ゴン麹 酔いどれ散歩千鳥足 <野望と無謀>

gon1442.exblog.jp ブログトップ | ログイン

最近・・・お気に入りの一献です

これはうまい


一口飲んで
体中の五感が一瞬止まった瞬間。


味覚という感覚のサーバーのCPUが上がった瞬間。




目の前にはうまい酒があります。

c0059278_1251456.jpg


@この背にしびれます。酒にしびれ・・・蔵元にしびれ・・・gon麹・・・ノックダウン。







飲み助仲間のなかで
「うまい」「うまい」と必ずあがる日本酒。
それが千葉県の木戸泉酒造さんのお酒です。

かくゆうgon麹もファンのひとり。
日本酒を飲みたいナーと思うとき
『木戸泉』があれば・・・迷わず・・・飲んでおります。

今回は木戸泉の五代目を囲んだ会があるという情報を聞き・・・
こっそりお邪魔いたしました。

テーブルには酔い仲間が既に酔い状態。
そのうちの一人、イケメン!がいる!とすかさずその横に座ると(爆)
それが五代目さんでした(o^∇^o)。
こういう嗅覚だけは?健在のようです(^^)/


この宴で飲むことができる・・・お酒は
『木戸泉』の白玉香吟ぎんが初呑切りしぼりたて生秋あがり自然舞醍醐秋あがり



そのなかでも一番コレは! と感じたのが・・・
木戸泉の白玉香。正式銘は『純米無濾過生原酒 白玉香』

c0059278_13365299.jpg



酒造好適米「山田錦」を原料米とし、
加水も濾過もせず原酒のまま-5℃のサーマルタンクで低温貯蔵しているそうです。
タンクのなかで・・・ゆぅうううううっくりじぃいいいっくりと熟す・・・お酒。
それはさながら、山奥で岩からしみ出る清水のように
一滴一滴に米の旨さが順々と折り重なって熟成しているのでしょうか。


一口飲んだとき、久しぶりに全ての五感が! 止まり・・・
そしてフル活動し始めました。
頼りない、gon麹のアルコールメーターがピピッピピピ!って
高速回転。この旨さは・・・なんだ???なんだ???全身全霊がレーダーに。


風味豊かで芳醇な香り。
それぞれが十二単のように幾重にも味の波動が口のなかにひろがります。

そして生酒の旨さ・・・。どこか発酵乳酸の香りが・・・。

木戸泉酒造さんにお邪魔したことはありませんが、
様々な人からいろいろお聞きすることがありました。

とくに高温山廃造りは・・・有名。
高温山廃造りとは酒母の原料を最初55度まで温度を上げ、
一度まっ白な純粋・・・ピュアな状態にします。
55度というのは、この温度世界で乳酸菌だけが活動できる。

(訂正です!)
55度は糖化と殺菌効果の温度で、
その後、乳酸菌や酵母は一番いい温度帯、30度付近で元気に働いているそうです。


生の乳酸菌を添加し、酵母も加えます。
乳酸菌はどんどん乳酸を出して雑菌の繁殖を防ぎ
酵母がタンクの中の栄養素をどんどんアルコールに変化させるというもの。

これを聞いたとき、自家製・・・ヨーグルト!のイメージをもちました。
頭のなかはなぜかアルプスの少女、ハイジーのテーマソングが♪
(話しがずれました)

そしてこの乳酸菌には生のものを使われているそうです。
よく速醸では人工乳酸をつかい、生酛では自然界の乳酸菌をつかわれますが、
蔵では純粋に培養した乳酸菌を添加し、乳酸菌や酵母が元気で安定して活動できる環境を造っているそうです。

うん。手間かかる子(o^∇^o)。

手間がかかったぶんだけ・・・いい味にいい子にいい女?に成長し
私達、呑み助を楽しませてくれるのです。
ありがたい。ありがたい・・・。

肌理細かく、コクがあり、幅広く深い。
色でいうと・・・
うす朱から真紅にかけてのグラデーション。

いつまでも味を転がしたい・・・
いい女です♪

もちろん、他の銘柄も酔い酔い子ばかり。

c0059278_13373859.jpg


大吟醸?か?と思わせるほど飲み口のいい子もありましたが、
お蔵は大吟醸は造っておりませんとのこと。

c0059278_13375959.jpg


どんなマジック?をつかっているのかと
造りに興味津々。
心の底からうまーいと叫ぶ!叫びたい・・・そんな子がいっぱいお蔵さんにはいるんでしょう。
あぁ・・・会いたい。タンクにスリスリしたい(病勃発)


蔵めぐり。行きたいもんです。(お邪魔にならないときに)
ひさしぶりにgon麹のウズウズ魂をくすぐってくれた一杯に・・・出会えた酔か宴♪でした。

日本酒苦手な人も一度、一口呑んでみては?とオススメしたいお酒です。




↑いつも読んでいただきありがとうございます。ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ  にほんブログ村 酒ブログへ
↑新しく登録中です。こちらもぽちっとよろしくお願いします。by gon麹




蔵元DARA)
木戸泉酒造
住所:千葉県いすみ市大原7635-1
電話:0470-62-0013
URL:http://www2.bii.ne.jp/kidoizumi/
備考:蔵見学可。要連絡。
by gon1442 | 2008-10-26 13:51 | 日本:日本酒 | Comments(3)
Commented by 5daime at 2008-10-26 16:32 x
どーも5daimeです。
昨日は短い時間でしたがありがとうございました。
またブログでの紹介もありがとうございます。

今期のつくりも酔い酒を醸しますよ~
蔵にも遊びに来てくださいね~!
Commented by 5daime at 2008-10-26 17:03 x
すいません。
1点ほど誤りがあったのでコメントさせていただきます。
55度は糖化と殺菌効果の温度で、乳酸菌や酵母は30度付近が一番働ける温度帯ですね。
そこらへんの工程は話すとながくなるのでまた機会がありましたらお話します。
Commented by gon1442 at 2008-10-26 20:29
>5daime様

ご指摘ありがとうございます。
早速訂正訂正!!_¢(∇≦ヘ)メモメモ _¢(∇≦ヘ)メモメモ _¢(∇≦ヘ)メモメモ

蔵訪問のとき・・・お話しきかせてくださーい。
たぶん、酔っぱらいなので、忘れてますので反芻が必要ですが・・・

ご訪問!ありがとうございます♪

酒呑み&放浪虫一匹が世界中の酒を飲むために東西南北奔走する。フリーライターという職業といいながら、その正体は……ただの呑み助&食いしん坊な一匹麹


by gonpanda
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite