ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

遭遇! ムラサキマサリ焼酎!

赤霧島にしてやられた・・・・・・・


幻の紫芋、ムラサキマサリでつくった焼酎。

それが赤霧島 である。

c0059278_104053.jpg








霧島といえば、宮崎の大手焼酎メーカー霧島酒造の一本。

c0059278_1265772.jpg


白(霧島)、黒霧(黒霧島)と並んで
酒呑みが毎年楽しみにしているのが期間限定焼酎、赤霧(赤霧島)だ。

なにしろあっつーい赤霧ファンがいるから
なーかなか飲むことはできず、

一部ネット情報では例のM王やMI蔵、S黒を凌ぐ価格が付いている場合が多い。
ま、そんな馬鹿馬鹿しい値段。飲み助としては、アンビリーバブルなので
相手にしていなかったが、

東京赤羽にある居酒屋さんで、この赤霧島に出会うことになった。


なんといっても霧島シリーズの醍醐味といえば、
霧島酒造研究所なしには語れない。

研究所は日夜、芋の品種改良という「ソフト」から
蒸留方法・蒸留機の改良などの「ハード」まで、
オールマイティに研究しているいわゆる酒研究所。

飲みやすい芋焼酎」というコンセプトの元、

原料を探求し続けている。

この赤霧島が生まれたのも事実、この原料のおかげ。

九州沖縄農業研究センター芋類の権威山川理農学博士の下、
紫芋に着目した。

とある日、偶然にも品種改良したムラサキマサリに遭遇したのである。

醸造特性が極めて高かったことが決め手となり、
この芋で焼酎を醸造してみることに!

質実剛健の「黒霧島」は大手コンビニの7イレブ●のおかげで
誰もが手軽の飲めるようになった。
なので味について語ることはあるまい。

赤霧島はそんな黒霧島のちょうど正反対の風合いといえばおわかりになるだろうか。

女性のような貴賓ある姿。
風雅な甘み。
貴腐ワインのような雅で気高い香り。

という誉れ高い風味。

「赤霧島を一度飲んだものは取り憑かれてしまう・・・・・・」という噂どおり、
思わずため息がでるほど、酔いしれてしまうのだ。

ロックで飲めばすっきりとした太い甘みが喉の奥に広がり
お湯割りで飲めば、ふんわりとしたやわらかい芋独特の甘さが体を包み込む。
水割りで飲めば・・・ってそれは飲んでおらず・・・・・・
お湯割りでぐびぐびと飲んで、はしゃいでしまったgon麹。

さて、そんな赤霧島のお供に注文したものは・・・
宮崎焼酎ということで!

まずはコレ。
c0059278_1161531.jpg

鶏刺。
昔は宮崎ならではのものという感じだったが、
いまでは九州はもちろん、全国で食されているメニューである。

南九州では場所を問わず一般家庭から高級料亭まで、
さまざまな場ででてくるもの。
その理由としては、価格が安いヘルシー感がある、歯ざわりが良い
コリコリっとした食感が、又酒をすすめるメロディーとなってしまうのだ。

一般的な食べ方としては、生姜と醤油。
とにかく、焼酎とお似合いのカップルだ。

また
c0059278_1193342.jpg


これもかかせない。
以前、別の宮崎居酒屋でも紹介したが、
焼き方が命! 酒の肴? 酒が肴?

宮崎焼酎との絶妙なバランスが
止められない止まらない一品。


そして、こんなものも意外といけるのが・・・
c0059278_1204528.jpg

肉じゃが?コロッケ。
サクサクっとした外側の食感と芋と挽肉のジューシーな味は
芋焼酎によくあう。ま、カロリーオーバーにならない程度につまめば、
よきお供となろう。


なにはともあれ、出会った赤霧島。
ものの2時間で空っぽに。

「旨いものはすぐに消える。いい女もすぐに消える。あぶく銭もすぐに消える・・・」
という溜息がでてしまったのはいうまでもない。
(飲んだんだから、芋掘るなーと自喝)



いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします。

撮影協力:地鶏のみせ みやざき屋
c0059278_1254811.jpg

住:北区北区赤羽南1-3-2 真木ビルB1
電:03-3901-8956  
営:17:00~
備考:宮崎焼酎のひとつ、庄三郎も並んでるので、是非。


追伸:赤羽には興味深いお店が多いのは有名だが、ここも気になるので、いずれまた・・・・・・。
c0059278_1262786.jpg



霧島酒造
住:宮崎県都城市下川東4-28-1
電:0986-22-2323
URL:http://www.kirishima.ne.jp
備考:霧島ビールも製造。ビール党の皆様、是非どうぞ。
by gon1442 | 2006-04-30 01:31 | 日本:焼酎 | Comments(6)
Commented by noname at 2006-04-30 01:31 x
そうおもいますよ☆
Commented by gon1442 at 2006-04-30 01:34
noname様

お酒飲むときは、ぜひいいお相手とともに♪
Commented by nakayama119 at 2006-04-30 09:44
霧島酒造も、赤霧島の最初の発売からいろいろと試行錯誤されていると聞きました。
このようなことを聞くと気になるので出るたびに何本か買っていますが、湯割専門の私たちには少々物足りない味です。
こんなことから数本のストックが溜まってしまいましたので、これから暑くなる今年はロックで消費していこうと思います。
Commented by SATOSHIT at 2006-04-30 10:16 x
炭火の鶏。
パクリと口にいれ焼酎をくぃーと。
たまらん。

すいません。おかわり。
Commented by gon1442 at 2006-04-30 17:57
nakayama119様
お湯割りのとき、けっこう濃い目にいれてます♪
ストックしているっていいですね。
今度、白でもない透明の霧島を手にいれよっかなーと
考えてます。
Commented by gon1442 at 2006-04-30 17:58
SATOSHIT 様
鶏肉にはやはり焼酎といきたいのですが、
夏はやっぱビアですかねええ(笑)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite