ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

新年一杯目の焼酎……


明けましておめでとうございます。
(すでに1月も半ばでこの書き込み。相変わらず飲んだくれてます)
今年もヘタレ呑み助gon麹をよろしくお願いいたします。


皆様は新年一杯目。どんなお酒と戯れましたか?

gon麹。実家に戻って、田舎ならではのお雑煮を突っついておりましたが、
お酒のほうは禁酒。いやー。幾つになっても親の目って怖いもんです(笑)。

さて、東京に戻り、今年一発?一杯目(焼酎)となったのが、
この芋焼酎です。

c0059278_23305519.jpg





熊本県の天草酒造さんから、26年ぶりに復活した芋焼酎です。
どこか味のある、レトロっぽいラベルが
昔ながらの芋焼酎というイメージを抱かせて……
「あ、これ呑むー」と即注文。

開詮した後、お店のスタッフのお姉さんにお願いして(笑)、
瓶の口から香りをかかせてもらうと、イメージよりどこか軽めで甘い香り。
c0059278_23472271.jpg


濃厚な香りと想像していただけに、ちょっと驚き。
呑む前から、想像破りです(^^)。

「ロックで呑んでみます?」というお姉さんに、
「あ、お湯割りで」とお願いし、待つこと5分。
いやー。いいあんばいのお湯の温度ででてきました。

池の露、お湯割り。
湯気をくぐって、焼酎を口に含むと、優しい芋の爽やかな口当たり。
復活した焼酎ということなのか、味の深さは感じられませんでしたが、
爽やかな軽い芋焼酎という味わいを楽しめます。

「池の露」を呑んでいるとき、どこかで呑んだことのある焼酎に似ている……と思っていたら、岩倉酒造さんの麦焼酎「三段仕込み」。「三段仕込み」は麦の香ばしさと麦のつぶを感じさせる風味がありますが、この「池の露」。芋の実を感じさせる、フレッシュな甘さをもっています。まだまだ復刻したばかり。これが、どんどん熟成されると、どんな味になるんだろうか……と呑み助gon麹としては、ワクワク感がぶくぶく沸いてきます。まだ、お邪魔したことのない、天草酒造さん。あぁ。背中に羽をつけて、飛んでいきたいものです。(そのまえに体重落とさねば……)



いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします。


DATA)
酒房 わらびや
住所:新宿区西新宿7-15-15東宝観光ビル1F
電話:03-3363-8651
営業時間:18:00~25:00
休:日、祝
座席数:16名
備考:駅から徒歩5分位。少々わかりにくい場所にあるので、お店に電話して訪れてみてはいかがだろうか。厨房は鈴木さん一人で切り盛りしている。とにかく料理が旨くてリーズナブル。しかも量が多い!野菜の甘さを、よく知っている調理方法なので、どのメニューも大満足できる。
c0059278_23474748.jpg


c0059278_2348317.jpg

by gon1442 | 2007-01-14 23:42 | 日本:焼酎 | Comments(3)
Commented by ひるね at 2007-01-15 13:42 x
あけまして、おめでとうございます。
ことしもよろしく酔い一年になりますよう!
ところで、この酒どこで飲まれましたか?あじわいは?
小生まだ味わっておりません。昨年末に出た天草さんの酒ですね。
相良さんや桜井さんでプロデュースされていたMさんの肝いりと聞きましたが黒麹の味わいがなんとなく伝わってくるようです。
ラベルもいいですね。
Commented by gon1442 at 2007-01-15 22:17
>ひるね様
記事の最後のほうにお店のデーターはいってます。
今度ご一緒しましょう♪
なかなかメデタイラベルというところをクリックしていただければ、
記事が続きます♪

ラベルに惹かれて、呑んでみて。ビンゴでした。
これからが楽しい♪一本です。
Commented by ひるね at 2007-01-16 13:00 x
おっと、ここを見るのをわすれてました。
西武線の駅のほうですね。
よい店のようですね。ぜひ行きたい。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite