ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

新たな挑戦の味

赤羽の醸し屋素朗さんにお邪魔したときのこと。

「こういうの入りました」とだしてくれたのが
西酒造の薩州宝山だった。

c0059278_12252960.jpg


西さんのお酒をいただくのは久しぶりである。
焼酎を浸透させた立役者の蔵として、宝山シリーズを知らない焼酎ファンはいないだろう。
gon麹もよくお世話になっていた。

近頃はいろいろなお蔵のお酒を飲むようになり
西さんの子から遠ざかっていたが、これもなにかの縁か。

この「薩州宝山 三段仕込み」は初めましてとなる。
発売は今年の4月28日というニューフェイス。

通常の比率より麹歩合を少なくしたようで、
原料の芋を三段に分け、ゆっくりと発酵させるという手間かけて育てた子。
噂だけは聞いていたので、よき機会。
久しぶりに西ワールドを堪能酎。

特徴としては芋焼酎の芳香な香りがたちあがること。
西さん独特のスマートな芋の香りがあり。
お湯割りになるとその香りがちらりと光る。

西酒造では原料米低温倉庫と精米所を完成させ、芋、米、水の原料に関わる全てを、農業生産者レベルから完全に管理する体制を整えたそうだ。
仕込水には『宝名水』。

完全に管理された原料。造りの正確さ。狂いのない温度管理。
口のなかの甘み。そして舌の上に感じるとろりとした円やかな飲み口。
後味も柔らかくスッキリとした美味さは心地よい余韻が残る。

これは今までにきづかなかった西さんの味。

今年は限定出荷だが来年から通常出荷。

西陽一郎氏と蔵の思い
「西酒造の新たな挑戦。土に感謝。 人に感謝。 心に感謝」

たのしめる1本がまた増えた。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹
by gon1442 | 2010-05-18 14:09 | 日本:焼酎 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite