ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

甘酒焼酎で夏バテ解消

“甘酒”が夏の季語だということは
呑み助のなかでは、ほぼ認識されるようになった。
※焼酎も夏の季語♪

連日、猛暑日、酷暑日、真夏日が続く日本列島。
陽射しがでていなくても、湿度も高く、
じっとりと汗がふきだす毎日である。

冷房がガンガンの電車やデパートに入ると
途端にブルブル震えて、体温調整ができずに、体調が下り坂というパターンの人も多いだろう。
自分もそのひとり。
具合が急におかしくなり、あわてて下車したり、白湯を飲んでお腹のなかの
体調を落ち着かせることが頻繁におこるようになった。

すっかり、夏バテ(・Θ・;)なのである。

c0059278_8564623.jpg


食いしん坊なのに、食欲の波も大波小波で……。
胃腸がとにかく動かないことには
お腹にいれる気力さえおこらない。

こういうとき、手がでるのが“甘酒”である。
甘酒が美肌や美髪に良いのはもちろん、
夏バテの予防改善効果も高いので、アンチエイジングによく用いられる。
この甘酒に含まれる豊富な栄養素には消化吸収を助ける消化酵素や、エネルギーに転換するビタミンB群があり、食事から栄養を効率良く体に取り込むことができるからだ。
食事の前にまず甘酒を飲むのが、飲むタイミングなのである。

今回は甘酒に焼酎(甲類)をブレンドした甘酒割りで、
体温をゆっくり冷ましつつ、胃袋には甘酒効果を注げば……

c0059278_934671.jpg


お好み焼きをぺろりと食べられた♪

もうすぐ梅雨明け(九州南部までは梅雨明け)宣言がでそうな日本列島。
灼熱の日々が多くなるときこそ、
体調管理をしっかりしておかないと。

夏バテで疲れた体も気力もやさしく力強く作用してくれる“甘酒”。
できれば、酒かすから作る、砂糖なしの甘酒がオススメである。

甘酒の簡単な作り方はネット上でも多く紹介されているので、ぜひお試しあれ。

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

c0059278_9101660.jpg

※赤羽で美味しいお好み焼きや鉄板が食べられるお店。 シーフードもおすすめ。

DATA)
店名:おこのみ焼 キャベツ
電話:03-3903-0875
住所:北区赤羽1-67-54 みなもとビル 1F
営   :17:30~24:30(L.O.23:30) 日祝 17:00~24:00(L.O.23:00)
休   :月
by gon1442 | 2014-07-19 09:12 | 日本:焼酎 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite