ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

空飛ぶ酒

空の上で酒宴したい

『SAKE』という言葉が世界で認識されることが多くなり、
酒好き麹菌としては毎日ニコニコしております。
単なる酒呑みなだけですが・・・。

先日、インドネシアの友人と食事をすることとなり、
居酒屋さんへ連れていこうととある場に入りました。
どんなお酒を紹介しようかな・・・・とわくわくしていると
「真野鶴ちょうだい」という注文が。
そう、友人が店員さんにオーダーしていたのです。

(おぉ!あなたは真野鶴をご存じか!!)
そう感動をしていると、
なにやらしぶい顔。
ここには真野鶴を置いていなかったので、飲めないとすねてしまいました。
(お子ちゃまじゃないのですから)

でもインドネシアで育った彼が日本酒、しかも銘柄指定をしていることに
私は深く興味津々。
しかも、真野鶴指定。侮れません!!
c0059278_1410013.jpg

自「なんで真野鶴知ってるの?飲んだことあるの?」
友「あるよ。おいしいよね。あのふんわりとした感触。果汁っぽい甘さがいい」
友はなかなかの飲み助と判明。





真野鶴は酒処新潟の佐渡島にある蔵元のひとつ、尾畑酒造さんで造られているお酒です。
大吟醸は山田錦を磨き仕込んで造り出したもので、その味は華やかでフルーティー。
まるでもぎたての果実をかじったような旬の甘さがなんともいえません。
口に含むと上品な味わいは、飲めて幸せーとさせてくれます。
もちろん顔もにこにこ。
おいしいお酒って笑顔になります。
(笑いじわが・・・気になります)

友「飛行機で飲んだとき、凄いおいしいなって思ったんだ。日本酒って奥深いよね」
自「おっと飛行機ということはエール○○○○で飲んだ?」
友「そう。サケ・シルヴプレっていったら、真野鶴だったよ。小さい瓶の」

どうやら、友は飛行機で出されるお酒サービスで真野鶴を飲んだということ・・・になり

c0059278_13594848.jpg


自「それ。。。ファーストクラスだよね」
友「(密かに自慢げ)」


自「私も空の上で乾杯したい」
友「ファーストクラスに乗れる身分になるしかないですね」
自「ムカッ・・・。もういい。うちにあるけど、飲ましてあげない」
友「!!嘘です嘘です。飲みたいです」
自「却下」
というような珍道話を居酒屋で繰り広げてしまいました。

それにしても
空の上での酒三昧なんて、うらやましい。
私達の頭上の上はたくさんのお酒が飛んでいるのは確かです。
ビール、ワイン、日本酒、焼酎、ウィスキー
(カクテルなんてあるのかしら)
空の星や雲の流れをみつつ、お酒を飲むなんて
地上で飲む味とはまた違った雰囲気。。。
想像するだけで、よだれがでそうです。

あ!そうだ。
持ち込み酒にして、一杯というのはいかがなもんでしょう。
(きっとCAが嫌がるでしょう)


真野鶴の柔らかい喉越し。
奥行きのある風味。
この味、ローマ法王も飲んだことあるとかないとか。
天下のローマ法王。
至福の時間、味わっていただけたのでしょうか。
そう考えるとうれしくなります。


お酒って口中に広がる芸術品です。

佐渡島の真野鶴の仕込みもそろそろ終盤でしょう。
蔵の杜氏さんたちはきっと蔵にいりびたりなんでしょうね。
蔵のなかで麹の温度を気にしながら
走りまわる・・・そんな世界。
まさに職人。
頭がさがります。そのおかげでおいしいお酒飲んでいます。

c0059278_1415845.jpg

お米ひとつ、温度ひとつ、全てにこだわりをもち、お酒への探求心を持ち続けるお蔵のお酒。

袋しぼりの大吟醸も生酒も・・・どれもオススメしたい。飲んでもらいたい。
笑顔になれるお酒ばかりです。
(撹拌の写真は蔵元さんからいただきました。専務、ありがとうございます)






さて、インドネシアの友人のために
真野鶴で一杯いく酒宴を開くことにしましょうか。

c0059278_1410553.jpg

一皿肴は何にしましょう。
冷蔵庫の中身とにらめっこする時間のようです。


<空の上で酒宴>



人気blogランキング ←今、登録中です。アクセスしていただければうれしいですね。
by gon1442 | 2005-02-21 14:13 | 日本:日本酒 | Comments(5)
Commented by smakimakiy at 2005-02-21 18:50
一度だけファーストに乗ったことがあるんだよね~わたくし。
食前酒のシャンパンに続いて、隣にいたドイツ人のおじさんとワイン1本以上(?)空けた思い出が・・・。
その後はぐっすり眠れましたわ(いつもだけど)。
たぶん2度とないだろうな。ファーストの旅・・・。
杜氏のおじさんたち、キリリとしていてかっこいいね。職人顔だね。
Commented by gon1442 at 2005-02-21 21:55
ファーストクラス。
ハワ○へ行く時しか乗ってないから・・・
ワインなんて開けてない・・・。
ヨーロッパへ行くときは
やっぱりファーストクラスがいいよね。
広いし。
お酒もあるし。

ふたりで常にファーストに乗れるようにがんばるしかないようですね。

杜氏のおじさま、もうほれちゃいます。
「ついてこい!」といわれたら
私はきっとついていくと思う。
惚れるし、お酒は飲めるし←そっちかああああああああ!
Commented by joulupulla at 2005-02-23 01:06
真野鶴ですね。((φ(..。)めもめも
フルーティーなお味なら私好みですわぁ。
私の一押しは「十四代」や「白鷺の城」などですが、
次回里帰りの際は是非、真野鶴探してみます。
(飛行機じゃ、一生飲めませんので、、、(苦笑))
Commented by gon1442 at 2005-02-23 10:25
jpulupulla様。
飲みやすい美味しいお酒です。
佐渡島は6蔵あるのですが、それぞれ
皆様、お酒の風味が異なり、
探索にもってこいの土地ですよ。
冬が一番、肴もお酒も美味しいのでオススメですが・・・
寒いです。
あ!でもフィンランドのほうが寒いですね(笑)。
日本海はしけります。
Commented by ピーピングトム at 2005-03-22 13:58 x
え~~っと、10年ほど以前に、2度醸造とか書いてある日本酒でまるでミリンのようにトロリ(物理的に)としたお酒を飲んだことがあります。
度数は2?か?30度以上の記憶ですが(なんせ、酒には無頓着で、、)
甘口で超美味しかった、(酒に無頓着でも美味しかったのです)
そのような銘柄、教えてください。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite