ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

石巻:墨廼江&日高見「われわれには酒造りしかない」

『再建は蔵に流れ込んだ泥のかき出しから始まった-』
この一文からはじまる河北新報。(http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110327t15033.htm)

宮城の石巻にある墨廼江&日高見、両蔵の今の情報が掲載されていた。

墨廼江酒造さんは地震で醸造用タンクからもろみがまけ(こぼれ)、酒米は水浸し。
今期の新たな仕込みは無理で、商品にできないもろみもあるという。
でも震災後初めて集まった社員を前に沢口さんは宣言したそうだ。

c0059278_10473298.jpg


「われわれには酒造りしかない。何としても来季の酒を造る」

平孝酒造さんは24日に震災後初めてもろみを搾ったそうだ。

電気復旧までの間、タンクのなかで発酵が進み、今までの味ではなくなったそうだ。
それでも、平井社長は
「もろみを酒にするのがわれわれの務めだから」
と搾った。

搾った酒は「震災酒」とでも名付けられる予定とか。

現地から芯のある真の元気を感じた。
無気力感に負けるまい!
だって生きているのだから。ここにいるのだから。

この記事を何度も読み返す。そしてこれからも。

今日も太陽は空から照らしてくれている。
陽射しという優しさを。




この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。
そして被災地の皆様が一日も早く元気になられますように。
2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を忘れません。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2011-03-29 10:54 | 日本:日本酒 | Comments(8)
Commented by go_to_rumania at 2011-03-30 22:25
リンク元の記事も拝見しました。
「われわれの酒を待っている人がいる」
福島の野菜もですが、お酒も、本当に! :)

↓ 酒呑みに国境はない!D'accordo !!(賛同です!)

少し前に
●嬉しい時も、悲しい時も・・・*ルーマニアの果物蒸留酒から思うこと
http://go2rumania.exblog.jp/16068323/
書いているのですが、どの国でもお酒は元気と笑顔の
活性剤になるようです@だからこそ辛いときにも・・
Commented at 2011-03-30 22:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-30 22:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2011-03-30 23:03 x
まさしく酒は人なり、です。こういう魂の人たちが造るからこそ誇り高い酒ができるのでしょう。受け継ぐから家業、絶やさぬのが当代の責務、そう確信しておられるからこその奮い立つような言葉と姿勢なのだと、心に沁みました。gon姐、GJ!
Commented by gon1442 at 2011-04-03 19:02
>go_to_rumaniaさん 自分のまわりは経済復活!東北応援!というかけ声とともに酒場を目指す酒蛍がいっぱいです。
もちろん、自分も。仕事合間にすこしだけーという気持ちでふらふら。ああ、〆切はまってくれませんけれど(^_^;)。
でも笑顔でおいしくお酒を飲んでテンションあげて、暗いムードを追っ払って、元気に応援してます。
Commented by gon1442 at 2011-04-03 19:02
>鍵コメ様 ご連絡遅くなりました。またメールいたします。m(_ _)m
Commented by gon1442 at 2011-04-03 19:02
>鍵コメ様P2 同じくメールいたします。
Commented by gon1442 at 2011-04-03 19:03
>W老師 このような蔵の人の醸す酒をいただける酒呑みは本当に幸せです。酒呑みでよかった。(*^_^*)。さ、今宵も一献、まいりましょう。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite