ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

がんばれ東北 がんばろう日本 −鶴乃江酒造−

賛否両論あるネットのつぶやき。
でも今回ほど、これほどありがたかったツールはない。

"ご心配を頂いております鶴乃江酒造の状況ですが、幸いにも人的被害は無く、酒類の亡失も軽微でした。
蔵の壁が一部崩落するなどの被害がありましたが、現段階では週明けには通常営業可能な状況です。"


福島の鶴乃江酒造さんのつぶやきである。


c0059278_2063791.jpg


怪我なくみんな元気でよかった……。
ツィッター上やmixiで大丈夫だというのは聞こえてきていたが、
どういう状態なんだろうかと心配していた。

蔵の壁が一部崩壊……。
都内でもかなり揺れたのだ。震源地に近いほど揺れの大きさ、そして恐怖ははかりしれない。
それでも
「週明けには通常営業可能」というメッセージに自然と拍手がでていた。

c0059278_209491.jpg


普通に蔵が醸す酒を飲めるのがあたりまえだという気持ちはもうない。
飲めること、いただけることが、どれだけありがたく、そして感謝な出来事なのかを
この10日間で理解できた。

創業は寛政六年。
現蔵元は七代目林平八郎氏(これは代々襲名)が蔵を護り
約350石ほどの手造りの酒を醸している。

c0059278_20173921.jpg


「小さい蔵ですけど、味はしっかり大きく深いもんです」
とある酒の会で洋年さん(酒呑みのなかでは通称ぐらと呼ばれているようである)がいった。

c0059278_2018244.jpg


「福島の酒ってどこにも負けないんです」というのが、鶴乃江酒造八代目のゆりさんだ。

お二人とも福島の酒!について語り出すと熱い。
その情熱は会に参加している人に伝達する。

会の最後には隣の人と肩くんでいる呑み助もいるほど。
酒が人とつないだ瞬間である。

そんなお二人が心血注いだ蔵が無事、蔵人も無事といううれしい知らせは
厳しい現実に一筋の光が差し込んだ気がするといっても過言ではあるまい。

地震だけでなく、他の噂もある。
風評被害で地震後、一番苦しくキツイ思いをしているのは福島だ。

噂を信じて尾ヒレをつけて、さらに噂を広める……日本人の悪い癖。
もうそんな性質はここらで消し去るべきだ。

大丈夫。問題ない。
問題あるなら、それを解決すべく、みんなで知恵を振り絞ればいいのである。
今までの大困難も乗り越えてきたのだから、今回も大丈夫だ。
頭がいいんだから、日本人!
世界が認めたんだから、人情あふれる国民性。
大事にしようよ。その良さを。


がんばれ鶴乃江酒造 !
がんばれ東北! がんばれ福島!
がんばろう日本!

また会える、またこの笑顔に会える。
今年も美味しいお酒できましたと注いでもらう……そのときまで!
「大丈夫」の判子がまたひとつ増えた。




この震災でお亡くなりになった方のご冥福を深く深くお祈りもうしあげます。
そして被災地の皆様が一日も早く元気になられますように。
2011年3月11日午後2時46分 東北太平洋沖地震発生時刻を忘れません。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
蔵名:鶴乃江酒造株式会社
住所:福島県会津若松市七日町2−46
電話:0242-27-0139
URL:http://www.d3.dion.ne.jp/~seibo/
備考:どんどん消費しよう! 福島の酒を。福島の食材を。おいしいぞ! 強者の呑み助同志! 今宵も乾杯。
by gon1442 | 2011-03-20 20:15 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite