ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

知り合いの名字の酒を手にとり……

知り合いの名前に似ていたので

笑いながら飲んでおりました。



c0059278_9472951.jpg




このお酒。
gon麹。知りませんでした。

「これも美味しいですよ」
と、お店のスタッフに教えてもらったのが

もりた黒。


この名前にぴーんとくる方。
いろいーろあると思いますが、

私の場合は、知り合いそっくりのお名前なので、(同じだー)
笑いながらオーダー。

もりた黒という芋焼酎。

ラベルは白いのに黒。 ̄m ̄) ウププッ ̄m ̄) ウププッ

甕仕込みという古酒酒系だとか。

古老から古老へと伝承された蒸留の製法に
甕で貯蔵し、さらに老熟させるという

独特の手法の造りで造られているそうです。



もりたや酒販さんが販売するこのお酒。

ひと言でいうと、飲みやすい。
そして味が濃い。

甕貯蔵しているだけあって、まるみがあり、太い芋香味。

もりたの酒造りは中国の老酒や沖縄の泡盛に似ていますね。

使用される芋は契約農家の手で栽培された薩摩芋。
品種は・・・・・・見逃した(>_<)。

全量黒麹で仕込み

約150年前の「手造りの甕」で貯蔵熟成。
150年前の甕。
これでも価値ありそう(^^;)。

歴史好きのgon麹。
甕でもスリスリしちゃいます。抱きつくどおおおおおおお! (・_・)ヾ(^o^;)

もりたくろ、もりたくろ、もりたくろ。

続けてみると呪文のようなもりたくろ。

どこか、お相撲さんのようなネーミング。

そんな、
もりたをお湯割りでちびちび。
肴には、焼き鳥。

野菜を中心に、ぐびぐびぐびいいいいいんと一献。

このもりた。熟成させているだけあり、
お湯割りにしても
味の濃さが薄まることもなく、
かえって、海底のような深みが
口のなかに広がるようです。

前割りしたら、もっとその深みがより一層強くなるのかもしれませんね。
味も芋の甘味がさらにやわらかく、溶けるようになるのかも。

今度、探してみよう。 もりた。

今回、お邪魔したのは
赤羽にある
備長炭火焼鳥専門店 鶏ひで。

c0059278_1023194.jpg

焼き鳥一筋20年というこだわり。
メニューも焼き鳥オンリーというのが、
食いしん坊gon麹にとっても見逃せない、お店です。
焼酎の他に、日本酒もあるので、
日本酒党の方も是非。
gon麹はどっちも好きd( ̄  ̄)d( ̄  ̄)d( ̄  ̄)。


c0059278_1025787.jpg




いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)

備長炭火焼鳥専門店 鶏ひで
住:東京都北区赤羽2-4-4 西村ビル1F
電:03-5249-1967
営:17:30~22:00(L.O.21:30)
休:月
by gon1442 | 2007-11-08 10:10 | 日本:焼酎 | Comments(2)
Commented by ひるね at 2007-11-09 22:40 x
もりたくろ、ですか。
しりませんでした。
機会があれば・・・。
Commented by gon1442 at 2007-11-10 09:03
>ひるね様
都内でもぽつぽつ置いてあるお店があるようです。
まだ一軒にしか出会っていませんが。

御縁があれば。是非♪

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite