ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

雪の日に・・・・

お相手してもらっつたのは


やはり

c0059278_21543784.jpg








池の露昔懐かし芋焼酎。

通常ボトルの池の露

は今回はいなく、

ぼぉぉっとカウンターを眺めてみると、なにやらボトルにいっぱい言葉を巻き付けている子と
目があっちゃいました。

c0059278_21511870.jpg


ほんのり酔いのまわっている頭で
読もうとしますが、
文字がぶらーりぶらーりと左右に広がります。
『昔懐し芋焼酎 木製甑で米を蒸し箱でつくった麹を和甕に仕込み醪を造ります。
蒸留も原料の特長を生かすようにゆっくりと時間を掛けて行ないます。
工程の大半が手造りの為多くの量は造れませんが雑味の多さと芋本来のふくよかさが
絶妙の調和を醸し出す昔ながらの芋焼酎を御賞味下さい。
(名)天草酒造』

池の露のお蔵、天草酒造さんで
木製甑で米を蒸し箱で作った麹を和甕に仕込み造る昔ながらの製法。
読んでいるだけで、酒の旨みが口のなかに湧き出てきます。

ゆっくり時間をかけるという、究極の贅沢さ。
この贅沢さも味に反映しているのです。
芋の深い香りと濃さが見事で
味はまろやか。

gon麹はお湯わりにしていただきますが、味の深さはストレートと変わらず、より一層、香りの深さを広げてくれます。

すっきりという味ではありません。
芋意外の味も含まれている雑味さも、
まるくまとまっている旨みです。

見事な調和。完璧なバランス。

ゆっくり時間をかけて醸した、このお酒。
寝かすとどんな風にさらに成長し、熟し、そして化けるんだろうと
想像しがいのある子です。


今回、お邪魔したお店は
新宿では行きつけのわらびやさん


c0059278_2242499.jpg


寒いので麻婆豆腐を肴にいただきました。

c0059278_225429.jpg


去年の11月に醸された池の露昔懐かし芋焼酎。488本の子。
いろんな場所の酒飲みを幸せに
旨い! と叫ばせていることでしょう。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2008-02-06 22:08 | 日本:焼酎 | Comments(2)
Commented by nakayama119 at 2008-02-07 11:45
これは「黄金」の方ですね。
私も開栓中で飲んでいますが、〝べたっ〟としたうまみが前へ出ていますのでお気に入りです。
Commented by gon1442 at 2008-02-08 15:56
> nakayama119様
おぉ。今宵も呑んでらっしゃいますね。
幸せそうな笑顔が浮かびます。
ベタっといううまみ。
うん!いい表現です。
田舎の風の土の味です(笑)。どんなんだ?

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite