ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

新酒 


c0059278_7291743.jpg




歩いていると





c0059278_726116.jpg


量り売りっていうところがたまりません。

しかも、うれしやうれしや。
日本酒のなかでも一番大好きな 景虎。

酒屋さんの入り口には1斗樽がドデン! と鎮座おわします。(敬服しすぎ)


c0059278_7261838.jpg


お蔵の諸橋酒造株式会社は弘化4年(1847年)創業の150年以上の歴史をもち、
今年も積み重なる1年でありましたね。
その一年のうちの唯一、この時期。
そう、まるで日本版ボジョレーといえる、樽酒が、13日だったのです。

散策してて、おぉ!!!!と目が飛び出るほど驚いて
飛び上がって、交差点を横切りました。プププーとクラクション鳴らした方。
安全運転でありがとうございます。(-0;)

「樽の香りが今年は強いかな」と教えてくれたのは
酒屋さんのおかみさん。

そう。樽酒の清酒はなるべく早く早く呑まないと、杉樽の移り香がつきすぎて
風味を損ねてしまう恐れが大。

「いい香りがして、おまけに軽いし、どこか甘い」
そんな感想をもったgon麹でしたが、

おかみさんは、つきすぎたーと悔やんでおりました。
酒のうまさ、よさを敏感にかぎわける方。大尊敬です。

「来年は瓶をもってきなさいね!」と教えてくれたお父さん。

散歩のしめくくりにいい場所に出会えたひとときでした。


ちなみに、1斗樽購入することできます。(場所によっては)

お値段は……40000円強くらいを目安にお考えください。


c0059278_7263596.jpg



マイボトル、やはり持ち歩かねば!!!!
(ますます、嫁っこ難しいのう) (おお泣き)




いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2007-11-15 07:25 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite