ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

美容&健康食材で 明るく元気に♪

「青いパパイヤ」というと、映画を思い出す人もいれば、ベトナム料理店の『青いパパイヤ 』が頭に浮かぶ人もいるだろう。

さて、今回の青いパパイヤは野菜のパパイヤである。

青いパパイヤは、はるか昔から赤道近くの熱帯地方で繁殖してきた植物のひとつ。
強い繁殖力にはパワーが実るとされ、食用はもちろん薬用にも多く用いられてきた。
今日ではその成分、栄養素、人体にもたらす効能が研究され医療用果物、メディカルフルーツとして注目されている。

パパイヤというと甘く熟した果物というイメージが強いが、
成熟する前の青いパパイヤには成熟パパイヤの倍以上の栄養素が多く含まれているそうだ。
例えば酵素。酵素の量はパイナップルの6倍。成熟パパイヤの10倍。
さらにビタミンCはレモンに匹敵するほどで、熱にも強いという性格をもっている。
β-カロチンにクエン酸、リンゴ酸、食物繊維など、
現在の美肌美容、健康に必要な栄養素は豊富に含んでおり、
まさに青いパパイアは健康果実。

さらにうれしいのがパパイヤのもつ「消化酵素」。
消化酵素は消化に使われる酵素のことで、
分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などにに分けられる。
この消化酵素を豊富に含んだのが植物酵素の中で一番の消化パワーを持つ青パパイアのパパイン酵素
青パパイアには植物としては珍しい「タンパク質分解酵素」「糖質分解酵素」「脂肪分解酵素」が存在している。
そう、三大栄養素を分解する酵素をすべて含んでいるという特異的な存在なのだ。
なかでも「脂肪分解」能力をもつ植物はパパイアの他には存在していない(まだ発見されていない)。

青パパイア酵素には消化を助けるだけでなく、血流を促し免疫力を高める作用もあり、
未消化のタンパク質がとけ込んだしまったドロドロの血液を浄化し
体内の異物を分解する働きを持っている。
いわゆる体内のいらないもの、おかしなものを処分してくれる掃除屋さんだ。

この青パパイア酵素は正常な細胞には何もアクションを起こさず、
体内の病変した細胞や組織だけを分解。
そして新組織の働きを促進させる新陳代謝作用のパワーも強いのだ。
この豊富な酵素群、活性の高い青パパイアは今、成人病などで苦しむ我々人間にとって
なくてはならない食材なのである。
@株式会社第一発酵HPより

(。-д-。)ゞウーン ∑(。・д・。)b ア、ナルホド!
だからベトナムの女性はみな美しく、細く、しなやかで、ボディラインが綺麗なんだ!

(* ̄∇ ̄*)エヘヘ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
毎日食べたら、あのスタイルになれるかな〜

またまた安易なことを考えてしまうgon麹。いつまでたっても成長なし。

でも青いパパイヤ、美味しいもんね。

c0059278_10102522.jpg


サラダにしたり、炒め物にしたり。
今度ピクルスつくってみよう。

「おかあさん、青いパパイヤ食べたい!」とお願いしてつくってもらうんだけど……。

クセのない淡白な味でコリコリシャキシャキした食感は癖になる♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

撮影協力:十条 かつら
by gon1442 | 2012-08-21 10:14 | 日本:食材 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite