ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本:泡盛( 14 )

朝から泡盛いっちゃう!?( ̄▽ ̄)b

グッドモーニング♩
歓喜とため息が日本中で聞こえてきた昨日の昼。

過ぎた結果は変えられない。
次だ次!

気を入れ直して( ´ ▽ ` )ノいくぞおー。

月曜日朝。
新しい朝。
朝はグッドモーニング珈琲で目を覚ます!

珈琲は好きなので
粉を切らすとたちまち
身体のサイクルが狂ってしまう。
そう、気が抜けない我が朝珈琲事情なのだ。

そんな鬼気迫る珈琲ZONEに
最近参戦してきたのが
泡盛!!!!!珈琲である。

c0059278_732541.jpg



正しくは泡盛焙煎珈琲。
泡盛って!(◎_◎;)と思った方。

ご安心を。
焙煎直後、高温状態の珈琲豆に泡盛を直接注いで香り付けしたものなので
度数の高い泡盛のアルコール度数は飛んで、香りのみ。

c0059278_73267.jpg


個性的なコクがあり、余韻はそのコクが爽やかな甘みに変化。
沖縄らしいといえばいいのか、
とにかく風味豊かな珈琲だ。

泡盛焙煎豆の爽やかさは、沖縄の暑さを忘れさせてくれるため!?
ならば、亜熱帯地域になりつつある日本には、ぴったり(*^◯^*)。

たちのぼる香りの柱が
部屋中に広がり、アロマ効果は抜群。
まあ、少々物足らないこともあるが
そんなみみっちいことは
どーでもいい(⌒▽⌒)。

この珈琲をいれると
普段のせわしい時間がのんびりした時間に感じるのは
沖縄だから?
同じ10分でも、1時間に感じるゆったり感。
まさに沖縄マジック……いや、単なる自分の
お•も•い•こ•み(^^;; だろうけど。

新しい一週間。
泡盛でd( ̄▼ ̄)
もとい!
泡盛焙煎珈琲で、さあ元気にはじめよう。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-16 07:11 | 日本:泡盛 | Comments(2)

頭に酒瓶が生えてる!? ミラクルおばあ 元気にハイサイ♪

酒呑みが酒を呑むと角が生える……いや、酒瓶が生えてくる。

この現象は酒呑みに広がっているようで
楽しい酔っ払いの写真に1人は写っていることが多い。

まあ、病ではないが(^_^;) 酒呑みの習性となりつつあるのだろう。

さて、頭に酒瓶というと仙人ともいうべき人達がいる。

c0059278_20515125.jpg


沖縄県恩納村にある琉球村。
ここには有名なミラクルおばあが何人もいる。
観光客らに三線や踊りを披露するほか、
ゆんたくと笑顔でゆったりとした時間を楽しませてくれる。

おばあ達は踊りの最後のカチューシャでヒョイっと一升瓶をアタマに乗せて、
リズムよく踊り出す。

なんで落ちないのか!?と
アタマをじいっとみても仕組みがわからず、
踊りながらも目だけがおばあを追うばかり。

見事にカチューシャを踊りきると
ヒョイっと一升瓶を下ろして、
スタスタスタスタと消えてしまった。
慌てて追いかけるとそこは泡盛の館。
どうして一升瓶を落とさないのか
気になる呑み助1匹。

テクニックを聞いてみると
「簡単さ〜。アタマに布をまいて、酒瓶に半分くらい酒をいれたらヒョイっと乗るよ」\(^o^)/。
「あ、水でもいいさ〜」

c0059278_20515131.jpg



おばあ……か、簡単そうにいうけど
絶対バランスがないと無理だ( ̄∀ ̄;)。

「あ、姿勢良くね」d( ̄  ̄)
そういうとおばあは家の裏へ。

ミラクルおばあ達のなかで最高齢は94歳。
やっぱりおばあは仙人であり、呑み助として憧れる存在だ。
いつか一升瓶頭に乗せて共演したいなあ。

※日々の訓練怠れない(=゚ω゚)b
頭に乗せても\(^o^;)/手が離せん。
手ぬぐいほお被って、瓶乗せて〜♩

c0059278_8384165.jpg




にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2014-06-02 20:26 | 日本:泡盛 | Comments(0)

現役呑み助

実家に戻り、
祖父と久しぶりの団欒。

うちの家系。

誰もが認める・・・
飲める家系です。

だからこそ、美味しい酒が手にはいると、飲める者どおし、
手招きして、自慢しあうのが恒例(爆)。

「おかえり。荷物おいたか? ええもん見せてやろう」

そういって取り出してきたのが、沖縄の泡盛でした。

c0059278_9535586.jpg


宮古島 豊年
by gon1442 | 2008-06-05 10:07 | 日本:泡盛 | Comments(2)

おいしい泡盛は理論的に感性的に追求されている

沖縄へいくと必ず呑むのは泡盛。

そのなかでも、これがあれば必ず注文するのが・・・



c0059278_10165835.jpg



宮里酒造さんの春雨。

@『島へ。41号』島酒コラムで掲載中

アイデアと手作業で革新続ける島の酒
by gon1442 | 2008-04-08 10:27 | 日本:泡盛 | Comments(2)

南の紅に魅せられて・・・


沖縄で、皆さんは何をまず、口にしますか?

沖縄すば?
海ぶどう?
ソーキ?

泡盛!(それはおいといて!)

gon麹。
これだけは欠かせません。

c0059278_092364.jpg


紅の宝石・・・
by gon1442 | 2008-03-09 00:26 | 日本:泡盛 | Comments(4)

沖縄酒ワールド

皆さん、お久しぶりです。

いやー。2月は取材などの仕事が忙しい反面
なんと、胃をいためてしまい(飲みすぎ?)
病院検査の日々でした。

もちろん、それでも飲んでいる私って(しょうもないあほたりんです)

薬をのみつつ、検査をし
そして飲む。
治りませんね。(-^)

しかも、風邪もひいて、一時はこの世って切ない!
と世をはかなんだこともありましたが(爆)

今は元気元気。
胃を心配しつつ、

今から沖縄へ。

c0059278_15251949.jpg


泡盛王国へいってきます。

今回はどんな子と出会えるのか! 乞うご期待ください。

本島と宮古島。出没します。

gon麹をみかけたら、「よ!胃痛もち!」と決していたぶらないように(爆)。

ご一緒に乾杯しましょう。

では、泡盛王国、沖縄でお待ちしております。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-03-01 15:25 | 日本:泡盛 | Comments(0)

暑いときこそオリオン&泡盛三昧ぱなり場

みつけた。下北でパナリの場


ぱなり

このぱなりと聞いて、ピンときたかた。
沖縄好きか、沖縄人か。
一体何のこと?という方。
実は、このぱなり、沖縄の方言で離れ という意味があるのです。


そんな屋号がついやお店はもちろん
うまい沖縄料理が食べられます。

c0059278_1535222.jpg


ぱなりでのんびり島時間。
by gon1442 | 2007-07-31 15:39 | 日本:泡盛 | Comments(2)

スーパーで見つけた旨い逸酒

琥珀の古酒にノックダウン

久しぶりに沖縄県、宮古島へ出かけてきました。
蒸し暑い気温の下
どぶどぶと泡盛が飲みたくなった・・・・・・というのが本音。

友人の買い物に連れられて、地元のスーパーへ。
実は沖縄の泡盛。
酒屋で買うのも趣ありいいのですが、
スーパーというのもなかなかおぉ!という酒があたりまえのお値段で
出会えるのです。

c0059278_17325599.jpg


なぜ?居酒屋でみない旨酒
by gon1442 | 2006-04-19 18:06 | 日本:泡盛 | Comments(2)

おとーりおとーり。島酒宴!

酒呑むときは語るべ、騒ぐべ

沖縄県、宮古島。

ここの酒飲みスタイル「おとーり」


何度体験しても・・・・・・


かなわない。
で、参加しました。
島スタイル!


c0059278_2492239.jpg

おとーり
by gon1442 | 2005-09-20 03:27 | 日本:泡盛 | Comments(6)

空梅雨のときは・・・やっぱり泡盛♪

泡盛でバカボンボン

曇り空の東京を離れ、
大阪へ降り立つ。(正確には伊丹だから・・・違う)

なんと外はぎんぎんの陽射し。
暑い。暑すぎて・・・
仕事する気力が一気に失せた・・・。
気分はもう、居酒屋へ・・・。


そこでタイムトリップ♪


c0059278_658253.jpg


開店した瞬間に御用達のお店に駆け込みました。
ここはすぐにいっぱいになってしまう人気店なんです。

もちろん飲むのは・・・
by gon1442 | 2005-06-21 08:21 | 日本:泡盛 | Comments(12)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite