ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

屋台酒の謎

屋台酒。高いか安いか。うまいか、まずいか。それが問題だ・・・・・・。

自称呑兵衛のゴン麹。

生まれてこのかた、屋台というものは過去に1度しかない(日本)。

そのとき思ったのは

高けえ・・・・・・ぞ、オヤジ! ということだった。


c0059278_20112387.jpg


注:写真の屋台とコメント内容は関係ありません!








屋台の風景って、どこかのほほんとする。

ちょうどお花見の季節。

桜の木の下は屋台車がちらほら。
今年は寒いせいか、おでん屋屋台と焼き芋屋に人気が集まっているようだ。

日本人はなぜかこの屋台というシロモノに弱い。

どう考えても衛生悪いだろう・・・・・・と思う場所でも
ついつい灯りに飛びつくゴキ・・・もとい虫のように集まってくる。
最近は若き女性も平気で呑んで酔っ払いのオヤジの隣で呑んでいるのだから
世の中のおなごは強くなったもんだ。

衛生が悪いというのは食器類などの洗いを筆頭にいえる。
バケツに汲んでおいた水でザブ洗い。
布巾で拭くといっても同じものを使う。
お箸も同じ。
(もちろん、衛生に気をつけているところもあるが、そんな屋台にお目にかかったことがない)

日本人、世界の民族で一番の潔癖癖といわれるのに、
なぜか屋台だけは平気という不思議な民族なのだ。

うん、不思議である。
しかも不思議なのは、不衛生なところで食べても
お腹を壊さないのである。
恐るべき大腸菌である。

とはいってもやはり、あのベタベタした感じはご遠慮したい。

ま、旨いのならいい。
具もお酒も。

でもお酒。
日本酒の一升瓶をおでんの箱の横にたてているもんだから
ぬるま湯状態。
燗にしてもらってもあつあつで呑めやしない。

おまけに支払うときは、そんじゃそこらの居酒屋より高いとくる。
酒呑みとしてこれはちょっといただけない。

もちろん、旨い酒をだし、旨い一皿をだしてくれる屋台もある。
紹介もされている。
そういうところに行けば、またコメントも変わるはずだが
うん、いまだ出会っていないから、コメントは変わらない。

日が暮れて、お腹空いたなーと思ったとき、
主な主要駅の近くには必ず屋台がでる。
独特ののほほんとした雰囲気が駅入り口一帯に漂っている。

そういうとき思う。
入ってみたい。
ぐびっと一杯いっときたい。

でも・・・・・。
一度体験した苦い失敗がなかなか抜けず、
指をくわえながら、横目で通り過ぎる毎夜なのだ。

※どこか美味しい屋台情報教えてくだされー。



いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします。
by gon1442 | 2006-04-07 20:23 | 日本:屋台

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite