ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ないなはないな?<宮崎弁>

ないな



東京 赤坂のとある居酒屋さんにて・・・


なんじゃ?というお酒に遭遇。

名前が見当たらない一升瓶に・・・
お店の人に・・・質問。

「これなんですか?」

「あ、ないなです」

ないな???


そういえば・・・後ろのテーブル客が
「ないなはないーな?」と叫んでいましたっけ。


早速試してみました。

c0059278_13491914.jpg





「ないな」とは宮崎県の方言で、
何だろう・はてなという意味。

ないなって何だろうと思っていた自分。

ないなってないな?と地でいっていたんですね。
してやられた・・・とおかしくなります。

このないな

宮崎県、明石酒造のお酒。
それをしって、同席していた知人も目が・・・・・。
(宮崎出身でしょうがーとつっこむ)

造りは常圧蒸留の芋焼酎に少量の米焼酎をブレンドされたもので
スッキリとした口当たりと、まろやかな甘み、
華やかな香り、優しいのみごこちを感じられます。

まろやかさがたまらない!!

初心者でも飲みやすい焼酎です。
20度の宮崎の芋焼酎世界のなかで
25度というのも驚きです。

ちなみに、なぜ宮崎が20度かというと・・・
戦後、沖縄から宮崎へ多くの人が移住し、
その沖縄から移住した人たちが密造酒、つまり“ヤミ泡盛”をつくり始めました。
当時は米がないので芋醸造。
当時泡盛は基本20度だったので、
移住者たちも20度で芋焼酎を生産。
この“ヤミ泡盛もどき”が県内で飛ぶように売れたのです。
政府は宮崎県だけ特例で税金の安い20度焼酎の販売を許可し、これが“宮崎の焼酎”になったというわけです。


さて、もとももどって・・・
このなんなの一升瓶には細い紙が貼ってあって何か書いてあるのですが、
よく見えず、不思議な焼酎だと瓶を前に首をかしげることしばし。

すると後ろにいる常連さんが口々に「ナイナだ」「うん、ナイナだ」「いいねえ」と騒ぐ。

瓶の栓をぬいたとき、あまり芋の香りはしないのに
お湯わりにした途端・・・大輪の花が咲くような芋の香りが・・・ぷ~んと。
こりゃ、やられた。。。。。。
芋香を抑えているわけでもないようですが、とても不思議な芋焼酎です。

香りがきつくないぶん、キンキンに冷蔵庫で冷やして飲んでみたいかも。
きっとよりまろやかにとろっと飲める予感大です。

早速、ないなを手にいれるため
放浪しなくては!(←そっちかああああ!)

明石酒造は明治24年の創業の蔵元。年間五千石の焼酎を製造しています。
ないなの他にも明月ほまれなどいろいろあるので、
地元ファンの他にも全国の宮崎ファンが憧れている蔵元のひとつです。
かくゆう、自分もその一員に入ってしまいました。

この秋、ちょっとぶらりいってみましょうか。


c0059278_1432092.jpg
■明石酒造株式会社
えびの市大字栗下61-1
問合せ/TEL.0984-35-1603 


※工場見学については、事前に電話で申し込みが必要


ないなを飲めるお店として
ぜひ紹介したいのが、東京赤坂にある、あん庵
みすじ通りに、黒格子で囲われた佇まいは風流で、
入口両側のショーケースには、竹林と光り格子が飾られています。
店内に入ると全席掘りごたつ式。
照明を取り入れたカウンターを中心に個室風の席が取り囲んでいます。
各部屋にはそれぞれテーマがあり、その日の気分気分で楽しめるという趣向あり。

看板メニューの”できたて豆腐”は、こだわりの国産大豆100%の豆乳・にがり・八溝山の天然水を使い、まろやかで今までの豆腐とは一線を画する出来上がり!
c0059278_14124861.jpg



海苔や酒盗、塩などの薬味もいいのですが、
そのまんまで食べるのが○。
豆独特の甘さが口のなかにふくらみます。
c0059278_1413947.jpg













他にも大山地鶏をつかった料理も多く、紀州備長炭と厳選天然塩のブレンドで焼き上げて風味豊かさは口からよだれが滝のようにしたたりおちる美味さです!


c0059278_14154747.jpg















c0059278_14161017.jpg



























c0059278_14164533.jpg















c0059278_14174144.jpg
軍鶏のたたき ユッケ仕立て これも新メニューながら、大人気!




















なにより驚いたのが!
このメニュー。
ここであるのかとうなりながら口にぱくり。
c0059278_1418506.jpg

沖縄本島の海ぶどうということなので
天然ではないから、美味しくないかも・・・と思っていたら、
そうあらず。
















今が旬?なのか、海ぶどうのぷちぷちがはちきれそなほとの食感は
まさに
うまいさー

お気に入りのお店がまたひとつ。
みっけたといううれしさとなんなという焼酎を知ったという
喜びに浮かれた宴になりました(ー^)。




c0059278_14221940.jpg

















あん庵 赤坂店
住 東京都港区赤坂3-10-14  
電 03-5549-2527
営 年中無休(年末年始を除く)
11:30~14:00(土日祝日を除く)
17:00~翌0:30(月~水)
17:00~翌2:00(木・金)
16:00~23:00(土・日・祝)


追伸:ここのあがりにはこれがつきます!これは驚き!!
c0059278_1423247.jpg




人気blogランキング ←今、登録中です。アクセスしていただければうれしいですね。
by gon1442 | 2005-09-22 14:28 | 日本:焼酎 | Comments(20)
Commented by nakayama119 at 2005-09-22 18:41
宮崎焼酎らしく〝やさしい味わい〟が出ているのでしょうか?
縁があって3年間に20数回宮崎に行き、地元の皆さんと飲みましたが
何事につけ焼酎が付いているのには驚きました。
おかげでここまでの酎好きになりましたが。
先日の鹿児島からの帰りに、ここ「明石酒造」の前を通りました。
Commented by imolog at 2005-09-22 23:47 x
「ないな」
と聞いてすかさずトラバしてしまいました。。。
とても飲みやすい芋焼酎で私も好きな一本です。
Commented by gon1442 at 2005-09-23 05:26
nakayama119様
明石酒造さんの前を通られたとのこと。
なんかうらやましい・・・♪
確かに宮崎や鹿児島は
飲み物といえば、焼酎がでてくるので
酒呑みとしては驚きの前にうれしさでいっぱいですね。
肝臓君と話しあいをしながら飲まなくては・・・。
Commented by gon1442 at 2005-09-23 05:26
imolog 様
「ないな」さすがに知ったときは驚きとともに、なんともいえない芋だのうと
感動しておりました。
さすがimolog さん。通でやんす。
Commented by go_to_rumania at 2005-09-24 07:06
ないな!面白い名前ですね~
できたて豆腐に・・・あああああ・・・・日本への恋しさ絶頂・涙
お豆腐・・・食べたい~~~~!
今年の夏は各地(各近隣国)で納豆を食べる、納豆を買い占める!
ことをしていましたが(笑)お豆腐をすっかり忘れていました!!

★ルーマニア 是非是非、足を運んで下さい!!
ん?ハンガリーの首都がブタペストですよ。
Commented by gon1442 at 2005-09-24 07:36
go_to_rumania様

そうですよね。
ブタペストはハンガリーの首都です。。。

ハンガリー、チェコと・・・あとどこだっけ。
どこかなんです。あー。頭が・・・おかしい。。。

ルーマニア、足向けたいですね。
企画しとこ。。


ないなのお酒はなかなか。
面白い焼酎ですよ。
ぜひ、帰国の際は飲んでみてください。

豆腐に恋いこがれるのは日本人の証。
思う存分、食べ尽くしましょう。
Commented by smakimakiy at 2005-09-25 16:50
う~ん、豆腐にも惹かれるが、
銀杏も、さんまの刺身も、海ぶどうも食べたい。
もちろん“ないな”を飲みながらね。
Commented by gon1442 at 2005-09-25 17:15
smakimakiy様
今年はさんま豊漁だって。
うれしい季節です。
ないな。手にいれましたよん。
帰国まで残して?おけるように・・・
ちびちびやしますか!

そちらは寒いですか?
こちらも寒くなりました。
Commented by とろそれ at 2005-09-26 00:12 x
ぬぁ~~~っなんて素敵な写真攻撃!もう私くらくらです(ぜーぜー)
最初の焼酎のビンの一枚は何ともセクシーだと思いました。
シンプルな和紙のラベルがビンの首筋にそっと寄り添って・・
って何か色っぽいですよねぇ(笑)なのできっとお味もそんな
まろやかな色気漂うものだと推測しましたっ。
それにしても素敵なお店ですねぇ。ぜひとも行きたいです~
Commented by gon1442 at 2005-09-26 07:59
とろそれ さん。
そちらはかなーり寒いでしょう。
そういうときはあったかいお湯割りなんて最高ですよ♪
なんなの瓶は確かに色っぽい。
妙な色気にくらくらなんです。
おかげで手にいれました。探して・・・・・・。
仕事もこれくらい熱をいれればいいのにね♪(爆)

帰国の際はいつでもお供しますよ。
Commented by SATOSHIT at 2005-09-27 22:35 x
ああ、さすがです。

酒の肴はシンプルなのが良い。
特に、お豆腐に秋刀魚、銀杏。

まいった。
Commented by gon1442 at 2005-09-29 09:45
SATOSHIT 様

銀杏いいですよね。
あの味にひきこまれます・・・

茶豆とはりあうくらい・・・。
Commented by limestone55 at 2005-10-04 00:54
銀杏おいしそうですね、、ちょっと出遅れました。

ビール好きなので、その後の焼酎は氷というパターンが多いのですが、
「居酒屋紀行」の太田氏が『お湯のほうがいい酔い心地が長く楽しめる云々、、』と言っていたのを思い出し、、、さすが大兄!、、と恐れ入谷の、、であります。(今日黎明の樽酒頂きました、特別おいしかったです。)
Commented by gon1442 at 2005-10-04 09:19
limestone55様
師匠。
銀杏の季節です。
そちらもぽつぽつ落ち始めましたか?

今月、長崎巡回しまーす。
Commented by limestone55 at 2005-10-06 01:18
おくんち、壱岐焼酎、ごんあじに式見かまぼこ、などなど、おいしいお酒に食材いっぱいありますよ〜、、対馬のサバもいいらしいです、、。
「さすが大兄!!」ってお店、楽しみにしてます♪
Commented by gon1442 at 2005-10-06 06:41
limestone55様

師匠。酒麹の嗅覚を頼りに・・・・・
おいしい食材食べてきまーす。

先に・・・小値賀島ですけれど・・・(^^)。
Commented by limestone55 at 2005-10-07 02:11
小値賀島ですか、、酒蔵もあるんですか?

、、美人は産地みたいですけど♡(再)
Commented by gon1442 at 2005-10-07 10:59
limestone55様
師匠。確かに美人の人多かった。
去年、鼻の下・・・のびちゃいました♪

今年もいるかな・・・あ・の・子!(爆)
Commented by 日の出南京 at 2015-01-07 18:46 x
初めましてm(__)m
宮崎出身の長崎市民です。

宮崎人は男も女も酒豪が多いですよね。
私は せいぜい都濃ワインと ひでじビールが関の山です(笑) 芋も麦もダメです(涙)

宮崎市内に、波島という リトル沖縄があるのを思いだしました。

住宅街であり乍ら、夜10時位まで商店街が明るいんです(笑) 夏場はよく、住民が椅子を持ち出し、玄関先で一杯飲ってます(笑)

気候も似てるし、景色も そう変わらないんで馴染みやすいのでしょうね?(^-^)

比江島、上原、嘉数という 沖縄独特の姓が多いです。

ちなみに、旦那も宮崎出身の沖縄人です(笑)
Commented by gon1442 at 2015-01-08 13:40
>日の出南京様
宮崎出身、長崎市民。
その肩書きだけで、思わず、おお!っと思ってしまいました。
つたないBlogを読んでいただき、ありがとうございます。
ライターという職業柄、あちこちに飛び回り、
大好きな食と酒などを中心に仕事をしていますが、毎日の日常と仕事の合間にみつけた美味しい酔いどれ話を
不定期ですがアップしております。
また遊びにきていただけると幸いです。

旦那様もおもしろそうですね。

宮崎は一昨年よりご縁が強くなりました。
今年も酎ナフキンにて彷徨うかと思います。
長崎は島関連でよく伺っております。
昨年末は小値賀島へいってきましたよ。

コメント、うれしく、励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite