ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

同郷のものはやはりよい酔い♪

お正月のお話。

おせちも飽きた頃にでかけたマーケットで「駅弁フェアー」というものが開催されていた。
コーナーは人の山。
甘い物に群がる蟻のようで、入り込む隙間がない(^^;)。

お腹が鳴くものの、熱気におされ、待つこと10分。
ようやく隙間にはいりこむと、ほとんどの駅弁が消えていた。
Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)Σ( ̄ロ ̄lll)
恐るべし、食い意地根性パワー。

でも「残りものには福がある」という諺を信じて
コーナーを観察しているとみつけたのが「ますのすし」だった。

c0059278_9382440.jpg


一筆書きのようなパッケージ。愛嬌ある顔に手がのびる。
「おいしいよ。元祖のお弁当でね。私も富山にいくと必ず買うんですよ」という販売のおじさん。
その言葉ににんまり。すぐにかごにいれた。

帰宅後、早速、ますのすしをご開帳。

c0059278_9561033.jpg



桜色のますが純白のすし飯のうえにお行儀よく並び、
緑の笹の味と色彩 の美しさ。

c0059278_9403035.jpg



富山のうまさが輝いている宝石箱のような感じ。

さすがに多いので、母親と半分こ。
脂ののった上質な鱒。身も厚くなんとも贅沢。

富山の味を食べていると、ついご一緒に♪なああんて考えるのは富山の銘酒。
銘酒処の富山。

まず浮かぶのは「立山」か。

c0059278_9443611.jpg

※写真はイメージです。

軽快な辛口で飲み飽きないくちあたり。しかも軽いだけではなく旨みもしっかり。
心地よい吟醸香も心をゆるりとさせてくれるお酒です。さすが越後杜氏が造る酒。水の様になめらかで、淡さが特徴。

酢飯に纏うようにおおぶりにきられた鱒の身を口にほおばって
立山をちびりちびりする。
「同郷のよしみ」という言葉にマッチするコラボ。
いつか実現させたいものである。

と、いうことは……
「ますのすし」を求めるべく、現地にスナフキン(放浪)することで……。

(>ω・)ノ いってきまつ!!(>ω・)ノ いってきまつ!!(>ω・)ノ いってきまつ!!

次なるターゲットに照準を合わせよう。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


DATA)
ますのすし
店名:株式会社 源
住所:富山県富山市南央町37-6
URL:http://www.minamoto.co.jp/
備考:工場見学可能(要予約)


蔵名:立山酒造
住所:富山県砺波市中野220
電話:0120-337685
http://www.tateyamabrewing.jp/index.html
by gon1442 | 2010-01-17 09:56 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite