ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

にごり発砲!日本酒&牛肉のほほのビール煮

「おいしいお肉はいってます」という連絡があり、
「参加しまーす」と二つ返事で参加したKさん宅会。
腹ぺこでたどり着いたゴン麹。お腹の虫も大合唱でした。

c0059278_153323.jpg


メインの牛頬肉をビール漬けしたビーフシチュー

1日かけて煮込んだ?という噂。
お肉もお野菜もとろとろでうまうまー。

お店だせるんじゃないか!という腕前。
ゴン麹のお友達、酒呑みでありながら、料理の腕前もセミプロ級です♪
※プロもいるけどね。

参加者3名。それぞれお料理持ち込みや酒持ち込みということで……
ゴン麹もうちの焼酎1本進呈。
軸屋の麻衣子ちゃんの仕込んだ『凜』。
前割もどきをして、燗にすると……ううん。うんまい。

メイン以外にも鯛サラダに、ローストビーフ(Pさん作)、卵豆とチョリソのトマト風味(Pさん作)。チョリソは残念ながら、ご辞退もうしあげ、卵豆をつつくゴン麹。

あー。幸せ幸せ、極楽至極!

持ち込んだ日本酒もあっという間になくなり、次にでてきたのは
神亀の濁り酒

c0059278_15574674.jpg


日本で唯一純米酒し醸していない神亀酒造のつくる発泡酒に出会えました。
醗酵の途中で瓶詰するので、そのまま瓶の中で醗酵が進み発泡酒となります。

蓋をあけると、ブクブクと大小の泡がおき、
沈澱していた濁り部分が沸き上がります。
まるで積もった雪を風が巻き起こすような感じ。

3分もすると沸き上がりも静まり、
そ~とグラスにそそぐと……ぷちぷちぷちとにごりの泡が繊細にはじけ飛ぶ音と
フルーティな香りが五感を刺激します。
甘さのなかに感じるやや辛めののど越し。
炭酸ガスの刺激が口のなかで飛びはね、爽やかな飲み口を楽しめます。

するする飲める濁り酒。
き・け・ん!!!です。

案の定、参加者3名、主1名。
みーんな酔い酔い♪

と、あっという間に5時間はすぎ、帰宅時間に。

楽しいひとときはすぐに過ぎるのは、どこも変わりませんね。

居酒屋さんで飲んだり食べたりするのも美味しいけれど、
家呑みシリーズというのも、まったりできて酔いものです。



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


●お酒情報

蔵名:神亀酒造
住所:埼玉県蓮田市馬込1978
電話:048-768-0115
備考:嘉永元年創業。昭和62年には、仕込む酒のすべてを純米酒に転換、戦後初の全量純米蔵となる。「神亀」は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄がある。
by gon1442 | 2009-12-07 16:26 | 日本:日本酒 | Comments(0)

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite