年刊行分初出)に収められており、
日本では福音館書店から1966年6月20日に発売された名作。

大きな蕪を発見したおじいさんが抜こうとしてもなかなか抜けず、
おばあさん、子ども、孫など家族総出で大きな蕪をぬく光景は
リズム感あり、子どもながらにも楽しく、何度も親にせがんで読んでもらったものだ。

最近ではこの『おおきなかぶ』の裏情報も流れ
ある意味、話題にもなったのも有名である。

>【おおきなかぶ】抜けない理由がシジイに有ることが判明。

↑問題のツイートの写真には、なんとおじいさんが蕪を抜いているその足はなんと!
蕪にかかっている!
この状態では抜けないのはもちろん、蕪に圧がかかり、葉っぱだけがちぎれてしまうかも! という恐れも。

これを聞いたときは、た!確かに!とお腹をかかえて笑ったものだった。
もちろん最後には家族の力を合わせ大きな蕪を抜けるが、
おじいさんがはじめから地面にしっかり足をつけて引っ張れば、簡単に抜けたのかも!? と思うと
ついつい苦笑してしまう。

まあ、このお話は「どんな難題でも協力すれば必ず達成できる」と「家族を大事に家族値からを合わせるべき」という教訓がはいっているわけだから、なかなか抜けないことも理由があるわけだが……。

さて、蕪に話を戻すと、
この『おおきなかぶ』を読んでいるとき、
この蕪は美味しいんだろうなあと涎をだしていた。
昔から食いしん坊だったのは間違いない。
どうやったら、おいしくこの蕪を食べれるのだろうと
母親に聞いたこともあった。

いまとなっては、かわいらしい食いしん坊の昔話であるが、
蕪。
もちろん、今でも大好きな野菜のひとつである。

c0059278_11530676.jpg


蕪とは春の七草に数えられるスズナのことでもある。
白い実、根の部分は淡色野菜、
葉は緑黄色野菜に分類され、それぞれの効能があるなんともお得な野菜。
白い根のほうは大根とよく似ており、
炭水化物の消化を助ける酵素やジアスターゼ、デンプンを分解する酵素のアミラーゼが豊富。
生で食べれば、胃の不調など食べ過ぎや胸やけに効果あり。
煮た場合でも胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防できるとして
昔から薬にもなる野菜として重宝されており、
ビタミンCもあるので、風邪予防にもよいとされてきた。

蕪で栄養があるのは実は葉。
ビタミンA、B1、B2、C、ミネラルのカルシウムや鉄など、栄養薬も真っ青のこの充実した内容。
さらに食物繊維もたっぷり。
ビタミンAには皮膚や粘膜の健康を保ち、抵抗力を強化。
ビタミンB1とビタミンB2には糖質、脂質の代謝に体を健康的に。
ビタミンCには美肌や免疫強化をはじめ、ビタミンAと組み合わせることで高い抗酸化力が発動。
ミネラルのカルシウム・鉄は骨の強化と貧血予防に効果があり、食物繊維には便通を良くして体内の有害物やコレステロールを排出する働き!

もうここまでくると、これぞパーフェクトベシタブル。

やはり蕪、『おおきなかぶ』は家族総出で抜かなくてはいけないものだったということである。

c0059278_11530722.jpg


さて、その蕪をおいしく食べたいのは食いしん坊の心の叫び。
とはいえ、料理下手のズボラ人間として、凝ったものはできないし、当たり前のこともできない
自分にとって、いかに料理すべきかーと考えたとき、
目の前に現れたのが、東高円寺にある、名店! 天☆さんの蕪の丸焼き。
料理が目の前にでたとき、
あ!これなら簡単かも!!?と食いしん坊アンテナたち、作り方を教えてもらうと
これならできる!というズボラ魂も騒いだほど簡単だった。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

調理時間は約15分。
①蕪を洗う。
②トースターにいれる。15分焼く。
③皮を剥く。
④4等分に切る。
⑤塩を添える。

c0059278_11530751.jpg


これだけでできる蕪の丸焼き。
香ばしい蕪の匂いに鼻をくんくんさせつつ
いただきます!

本当に焼いた蕪ってこれほどなのか!と驚くほど甘いこと甘いこと。
外側はじゅわんと柔らかく
まるで熟した柿のようで
中のほうはシャキッとしたリンゴのようである。

添える塩によっても味わう感じが変わるハズで、ここでも色々試せるのが面白い。
今回は青ヶ島のひんぎゃ。海塩ってけっこう大好き(≧∇≦)なので、欠かせない。

握りこぶしぐらいの蕪だと食べ応え十分にて。
『おおきなかぶ』のあの蕪はどう料理したのかなあと
ふと思ったズボラメニューだった。
食いしん坊万歳!ズボラメニュー♩ブラボー♩


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2016-02-15 12:44 | 日本:食材 | Comments(0)

アップルパイは万能菓子!? 腸内環境の甘いお薬

2/9。
無事、1歳。歳を重ねられた。
友人知人に祝っていただいて
記憶失う!?ほどの誕生日になったのは間違いなし。(その記録はまた今度)

お祝いのなかにアップルパイ(ホール)があり
コイツは食べておかねば〜と
両党魂が声高に叫んでいた。


c0059278_13034000.jpg



アップルパイというと
カロリー高いオヤツのイメージが強いが
実は大腸がん予防にいいと注目されているもので、お腹の調子を整えるときに時々お世話になっている。

パイ生地に、砂糖煮したりんごを詰めて天火で焼き上げる洋菓子。
アメリカやカナダでは感謝祭などで七面鳥の丸焼きともによく食べられるポピュラーな人気菓子である。

なぜ癌に効果ありかというと
アップルパイの主であるりんごには、食物の消化、吸収、燃焼を促すカリウムやペクチン、りんご酸にビタミンが多く含まれているから。
りんご繊維のアップルペクチンは体内被ばく減少効果があったと研究されており、昔からりんごを食べると医者要らずといわれていたのもうなずける。

c0059278_13034017.jpg



アップルペクチンには静菌作用とガン発生の抑制効果があり、柑橘ペクチンや合成植物繊維比較すると5倍ほど強いとか。

アップルペクチンの分子量を小さくするとアップルオリゴペクチンになり、
この低分子化するほど活性酸素消去能力がアップ!さらに加熱処理よって働きが高まるそうで、アップルパイは間違いなく!おすすめのオヤツなのだ。

腸内フローラが注目されている人気もあって、アップルパイは腸内環境に適した食べ物といえるだろう。
アップルペクチンが腸内の悪玉菌を減らして大腸ガンを抑制したり、肝臓を浄化してくれたりするということもあって
暴飲暴食の多いゴン麹のことを考えて
プレゼントしてくれたかと思うと……
ありがたき幸せである。

4等分にして贅沢にがぶり。
至福な誕生日。
歳を重ねるのも悪くないψ(`∇´)ψ










にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2016-02-14 13:12 | 日本:食材 | Comments(0)

鹿児島酎ナフキンの始まりは〜美味しい鷄から始まる

今年は100年に一度という鹿児島の大雨。梅雨前線が南九州に停滞し続けている結果、鹿児島各地で気がぬけない状況になっている。

6月は2回、鹿児島に酎ナフキンで上陸したが、滝のような雨に恐怖は感じたのも事実だ。
東南アジアで経験したスコールの10倍はあろうかという激しさは
自然への畏怖を忘れてはならぬという本能がより強くなった。

とはいえ、豪雨でもお腹はすくのである。
時間もちょうど昼過ぎにて、鹿児島空港近くにある美味しい鶏を食べさせてくれる食楽々(くらら)さんにレンタカーを走らせた。

大雨であろうとさすが食楽々。
駐車場はほぼ満席。
ランチタイムギリギリに入店し、オーダーしたのはチキン南蛮セット。

c0059278_13475554.jpg



食楽々は美味しい鶏刺が食べられるよう、毎朝〆た新鮮な鶏刺しを提供するとあって、一番人気は鷄刺しなのだが、レンタカー運転がある以上、飲みたくなるメニューは我慢我慢(ー ー;)である。

長年、鶏肉の販売という専門店ならではの強みか、鷄のレベルは最高クラスのものばかり。

チキン南蛮の鷄も食べ応え十分の大きさながら、柔らかく、そして肉汁がたっぷりで、食べ始めると箸が止まらない。

c0059278_13475611.jpg



自家製のタルタルソースもしつこくなく、あっさりめだ。


胃袋満足の食楽々の料理。

鹿児島酎ナフキン、グルメツアーはここから始まる\(^o^)/

c0059278_13475774.jpg



DATA)
店名:食楽々
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓6-20
電話:0995-64-1029
営業:11:00〜14:00/ 17:00〜22:30
休:日曜日
URL: http://www.wa-clara.com


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2015-06-27 16:23 | 日本:食材 | Comments(2)

庄内地方の冬の味「塩納豆」

山形県庄内の冬の伝統食の一つ。
塩納豆。


c0059278_12404426.jpg




塩納豆には納豆に麹、昆布、塩と栄養豊富だと、様々なメディアで取り上げられている。

塩納豆がつくられるようになったのは日本三大急流のひとつ、最上川が関係している。


c0059278_12404011.jpg



最上川が流れる庄内地域と最上地域の一部の地域では昔から納豆の生産が盛んだった。
郷土料理としても庄内地域の「塩納豆」、最上地域の「納豆汁」と有名だ。

米どころ庄内平野は誰もが食べると「うまい」と絶賛する庄内米の産地。
昔から米作りが盛んで、これは最上川を源流とする河川から運ばれた肥沃な土壌の恩恵によって稲が元気に成長する。

c0059278_12404363.jpg


米とともに植えられたのが大豆だ。
なぜ大豆が生産されたかというと、稲の田んぼの畦を強くするため、畦に大豆をまいた。
大豆の根がしっかりと畦にはぜ混んで、さらに水田と水田との間に土を盛り上げることで大豆の苗が防風林の役目をしつつ、外に田の水が流れないように考えられた。

大豆は梅雨時期に成長し、秋になると収穫。米の成長とほぼ同時進行なのである。

収穫された大豆は、晩秋から冬の保存食になり、各家庭で大豆で味噌や醤油、納豆を作っていた。

納豆は味噌や醤油に比べ日持ちしないため、納豆に塩を混ぜて保存が利くようにしたところ、これがこの上ない味わいとなり、ここに塩漬けにした納豆「塩納豆」が誕生したのである。

各家庭で工夫し昆布や米麹などを入れることでより食べやすくするアレンジが施され、今の形となった。

c0059278_12404451.jpg




トロッとした米麹の粒のやわらかさはまるで甘酒。まろやかな塩味にほのかな甘みが漂い、昆布の旨みもしっかり広がる。炊き立て御飯にかけるとズルズルっと箸がすすむ。パスタなどの具にもいいψ(`∇´)ψ。ずぼらに最高の食材。
あっという間になくなる。

でも大丈夫。
「どこでも作れる」と、
つくり方を教えてもらった。

材料は納豆1パック。
塩こうじを大さじ2杯。
カツオ出汁。ここはめんつゆでもいい。これを小さじ2杯。
昆布をひとつまみ。
水を20cc。

つくり方は納豆に塩こうじ、カツオだしと水を容器に入れ混ぜる。
昆布は、はさみで細かく切ってから混ぜると粘り気がでる。
これを冷蔵庫で1日寝かせて完成。
2~3週間程度で食べきること。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2015-02-17 12:23 | 日本:食材 | Comments(0)

歳の数だけ

歳の数だけ食べる豆。
今年は長崎県五島列島の小値賀の島の落花生( ̄▽ ̄)b。

c0059278_2221325.jpg


歳の数だけ……食べたら

間違いなく

鼻血ブー

c0059278_2221691.jpg


小値賀群島の落花生は美味しいと
昔から有名。
なかでも納島は島の人でも手に入らぬという幻の落花生。

どうしても島の落花生が食べたい!
という要望に応えて、ここ数年、小値賀島の落花生を商品化して発売し始めた。

c0059278_2212664.jpg




ミネラルたっぷりの肥沃な赤土で育った落花生を
島に吹く潮風と降り注ぐ太陽の日差しでゆったりと時間をかけて天日干しすることで
甘さとコクがギッシリ詰まった味になった。

落花生商品を作っているのは小値賀町担い手公社。
一つ一つほぼ手作業で地道かつ耐久が伴う工程は、食いしん坊として思わず手を合わせてしまう。

c0059278_2212739.jpg



昨年末にリニューアル創刊した『島へ.』vol79 で、小値賀島特集で紹介中。
(http://www.kaifusha.com)。

ポリポリと一粒一粒、口の中に消え、手が止まらない止められないかっぱ◯びせん状態に。

あっという間に空になってしまった。
美味しく、しかも邪気払いしてくれた小値賀島の落花生。
食べ過ぎないように気をつけなければ(^^;;。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2015-02-03 19:34 | 日本:食材 | Comments(0)

食べるは永遠の驚き 知らぬは永遠の絶望 ー八幡平サーモンー

美味しいもんがあったら、とにかく食べたい!という食いしん坊。
これまでにもいくつもの、こ、これは凄いなあと感服した食材に出会った。
さて、今回もそんな逸材に出会う。

c0059278_1112375.jpg


サーモン。
外国人は寿司のネタとして日本人よりもサーモン好きなのは有名である。
脂ののりもいいし、鮮やかな色合いは
食べている者のテンションも高めてくれるからかもしれない。

栄養面も高く、高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、老化予防、がん予防などになる食材として、健康番組でもとりあげられるようになったので、
食卓にもメジャーにあがる食材になってきた。

世界中からどんなサーモンでも輸入できる日本の市場のなかで、
こんなすごすぎるサーモンがあるのか! と驚くサーモンに出会えた。

その名も“八幡平サーモン”。
岩手県 八幡平にある㈲ 清水川養鱒場の鮭のことである。
このサーモンはとにかく食べてみないことには、その凄さがわからない。
どんな食通であっても、玄人であってもきっとひと口食べたら忘れられない味。
身の鮮色といい締まり具合といい、これまでのサーモンの質感がまったく違うベツモノ!

日本の名水百選にも選ばれた金沢清水の湧水を導水した補場で
10℃前後で通年、一元管理されており、
サケにストレスを感じさせないように環境をまずつくっている。
生産者である高橋さん一家が一年中、手間ひまかけて育てているのだ。

ストレスなく、ミネラル豊富な湧水でのびのびと育ったサケは健康に育ち、
色鮮やかな色と香り、そして甘い脂が凝縮しているのである。

とにかく、一口食べると、まず口が止まる。
そしてもうひと噛みすると、無意識のうちの喉奥から「なんじゃこれええ」とうなり声がでてくる。

今回は腹と背のほうをそれぞれ口にできるという贅沢なシチュエーション。
腹は旨味ある脂がたっぷりとにじみでてプリプリの歯ごたえ。
背は上質かつ綺麗で弾力ある食感に思わず目を閉じてしまうものだ。


サケには消化・吸収の良い良質なタンパク質に富んでおり、
脂肪分もEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心。
良質なタンパク質は美味しいのは間違いなく、
含まれるEPAやDHAは血中のコレステロールを抑え、
血液の流れを良くしてくれ、動脈硬化や血栓、そして高血圧を予防してくれる。

普通のサケやニジマスでも効能高き食材なのに、
この八幡平サーモンには、究極の旨き風味が宿るという格別さに
もはや言葉なし。
食べたときに立ち上るサーモンの香りが鼻に抜けるときの余韻さえ
お金だして嗅がしてくれええと懇願したい気分になる。

c0059278_11335990.jpg


この八幡平のサーモンは駅弁マニアでは有名な弁当「「八幡平サーモンづくし弁当」の食材でもある。
この弁当が手にはいるのは岩手県の道の駅にしね レストラン。1050円という価格もなんともお手頃だ。
とはいえ、美味しいという評判が評判をよび、すぐに品切れになるのが現実。
そのため、幻の弁当ともいわれるほどなのだ。

八幡平のサーモン。
学名はOncorhynchus mykissというニジマスである。
ただそんじゃそこらにいるニジマスでない。
大型のニジマスの選抜個体を、30年以上かけ品種改良し、生まれた種類で、ドナルドソンというそうだ。

このドナルドソンのDHAは脳の細胞をより活性化させ、ボケを予防する効果も高い(そもそもサケ自体に効果が強い)
ほかにも栄養素の代謝を促すビタミンB群や、カルシウムの骨への吸収を進めるビタミンDが豊富。
抗酸化の力で細胞を守るビタミンEが多いのもうれしい特長だ。
ビタミンが豊富だからこそ、あのなんともいえぬ味の世界に繋がるのだろうか。

なにはともあれ、魚好き、サーモン好きなら、この“八幡平のサーモン”は一度は食べるべきである。
そして、日本の岩手の大地でたっぷりと愛情注がれ、
すばらしいサケ、ニジマスが育まれているのだということを世界に誇りたいものである。


ああ、想像しただけで、フラッシュバックされてしまった、濃密なるあの味。
た、たべたあああああああいいいいいい!!!


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑こちらもぽちっと元気によろしくお願いします。by gon麹 励みになりまーす♩

DATA)
八幡平サーモン
㈲ 清水川養鱒場
電話:0195-76-3191
by gon1442 | 2014-10-14 11:47 | 日本:食材 | Comments(0)

究極!?の日本食!

和食がユネスコ無形文化遺産になり
国内でも発酵食品が注目を浴びてるなか、日本人でも二の足を踏むものがある。

それは“くさや”

c0059278_13111961.jpg


くさやは伊豆諸島の特産品で、新鮮な魚を“くさや液”と呼ばれる発酵液に浸潤させ、天日干しにしたものだ。
この“くさや液”は独特の風味をもつ。
魚醤とか排水○の○いとか色々例えられる。
この強烈な臭いが好きか嫌いかに分かれる。

この臭い。
好きな人なら旨き匂いというだろう。
口のなかで染み込んだくさや液の香りがじわじわと口に広がり、ピリピリっとした感覚に悶絶してしまう。     
塩辛いながらもまろやかさがあり、味わいから感じるほど塩分は高くない。


昔は本当に強烈だったが
食べやすくするために、くさやの濃度を調整したり、真空パックなどの包装をきっちりするなど、色々なアイデアくさやが誕生してきた。

とはいえ、やはり調理のときは
要注意で
部屋の換気は絶対。
マンション暮らしならば、周りへの配慮を怠れない。


窓という窓を開け、
換気扇をフル活動し
空気清浄機をMAXでオン。

それをしても、食べたらすぐにお皿を片付けてしまわねば、あの独特の臭い、匂いがいつまでも居座ってしまう。

とにかく厄介な代物だが
この味は、ハマると納豆より中毒になってしまうのだ。

かくいう自分もそのひとり。

くさやを手にいれても
いかにして、匂いを滞留させず
食べれるか! を一番に考えてしまう。

最近は、くさやを凍らし、
小ぶりに割いて、蒸して使うようにした。

もちろん匂いはでるが、焼くという行為より周りに迷惑がかかることもやや!!少ない。


そこまでして食べたいか!?
と言われそうだが
d( ̄  ̄) 食べたいのだ。

まさに中毒、くさやの魔力に魅入られてしまった輩なのである。

あのピリ辛感にぐびいいいいいっとビアを流し込むときの絶頂は
何者にも代え難い感覚。

個性のある強い味わいはどんな酒にも合うが、
やはり伊豆諸島で醸される島焼酎との相性は抜群。
また、濁り酒との組み合わせも味わいがより滑らかになるのでオススメである。

くさやを口に放り込んだときは
日本人に生まれてよかったと心から感じる瞬間。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
そして明日からもくさや中毒は続くのだ。

※食べたらすぐに歯磨きとマウスウォッシュするべし。服はファブリーズ系を。
発酵食品なので身体にはいいが
デート前は男も女も避けるべし。(T∀T;)


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
商品名:くさや
生産地:伊豆諸島
備考:くさやは、新鮮なムロアジ、トビウオ、シイラなどの魚を使用した干物。
by gon1442 | 2014-05-18 12:33 | 日本:食材 | Comments(0)

酒呑みも甘いものも大好き

酒飲み=辛党というのはもう古い。
周りの呑み友も
酒を飲んで、甘いものもイケる口が多い。

さて食いしん坊ということで、
今回、お手伝いさせていただいたのが
dancyu 『甘い生活。』6/7発売(本日)。

c0059278_1049685.jpg


ケーキから大福まで、
洋もん、和もの、古今東西の甘いものが勢揃いしている1冊である。

そのなかで
江戸あんこ図鑑という見開きのお手伝いをさせていただいた。
とはいえ、かなり苦しんだ(汗)この甘いもの。
餡子好きでも、餡子のあの字から奥深いので、
悩めば悩むほど、どつぼにはまった仕事でもあった。

とはいえ、改めて、この1冊を初めから眺めてみると、
やっぱり甘いもんの内容にニンマリ。
冒頭のカステラ特集をみていたら、
このカステラだけを食べに長崎に飛びたい気分になる。

折しも、ただいま、腰痛解消のための目方管理中で、炭水化物OFFの日々を送っている今……
どの頁も目の毒なのだが、
甘いものを想像して、味を頭のなかで反芻させるのは
セーフだよな(笑)。

甘党はもちろん、大人も子供も笑顔になれる、甘いものがいっぱい集った1冊。

食べてから読むか、読んでから食べるか……
呑みながら読むか、読みながら呑むか……(一緒じゃ!)

とりあえず! 
皆様、ご購入よろしく♪ お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA )
雑誌名:dancyu 6 甘い生活。
発売日:5/7
価格:880円
発売元:プレジデント社
URL:http://www.president.co.jp/dan/
by gon1442 | 2014-05-07 10:57 | 日本:食材 | Comments(2)

酒にピッタリ!黒パワー

香川県ってどーこだ?
すぐに答えられる人って何人いる?

うどん県ってどこだ。
こう聞くと、あぁあ、四国だ!と、いう人が増えるだろう。

香川県、うどん県。
同じだけど
香川県はうどんだけじゃないけ〜んと
香川県人としては声を大にしていう( ̄▽ ̄)b


まずは! コレ。

c0059278_1542795.jpg



さ、なああんだ。

一見、海苔のようですが海草じゃない。
甘さのあるプレーンのような風味で
柔らかい食感。
キャラメルのような余韻があり、
舌の上にどこかピリピリする辛味もある。

日本の中で生産高は青森についで2位が
実は香川県( ´ ▽ ` )ノ。

知らなかった……(⌒-⌒; )と
目から鱗状態だ。

c0059278_1542846.jpg


正解はこれ。
黒にんにくをペーストにしたもの。
飴のように紙で包んだ形で発売されている。
酸味が少なく甘みが強いのが特徴。

香ばしさがしっかりとあり、
舌の上にピリピリとほんのりとにんにくの味も感じる。
ペースト上になっているので食べやすさは◎。
ご飯のお供やガーリックバターのように、パンに塗ってもいい。

サラダのドレッシングの味付けや
カツオのタタキなど
生姜や柚子胡椒の代わりにも♩

ちびちびと箸につまめばお酒のアテに。
くぅううううとビールや焼酎が飲みたい気分だ。

着色や添加物は一切なし。
栄養価も普通のにんにくより強く、
ポリフェノールは16倍。
アルギニンという成分は3倍ある。
アルギニンとは天然に存在するアミノ酸の一種で、成長ホルモンの促進し、老化の進行を抑え、感染症などの免疫力を高める効能があるそうだ。
さらに一酸化窒素を生成されることが大きく、
この一酸化窒素は色々な性機能回復を目的としたサプリなどにも含まれる成分( ̄▽ ̄)であるのは有名なお話。。
つまり、誰もが元気になれるd( ̄  ̄) ということである。

そんじゃそこらの栄養ドリンク飲むより
黒にんにくつまみながら一杯飲むほうが
100倍疲労回復できるし、便通のよくなることで、女性にもありがたい。

食欲もなく、体調を崩したときや
風邪の予防に緑茶やお湯で溶いて飲んでみるのもいいだろう。

美味しく元気になれる食材、
黒にんにくは
青森県の次に生産高い香川県の特産品。

うどんと共に是非とも覚えてほしい、

うどん県、うどんだけじゃない香川県の黒にんにく。

どうぞご贔屓に。うまいけん♪

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

DATA)
商品名:象頭山こんぴら塩の黒にんにく
店舗名:こんぴら安藤農園
生産地:琴平町苗田690-1
電話:0877-89-6666
URL:http://www.konpira-ando.com
by gon1442 | 2014-04-28 14:29 | 日本:食材 | Comments(2)

赤いダイヤをもつせいこちゃん

せいこちゃーんと黄色い声があがるのは
永遠のアイドル、松田聖子さん!であるが、
今回は別のせいこちゃん。

c0059278_14274919.jpg


せいこちゃんことせいこ蟹は日本海、冬の味覚の王者「越前蟹」の雌。
福井県ではせこ蟹、せいこ蟹と呼ばれている。
11月に解禁となる越前かには港は活気づき、ニュースでもよくとりあげられる、
日本の冬の名物光景だ。
せいこ蟹は25cm前後で、「越前蟹」に比べると小さめ
どちらかというと身の大きい雄を求めがちだが、
このせいこ蟹、ミソと卵が絶品!

腹に抱いている受精卵は舌の上ですぅーっととろける。
卵巣はあまりのうまさに、赤いダイヤとも呼ばれているそうだ。

せいこ蟹は、翌年の1月10日前後に産卵を始める。
そう、ちょうど今からが産卵期に入る。
そのらめ漁獲は11月の解禁から大晦日の約2カ月間だけ。
希少な自然がもたらす限定の味なのだ。

はちきれないばかりのたくさんの卵を抱えているせいこ蟹。
でもやっぱり呑み助として狙うのは!
甲羅のなかのまったりしたミソだ。

c0059278_14281446.jpg


そのまま食べるのはもちろん美味しい。
でも少し残し、ここにちょっと燗つけた日本酒をそそぐ。

そう。甲羅酒である。

日本酒にミソのまったりとした濃密な味がとけこんで、
これはもう脳天直撃。海が育んでくれたうまきものだ。

c0059278_14344187.jpg



身は小さくとも甘さは倍々。
甲羅に潜む濃厚なミソ。
蟹の季節、せいこ蟹のせいこちゃんはやっぱり呑み助食いしん坊のアイドルである。


にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

※越前蟹は漁獲されると海水入りの水槽に入れられるそうで、珍しく生きたままの状態で港に戻るそうです。そして皇室に献上される蟹。やはりありがたき日本の誇れる食材です。
by gon1442 | 2014-01-03 14:35 | 日本:食材 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite