ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

白濁にいちころ

にごりときいて
かつてはどこか泥臭いと感じていた。
でも今は
あのねっとりとした甘みがたまら〜んと目元口元がゆるむようになった。
これも歳!を重ねたせいなのか……

c0059278_7555169.jpg


白濁しているその姿は
なにか生き物が蠢いているよう。

c0059278_7575597.jpg


秋田の白瀑の隠し酒「ど」は某行政局から
「どぶろく」そのものだと、お墨付きまでもらった本格濁り酒だ。
※お墨付き=大目玉。

口開けの際にいただいたうわずみは凝縮したお酒の香りそのもので
華やかなお米の花……幾重にも花びらが重なったダリアのような華やかさが咲く。

使用されているお米は「めんこいな」。
めんこいなは県奨励品種の「あきた39」を父、「ひとめぼれ」を母にもつニューフェイス。
主に食用として利用されるほど甘みも多く、
あきたこまちよりコメ粒が大きくて丸く、香りも優れ、
粘りはあきたこまちより少ないため、ササニシキのタイプの食感がある。
冷めたときもササニシキやひとめぼれより固くなりにくい。

そんなお米で仕込んだ「ど」。
全体的にさっぱりとした口当たりだが
香りは十分にあり、甘さもしっかり感じることができる。


やはりこの白さに目がいくようで、
「あの白いの」「白いどぶろく」という声が各テーブルから聞こえる。

みんな好きだね〜にごり。
そんなに一気飲みすると後が怖いよおお(爆)。
おぉっと。オネーさん!もう顔が真っ赤っかやん。
「おいしぃいいい。これ」と、3オクターブ高い声で・・・笑顔満開。
いい顔だねー。酔っぱらい!

どぶろくは大昔から民衆が楽しみに作り続けてきた生活密着の庶民の飲み物。
大昔の酒呑みがもとめた味は今も変わらんということか……
(´∀`)ワクワク(´∀`)ワクワク(´∀`)ワクワク(´∀`)ワクワク(´∀`)ワクワク

全国の神社にある「どぶろく祭り」もその証し。
一番早いのは愛知の長草天神社。旧暦の正月の25日のお祭り……
境内でふるまわれる「どぶろく」求めて……彷徨うのも酔いなあああ。
( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


c0059278_8314927.jpg


蔵情報
蔵名:山本合名会社
住所:秋田県山本群八峰町八森字八森269
電話:0185ー77ー2311
URL:http://www.shirataki.net/


撮影協力:鱈腹 魚金 (ぐるなびHP)http://r.gnavi.co.jp/g376509/
by gon1442 | 2010-02-16 08:38 | 日本:日本酒 | Comments(2)
Commented by sa_ke at 2010-02-18 13:08 x
おお、白瀑。
安くて美味しいので、よく飲みます。
「ど」は、初めて見た時凄く衝撃を覚えたなあ。
インパクトありすぎ!!
Commented by gon1442 at 2010-02-19 00:38
>sa_keさん

おいしいよね。これ。
今度「ど ぴんく」にチャレンジしてみようと思います。
でも思うけど「ど ぴんく」というと沢村一●を思い出すのはなぜでしょう。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite