ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ブームは蔵を再開させた。復刻版芋焼酎

芋。
ひとことに芋といっても、わたしが忘れがたい芋というとやはり、焼き芋の香りです。
そんな芋っ子が最近、忘れがたい芋の香りとなると、焼酎の芋・・・となるでしょうか。

c0059278_061072.jpg

数多くの土地を今まで呑み歩いてきましたが、
芋焼酎の地というと、やはり九州。
中でも南九州は芋王国と呼ばれています。
(こう書くと目をつりあげる・・・蔵元の顔がチラホラ。ひぇ~)

芋王国の酒といえば、芋焼酎。お酒といえば、芋焼酎がでてくる
酒呑みにとってはありがた~い土地であります。
(私にとってはよだれをだす聖地か?)

そんな土地で昨年、30年ぶりに蔵が新たに復活し、復刻した酒があります。

『八千代伝』。
この酒は芋焼酎世界で、サラブレッドといえるでしょう。

親となる杜氏に伝説の男、吉行正巳氏が関わり、
芋は改良された最高の芋を使う。
欠点のつけようがありません。
だからこそ、市場も目をつける。
焼酎ができあがる前から、すでに注文が殺到し、蔵はくらくら状態のようです。
商品はないのに、利益があると見こむ。この市場の動向はまだまだ、日本の焼酎ブームは
続くということがわかります。





八千代伝とは、八木酒造の創業時の銘柄「八千代」を伝承するという意味合いで名づけられました。
仕込み・蒸留用50個、貯蓄用20個のカメを設置。
一次・二次仕込みともすべてカメ壺仕込みで造る工程です。
c0059278_039312.gif

そりゃ、あの吉行杜氏がついているんです。
そんじゃそこらの味なるわけじゃありません。
(そんじゃそこらの味ってどんな味じゃーとまたまた蔵元が怒りそうです)↑こわかーこわかー。

新人?ながら、味は芋のふくらみがしっかりと感じられます。
お湯割りにすると立ち上がる湯気のなかに芋の甘い香りが漂い、
鼻の奥に届きます。
もう、それだけで酔える・・・。さすが伝説の黒瀬杜氏。

『八千代伝』には白麹仕込みと黒麹仕込みがあり、
白麹は人気爆発で、ソールドアウト。黒麹も手にはいりにくくなりました。


手にはいらないと、ま、手にはいるときがくればいっか~と
思ってしまうのですが、
世の中はそうじゃないようです。

い・わ・ゆ・る! 闇ブローカー。
焼酎にもブローカーが存在し、プレミア価格というオバカマスコミ用語に便乗して
元値よりかなり高い値段で市場にさばく人が暗躍しているようです。
個人の売り手もいるようで、
良心的な(当たり前のことなのですが)酒屋に出かけては
人気銘柄を買い占めては、ネット販売をしています。
1000円だった値段はいつのまにか5000円、6000円。
ほんと、ある銘柄になると1200円が45000円という風に化けることも。
ブランド世界の割合のなかで、焼酎の値段ほど化けるものはありません。

このことを危惧している蔵元も多いです。
値があがりすぎたら、一般の人が見向きしてくれなくなるのではないのだろうかと。
私もそう思います。
呑みたいと思っても、化けた値段のお酒は見たくもないし、呑みたくもない。
せっかく、その味、蔵が大好きでも、目を背けてしまいます。
これは日本国内だけの問題でもないようです。

噂なのですが中国や韓国、東南アジアでも日本の焼酎人気に便乗して、
焼酎の値段があがっているようです。

いつのまにか焼酎は庶民の酒から高級酒になっている。

それは一酒呑みとして、寂しく、そして蔵の作り手の思いを考えると
悲しくなります。

闇値段で購入したお酒は気楽に呑めるもんじゃないと思います。
(金さえあればなんでもできるという世界の人は別です)
この酒高いんだぞ・・・と自慢して、誇らしげに棚にしまう。
そんな光景が浮かぶのは私だけでしょうか。

そうなると、そのお酒はもはや、お酒ではなく、単なるオブジェ。
瓶のなかでお酒は泣いてます。たぶん。

おおっと。脱線してしまいました。

復刻『八千代伝』でしたね。
このお酒。確かに美味しいお酒です。
でもこれからどんどん発展する、進化するお酒の部類です。
つまり、究極の味ではない!
まだまだお子ちゃまなのです。

ま、そうですね。
生まれたばかりなのですから。
よい両親によって生み出され、これからどんどん蔵で育まれていく。
それによって味がもっともっとよく、美味くなる。
その美味さが旨さに変わったとき、
成人しましたーという大人の焼酎になるでしょう。

人でいえば、ちょうど中学生くらいでしょうか。
大人のようであり、若者であり・・・そんな雰囲気をもつ魅力的な焼酎です。

だからこそ・・・このお酒はプレミア価格というアホな闇世界に惑わされることなく
酒好きのもとに届いてほしいなと願うばかりです。

<復刻 八千代伝>

人気blogランキング ←今、登録中です。アクセスしていただければうれしいですね。
by gon1442 | 2005-02-17 23:05 | 日本:焼酎 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite