ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

かわうそのお酒 (o^∇^o)

年も暮れ。
あと1週間で来年。

そんなとき、

かわうその秘蔵酒に出会えました。


c0059278_2254058.jpg




かわうそのお祭りと書く獺祭。
お祭りの名前ではありません。

日本酒です。

獺祭、だっさいと読みます。

c0059278_22304337.jpg


山口の旭酒造さんのお酒で
一風変わった名前を持つこの酒は
山口県の玖珂郡周東町で造られています。
そう。このお酒、実は日本酒ファンの間でちょっとした話題になっている地酒だそうです。

獺祭の香はフルーティーな吟醸香。
みずみずしい洋梨のような風味で
一口二口飲むと、いつのまにか自分の吐息が
その香りとなって、口のなかで香りの演出を二度も楽しめます。

フレッシュな香りなのに、どこかピリ辛く、舌を微少に刺激します。
そのくせりとふくよかな旨味で甘さもあるのです。

獺祭は「磨き二割三分」といわれ、
誕生したのは1993年。
当時、真粋大吟醸という28%精米の大吟醸酒が流行っていた時代でした。

旭酒造さんは灘の大手蔵から24%精米のお酒が存在することを知り、
「どうせなら日本一の高精米」と、なんと23%まで精米したわけで…。
負けず嫌いのお蔵さんのようです。
こうして、獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分が誕生。

蔵の頑固さ(笑)がこの名を全国に広めたのです。

日本一の精米歩合。
それゆえ、日本一の酒質が求められた蔵のフラッグシップとなっているわけです。

旭酒造さんは平成11年に杜氏が高齢で引退した後は杜氏制を廃止し、
蔵元の桜井社長と20代の蔵人で酒造りをおこなっているそうです。

しかし、杜氏の技を蔵人達だけではなかなか収得することはできません。
そこで間隔を10日以上あけて、時間をかけてゆっくり仕込むところからはじめたそうです。
この仕込みの間隔を長く置くことで、
なにか問題に出会っても次の仕込みからの対策がなんとか可能となるそうで、
一仕込み毎に集中し非常に丁寧に仕込んでいます。

蔵一倍!? モロミや酒母の動きに気をくばっている蔵子さん。
24時間365日、気がぬけない酒蔵なのです。


蔵人全員が『美味しい酒を造ろう!』と明確な意思を持ち
一生懸命酒造りに励んでいらっしゃるおかけで
この獺祭は繊細さと軽快さを感じ、味わいを楽しませてくれる美酒となっています。

美味しさを楽しむ酒です。(o^∇^o)。

c0059278_22264393.jpg





↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


蔵情報:
旭酒造
住:山口県岩国市周東町獺越2167-4
電:082786-0120
URL:http://asahishuzo.ne.jp/
備考:モットーは!酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて
by gon1442 | 2007-12-23 22:31 | 日本:日本酒 | Comments(6)
Commented by hi-vison_1103 at 2007-12-23 22:34
さっすが〜〜〜(^ー^)b
ホントによくご存知!
このお酒、フルーティっていうの、ひかれますねー。
ちょっと調べてみようっと。
ラベルの字もいい!!!byクロエ
Commented by gon1442 at 2007-12-23 22:40
>クロエさん
年も暮れ。
かわうそのお酒って
ラベルで見るとちょっとびっくりしますよね。
でもほんと美味しいですよ。
梨のような爽やかな香りとふくよかな味の世界に
酔いしれてください。飲みすぎると…
次の日は頭痛です(^^;)
Commented by hokkori-hime at 2007-12-25 21:23
こんばんは~^^おひさしぶりです。
ここの酒蔵さんの「にごり酒」が美味しいと、聞いていました。
甘くなく、キリッッとした濁りを探していますぅ、GONさんの、オススメ良かったら
おしえていただけますか?m(__)m
Commented by ひるね at 2007-12-27 12:53 x
酒もでしょうが、文章の香りについそそられますね。
年末、飲み過ぎないようにしませう、おたがい。
Commented by gon1442 at 2007-12-28 10:46
> hokkori-hime様

濁り酒がお好みというのは
なかなか・・・よか酒好きさんですね。
味深いですよね。にごり酒って。
しかも、自然のまんまのお酒という感じで
大吟醸とはまた違う世界。

(o^∇^o)。

さて、甘くなくキリリッとした濁りですか!
甘さ云々というより
面白いのをひとつ。

富久錦という濁り酒。
是非、お試しあれ。ただ好き嫌いがあるので、初めは試す程度にて。

来年も酔いお年を迎えましょう♪
Commented by gon1442 at 2007-12-28 10:48
>ひるね様
年末、居酒屋ハシゴ旅はいかがでしょうか?
私、島酒飲み会で(島にて)
そうとう酔いました。(いつもですが)
地元に戻ったら、少しは休肝日できそうです(親の目もありますし)

ひるね様も酔いお年をお迎えください。
そして、来年もよろしくお願いいたしまチュー(ねずみ)。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite