ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

運・鈍・根

「珍しい焼酎が手にはいりました。飲み感想ください」と酒の師匠ことW老師からご連絡いただいた昨年末。
風邪もいくぶんか軽く?なってきたので、二つ返事で、出かけた溶岩焼薩摩屋でそのお酒に出会いました。



c0059278_1334336.jpg

@イメージです


その名も「運鈍根」(銘柄は後日判明)。

どこのお酒もわからず、ただ呑み手の感覚で味わうという趣向に
酒呑み数名みなやる気元気本気!
(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

まずはストレートでいただいたとき、
古酒?という感じはあまり思わず、なんともやさしい(弱い)甘さのするお酒だというのが一口の感覚でした。こういうお酒、二口目のとき豹変します。少し間をおいて、もう一度、口にしたとき、かすかな甘さのある奥からずぅうんと伸びてくるようなパンチ力が近づいてくるように
ゴン麹の舌レーダーがキャッチ。これって……もしかして♪

このお酒。まだまだ秘密があるはず! とピン!ときたのは自分だけではなく、
呑んでいた呑み助が全員そう感じたようです。

「次は湯割りでしょう」と!誰からともなくいいはじめ、お店にお湯を用意してもらい
再トライ。

あ、いっておきますが、この会は肉を味わいながらの忘年会。
きちんとお肉をいただきつつ、謎のお酒趣向会を勝手に繰り広げている呑み助軍団です。

少し熱めの湯でのお湯わりになると
でてきましたでてきました!!!隠れていた香りと味。
まるでオブラートで包んでいた旨み、香りの粒がすぅうううっと湯に溶け込んでいくような
味わいに、みんなにんまり。
「おぉ。ストレートよりこれがいい」という声が各席であがります。

それならば!とさらに暴挙にでて、「直燗しちゃえ」と行動にでるのが
もはや誰も止められない酔っぱらい行動。

溶岩の焼板の上に小皿に注いだお酒を置き、待つこと5分。
白い湯気があがりだしはじめた瞬間、手にとり、口につける……
と、いきたかったのですが、さすが溶岩焼板。小皿にも熱がしっかり伝わり、熱くてもてない!

そこであきらめる呑み助ではなく
(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー(>▽<)/ソウダ!

「トングで取ろう」と小皿を無事回収。

直燗のお酒♪のできあがりは!!!!
もう100点満点。
間違いなく、これは直燗がすばらしいいと全員一致。

深みのある味に芋のもつ底力がでて、味の余韻が広がる。それがありながらのど越しはするするとすべりだします。
(v^ー°) (v^ー°) (v^ー°) (v^ー°) (v^ー°) うまああああい(v^ー°) (v^ー°) (v^ー°) 。

これが芋焼酎なんだよ……とお酒に教えてもらっているような味は
どこか和三盆のような甘く上品な芋の味で、お菓子を呑んでいるような錯覚さえ覚えます。
ウィスキーボンボンを食べて大人の甘さを感じるように(ちょっと例えが飛びすぎていますが)

日本古来の甘さとは! と、細胞に記憶されている昔昔を思い出させてくれる懐かしい味。
そんな旨さに呑み助全員、笑顔にんまり、饒舌絶好調!
ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

きっとお店の他のお客さん。迷惑だったはずです。(すみません)

2009年の年末に出会えた「運鈍根」。
人生で成功する格言によく利用されていますね。
人生の成功には「運・鈍・根」が必要。つまり運に恵まれ、あまり神経質ではなく、鈍感なぐらいがよくて、根気よくことを成していく。

いい意味ですね。そんな意味そのものが今回出会えた「運鈍根」にはあったように思えます。
こんなお酒をお供に親しき友といろいろ語るのが最高の酒時間といえるでしょう。


W老師からご連絡いただく前の「運鈍根」のお話は
ひるね蔵の焼酎寸前コーナーでお楽しみください。

焼き肉忘年会のはずがいつのまにか、その鉄板で直燗をつけるという暴挙!にでた会になってしまった2009年末。

2010年、次回はどんなお酒に出会えるのか。そして酒呑み助はどんな行動にでるのか。こうご期待!ください。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹

酒情報:
商品名:運鈍根
蔵名:相良酒蔵
度数:25度
備考:黒麹仕込みのタンクの中から特別に味の良いものを選んで瓶詰めされた芋焼酎。
by gon1442 | 2010-01-07 13:07 | 日本:焼酎 | Comments(6)
Commented by sa_ke at 2010-01-08 10:06 x
ああ、忘年会行けなくて残念・・・。
新年会もぜひ!!!
具合は良くなったのかな??
俺は未だに風邪が治らず、咳に悩まされてます。
Commented by 不運、愚鈍、根無し爺 at 2010-01-09 15:29 x
gonちゃんのこのレポートを相良さんの社長が読んで、とても喜んでおられたそうです…。
表現力の秀逸、うらやましい。
Commented by gon1442 at 2010-01-09 23:30
>sa_keちゃん

ちょうど五島列島へいっていたんだよね。
寒い時期の島は、ある意味チャレンジャーです。
身をもって体験したー。

まだ、こちらも咳がでて。もう癖になりつつあるみたいなので
ちと厄介。
お互い早く完治させようね。
Commented by gon1442 at 2010-01-09 23:31
>運鈍根爺様
え!相良の社長様に読んでいただけたんですか。
あちゃー。もっとまじめにかけばよかった。
まったくリズムがバラバラのブログなので、お恥ずかしいです。
表現力……なんて!
まだまだかないません!m(_ _)m
精進いたします。
Commented by 寸前爺 at 2010-01-11 17:30 x
>ひるね蔵の焼酎寸前コーナーでお楽しみください。

寸前…あたっているかも^^;

え~、薩摩から土産あり。
時間ができたあたりで、ご連絡ください。
Commented by gon1442 at 2010-01-12 10:15
あぁ!まちがえてる。
寸言ですね。
すみません。

薩摩の香り……ぜひとも。ではさっそくスケジュール確認いたします。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite