ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

春過ぎて……夏くる前に ひと味

タケノコの旬がそろそろ終える時期。

でもタケノコ、もっと食べたいと思っていたら、

あるある! みつけた。タケノコの世界♪

今の時期から5月頭に市場にでる五三竹(ごさんちく)。



c0059278_13405096.jpg


五三竹は根曲がり竹(ねまがりたけ)の別称で、日本特産の笹。
正式名所は布袋竹(ほていちく)。
なんとも縁起の酔い。

主に東北、北海道が主な産地で、
根元で茎が湾曲して立ちあがり、太さは1〜2cm、丈は5〜15cmに成長する。

主に山菜として出されることが多く、食べた人もいるだろう。

根元はやや固いものの、
皮をはいだ中身は白くて独特の風味。
なにより歯ごたえが酔い。

網焼きで炙られている間、香りはなんとも香ばしく、
一瞬、「ホットケーキ?」と勘違いするほどの甘さを楽しめる。

白い中身をかじると繊維質たっぷりでサクサクという音が
お・い・し・いというリズムを叩き出し、

硬く感じるとまた一枚皮を剥いて……
サクサクサクサク。

気持ちはパンダ。
ゴンパンダ(^o^)に大変身。

お味噌をつけるといい酒の肴に。
味噌だけでなく、天然塩など、粒が大きい粗塩も相性は酔いはず。

そんな五三竹とご相伴したのは




c0059278_143448.jpg


福井の地酒、『花垣』。純米吟醸 亀の尾純吟をいただいた。

お蔵さんは花垣電子商店、南部酒造さん。

使用原料米に、亀の尾を使った贅沢な造り。
精米歩合50%、使用酵母14号系。
+3酒度あり、さらりとした口当たり。
常温でいただいたが、ぬる燗でも酔いかも……(^_-)。

五三竹の甘さとうまく絡まる。



1ヶ月もない旬の時期。
今だからこそ食べておきたい食材のひとつ、五三竹。

八百屋さんの店先に見かけたら、ぜひお試しあれ。(^o^)

素焼きも美味しいけれど、お味噌汁の具にも最高♪



↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹


撮影協力:佐竹@赤羽
by gon1442 | 2009-05-14 14:24 | 日本:日本酒 | Comments(6)
Commented by タケノコ生活爺 at 2009-05-14 23:19 x
しかし、美味しそうな写真ですね。
シズル一杯です。
シンプルな味付けで自然の味わいを日本酒と飲み下す、最高です。
腹具合は治りましたが薬が効きすぎて酷い便PIです。
Commented by gon1442 at 2009-05-14 23:53
>タケノコ生活爺様

体調のほうはいかがですか?
禁酒生活でかなり肝臓は元気になってきたのではないでしょうか。
来週は薩摩でごわすね。
そのためにも、今はゴン麹の写真で、悶絶してください。(^_^;)P
Commented by kosan at 2009-05-20 18:28 x
コサン竹のリンク集を作っているkosanです。
ここのブログの写真と文章(の一部)を、
下記のリンク集に掲載しても良いでしょうか?
www.kosan.biz/
掲載の○×を、ここのコメントで連絡下さい。
もし○の時は前後のブログも○とさせて下さい。
○×処理後にこのコメントは削除頂いても
よろしゅうございます。
Commented by gon1442 at 2009-05-21 06:33
>kosan様
コメントありがとうございます。
リンク掲載、どうぞ。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by kosan at 2009-05-24 21:25 x
下記の2009年の欄に掲載させて頂きました。
www.kosan.biz/html/sonota_nemagari.html
掲載の承諾、ありがとうございます。
Commented by gon1442 at 2009-05-25 13:55
>kosanさま
掲載ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。(^^)/
近々、他の竹料理も紹介予定です。

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite