ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

古代旨水を割水にした酒で悶着解決(o^∇^o)

秋真っ盛り今日この頃。

おかわりございませんか?

私、思いっきり体調を崩し・・・
なんと4連休しておりました。
おかげさまで、少しはよくなりましたが、
体調不調のときって、味オンチですよね。
悲しいかぎりです。

こういうときは、美味しいものを思い出して、反芻したいものです。

c0059278_1795083.jpg

昔は3月からのヒラメを猫跨ぎといっていた。
今は10月。これからが美味しい魚です。





四谷駅近くにある、飲み屋街。
夜になると灯ります。
居酒屋さん、飲食さんに人が集まります。

そのなかで美味しい魚が食べられるお店、源や に今回潜入しました。

入口には手作りの炉で備長炭を使った焼き物が焼けています。
戸口外にはイケスがあり、 鯛やサザエ、鰺が元気よく泳いでいます。

c0059278_17143352.jpg


今回は板さんのカウンターゾーンで、ヒラメの刺身や中トロをオーダー。

大きく切り取られたヒラメ。

夏は北上、冬は南方と移動するヒラメは漁獲も定まり難いため、高級魚部類。

最も美味しい旬は冬12月、1月頃ですが、今は養殖もあるし、一年中、美味しいヒラメを食べることができます。

さて、ヒラメ。
私、昨年、とあるお店でヒラメを食べ損ねたことがありました。
お酒を飲んでいるとき、目の前にあるのはヒラメの刺身3枚。
よしよしあるあると思って、次のお酒をオーダーし、お皿に目をむけると
あ・・・・れ? いたはずのヒラメがいない。

(T_T)じぃぃいいいと目の前にいる知人の口もとをみると
ヒラメ・・・はいってます。

こんちきしょう!と叫んでしまった過去があるのです。

それから約一年。ヒラメの恨みということで、
今回、ヒラメ全てペロリと食べることができました(o^∇^o)。
もちろん、同席した知人にはあげません(え・・・心狭い?)。
食べ物の恨みはいつまでも! ということで、今回はご遠慮ねがいました。

そんなちっちゃな一悶着も解決したところで、
新鮮な刺身を肴のお相手してくれたのが!

c0059278_17221330.jpg


種子島酒造の久耀。
澱粉質が多く甘みがある『白センガン』を使用し、白麹で醸しています。

仕込みに使用される水は超軟水の『種子島甲山水』。

昔ながらの伝統的な技術で丁寧に作られた後は
原酒のまま、かめ壷の中で熟成貯蔵されます。
その年数6年!!!

長期の熟成によって醸された芳醇な香りとまろやかは、ストレートでもロックでも水割りでもお湯割りでも深いコクが楽しめます。


さて、鹿児島県佐多岬の南方約43kmの洋上にある種子島。

1698年、琉球王朝から送られたカライモの栽培に日本で初めて成功したのがこの島です。
また、酒づくりに良質の水も豊富で、
種子島酒造さんでは、割水に
種子島の地底170mの約7千万年前の古代三紀層から汲み出した
屋久島深層天然地下水を使用しています。

「美味しい水とうまい芋が揃う絶妙な場所」。
かつて、お蔵にお邪魔したとき、そう教えてくれたのが杜氏の渡辺勝美さんでした。

この島だからこそ本当のうまい芋焼酎ができるのだと、泥だらけの芋をもって作業をされていたのを思い出します。

金兵衛や久耀が好きだというと、喜んでくれたうえに・・・
「安納」もいい! と薦め上手だったことも忘れません。さすが、作り手(o^∇^o)。


そんなことを思い出しながら、久耀をぐびぐび。

c0059278_17352669.jpg


銀杏焼きをぽりぽり。

芋焼酎と銀杏の組み合わせとなると、もう秋です。

c0059278_1736736.jpg


源やさんは天ぷらも有名で、今回は野菜の盛り合わせをお願いしました。

四谷駅近くということで、
店内は満席。背広姿やリクルート姿の人でうめつくされています。

各テーブルには、鰺のお造りなどの大皿があり、
舟盛り状態のなか、魚の口はパクパク。
思わず、目が点。


これも板さんの腕がいいんですね。

c0059278_1742223.jpg


この板さん。ほんとかっこいいんです。
ねじりはちまきが似合いそうな、昔気質のおとっつあん。

お酒のオーダーもついついおとっつあんに頼んでしまいます。
こういうオヤジさんに弱いgon麹。

ふるふるの卵焼きも、食べ損ねたらさあ、大変。

c0059278_17433660.jpg


だし巻玉子は外フンワリ、中トロトロという絶妙な焼きは
とても家で焼けない腕前。

やっぱり、居酒屋にはいって
気になるのは
卵焼きと刺身です。

もちろん源やさん。大満足のごちそうさまでした。


今度はあの舟盛り。注文したい・・・・・・ので、
宴会場所候補に決定です♪




いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_17485174.jpg



DATA)
海鮮炭焼処 源や
住:新宿区四谷1-7 ホテルニューショーヘイ1F
電:03-3355-2545
営:11:30~14:00/17:30~22:30
休:日祝
備考:飲み放題コースあり♪
by gon1442 | 2007-10-10 17:46 | 日本:焼酎 | Comments(2)
Commented by nocci at 2007-10-14 22:46 x
こんばんは。はじめてコメントさせていただきます。
このお店、職場の近くなので、よく宴会で利用します。
が、いつもコースなのがいけないのか、あんまりいい印象がないんですね。ワインもまあこういうところなのでどうってことないし。
普通に行ってみたいです。で、今度は焼酎にしてみますか。
焼酎はまだまだ未知の分野なので、『日本全国うまい焼酎』虎の巻で勉強致しますf^^;)
Commented by gon1442 at 2007-10-15 04:44
>nocci 様
ご訪問ありがとうございます。
nocci さんのブログ。たまに覗かせていただいております
ビールをちゃんとコメントしているーと参考場所なのです(^_^)v

さて、このお店。コースですか・・・。
じゃあ、今度はカウンターで大将目の前でチャレンジしてみてください。ワインはまだチョイスしていないので、今度チャレンジしてみます。卵焼きはお勧めです。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite